呪術廻戦

【呪術廻戦162話ネタバレ】「西中の虎」虎杖と長髪不退転男がバトルか

呪術廻戦ネタバレ162話
アース
アース
10月18日発売少年ジャンプ掲載の呪術廻戦162話のあらすじ内容と考察です!

前回は死滅回游に参加した虎杖と伏黒

会場内の別々の場所に飛ばされ、それぞれが他プレイヤーとバトルをしながら日車を探す事になる。

162話「東京第1コロニー②」。

東京第1コロニーに入り、死滅回遊のプレイヤーとして参加した虎杖と伏黒。

それぞれ別の場所に飛ばされ、他プレイヤーとのバトル展開となりました。

一気に死滅回游のゲーム展開となった161話から、今回はどのような展開となるのか?

先週一週間連載が休みだったため、かなり楽しみですよね!

162話の内容を見てみましょう!

呪術廻戦ネタバレ161話
【呪術廻戦161話ネタバレ】麗美ちゃんの騎士(ナイト)になる伏黒に注目 161話「東京第1コロニー①」。 とうとう羂索プロデュースの殺し合いゲーム「死滅回游」に参加することになった虎杖たち。 ...

呪術廻戦162話ネタバレ考察|あらすじ

呪術廻戦162話ネタバレ考察|虎杖VSビギナー狩り羽場

「呪術廻戦」161話より

プロペラ男羽場とのバトルとなる虎杖。

虎杖は宙に浮いている羽場に向け、石を投げつけます。

しかし羽場はプロペラで受け、石を弾き飛ばし防御。

全然余裕な感じです。

ところが羽場が石を受けている隙に、ダッシュで一気に距離を詰める虎杖。

ビルの屋上からジャンプし、空中の羽場に飛びかかります。

羽場の足を掴み、そのまま真下のビルに叩きつける攻撃!

ビルは砕け、羽場は虎杖の身体能力にかなり驚きます。

しかし、負けてばかりではいない羽場。

すぐに頭のプロペラを回し、虎杖の頭を狙います。

それを察知した虎杖はプロペラを避け、ビルの屋内に回避します。

屋内なら空中を飛び回れないし、プロペラに不利と判断したよう。

それを見た羽場はニヤリと笑い、プロペラを回したままビルに入ってきます。

なんと、羽場のプロペラは鉄筋も断ち切る事が可能で、体を水平にて頭から虎杖に突っ込んできます!

ビルの廊下は完全にプロペラで塞がれ、逃げ場の無い虎杖。

しかし羽場が頭を向けた事により、虎杖はプロペラを気にせず接近できるようになります。

虎杖は羽場の脳天に向け、思いっきり殴りつけます!

ゴギン

鈍い音がし、羽場は頭から血を流します。

しかし鉄筋を断ち切るくらいの高い強度を誇る頭に、虎杖の右拳からも血が飛び出します。

それを見た羽場は、「拳が砕けたな。お前の負けだ!」と叫びます。

しかし次の瞬間、虎杖の左キックが羽場のミゾオチに入ります!

倒れ込み、全く動かなくなる羽場。

「別に砕けちゃいないよ、イテテ」

「日車って術師のこと…聞きたいんだけど」

意識の無い羽場に尋ねる虎杖ですが、もちろん返答はありません。

困った虎杖に、向こう側から声がかかります。

呪術廻戦162話ネタバレ考察|甘井登場!「西中の虎」虎杖

「呪術廻戦」161話より

「い…虎杖?」

「俺知ってるぜ 日車ってやつの事」

羽場が砕いた壁側からやって来る、一人の男。

前回登場した、虎杖の事を知っている「甘井」がやって来ます。

しかし虎杖は甘井を見ても、誰か分からないよう。

すると甘井が虎杖を一方的に知っていただけだと判明。

「俺が一方的に知ってただけだ」

「”西中の虎”」

「地元の人でしたか!!」

虎杖のニックネームが判明(笑)

