呪術廻戦

【呪術廻戦189話ネタバレ】魅せた!秤の豪運!

呪術廻戦ネタバレ189話
アース
アース
6月27日発売の「週刊少年ジャンプ」呪術廻戦189話のあらすじ内容と考察です!

前回、優勢に戦いを進めていたように思えた秤でしたが、まさかの一手で逆転。

秤はわき腹をえぐられてしまいました。

更に、苦し紛れの「領域展開」。

この「領域展開」に意味があるのでしょうか?

呪術廻戦ネタバレ188話
【呪術廻戦188話ネタバレ】無限の秤vs.稲妻の鹿紫雲!いよいよ終結へ 前回で、再び「大当たり」を引いた秤。 そんな秤に、「不死身タイム」を凌いで決着をつけるという選択肢を切り離したのは鹿紫雲で...

呪術廻戦189話ネタバレ予想考察

鹿紫雲との戦闘経験の差を見せつけられ、わき腹をえぐられた秤。

苦し紛れに「領域展開」を発動しますが、いったいどうなってしまうのでしょうか?

189話やそれから先の展開を考えて行きましょう!

呪術海戦189話ネタバレ考察|秤の「領域展開」は不発?

前回、わき腹をえぐられながらも発動した「領域展開」。

この「領域展開」は不発に終わる可能性があります。

理由は、秤が意識を失ってしまうから。

意識を失っても発動しつづける術式ではないと思われます。

さらに、あれほどのキズで立っていられないほどのダメージを負っていますね!

なので、秤は発動直後に意識を失い、「領域展開は不発」に終わるのではないでしょうか?

呪術海戦189話ネタバレ考察|秤が再び「大当たり」を引き当てる

もう1つ考えられるのが、秤が「大当たり」を引く可能性です。

ですが、この可能性は先ほどの「意識を失う前」に引かなければなりません。

時間にして、きっと1回か2回の抽選が限界でしょう。

それで「大当たり」を引くのは相当無理があります。

その「無理」をやってのけるのが秤金次という男なのではないでしょうか!

呪術海戦189話ネタバレ考察|鹿紫雲の弱点が明らかに?

もしも、秤が復活をとげ、鹿紫雲とふたたび交戦が始まったとすると、そろそろ秤のターンが来てもいいような気がします。

なので、秤が戦闘中に見抜いた「鹿紫雲の弱点」が明らかになるのではないでしょうか?

「稲妻」の術式の弱点に成り得るのは、「絶縁体」や「大地」など、“電気を通さないもの”。

また、「水」などの自分も感電してしまう可能性があるものなどがあります。

さらには私の考えによらないものもあるのではないでしょうか?

呪術海戦189話ネタバレ考察|秤は復活するがまだまだ劣勢?

秤がこのまま死亡する展開はさすがにあり得ないので、なんらかの方法で復活を遂げるのだと考えます。

ですが、復活を遂げたところで「不死身タイム」の秤と互角な鹿紫雲。

通常時では勝ち目がありませんよね!

なので、まだまだ劣勢な状況は続くのではないでしょうか?



呪術廻戦189話ネタバレ【最新確定】

今週の呪術廻戦の情報が明らかとなりましたので、あらすじを紹介します!

呪術廻戦189話ネタバレ考察|決死の「領域展開」

前回、わき腹をえぐられた秤が、決死の想いで発動した「領域展開」から始まります。

「領域展開」自体は発動したのですが、みなさんも分かっているように「大当たりを引くまで『不死身タイム』には入れません」。

抽選スピードを上げているようですが、確率はそのまま。

秤が息絶えるまでに「大当たり」を引くことは、限りなく不可能となっていました。

ましてや、抽選中何もできない秤。

そんな秤を見て鹿紫雲は「これは『確変』ではなく『時短』だ」と憐みの目を秤にむけるのでした。

呪術廻戦189話ネタバレ考察|秤の豪運

ですが、一切諦めていなかったのは秤でした。

瀕死の状態でも、自分の実力と言う名の「運」を信じ切っている秤は本当にカッコイイですよね!

鹿紫雲もこれ以上の戦いはあり得ないと諦めていたその時。

まさかの「大当たり」を引き込み、秤はわき腹を修復するのでした!

まさに「豪運」。

秤の最大の強みは、この「豪運」なのかもしれません。

それを呼び込むのも、自分の「運」を一切疑っていない秤だからこそなのかもしれませんね!



呪術廻戦189話ネタバレ考察|打撃戦、再び

秤がわき腹を修復し、「不死身タイム」に入ったことで、再び激しい打撃戦にもつれ込みます。

鹿紫雲も嬉々としてそれに立ち向かうのですが、やはり実力は互角。

このままでは、また「不死身タイム」が終わる秤が劣勢になってしまいます。

ですが、秤はなんの策も無いまま戦っていると思うのは大間違い。

秤は、鹿紫雲を倒すための「計画」を実行するのでした。

呪術廻戦189話ネタバレ考察|秤の計画

鹿紫雲を倒すための秤の「計画」。

それは、「鹿紫雲を海へ落とす」というものでした。

「なぜ?」と思うかもしれませんが、思い出して欲しいのは鹿紫雲の術式。

「稲妻」と説明された鹿紫雲の術式は「電気と同質の呪力」となっているのです。

なので、海に落とすとどうなるのか。

「放電」ですよね!

イオンが無い“純粋な水”ほどではありませんが、海の水も電気を通します。

海に落とすことで「鹿紫雲の術式を封じる」。

これが秤の計画だったのですね!



