イベント

進撃の巨人完結記念諫山先生インタビューまとめ!アルミンの「ありがとう」はエレンに寄り添いたい気持ちだった

アース
アース
5月8日発売別冊マガジン掲載の最終話後諫山先生インタビューまとめです。

「進撃の巨人」の幕がおりて1ヶ月。

最終話を描き終わった後の諫山先生インタビューが、別マガ6月号に掲載されました。

139話原稿を描きあげた諫山先生は、どのような心境なのか?

諫山先生は最終話に、満足されているのか?

さらにこれまでで最も気に入っている場面についても!

そんな進撃の巨人完結記念インタビューの内容をまとめました。

順番に見て行きましょう!

進撃の巨人完結記念諫山先生インタビューまとめ

「別冊マガジン」6月号より

最終話原稿アップ後の諫山先生の心境

最終話を終え、連載原稿に追われる日々から解放された諫山先生。

ですが、まだ34巻の単行本化作業が残っており「締め切りのない生活は体験していない」とのこと(笑)

しかし最終話が世に出て一段落した感はある、との述べられていました。

34巻増ページは8ページ!

最終話のラストシーンについて。

ネームの段階では5コマくらいに細かく分かれており、ラストは3人が丘の木に向かって走るシーンだったと、説明されています。

しかしシックリ来ず、バックさんと打ち合わせをした結果急遽変更し、別マガ5月号掲載バージョンにしたとのこと。

34巻では別マガ掲載時に描けなかったラストとオマケページも含め、8ページ増えると説明されています。

エレンの行いは「最低最悪の手段」

エレンに対する世の反応については「網羅する勢い」でチェックされているとのこと。

諫山先生の感想としては「人の数だけ全てが正しい」と語られています。

地鳴らしとエレンに対するアルミンの反応について

アルミンの「殺戮者になってくれてありがとう」という言葉。

アルミンが虐殺を肯定していると捉えられてもおかしくない描き方であり、「僕が未熟でした」と言われています。

アルミンは、肯定した訳ではない。

到底理解できないエレンとの別れを迎え「殺戮者になってくれてありがとう」という強い言葉で「自分も共犯者だ」と伝えエレンと寄り添いたかった、と説明されています。

終盤は諫山先生にとって「描くに至らないテーマであったと痛感し、漫画で表現しきれなく後悔しています」と語られています。

諫山先生のお気に入りのシーン

2018-04-08_124130

「進撃の巨人」第105話「勝者」より

画としては、第104話「勝者」での顎の巨人が進撃の巨人を引っ掻いているシーンが一番好き。

これ以上の画は描けないと感じ、104話以降で巨人のアクションシーンをあまり描かなくなった、と説明されます。

諫山先生のベストエピソード

71話「傍観者」

本編に絡まないキャラの人生にスポットを当てて描く、「進撃の巨人っぽくない」ところが好き。

69話も気に入っており、69話と71話はそれぞれが読み切りのような感触、と語られています。

諫山先生にとって「進撃の巨人」とは?

「ちょっと遅れてきた青春」「人生の3分の一が詰まった作品」。

諫山先生にとっての「自由」とは

連載が終わって「自由になれた」ので、「あんまりオシャレじゃない街をワンカップ片手に歩きたい」。

「あれこそが自由だと思っている」と語られています(笑)


進撃の巨人完結記念諫山先生インタビューまとめの感想

「別冊マガジン」6月号より

嬉しい衝撃情報!

ネームからカットされたバージョンが34巻で見られる、というのは嬉しいですよね。

カットされたページが1ページある、と別マガライブ情報で説明があったので知ってはいました。

これを読むにはコンビニ限定の34巻特装版収録のネームを手に入れるしかないと思っていたのですが、34巻自体に盛り込まれているのであれば読めれますよね!

もちろんコンビニ限定特装版も購入するつもりですが、予約ができないためゲットできるか分からないので…

ゲットできなくてネームを手に入れなくても読めれると分かり、ホッとしています(笑)

あと諫山先生の「終盤は自分が描くに至らないテーマであり漫画で表現しきれなく後悔している」という言葉。

「そんな事はない!」と、読みながら強く叫びました。

アルミンの「殺戮者になってくれてありがとう」を、そのままストレートに読めば「虐殺を肯定した」と受け取れるかもしれません。

しかしそれまでのアルミンの行動や言動を振り返れば、「肯定する訳ではない」と分かります。

同期であるダズやサムエルを殺してまで決行した、地鳴らしストップ。

それをアルミンが肯定する訳ない、と分かりますよ!

