【進撃の巨人アニメ4期】Season4(シーズン4)

進撃の巨人アニメ10話(69話)感想解説!ハンジさんとエレンと夕日シーンに注目

アース
アース
2月14日(日)深夜放送の進撃の巨人FinalSeason第10話です。

FinalSeasonも後半へと入り、舞台もマーレからパラディ島へと移りました。

ジークが島に来る事になり、様々に動き出す兵団。

特に独自に動くピクシス司令は、原作通りカッコ良いですね!

さて、そんな重く緊迫した場面の多い展開ですが、今回は何より楽しみな夕日のシーンが登場します。

104期の恥ずかし楽しみなあのシーンが、どのように描かれるのか?

原作でも恥ずかしかったあのシーンが、アニメになったらどうなるのか?

さらに、情報量が多く良く分からなかった部分を解説!

順番に見て行きましょう!(*^^*)

進撃の巨人アニメシーズン4【理解できない人向けにマーレ編のキャラと世界観を解説】 ついに進撃の巨人のアニメシーズン4(Final Season)が放送開始となりました! 2020年12月7日に...
【VOD】アニメ視聴におすすめの動画配信サービスを比較【評判&口コミ】 動画を視聴できるサービスは数多く存在していてどれを選べばいいのか悩みますよね。 しかし、多くの比較サイトでは広告報...

進撃の巨人アニメ10話(69話)のストーリーを解説

ミカサとヒィズルの関係

東洋の一族とアッカーマン家のダブルであるミカサ。

アッカーマン家はリヴァイ兵長と同じであり、ミカサの戦闘力の由来にもなっています。

そして東洋の一族側の血統が「アズマビト家」という将軍家の血統である、と今回明らかとなりました。

145代フリッツ王が壁を築く際にパラディ島に逗留していた当時の将軍がそのまま壁から出られなくなった、という流れとなっています。

これらのミカサの東洋の一族考察と右手首の刺青についての考察は、こちらで行っています。

国について分からない駐屯兵団

パラディ島は100年以上巨人に支配されていたため、壁内だけでの暮らしをしてきました。

敵は巨人だけであり、人種の違いで差別や迫害はありましたが国・文化の違いでの争いはありませんでした。

そのため「国」という概念が分からない、と駐屯兵団兵士が言っています。

何気ない小さなセリフですが、考え抜かれた一言となっています。


キヨミに提案したジークの計画と目的とは

ジークがキヨミ様と闇で会い、商談を持ちかけていた事が明らかとなりました。

ジークは何としてでもパラディ島へ行き、エレンと接触したい。

アズマビト家の力を借りれば行けるが、それだけでは彼らにメリットが無い。

そこで目を付けたのが、パラディ島の資源でした。

立体機動装置の動力が「氷爆石」という未知の資源であり、それを独占できるとしたらアズマビト家にとっては大きなメリットとなります。

ひとつの国を作れる以上の資産が、彼らに手に入るイメージですね。

ジークはパラディ島の氷爆石を利用し、キヨミ様側にもメリットがあるよう話を持っていき、見事商談を成立させたことになります。

ジークの真の目的についてはアニメ派の方にはネタバレとなりますが、ジークの真の目的を検証にて考察しています。

氷爆石について

氷爆石は、立体機動装置誕生を描いたスピンオフ作品「Before the fall」にて登場した、立体機動装置の動力となるガスの事です。

元は小説版として発表されており、小説版Before the fallにてまとめてあります。

後にコミカライズ版「Before the fall」も誕生しBefore the fallネタバレ1話あらすじ「巨人の子」感想考察!から各話考察しています!

氷爆石については氷爆石を検証!巨大樹の森、黒金竹との関係もにて取り上げています。



◆進撃の巨人アニメ10話(69話)感想考察!

今このタイミングで、パラディ島の3年間を見せるかなぁ…(泣)

本誌を追いかけている読者、コミックスを追いかけている読者はそう感じたのではないでしょうか?

ハンジさんとエレンの衝突場面は見るとものすごく複雑な印象を受けますし、夕日のシーンはもう…泣けてきます。

エレンはハンジさんの事をどう思っていたのかなぁ…

やっぱり胸ぐら掴んで巨人化したくなるくらい、見限っていたのでしょうか?

今回のシーンを見て、かなり複雑に感じてしまいました(;´Д`)

さて、そんな中嬉しかったのは、ミカサの右手首の刺青が原作通り登場したことですね!

