【進撃の巨人アニメ4期】Season4(シーズン4)

【進撃の巨人 アニメ】シーズン4(FinalSeason)4期8話(67話)【ネタバレ】サシャ死亡!

アース
アース
1月31日(日)深夜放送の進撃の巨人FinalSeason第8話です。

FinalSeason8話「凶弾」。

これほど複雑な思いで放送を迎えるのは、「白夜」以来ではないでしょうか?

アニメで観られるのが楽しみ。

だけど見たくない。

怖い。

でもどう演出されるのか、スゴく楽しみ。

これだけ複雑に感情を乱されるアニメ放送なんて、そうはないでしょう。

とうとう放送されました!

アニメ「凶弾」!

彼女が撃たれるあのシーンは、どう演出されたのか?

ミカサとアルミンの号泣は、どう描かれたのか?

見てみましょう!

進撃の巨人アニメシーズン4【理解できない人向けにマーレ編のキャラと世界観を解説】 ついに進撃の巨人のアニメシーズン4(Final Season)が放送開始となりました! 2020年12月7日に...
【VOD】アニメ視聴におすすめの動画配信サービスを比較【評判&口コミ】 動画を視聴できるサービスは数多く存在していてどれを選べばいいのか悩みますよね。 しかし、多くの比較サイトでは広告報...

◆進撃の巨人FinalSeason4期第8話(67話)「凶弾」のあらすじ!

飛行船に退避するエレンやジャン達

レベリオを襲撃したエレン。

力を使い切った事により、飛行船に退避します。

原作通りリヴァイ兵長に蹴られるエレン。

コニー、サシャ、ジャンも飛行船に戻ります。

飛行船に乗り込むガビとファルコ

レベリオに大きな被害をもたらした事により、大声で騒ぐフロック、新兵達。

そこに、元駐屯兵ロボフの立体機動装置を奪ったガビとファルコが飛行船に乗り込んできます。

沸き立つ調査兵達に向け、ライフルを放つガビ。

ガビに撃たれサシャ死亡

ガビが撃ったライフルが着弾し、サシャの胸から血が吹き出します。

そのまま絶命するサシャ。

途方に暮れるジャンとコニー。

サシャの元で泣き叫ぶミカサとアルミン。

最後の言葉が「肉」だったことを聞き、笑うエレン。



◆進撃の巨人FinalSeason4期第8話(67話)【現在公開可能な情報】

マーレ軍正式採用ライフル
マーレ軍が正式採用しているボルトアクション式ライフル。
散弾銃は5発。標準装備のナイフを接続することで、銃剣としても使用することが出来る。
戦士隊、陸軍、海軍に通常装備として配備されている。

ガビとライフルのセットは、これからも様々な展開を生む事になります。

マーレ軍採用のライフルは、これが最初で最後になりますが。

銃剣としても使用できるんですね(*^^*)


◆進撃の巨人FinalSeason4期第8話(67話)感想考察!

3回連続で見直しました。

何度見ても何度見ても…

サシャに着弾したシーンも、もちろんグワッと感情が揺さぶられるのですが。

ジャンの「もう助かりそうにありません」とコニーの「サシャが…死んだ」の場面で、毎回号泣です。

自分の中では、これまでで最高な演出回でした!

ガビの演技

ガビ担当声優である佐倉綾音さんの演技が凄かったですね!

前回の「助けてライナー!」の叫びもさすがだなぁ、と感じたのですが。

今回の飛行船に乗り込む前のファルコとの会話、さらにジャンに向けての叫びは鬼気迫るものがありました。

ここにガビ側の正義、大義が感じられるため、原作ほどガビヘイトが沸かないのではないか、と感じられました。

原作よりもガビが生きている。

そんな風に感じる佐倉綾音さんの演技でした。


サシャ死亡演出

今回はここに尽きますね。

流れはほぼ原作通りでしたが、ミカサとアルミンが泣くカットがそれぞれ登場したのが印象的でした。

原作通り、声は入っていなかったですね。

いっぽうで、エレンが笑うシーンは原作よりも「エレンなりに泣いている」という感じでした。

ジャンに「お前が調査兵団を巻き込んだから」と言われる前に悔しそうな顔を見せているところも、違っていましたね。

これにより、原作よりも「サシャの死を悲しんでいる」という演出になっているかなと。

そのエレンが思い出すサシャのカットも、MAPPAさんにより描き直されていました。

いや、エレン目線でのサシャはこのように映っていた、というアニメオリジナル解釈とも言えるでしょう。

たまんないですね!