では何故そのような言葉をかけたかと言えば、エレンを想っての事でしょうし「エレンにかけるべき言葉」をアルミンが考えたからでしょう。

エレンはグリシャの言葉の影響から、「地面を平らにしたいと思う人格」だったのかもしれない。

そういうベースが、あったかもしれない。

それでもアルミンやミカサ、みんなを守りたいから地鳴らしを起こした。

そんなエレンに寄り添い少しでも気持ちを救いたいために「殺戮者になってくれて…」と言ったのかなと。

でも虐殺を肯定していないのは、直後に地鳴らしを「過ち」と表現しているところからも分かります。

「進撃の巨人」は、本当に大きなコンテンツになりました。

原作だけでも、累計1億部の大コンテンツです。

その読者全員にこれだけデリケートなテーマを伝えるのは、それは難しいですよね。

でも、その意味が伝わっている人はいる。

この作品を読み、心を震わせながら感じている人がいるのも、たしかな事実です。

でも諫山先生がそれでも「力不足だった」と感じているのであれば、次の作品でそれを表現して欲しいな、と感じました。

これだけの作品を描きあげながらも不足を感じ、そこから描き始める諫山作品。

絶対読みたいですし!

諫山先生の完結記念インタビューから、次の新たな作品への大きな期待を感じるアースでした!\(^o^)/

まずは、その前に34巻の「ネームからカットされた最終ページ」が楽しみすぎですが(笑)

発売まで1ヶ月。

本当に終わるまでの、あと1ヶ月…

粛々と過ごしながら、「その日」を待ちますよ!\(^o^)/

アース
アース
34巻発売日は6月9日。お忘れなく!
【進撃の巨人】最新刊34巻の発売日6月9日(確定)までに抑えるべき考察まとめ!「5話目139話のおさえるべきポイント」を追加しました! 進撃の巨人最終巻。 歴史に残る物語「進撃の巨人」の幕が閉じるあろう...
進撃の巨人ネタバレ考察|単行本”最新最終刊”34巻あらすじ感想と考察まとめ!表紙・特装版・ファンブック情報も「進撃の巨人34巻コミックス化改変まとめ」を追加しました! 2021年6月9日に発売が予想される34巻。 34巻が最終巻にな...
進撃の巨人最終回の結末と34巻まで伏線まとめ!音の回収と最終コマから予想11月発売の別冊マガジンにて134話まで進んでいる「進撃の巨人」ですが、間違いなく最終盤を迎えていると言えるでしょう。 134話ラ...
進撃の巨人の表紙からループ説と関係を考察!【謎と伏線の回収】「34巻表紙」を追加しました! 「進撃の巨人」にループ説が根強く存在する根拠のひとつが「あり得ない場面が描かれているコミックス表紙...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. ミカサ・イェーガー より:

    人それぞれ感じ方は違うでしょうがアルミンのセリフ個人的にはとても良いと思いました。
    常に話し合いを望んでいたアルミンが殺してでも止めようと決心したエレンの虐殺
    エレンの本心を聞いて最後にアルミンがあの言葉で伝えたのは素敵だと思います。
    単行本で変更とかはやめてほしいですね・・・

    • >単行本で変更とかはやめてほしい
      無いと思いますよ。そう信じています。
      いろいろ引っくるめて、6月9日が楽しみですよ!(*^^*)

      管理人アース

  2. ユミル・イェーガー より:

    団長、進撃記事更新ありがとうございました👍
    別マガまだ購入出来てません(^◇^;)
    インタビュー記事の熟読楽しみです。
    34巻も139話の内容に8ページ増となると、新たな考察材料が出て来そう。
    自分の中では一度区切りがついていたのですが、また違った角度から泣かされてみたい気持ちです。
    別マガ入手後にまたお邪魔致しますね。

    • >別マガまだ購入出来てません(^◇^;)
      今日くらいに手に入るかもですね!
      一読しておくべきインタビューなので、ぜひ!
      手に入ることを祈っておりますm(_ _)m

      管理人アース

  3. コダヌキオタヌ より:

     夜分に失礼致します。コダヌキでございます。

     早速の記事作成お疲れ様です。別マガ買い忘れました。何たる不覚(笑)!