アニメ1期では刺繍に改変されていただけに、原作通りアニメで見られるとは思っていなかったので、ものすごく嬉しかったです!
2016-02-27_075413

やっぱりキヨミ様に見せるシーンは刺繍よりも刺青の方が、シックリ来ますよね!

世界中に配信されるアニメだけに刺青禁止な国への配慮とどこかで読みましたが、昨今のタトゥーはかなり受け入れられているのでアニメで描写しても良くなったのかもしれませんね。

本当に良かったですよ!\(^o^)/

そして、夕日シーンでのサシャとコニーの会話も良かったですね~。

原作だと段々コマが小さくなり「え?」「え?」と相手のが馬鹿だと言い合っていましたが、アニメだと大きく取り上げられ、より分かりやすいおバカな会話となっていました(笑)

その辺りも含め、最高な夕日シーンでしたね!

キヨミ様上陸の際のイェレナとミカサの会話、ジークとキヨミ様の対談シーンなどカットされた場面も多かったですが、それでもかなりの情報量が詰まれており、大変なアニメ化作業だったと察せられます。

毎回思いますが、本当に「Thank you MAPPA」と心でつぶやくアースでした!m(_ _)m


◆進撃の巨人アニメ10話(69話)【現在公開可能な情報】

ヒィズル国
「将軍」と呼ばれる国家元首の元、
独自の文化を築き上げてきた東洋の小国。
優秀な技術者を多く輩出しており、
最新兵器や航空機などの開発を盛んに行っている。
かつてはエルディア帝国とは同盟国だった。
「将軍家」の家紋には
三本の剣を模した図柄が用いされている。

1期アニメから伏線とされ、回収されていなかったミカサの東洋の一族伏線。

アズマビト家の将軍家血統であると明かされ、さらに刺繍ではなく原作通り右手首の刺青として登場しました!

三本の剣を模した意味は、未だ原作でも回収されていません。

残り2話と確定している原作ですが、回収されるのかな…?(・_・;)

ここは、原作での回収を期待しちゃいますよ!

アニメ69話の展開をかなり前から予想していました。

自己検証してみます!


◆進撃の巨人アニメ10話(69話)あらすじ予想の自己検証!

2018-07-07_024857

「進撃の巨人」第107話「来客」より

26巻106話終盤のシーン。

地下牢のハンジとエレン

マーレ強襲を終えた調査兵団を乗せた飛行船が、パラディ島に到着する場面から始まります。

遺体となって運ばれるサシャ。

エレンはそのまま、投獄されます。

一人地下牢に入れられるエレン。

洗面台で頭を整え「戦え」「戦え」とつぶやきます。

鏡に映る自分をにらみつけるような描写。

そこにハンジが現れます。

「何してるの?」と尋ね、続けざまエレンに問います。

丸無視なエレン。

しかしヒストリアに関して触れられるとキレ、いきなりハンジの襟首を掴み怒鳴りつけます!

ビキビキっと、巨人化痕が現れるエレンの顔。

エレンの手を振りほどき移動し、疲れた表情のハンジ。

場面はサシャの墓に移ります。

予想ここまで!

⇛この展開は登場しましたね!

バッチシ当たりました!

ニコロとサシャ父の邂逅

2018-07-07_024916

「進撃の巨人」第107話「来客」より

サシャの墓石の前にしゃがみ込み、もたれるミカサの描写。

そこに、調査兵に殴られているニコロが登場。

ジャンとコニーが、かばいます。

サシャの墓に手を合わせながらも、サシャが死んだ事を受け止めきれないニコロの描写。

コニー、ジャン、ミカサとニコロは、一緒にサシャを偲びます。

そこに、サシャ一家が現れます。

ニコロと話をし、一家がニコロの店を訪ねる約束をして、場面は変わります。

予想ここまで!