呪術廻戦189話ネタバレ考察|計画通り、海に落とされる鹿紫雲

打撃戦を繰り広げながら、鹿紫雲を海の方へ誘導していく秤。

その過程で、広げていた結界をずらし、呪霊たちの侵入を許します。

呪霊たちを祓いながらの激しい打撃戦。

実力が高度すぎる両者にとっては造作もないことなのかもしれません。

ですが、並の術師ではできない芸当ですよね!

そして、鹿紫雲は秤の計画通り、海へ落とされたのでした。

呪術廻戦189話ネタバレ考察|鹿紫雲と秤の「経験の差」

海へ落とされた鹿紫雲の選択肢は2つです。

呪力が切れるまで、術式を使い続ける」か「海を上がるまで術式を絶つ」かの2択ですね。

海へ落とされると悟った鹿紫雲でしたが、秤の強烈な一撃を呪力で防御せずに食らうことができないと判断し、秤の攻撃を受けます。

呪力を放ったまま鹿紫雲は海に落ちていき、術式を放電し続けていました。

その様子を“飛行型呪霊”を使って上空から見物する秤。

そんな秤の身体に、突然異変が起こります。

鹿紫雲は、過去に羂索から聞いた「反転術式を使う術師の倒し方」を参考に攻撃を仕掛けていたのです。



呪術廻戦189話ネタバレ考察|反転術式の攻略法

羂索から聞いた「反転術式を使う術師の倒し方」。

それは「反転術式を司る“脳”を破壊する」か「毒物を使う」というものでした。

反転術式での解毒は、「超高度なセンス」が必要ということで、普通できません。

セオリー通り、脳を潰しても回復した秤には「毒物」しかないと鹿紫雲は踏んだのでしょうね!

なので、わざと海の中で術式を使い続け、「海の水を電気分解し、塩素ガスを発生」させます。

息ができなくなった秤はそのまま意識を失い、海に落ちていくのでした。

呪術廻戦189話ネタバレ考察|水中大爆発!?

秤が力なく海に落ちて来たことから、「毒物は解毒できなかった」と判断した鹿紫雲。

「不死身タイム」も終了間近。

「楽しかったよ」と心の中でつぶやく鹿紫雲を他所に、突然鼻から空気を出し、元気を取り戻す秤。

秤の「超反射的反転術式」は毒物の解毒をも完了させてしまうのですね!

「不死身タイム」もラスト5秒。

ここは受け身にならずに「攻める」ことを選んだ秤は、鹿紫雲を殴り、ふきとばします。

ですが、ラストのシーンで突然「海の中で大爆発」が起こったのでした!

第190話へ続きます。



呪術廻戦ネタバレ考察|189話感想まとめ

今回は「呪術海戦」第189話のあらすじをまとめて紹介しました。

目立ったのはやはり、秤の「豪運」と鹿紫雲の「戦闘経験」ですね!

「毒素」も取り除いてしまうほどの反転術式を使う秤ですが、今回の大爆発でどうなってしまったのでしょうか・・・?

気になりますね!

秤ほどの豪運の持ち主が「不死身タイム」終了間際に大ダメージを受けるのは、逆に運が悪いということなのでは・・・。

それは考えないことにしましょう!

呪術廻戦ネタバレ考察|189話注目ポイント

それでは、今回の重要ポイントをまとめていきましょう!

これが後々、重大な事件に繋がる可能性も・・・。

呪術廻戦189話ネタバレ考察|秤の「限界」

秤の4分11秒の「不死身タイム」の限界はあるのでしょうか?

今回で「超高度な反転術式」を使わなければできないとされる「解毒」をやってのけた秤。

本当に底がみえませんよね!

きっと、この状態の秤を倒すには、「一瞬で塵にする」くらいでないとダメな気がします。

それか、宿儺の「領域展開」のように「絶え間なく浴びせられる斬撃」くらいでしょうか?

多分4分11秒は耐えるのでしょうが、その後は即死でしょうね!

呪術廻戦189話ネタバレ考察|「電気分解」という高等技術

鹿紫雲が「逆転の一手」として使った「電気分解による塩素ガス発生」。

電気と同質な呪力を持っている鹿紫雲でも、400年前に「電気分解」という言葉を理解していたとは思えません。

しかも、的確に塩素ガスを発生させる「電気分解」を行ったということは、ちゃんと理解しているということです。

これは、「羂索の“無為転変”によって植え付けられた現代の知識」か「依り代の記憶を共有している」かの2択になりますよね!

前者の方が濃厚ですが、後者なら今後の展開にも関わって来そうです。

呪術廻戦189話ネタバレ考察|謎の「大爆発」

ラストのシーンで突然起こった「大爆発」。

なぜ突然起こったのかが謎ですよね!

塩素自体には「爆発性はありません」が、混合ガスになると話は変わります。

「塩素ガス1:水素ガス1」の割合で混ざった気体に直射日光などの熱が加わると「爆発を起こします」。

鹿紫雲が海の水を電気分解で分解し、「塩素ガス」を発生させました。

それと同時に「水素ガス」も発生させていたとすると、大爆発の可能性は十分にありますね!

この大爆発で秤はどうなってしまうのでしょうか?

「不死身タイム」も終わりかけていますし、次回に注目していきましょう!

呪術廻戦ネタバレと全ストーリーあらすじと重要伏線まとめ&簡単解説呪術廻戦ネタバレ...
【呪術廻戦考察】現在まで未回収伏線と未解明の謎まとめ【随時更新】呪術廻戦伏線考察...
改悪?eBookJapanの評価を評判や口コミから検証!マンガ集めにおすすめのサービスってほんと? ebookjapanは電子書籍サービスとしておすすめしていいのかどうか。 結論からお伝えしてしまうと、ebookj...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です