     諫山先生は69話【友人】もお気に入りだったのですね。私も69話は99話~
    100話に次いで好きな回なので、個人的に嬉しいです。

     アルミンの「殺戮者になってくれて」ですが、個人的には初読でも違和感はありま
    せんでした。「この過ちは絶対無駄にしないと誓う」が「殺戮者」の台詞を支えてい
    るので。寧ろ「救世主になってくれて」と書かれていたら、それは違うだろう!と感
    じたでしょう。
     「僕達のために殺戮者になってくれて」は、「僕達の分まで罪を実行してくれて」
    という意味であると読解していました。同時に、エレンを決して救世主や英雄にして
    はならないとも考えています。エレンが犯した罪は、ミカサやアルミン達を守る事と
    引き換えに人類の八割を虐殺した事です。誰かを守ったかもしれませんが、諫山先生
    が仰ったように「最低最悪の手段」です。酷な言い方ですが、アルミン達の生存が
    人類八割の犠牲の上に成立しているからこそ、生き延びたエルディア人はエレンと同
    罪になります。
     誰かや何かの命の犠牲と引き換えに誰かや何処かの生存がある。それは【進撃の巨
    人】に最後まで流れていた通奏低音でしたが、後は読者の数だけ答えがあるのでしょ
    う。

     雑誌「ダ・ヴィンチ」の応募コメントにも書きましたが、諫山先生の才能はこれか
    ら更に進化するものだと思っています。二作目三作目以降に更に才能が開花するので
    はないでしょうか。もし次回作を描かれるのなら、楽しみに待ちたいと思います。

     失礼致しました。

    • >「救世主になってくれて」と書かれていたら、それは違うだろう!と
      そう、これなら絶対ツッコみますね(笑)

      >二作目三作目以降に更に才能が開花するのではないでしょうか。
      むちゃ期待しちゃいますよ!
      着いていけるかが心配ですが、それまでも素晴らしい他作品を読み続け待ちたいと思います(*^^*)

      管理人アース

  4. 蒼雪 より:

    別マガの巻末あとがきに諫山先生のコメントがないのがさみしかったですが…。インタビューは読み応えがありましたね。
    まあ流石にアルミンが虐殺を肯定しているなんて読み方はしていませんが、たしかにあのセリフは批判されても仕方ないかも。
    でも、今更エレンを責めたててどうなるもんじゃないですものね。誰かがやらなくちゃいけなかった。
    その点で、そういえばヴィリー・タイバー氏がたまたま順番が回ってきただけだ、みたいなことを。ベルトルトも誰かがやらなくちゃいけない、って嘆いていたことがありました。
    その点ではエレンもまた、オレがやるしかないと結論づけてしまったのでしょう。
    そういえば、最近やったとあるアドベンチャーゲームで、ある架空の国を報道を通して自分の理想の形に導いていこう、というものがありました。その国では外国との摩擦や、奇妙な病気の流行、陰謀論、国内の外国人との問題、政情や治安の不安など、いろいろな問題を抱えています。このゲームは報道機関のデスク役を2週間務め、この国の世論や政治などをなんとか自分なりに良い形に導いてみようというものでした。しかし、やってみるとどうやっても全てのトラブルから逃れることは出来ないようです。一通り試してから攻略サイトも見ましたが、全て解決のハッピーエンドはありえないらしい。どうしてもなんらかの犠牲が出るという感じです。であるなら、私ならこの国をどうしたいと思うか。報道デスクを自分がやるしかないのなら…。
    そのゲームは、どこか進撃に似ていると思いました。誰かが何かを決断して進んでいくところが。
    進撃が必ずしもハッピーエンドではなかったことも、まだまだ考えなくてはいけないなと。リアルにもコロナ禍、無い物ねだりとか、100%の安全とかは絶対言えないなと。なんらかのリスクを背負わなくては、先へ進められない。大切なもののために、何を捨てられるのか。
    アルミンが言っていたのは真をついていますね。
    自分にとって、進撃をどう読むかということと、コロナ渦でどう生きるかってことは、どこか地続きのようです。自分が進撃のキャラだったらどうしたか、ということと、今どう生きたいかってことは、なんかつながっている感じがするんですよね。
    最終回を迎えたあとだからこそ、人ごとじゃない、自分ごととして、考えさせられています。やっぱり、こんな作品は初めてです。コロナ禍はまだまだ続きますが、進撃は心の支えであり続けています。