⇛前話9話で登場したシーンでしたね。

ここは変則で前回に登場していました。

ナイルとローグinニコロ・レストラン

ニコロの店で、美味しくワインを召し上がるローグ。

ナイルと他の憲兵団幹部もいます。

ピクシス司令が義勇兵を制圧し拘束した事を、驚き語り合う幹部達。

さらにパラディ島に到着したジークを巨人化させたヒストリア女王が捕食するべきだ、とローグは主張します。

しかしヒストリアが妊娠した事により不可能になった、と嘆きます。

そして妊娠するように唆した人物がおり、それがイェレナだと決めつけるローグ。

それに対し、ヒストリアには選ぶ権利があるし相手は昔からの知り合いだ、とナイルが語ります。

さらに今ヒストリアを巨人化させたらお腹の子が死ぬ、と続けます。

それに対し「その正論で国は滅ぶかもな」と答え、スイッとワインを飲むローグ。

お替りを頼んだローグに対し、意味ありげなボトルを渡すニコロの描写。

場面は、墓参りを終えたミカサ、ジャン、コニーとアルミンが合流した一室に移ります。

予想ここまで!

⇛ここもバッチシ登場していましたね!

104期のエレン談義

ピクシス司令の義勇兵制圧に対し、議論し合う4名。

そこでコニーは「あれがエレンに見えたか?」と、エレンへの疑心を訴えます。

あれはエレンではないしエレンを斬る覚悟がいるのでは、と語るコニー。

それに対し、反論するミカサ。

エレンは自分たちの事を想っていると続けますが、ジャンに反論されサシャが死亡した際に笑った事を挙げられ、論破されます。

そこでアルミンがエレンとミカサ、3人で話をする場を設けてもらい疑いを晴らしてもらう、と提案します。

もし晴れなかったらエレンの進撃と始祖を他の人に継承してもらう、と代替案をも挙げます。

反論するミカサを制するアルミン。

場面は、牢に拘束されているガビとファルコに移ります。

予想ここまで!

⇛ここも登場していました。

原作通り、キツイ展開でした(泣)

カヤと出会うガビとファルコ

病気の振りをし介抱しに来た兵士を殴りつけ、脱獄するファルコとガビ。

そのまま森に逃げ、少女カヤと出会います。

そのまま少女に付いて行くガビとファルコ。

場面は、強襲されたマーレに移ります。

予想ここまで!

⇛ここは登場していませんでしたね。

次回登場しそうです。



「パラディ島奇襲作戦」を訴えるライナー

レベリオに残された立体機動装置をテーブルに載せ、これにはマーレの技術が使われており調査船団に乗り込んだ裏切り者が協力して今回の襲撃を計画していたのだ、と推論を展開するマガト元帥。

さらにジークがパラディ島に逃げた、と決定付けます。

世界連合軍を結成し、半年後にパラディ島を強襲すると告げるマガト。

しかし、それに反対するライナー。

ジークの計画を上回る為にもパラディ島を奇襲すべきだと「パラディ島奇襲作戦」と訴え、ドンっと机を叩き終わります。

予想ここまで!

⇛ここは登場しませんでした。

次回登場するのかも。

FinalSeason1クール目EDシーン

2019-07-01_054208

エンディングの曲が流れ、場面場面がフラッシュバックされます。

ピクシス司令がイェレナ達義勇兵を拘束し、部屋で尋問する描写。

リヴァイ兵長がジークを巨大樹の森ホテルに連れていく描写。

妊娠しているヒストリアが、帽子の男と住んでいる描写。

少女カヤに連れて行かれるファルコとガビの描写。

地下牢に一人座り、一点をにらみつけるエレンの描写。

さらにFinalSeason2クール目の予告があり、終わります。

予想ここまで!

⇛変則16話となっているので、切れ目にはならなかったですね。

◆進撃の巨人シーズン4(FinalSeason)4期10話(69話)相応する原作回とタイトルの予想!

原作106話107話108話の現在時系列の展開が描かれるのでは、と予想します。

タイトルは「正論」かなと!

現在の展開から「その正論で国が滅びる」というローグの言葉は、タイトルにも相応しいかなと感じました。

予想ここまで!

⇛タイトルは予想通りでした!

◆進撃の巨人シーズン4(FinalSeason)4期10話(69話)の見どころを紹介!

管理人アースは、FinalSeasonは本来3クール編成で予定されていたのでは、と考えています。

そして今回のFinalSeason12話目で、1クール最終話になると予想します。

やはり最終話で期待してしまうのが、次のクールへの予告場面ですよね!
2019-07-01_054126

これまでと違うであろう、次のクールへの演出が気になります。

ここは要注目ですよね!

PV最後のような、カッコいい見出しを期待しちゃいますよ!