呪術廻戦162話ネタバレ考察|伏黒と麗美

「呪術廻戦」161話より

麗美と「騎士(ナイト)契約」を結んだ伏黒。

日車のところへ案内してもらいます。

道中、麗美との会話から死滅回游や麗美についての情報が明らかとなっていきます。

  • 麗美は過去の術師ではなく現代の術師
  • もともとコロニーにいた術師は死滅回游に参加し12日が経過している
  • 過去の術師に触発され、全術師が戦闘モードになっている

話をしながら麗美と歩く伏黒。

連れて行かれながらも、日車の居場所を尋ねます。

場所を行ったら自分の存在価値が無くなるためアンタに殺される、と喚く麗美。

しかし、ざっくりとなら場所を教えると答えます。

場面は、虎杖と甘井に移ります。

甘井に日車の場所へと連れて行ってもらう虎杖。

「日車はどこにいるんだ?」と甘井に聞きます。

「強い奴ほど物資の多い栄えていた場所に集まる。」

甘井
「日車は池袋にいる」

麗美
「日車は新宿にいる」

虎杖
「池袋か!(伏黒もいるかな…」

伏黒
「新宿…(虎杖も向かっているといいが…)」

別々の場所を教えられ、お互いを思う虎杖と伏黒。

どちらかが騙されているのは間違いないけれど、知る由もなく場面は変わります。

呪術廻戦162話ネタバレ考察|騙されている方の行く先は…

「呪術廻戦」162話より

暗い場所に一人で座り込んでいる長髪男。

左腕には「不退転」という文字が彫られており、周りには大量のレシートがぶら下がっています。

地面にもレシートが置かれています。

「ちょっと遅くない?」

「いつになったらあの子は 次のカモを連れてきてくれるのかな?」

「あの子」とは甘井なのか麗美なのか?

163話につづく



呪術廻戦162話ネタバレ考察|感想まとめ

いや~、一気に動き出しましたね「死滅回游」。

まずは、「西中の虎」には笑えました(笑)

虎杖の中学時代のニックネームなのでしょうが、これは伏黒の過去エピソードを連想しますよね(笑)

「呪術廻戦」7巻より

伏黒のようなボコるヤンキーではなかっただろうと思いますが、「西中の虎」な虎杖(笑)

甘井君から、伝説を聞きたいです(笑)

「東北のバラ」だったであろう、釘崎野薔薇の安否も教えて欲しい!(泣)

さて、どちらかが騙されている展開となった虎杖と伏黒。

最後の不退転レシート男は、麗美か甘井のどちらか騙している方の行く先なのだろうと思われます。

レシートは、何かの術式と思われますが何なのか?

秤と同じ、金やギャンブルの匂いがしますよね(笑)

単純に考えたら、麗美がこちらに連れていきそうな気もします。

ただその裏の展開となり、甘井のボスがコイツで「『西中の虎』虎杖ならコイツを倒せるのでは」と思って連れて行った、という展開もありそうです。

となったら、虎杖と不退転男のバトルもありそうですよね!

いっぽうで、騙されていない方はちゃんと日車のところへ連れて行かれるのでしょうか?

「呪術廻戦」159話より

そっちも日車の手下ってことは…無いですよね?(・_・;)

いろいろ妄想が広がる形で終わった162話でしたが、次話はどのような展開となるのか?

どちらかが不退転男の元へ到着するのか?

次回も要チェックです!\(^o^)/

呪術廻戦ネタバレ163話
【呪術廻戦163話ネタバレ】日車登場でだましたのが麗美か甘井か確定 前回は東京第1コロニーで別々となった虎杖と伏黒。 それぞれ甘井と麗美に出会い、日車の場所を案内されるが別々の場所を案内され...
呪術廻戦ネタバレと全話ストーリーあらすじまとめ&簡単解説呪術廻戦ネタバレ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です