サシャ死亡演出は、「原作よりもエレンは悲しんでいる」が全面に出ているように見えました。

これは原作では確定できなかった「エレンの真意」が、現在では確定しているからできることでしょう。

それを踏まえても、嬉しい演出ですよね!

下手をすると原作3話を消化したアニメ1話分でしたが、今回はほぼ原作1話分で作られていました。

そこからも、MAPPAさんがこの回にかなり力を入れているのだろうと分かりますね。

MAPPAさん!

素晴らしいサシャ回をありがとうございました!

アニメ67話の展開を予想していました。

自己検証してみます!


◆進撃の巨人FinalSeason4期第8話(67話)あらすじ予想の自己検証!

戦いが繰り広げられているレベリオ収容区上空に、飛行船が現れる場面から始まります。

ゴゴゴゴゴゴ

操縦席では、オニャンコポンがハンドルを握っています。

その後ろには、ハンジとアルミンが。

二人はエレンを回収しなければ、と打ち合わせしています。

地上では顎の巨人とエレン、ミカサが戦っています。

善戦する顎の巨人でしたが、エレン巨人に捕まり利用されてしまいます。

その顎で、戦鎚の巨人の水晶体を砕いてしまいます!

そのまま戦鎚の巨人を捕食するエレン巨人。

さらに顎の巨人を捕食しようと、続けてポルコを攻撃します!

それを見ていたガビとファルコが、「ライナー」「助けて!ライナー」と叫びます。

呼びかけに反応し、半端ながらも巨人化して現れるライナー。

この「半鎧のライナー巨人」の描写も、アニメでは要チェックですね!

半端ライナーはすぐにエレン巨人に殴り倒されるも、顎の巨人ポルコだけは助けます。

それを確認し、巨人化を解くエレン。

ミカサに連れられ、飛行船に移動します。

それを見て、ライフルを持ったままエレンを追いかけるガビ。

ファルコも付いていきます。

ガビはパラディ側兵士を撃ち倒し、立体機動装置を奪います。

それを利用し、飛行船に乗り込もうとするガビ。

アンカーを射出し、飛行船に取り付けます。

ファルコもギリギリでガビを掴み、同行します。

共に飛行船に向け飛ぶガビとファルコ!

このシーンも、アニメだと迫力がありそうですよね!

乗り込んだガビはすぐさまサシャに狙いを定め、ライフルを発射します!

胸に命中し、倒れるサシャ。

すぐさま次の弾を充填しますが、ガビは調査兵団に取り押さえられます。

そのままエレンとリヴァイ兵長の元に連れて行かれるガビとファルコ。

そこでジークを確認し、二人は意味が理解できず呆気に取られます。

ジャンからサシャが撃たれたと聞き、すぐに部屋から出るミカサとアルミン。

しばらくし、コニーからサシャが死んだ、と報告が来ます。

最後の言葉をコニーから「肉」と聞き、笑い出すエレン。

ここの笑い方も、アニメでは要チェックですよね!

飛行船がパラディ島に向かい飛んでいく描写があり、終わります。

予想ここまで!

⇛前回予想よりも進んでいたので、結果8話は予想と同じ場面で終わりました。

引きは予想通りでしたね。



◆進撃の巨人」シーズン4(FinalSeason)4期第8話(67話)の相応する原作回とタイトルの予想!

原作104話後半から105話の内容だと予想します。

タイトルは「凶弾」と確定しています。

サシャが倒れる回のタイトルは、これしかない!(号泣)

◆進撃の巨人」シーズン4(FinalSeason)4期第8話(67話)の見どころを紹介!

この回の見どころは、けっこうあるように感じますが、大きく2つ挙げられるのではと思います。

「半端ライナー巨人の描写」「サシャ死亡展開」ですね。

生きる気力を失くし意識を失っているライナーがガビとファルコの呼びかけに反応し、巨人化する場面はかなり熱いのでは、と予想できます。

この場面、原作でも熱かったのですがアニメでのBGM、そして担当声優 細谷 佳正さんの「どうしてお前らは」「俺を…死なせてくれないんだ」でさらに熱い場面に仕上がるのでは、と妄想しますよ!