    • >誰かがやらなくちゃいけなかった。
      進撃に度々登場するテーマですよね。
      それはリアルでも真理となるテーマかなと。
      人生においてリスク回避は必須ですしそんな選択基準を常に持っていますが、時にはこういう覚悟が必要な時があります。
      そこでそれに気付けるか?
      覚悟を決め踏ん切れるか…
      進撃には真理が詰まっていますよね。
      34巻出たら、ゆっくりと読み返したいです(*^^*)

      管理人アース

  5. ちえジャン より:

    アース団長、早速の考察ありがとうございます(^^) 私の地方では別マガまだ本屋にならんでないし、34巻を注文しようとしたら、「まだ何にも情報がありません」と言われた…(ToT)
    アルミンのあの言葉は、「全世界を滅ぼすほどに、自分たち(104期のみんな)を愛し、守ってくれてありがとう」という意味合いだったのかな、と理解しましたが、最終回のあの言葉だけみれば、殺戮肯定発言のように思えたのでしょうね。いまだにエレンとミカサが幸せに生きる道はなかったのかなあ、と進撃ロスを引きずってますが、団長がブログに考察綴ってくださると、すごく嬉しいです。最後のアニメも残されてますし、もう少し進撃考察、続けてくださいね。

    • >34巻を注文しようとしたら、「まだ何にも情報がありません」
      コンビニ限定の特装版以外はネットで予約できました。
      本屋さんだとまだなのかな?(・_・;)

      >もう少し進撃考察、続けてくださいね。
      Twitterで見ていただいていると思いますが、呪術廻戦、キッチリと、ワンピの考察は続けております。

      呪術廻戦考察
      https://jujutsukaisen.animenb.com/

      キングダム考察
      https://kingdom.animenb.com/

      ワンピース考察
      https://onepiece.animenb.com/

      進撃も次は34巻発売の時には間違いなく更新しますし、アニメ放送時も必ず考察しますよ!
      これからもよろしくです!(*^^*)

      管理人アース

  6. 和銀 より:

    こんにちは☁️アース団長
    インタビュー速報私も読みました
    その後BSフジでのバックさんのインタビューも深夜に聞いてラストは随分と悩まれたようです (来週もBSフジでインタビューがあるそうです 金曜日24時からです)
    でも多分6月9日のキャラクターブックのインタビューで全部分かりそうですね 楽しみです で今回のアルミンのセリフですね(ノ_<。) 友達であり エレンと寄り添い共犯としてのセリフと言うのはよく分かりました アルミンも苦しかったと思います 決して友人の行いは肯定出来ない (それは現実でもいくらでもあることです 小さくても 地球規模でも)その上取り返しのつかない罪を犯した友人 しかも自分達の為に
    罪を犯した友人に人はなんと言うだろう 難しいです だから君の過ちとエレンに伝えて
    共犯者としてありがとうと言ったわけで
    日本語を訳すと難しかったのでしょうか?日本語でも難しいので上手く伝わらなかったのかも知れません(日本人でも)
    先生は謝っておられましたが もう少し時間を置いて何十年何百年研究されてもいいくらいの話です 私はアルミンがゲスミン(この言葉好きではありませんが)にならざる終えなかった残酷な世界で 強くあろうとした友人に多分 平和を願った優しく正しく(私情です)あろうとした友人からのせめてもの言葉です 最低最悪の選択であっても恩恵を受けてしまった自分をアルミンはわかっていたのでしょう 最後の貝はアルミンの貝と言うよりはエレンがやっと見つけたアルミンの心証の貝だと思い胸が熱くなりました💦エレンが座標でミカサのマフラーを見つけた二次創作もありそちらも見たかったです エレンにとって 生まれてきた意味が悲しすぎて 本当に
    「もう少し時間があればな」と思いました
    そしてエレンの破壊衝動はカルラママの「行かないで」に通じる人の業と言うか人間ゆえの悲しさや残酷な一面で誰もが少なからず持ちえるものではないかと私は理解しています
    あとミカサちゃんの事ですが 現実問題ジャンが相手なのでしょう (10年まてたらですが) ミカサちゃんが幸せなら私はそれでもいいかなと思います それでもミカサちゃんはエレンの事忘れないと私は想うので
    ジャンもジャンで可哀想ですね(ノ_<。) だからジャンも分かりながらそれでもいいとお互いエレンを大切に想いながらそれなりの幸せをつかんで欲しいとおばさんは想います(キヨミ様の境地💦)時々あんな風に泣かれたらエレンも辛いと想うので ミカサちゃんの幸せを願います✨そしてループしてたらもっと救いになるのにとも想いますので💦確かな答えがあればなと(私情です) 久しぶりで長文失礼いたします まだ色々と落ち着いてはいないのですが 6月楽しみです💦また時々寄稿?出来ればよいのですが💦頭悪くてすみません(^_^;) 団長も色々大変だと思いますが体調 メンタル 諸々お気をつけ下さいね ではまた はっ!(^^ゞ