そしてこの回で気になる場面は、エレンの「戦え戦え」場面からのハンジとのやり取り。

そして、ニコロとサシャ父の邂逅ですよね!
2018-07-07_050411

「進撃の巨人」第107話「来客」より

これからもFinalSeasonに登場することになるサシャ父とニコロの初対面場面は、かなり楽しみですよ!\(^o^)/

あと個人的に気になっているのは、ミカサとコニーのやり取りですね。

エレンを挟んでの二人の言い合いは、嫌な場面ですが気になっています(・_・;)

さて、今回も色々見どころ満載な回ですが、この予想が当たっているのか?

早くアニメ69話を観て確認したいです!

アース
アース
ジークの「俺のホテル これぇ?」も何気に期待(*^^*)

予想ここまで!

⇛ミカサとコニーのやり取りは、それほどの緊張感は無かったような…

原作の方が重く感じましたが、夕日シーンはアニメの方がヤバかったですw

次回からガビが動き出しますね!

原作とは違ったガビの感じが気に入っているので、楽しみです!(*^^*)

アニメも最後まで追い続けますよ!\(^o^)/

進撃の巨人アニメシーズン4【理解できない人向けにマーレ編のキャラと世界観を解説】 ついに進撃の巨人のアニメシーズン4(Final Season)が放送開始となりました! 2020年12月7日に...
進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 二度目の投稿 より:

    全然関係ないですが、今日放送された林修の今でしょ 東大生が選ぶ勉強になる漫画ランキングにて鬼滅よりもスラムダンクよりも進撃が上位にランクされてました!何気に嬉しい(笑)
    途中から見たので理由は分かりませんが(汗)
    因みに1位はドラえもん(笑)

    • >進撃が上位にランクされてました!何気に嬉しい(笑)
      アースも途中から見ました。6位は嬉しいですが5位が「はたらく細胞」だったので、「う~ん、たしかに勉強にはなるけれど」と複雑でした(笑)
      1位のドラえもんはむちゃ納得です(笑)

      管理人アース

  2. おおぞらバード より:

    エルディア帝国は1000年にも渡って
    民族浄化でユミルの民を増やし続けたと
    言われますが、それはマーレ大陸だけの
    事だったのでしょうか?

    もし全世界に民族浄化が行われていたなら、
    ヒィズル国もそれを受けて ユミルの民が
    増えていったはずです。
    しかし、小国ながらエルディア帝国と友好
    関係を持って独自の文化を保ってきたとは、
    ヒィズル国はなかなかの国力だと思います。

    エルディアとヒィズルとの関係史には謎が
    多いです。
    紀元0年の謎に ヒィズル国は外せないと
    思います。

  3. ななみん より:

    進撃の巨人アニメ最新話見ました
    これが最後の平穏な日常の風景…懐かしむとともに少々寂しい気持ちも…
    ここからは策謀、戦闘、そして地ならしと大忙しですからね
    当時はエレンの真意があまり見えなかったりで104期の回想シーンもエレンの気持ちをぼかす為の回想とも思えたりでしたが、今になって見ると本当にエレンはみんなの事を考えて、結果前へ前へ進撃したのだと思えてきます
    次回からは策謀とガビとサシャ家族とのドラマが展開していき、物語のピースが次々とはまっていく事でしょう。
    来週も楽しみに待つとします

    • >今になって見ると本当にエレンはみんなの事を考えて、結果前へ前へ進撃したのだと
      そう思えますよね!
      ここから最終的には「ずっと嫌いだった」発言に至る訳ですが、それもミカサやアルミンの事を想っての発言だったのだろうと思えますよ。
      来週のカヤとガビの掛け合いが楽しみです(*^^*)

      管理人アース

  4. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    137話公開直後にこの夕陽のシーンを見る事になるとは、なんとも複雑な気分です。
    パラディ島の3年間に思いを馳せながら見入ってしまいました。

    4年前の勲章授与式であの衝撃シーンを見て以来、エレンの心境には大きな変化があったと思いますが、まだこの時点(2年前)ではエレンにも優しさがあったような気がします。
    それがガラリと変わってしまったのは、キヨミ様の口から「ジークの具体的な秘策」を聞かされてしまったからなんですね。

    独房でのハンジさんとの対峙シーンは、梶さんの迫真の演技も相まって凄みを感じました。
    ジークもそうでしたが世界連合による焦土作戦をが実行されたら取り返しがつかなくなるので、エレンにとってみれば一刻の猶予も無かったんでしょうね。