ここは見どころですよね!

そして間違いなく熱くはならないのですが、サシャの死亡場面は見逃せません。

飛行船でジャンやコニーとの「やっぱりお前らは特別だよ」というやり取りから、馬鹿話をする3人。

そこから突然乗り込んできたガビに撃たれ、倒れるサシャ。

気付き、慌て大声をかけるコニー、ジャン。

「うるさいなぁ…もう」

「ご飯は…まだですか?」

と答え、そのまま血を流し死亡する…

この場面は非常に悲しいですが、間違いなく今回の大きな見どころのひとつでしょう!

特にそれぞれの声優さんの演技は、タオル片手に要チェックですよね!

今回ファイナルシーズン8話の見どころは「半端ライナー」と「サシャ死亡場面」だと予想できました。

あ、あとオニャンコポンの声優さんも気になるところですね(笑)

進撃の巨人ファイナル!ニコロ役声優キャストは宮本充さんと予想!イェレナ・マガト・キヨミ・オニャンコポンは?12月より放送が開始する進撃の巨人FINALSeason。 つい先日もファルコ・ガビ達キャスト情報も一部解禁され、放送日が近付いて...

最後まで予想しきりますよ!\(^o^)/

予想ここまで!

⇛半端ライナーとオニャンコポンは外れていますが、サシャ死亡場面は期待通りでしたい(泣)

まさに期待をそのまま叶えてくれた演出。

たまんなかったですね(泣)

予想は70点くらいでしょうか?

次回から予想そのままの配分で行くのか?

タイトル「パラディの3年間」は既に間違いが確定していますが(笑)

このまま追い続けますよ!\(^o^)/

進撃の巨人アニメシーズン4【理解できない人向けにマーレ編のキャラと世界観を解説】 ついに進撃の巨人のアニメシーズン4(Final Season)が放送開始となりました! 2020年12月7日に...
進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 通りすがりの巨人 より:

    1週遅れて「凶弾」観ました
    (ここに投稿するのは二度目で何年かぶりです)
    サシャが逝くシーン、アルミンとミカサの泣いているシーンが追加されてたりして、やはり来るものがありましたが・・・
    エレンはもちろん、ミカサやアルミン、ジャン、コニー、そしてサシャもマーレ人を殺してるんですよね
    その人達にも仲間や家族がいる
    サシャを失った104期達の悲しみ
    それと同じ、もしかしたらそれ以上に悲しい思いをしているマーレ人はたくさんいる
    そう思うと、今回のサシャの死を感傷的に観る事が出来なかったです
    やっぱり進撃の巨人は、最後まで巨人相手の戦いであって欲しかった(巨人も元人間ではありますが)
    エレンがストッパーズに倒されようがどうなろうが、人と人が殺しあってしまった時点で、ああ良かったね、とは思えない作品になってしまった
    アースさんの推す、タイムループ展開で、人と人が争わないで大団円になる結末を心から期待します。

    • >れ以上に悲しい思いをしているマーレ人はたくさんいる
      そう思うと、今回のサシャの死を感傷的に観る事が出来なかった
      この見方になるのが進撃の巨人ならではですよね。
      マーレ編で諫山先生が描きたかったところは、まさにここではないかと感じますよ!

      管理人アース

  2. つんでれよっし~♪ より:

    アース団長、いつもお疲れ様です
    m(__)m
    覚悟はしていましたが、ハンカチ必須の悲しい回になりましたね
    (;´Д⊂)
    どうしてあのタイミングだったのか?
    勿論、ガビ&ファルコを島に連れていく展開にするためや
    その後、ガビの反省や後悔等、変化を引き出す為、でもありますが
    今回のアニメを見て、改めて
    「エレンを取り戻しに行くために、多大な犠牲を払わされた」事を
    視聴者に印象付ける為でもあるのかな?と思いました。
    6人か戦死した、だけではどうしても視聴者に対するインパクトは弱いので
    (間接的にですが)エレンのせいで主要キャラが亡くなってしまった、という事をトリガーに
    視聴者のエレンに対するイメージを悪役に落とし込んでいく効果も狙ったのではないかと思いました