    • >最後の貝はアルミンの貝と言うよりはエレンがやっと見つけたアルミンの心証の貝だと思い胸が
      この演出たまらなかったですね(泣)
      「ここからまた別々の道に行くというシンボルだけど、今回はエレンがキッチリとアルミンを見た」というイメージで、泣けてきました(泣)

      管理人アース

  7. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    今回の別マガは書店ですぐに手に入りましたホッと、ε-(´∀`; ) ← コンビニ兼書店なのでなにかと便利

    諫山先生の巻頭インタビュー、早速読みました。ラストかなり駆け足の印象がありましたが、やはり本誌の紙数の制約の影響があったようですね・・単行本が楽しみ、期待が上がります(*^ω^*)

    最終話の冒頭でのエレンとアルミンの対話については、未だに解読中です。

    アルミンの発言を通じて作品が虐殺を肯定しているといった受け止め方は全くしていませんでした。

    アルミン、毒舌というか・・うわ嫌味がきつい、と流していました。本心で虐殺ありがとうだったらエレンを討たないし。

    ある種の共犯関係を含め、起きてしまったことは受け入れて結果を引き受ける、ということだったのかな。覚悟を決めて清濁合わせ飲むのはアルミンにしては珍しいかな。これまでだとそういう場合、たいがいゲスミンになっていたので(笑

    作品のプロットについてなおも探索が続いていて、おかしななことを書いてしまうことがあるかもしれませんが、引き続きよろしくお願いします(*^ω^*)

    ーーーーーーーーーーーーーー

    • >本心で虐殺ありがとうだったらエレンを討たないし。
      ホントここですよね!
      アルミンの「虐殺絶対ダメ」はハンジさんレベルで揺るがないイメージですよ。
      こちらこそ、よろしくです!(*^^*)

      管理人アース

  8. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    いつも情報提供有難うございます♪
    変更された3人のラストシーンですが、最終話のタイトルもこのイメージが込められていると思うので、補填するような形でこの8ページ中に織り込んで欲しいです。

    そしてアルミンの「ありがとう」が、エレンに寄り添いたかったと言う気持ちはファンとして嬉しいです。
    33巻の「もう一度聞かせてくれ」から始まる改変場面で、エレンに寄り添うアルミンの気持ちは充分過ぎるくらい伝わっていたので。

    一方で諫山先生が選ぶベストエピソードもなんだか興味深いです。
    外伝等の掲載は今後一切無いとの事ですが、他のキャラのエピソードをもっと見せて欲しいですね。

    最後になりますが、増ページとなる8ページ分がどのような内容になるのか?めちゃくちゃ楽しみです。
    エレンが道に仲間を呼んで個々に話しをした内容が盛り込まれている事に期待したいです。

    • >他のキャラのエピソードをもっと見せて欲しいですね。
      >増ページとなる8ページ分がどのような内容になるのか?

      ホント期待しちゃいますよね!
      6月9日まで粛々と待ちますよ(*^^*)

      管理人アース

  9. ど田舎ちゃん より:

    アースさん、お疲れ様です!
    なかなか別マガは入手できるか怪しい感じですので最新情報記事、非常にありがたいです
    ヽ(‘∀’*)ノわーい✨34巻、8ページ増量だぁ⤴︎

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です