    • >どうしてあのタイミングだったのか?
      これはホンと様々な理由がありそうです。
      ニコロの気持ちを考えたらパラディ島ではなく自分が知らないマーレで死亡していた方が辛いのでそうしたのか、とか。
      これにより墓参りシーンは印象強くなりましたよね。
      ここでニコロとブラウス家の縁が始まりましたし…諫山先生はものすごく細かい展開を考えられて作品を創られているのだろう、とは感じますよ。
      スゴイ作品です(*^^*)

      管理人アース

  3. 普通の東洋人。 より:

    今は、お芋のお嬢さん以外の事を考えたいです…😥

    ロボフ師団長の加入や、ガビとファルコを殴りつける兵士組の様子で、調査兵団が以前に比べ大きく変わった事がわかります…。
    とっさに応戦出来たり、倒れたサシャに声をかけたのはジャンとコニーだけ。 
    残りは皆、まだ武器を携帯しているかもしれない相手を、確認もせず怒りに任せて袋叩き、ジャンが止血の指示を出してやっと負傷者の救護に回る始末。 
    この時から、規律よりも感情に奔りやすいイェーガー派の危険な実態が現れてたんですね。
    そしてリヴァイに蹴られるエレンの無表情さ。
    ミカサを傷つけて、アルミンに殴られた時もそうでした。
    仲間たちを遠ざけるために、故意にミカサやアルミンを傷つけた、それ以上の痛みなんて今更感じない。
    という感じでしょうか。
    あの表情の裏に人知れずあったエレンの苦悩が、今になっていっそう切なく感じます。

    • >規律よりも感情に奔りやすいイェーガー派の危険な実態が現れてた
      なるほど!
      アースにはレベリオで強襲を受けウドを踏みつけた人々と同じように見えました。
      これからの展開を知っている原作ファンには「あれがイェーガー派になるんだ」と感じますよね。
      なんか、複雑ですね(泣)

      >あの表情の裏に人知れずあったエレンの苦悩が、今になっていっそう切なく
      ですね(泣)
      「がっかりした」と泣くエレンの顔が見え隠れしますよ…(;´Д`)

      管理人アース

  4. ののの より:

    見るのがナカナカ気合いのいる回で、今日やっと見ました。
    アニメ物凄い出来でした!!!MAPPAさん!ありがとうございます。
    私は進撃の音のファンですが、今回も凄かったですね。
    声優さんの演技、澤野さんの音楽のトーンと使われ方(澤野さんの音楽はパラディ勢の音なんですね)、音の無いシーンの表情、圧巻でした。
    特にエレンの演技はどんな風になるのか、読んでても自分の中で音に出来ない部分だったので、声優さんというのは本当に凄いなと、ゾクゾクしながら見ておりました。作画も良かったですね!サシャが綺麗だった。
    「大切な人」と「その他の人」その命の重さに違いは無いはずなのに、感情がそれを赦さない。

    アニメはずっと、エレンとファルコに感情移入しつつ見ています。原作の時には感じなかったガビへの共感を感じさせてくれたアニメに感謝です。
    アニメは情報量が多くて、辛いシーンは特にキツイですね。ミカサとアルミンが泣いている場面が追加されていて、もう本当に堪らなくなりました。

    • >ミカサとアルミンが泣いている場面が追加されていて、もう本当に堪らなく
      ここ、むちゃ来ましたよ(泣)
      原作を読み込んでいる人ほど、「あ、オリジナル!」と感じましたよね!
      最高にたまらないシーンになりました(泣)

      管理人アース

  5. 馬来熊 より:

    原作でもそうでしたが、サシャが死んだとぼかさずに言ってくれたことがよかったと思いました。
    いや、死んでよかったと言っているわけではなくて
    普通のアニメだったらコニーが「サシャが…… サシャが……」と言って大声あげて泣き出し、それで伝わったはず、としてしまいがちなところです
    つらいシーンが多い作品だからこそ、ごまかさずにしっかり向き合っていくところが大事だなと思いました

    • >ごまかさずにしっかり向き合っていくところが大事
      進撃の表現をアニメでもキッチリと魅せてくれていますよね!
      特に進撃の死には遊び(ゆとり?)が無くキッチリと突きつけてくるので。
      こういうところ、アニメでも大切ですよね(*^^*)

      管理人アース

  6. ちえジャン より:

    団長、こんばんは。ほんとに辛い回でしたね。サシャが打たれる直前のエレン、アルミン、ミカサの仲良しトリオのなんとも言えない緊張感のあと、ジャン、コニー、サシャの絶対的信頼感。ジャンを飛行船に引き上げる手を二人とも出してるのは漫画と一緒だけど、本来なら片手でつかむから、より力のあるコニーだけでいいのに、サシャも手を出す、かわいい。ジャンはしかも自身を持ち上げるなら、コニーの手を握るはずだけど、なぜかサシャの手を握ってますね。そして飛行船にあがってからもしばらく手を握ったまま話してる…コニーのハグの時のサシャの表情、そしてそっと添えられる手…すべてがパーフェクト!の直後ですからね。アニメだとより血の流れ具合がえげつなく、もうそこからは嗚咽です。(T-T)
    ちょっと気になるのはフロックの勝利の雄叫び時と、ガビとファルコをつかまえてるシーンにダズ?らしき人物がいて、漫画ではここにでてこないから、私の気のせいかなって思いましたが、サムエルもいる、とTwitterに流れて来て、うーん、本人かなあ。
    ロボフ師団長も、思ったより長い間出演してくれました~(*^^*) あれ?漫画より太ってない? 心なしか立体軌道が重たく感じるのは私だけ? そしてイェレナさん、漫画より丁寧な言葉使いですね。 来週はニコロさんもでてくるし、ブラウス一家もチラっとでてきますかね? 辛いけど楽しみです。

    • >画より太ってない? 心なしか立体軌道が重たく感じるのは私だけ?
      いや、原作よりも「駐屯兵団師団長」という感じでしたよね(笑)アースにもそう見えました。
      この回は間違いなかなり丁寧に描かれているな、と感じました。本当に素晴らしい回でしたよ!
      次回のニコロ、ブラウス家も楽しみですよね。
      オニャンコポンの名セリフも楽しみ!\(^o^)/

      管理人アース

  7. HN忘れた より:

    アース団長 おつ様です。

    サシャ~!!!!!!!!

    分かっていたけど、悲しい回でした。。。
    サシャ回想がふんだんに出るであろう次回は、もっと悲しいんですよね・・・(涙)

    さて
    ガビが駆けていく形相は、すごかったですね。
    楳図かずお先生の作品を髣髴とさせました。

    ところで、
    次回予告のアニメーションに「鉄道技士」の姿がありましたね。
    結局、パンツァー隊のダッキ君ではなさそうですね。
    ダッキシーン、ピークちゃん救出シーンと比べてみましたが、
    ①髪の毛の色が違いました。
    ②耳の裏当たりの髪型が違いました。

    ということで、
    ダッキ君=鉄道技士 と踏んでいた私は、またも惨敗です。。。

    HN忘れたの予想は、順調に外れていますよ!

    • >パンツァー隊のダッキ君ではなさそう
      ダッキくんはあれから結局登場しなかったですよね。
      歴代巨人と戦っているピークちゃんを助ける展開で137話で登場、という展開を期待!…はできないですよね(;´Д`)

      管理人アース

  8. 進参者 より:

    記事更新お疲れさまです。

    >原作よりもガビが生きている
    ほんとその通りだと思います。サシャの死亡展開とエレンの笑いが、来る、くる、あぁこわい、ってめちゃめちゃ構えて見ていたのに…不覚にもカビがファルコに語るシーンで泣いてしまいました…。そのままもう最後まで泣きっぱなしでした(泣)
    しかも、カビの訴えに挟まれるファルコの回想が絶妙で、殺し合わなきゃいけない状況の残酷さが際立っていて辛くなりました…。

    とりあえず今週はサシャが食べてる場面読み返します

    • >とりあえず今週はサシャが食べてる場面読み返します
      アニメでも次回観られるかもしれないニコロの料理を貪るサシャ場面を楽しみましょう!(*^^*)
      来週も楽しみです\(^o^)/

      管理人アース

  9. コダヌキオタヌ より:

     失礼致します。コダヌキでございます。

     【呪術廻戦】との同時進行での記事作成、お疲れ様です。呪術も話題作ですね。ど
    うかお身体を大事になさって下さい。

     ユミル・イェーガーさんと同感で、サシャの顔が最期まで綺麗に丁寧に描かれてい
    ました。
     ガビとファルコに調査兵達が殴りかかる場面も、原作より丁寧に描かれていました。
    楽園側だけを正義にしないMAPPAさんの姿勢、そして佐倉さんの演技力に拍手!
     サシャの戦死は勿論哀しいですが、ファルコに制止されたガビの語る姿にも涙ぐみ
    ました。「腕章を誇れる時が来ると信じていた」と言うガビが、原作を読んだ時以上
    に可哀想でなりませんでした。腕章を着けない事が当然の世界にならなければいけな
    いのに。ガビをあのように育てたのは、巨人の力に甘えるマーレやマーレに利用され
    る事を名誉と思い込む収容区の大人達です。
     見ていないから、聞いた事がないから、事実が存在しないとは限らない。自分達の
    正義が、他者にとっても正義だとは限らない。ガビにそう教えてくれる大人がいれば
    サシャは撃たれずに済んだかもしれないと、感じました。

     サシャが警備兵を射殺しなければ、ガビはサシャを殺しませんでした。サシャが殺
    されてガビとファルコが楽園に連行されたから、原作の今の展開があります。サシャ
    の死には、『地鳴らし』を止める為にガビとファルコを楽園へ送る意味があったので
    しょうか。何処かの悪が何処かの善へ繋がっている、単純な善悪二元論で片付かない
    所が、【進撃の巨人】にハマる理由の一つかもしれません。

     失礼致しました。

    • >サシャの死には、『地鳴らし』を止める為にガビとファルコを楽園へ送る意味があったのでしょうか。
      サシャ死亡⇛パラディ島連行⇛ニコロに殴られる⇛ファルコ巨人化⇛鳥巨人化と、サシャの死はファルコ巨人化に繋がっておりマストだと感じています。
      もっと言うと、サシャの死があったからガビはブラウス家と繋がりをもてたので森から出られそう、とか。
      諫山先生はホンと神のような人だな、と感じますよ(・_・;)
      ここからサシャの死は避けられない要素になっていたのだな、と感じます。
      9巻の死よりも数十倍、ここで良かったのではと思います。

      管理人アース

  10. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    今回は原作の1話+ αをそのまま再現した形でした。
    これまでの駆け足展開はなんだったの?と言った印象です。

    サシャが凶弾に倒れる場面は本当に呆気無かったですね。
    アニメだけ見ている人が、こんなの見たらトラウマになりますよ。

    見ていて本当に胸が痛む回でしたが、エレンの笑っている場面が思ったほどではなかったのがせめてもの救いでした。

    今回、個人的に一番印象に残ったシーンは、ファルコとガビの会話の中でレベリオ襲撃は報復だったと言うファルコに対してガビが言った「私も見てない」です。
    これから2人は海の向こう側を知る事になるんですよね。

    それもよりによってブラウス一家に助けられた事で(涙)
    ファルコとガビのエピソードは端折られずに、きっちり描かれる気がするので、この先の展開予想が余計に難しくなりそうですね。

    • >これまでの駆け足展開はなんだったの?と
      もしかしたら今回の尺を取るために…だったのかもですね。
      パラディ島の3年間の尺もゆっくり取ってあるとか…期待したいです(*^^*)

      管理人アース

  11. おおぞらバード より:

    確かに、これまでと違うぞ!と感じました。
    何が違うのか? それは「イサヤマ線」です。

    イサヤマ線とは 顔の縦線の事で、諌山先生の
    画風の特徴とされます。
    アニメでも顔の縦線は踏襲されていました。
    が、何だか ただの棒線を顔に引いただけ、その
    取って付けたような違和感が強かったのです。

    ところが、今回はそんなイサヤマ線に大きな違い
    が見られました。
    線の間隔が狭く 濃密になっています。さらには、
    棒線ではなく 破線状になっているのです。
    この線の変化によって、表情の機微が濃厚に出て
    きているのです。
    そして表情の機微が、物語に凄くインパクトを与え
    ているのです。

    やはり、今回は特別な回というのがあったでしょう。
    CygamesPictures の協力を得たのも大きかった
    ようです。それだけ気合を感じました。

    さあ、次回からもこのテンションが持続されていく
    のか? よもや今回きりで、次回からまた元に戻って
    しまうのか気がかりです。
    制作会社の連携を保って 濃密な作品作りを手掛けて
    ほしいと願っております。

    • >今回は特別な回というのがあったでしょう。
      非常にこれは感じましたね!
      かなりゆっくりとした進行ペースでしたし丁寧でした。
      次回からもこのペース、というのは無いかもですが楽しみですよ(*^^*)

      管理人アース

  12. ユミル・イェーガー より:

    団長、記事更新お疲れ様でございます。

    アニメ67話…
    先ず思ったのが、
    サシャ可愛い。綺麗。でした。
    めちゃ美人さんに描かれていたような。
    そして
    > 「原作よりもエレンは悲しんでいる」が全面に出ている
    コレは印象的でした。
    エレンへの不信感を増す為に、より不気味な笑い方にするのか、のちに明かされる「未来の記憶を見た」うえでの複雑なエレンの悲壮な心情を表現するのか、注目してましたが、後者でしたね。
    原作は進んでいますので、アニメではより原作で描いたことを丁寧にわかりやすく表現していっていると思います。
    アニメで原作121話が放送された時、
    アニメ勢の方々がこの時のエレンを振り返って見直すと、エレンは悲しんでいる、と解釈出来るのではないかと思います。
    私の個人的解釈では、原作最終話まで完結しない限り、エレンはサシャの死を知ってた上で今回の行動を実行していたのか、サシャの死は未来の記憶には無く想定外だったのか、はたまた未来の記憶が少し変わってしまっていた事象なのかは確定できないと思っています。

    このコメントを書きながら、137話のコトで頭がいっぱいになり、期待と不安で鼓動が早くなってきてしまいました(^◇^;)

    次回アニメ68話と原作本誌137話で
    また大変な進撃ウィークになりますね。
    団長、体調に気をつけて頑張って下さい。

    • >サシャ可愛い。綺麗。でした。
      WITさんに比べ原作よりなサシャでしたが、やはり可愛くなっていましたね!
      次のハンジさん回が怖いです(泣)

      管理人アース

  13. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    ここからは一気に瞬き厳禁の白熱バトルになりますね。
    PVで見たMAPPAの巨人はWIT時代よりも動きがリアルっぽそうなので、密かな期待を寄せております。

    「ビキビキ」と音を立てながら硬質化させた武器を繰り出す戦鎚を早く見たいです。

    そしてついに待ちに待った調査兵団の登場!
    対人立体機動装置のワイヤーアクションも楽しみです。

    これで車力や顎が登場するシーンまで進めば、これはもう言う事ナシです。
    パンツァーユニットを装着してマシンガンを撃ちまくる車力カッコ良かったですもんね。

    最後は獣の巨人登場まで進んで欲しいなぁ。

    • >「ビキビキ」と音を立てながら硬質化させた武器を繰り出す戦鎚を
      この辺りの描写、楽しみですよね!
      最後に獣と兵長が向かい合って終わる展開を予想ですよ!\(^o^)/

      管理人アース

  14. ななみん より:

    ヴィリー妹の声は早見沙織さんと予想(希望)します。
    ちょっとのシーンしかないのに早見さんは勿体ないかもですけどオリジナルで登場シーンが増えるとしたらどうでしょうか?ヴィリーとの最後の会話とか増えたら最高だと思います(^^)
    そして気になるのは戦闘シーンのレベルですね。WITさんに匹敵する描写をしてくれるのか…楽しみです(^^♪

    • >ヴィリー妹の声は早見沙織さんと予想(希望)

      おお!ありがとうございます!
      アニオリでのセリフ追加があれば面白いですね!
      この辺りに林監督のカラーが出るかもですね(*^^*)

      >WITさんに匹敵する描写をしてくれるのか…楽しみです(^^♪
      戦闘シーンの描写は期待しちゃいますよね!
      やはり戦闘シーンの描写が荒いと冷めてしまうので…
      ここは要注目ですよね!

      管理人アース

  15. おおぞらバード より:

    戦鎚の巨人登場という、ファイナルシーズンの
    ハイライトの一つです。
    マスク姿の戦鎚の巨人のデザインが秀逸であり、
    この戦いだけの登場というのが非常にもったい
    ないです。
    また、ヴィリー妹の最期にも残酷規制が入るかも
    しれず、少し違う散り方になるかもしれません。

    ので、戦鎚の巨人に関しては アニメオリジナルの
    登場シーンを増やして欲しいと望んでおります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です