    そして予想を大きく裏切って登場したミカサの手首の刺青公開にも驚かされました。
    刺青の描写緩和からOAに踏み切ったとも考えられますが、団長殿が予想されていたように原作でミカサの手首が青白く光る場面がありそうな気がしてきましたよ。

    • >原作でミカサの手首が青白く光る場面がありそうな気が
      これを踏まえてのアニメ刺青確定なら嬉しいですが!
      最終話でミカサの右手首展開が来たら最高ですよ!(泣)

      管理人アース

  5. kayoko より:

    団長殿お疲れ様です。
    その後靴下は乾いたかなと老婆心(;^ω^)で心配しております。

    69話・・夕陽の場面のエレンが原作よりも可愛らしくてこちらまで赤く
    なってしまいました。
    そして、キヨミ様一行との会談も当時のエレンには既に未来が見えていたはずなのにヒストリアを犠牲にしたくないと意見をする場面。あそこまで声を荒げて感情を昂らせる感じが原作以上で…梶さんの演技力の凄みというかさすがとしか言いようがないです。ハンジさんじゃないけれど、
    「どうして?こんな事を?」と最新話まで読んでいても問わずにはいられない感情に揺さぶられました。個人的には梶さんのメンタル大丈夫かなと思わずにはいられませんが・・そこはプロなので杞憂でしょうけれど(;’∀’)

    • >その後靴下は乾いたかな
      靴下は乾いたのですが帰宅できたのが夜10時近くで…
      さすがにフラフラになりました(泣)

      >声を荒げて感情を昂らせる感じが原作以上で…
      梶さんスゴイですよね!
      これは原作以上にしつこい感じのハンジさんの演技からの影響もあるかも(笑)
      これからの演技も楽しみですよ(*^^*)

      管理人アース

      • kayoko より:

        おはようございます😊
        月曜日から夜10時帰宅は大変お疲れさまでした。いつもお忙しそうなので老婆心全開で心配しております。
        アニメのハンジさんしつこかったですね😅エレンとのココロの温度差というか観ているこちらにもよりエレンの心情がわかりやすい演出でした。
        アニオリで最後の場面兵長の部下たちがワインで酒盛りしていました。
        レストランの憲兵たちのシーンといい不穏な空気を醸し出していましたね。アニメ勢の夫が「あのワイン…なんかある?」と言うので「テストに出ます。」と答えました😅もうすぐ巨大樹の森での戦闘シーンが来るのかと思うとカッコイイ兵長は見たいけれど、展開がより辛くなるので別な意味でムズキュン(違う)です(^_^;)

        • >いつもお忙しそうなので老婆心全開で心配しております。
          ありがとうございます。
          忙しさにはムラがあるのですが、今月下旬はかなり忙しい感じです(泣)
          ただ3月入ったら落ち着くのでそこまで頑張ります!(*^^*)

          >「テストに出ます。」
          もうすぐテストですね(笑)
          怖いですが楽しみです!(*^^*)

          管理人アース

  6. コダヌキオタヌ より:

     失礼致します。コダヌキでございます。

     記事作成お疲れ様です。

     夕日の場面は確かに良かったですね!原作で最新話を読んでいる状態で104期兵
    達の遣り取りを見ていると、悲しいような嬉しいような・・・。この頃のエレンは素
    直だったなぁ・・・。そして、夕日そのものは一瞬実写と見紛う程でした。陽光を受
    ける海の景色もそうですが、MAPPAさんの自然描写は美しいです。

     現在公開可能な情報で、ヒィズル国が「優秀な技術者を多く輩出しており、最新兵
    器や航空機などの開発を盛んに行っている」との説明を見た私は、「最新兵器・・・
    もしや」と一人にやにやしておりました。おばさんが夜中にテレビの前でにやつく
    光景はかなり不気味ですが。
     スラバ要塞で使用されていた徹甲弾について、私はいまだにヒィズル国による中東
    連合国への技術援助で製造された兵器ではないかと妄想しております。巨人大戦後、
    『進撃の巨人』を所有していたのもヒィズル国ではないかとも妄想しています。キヨ
    ミが旧型立体機動装置を既に知っていた事から、ヒィズルの諜報員がマーレ軍内部に
    潜入していたかもしれません。ですが、残り二話の中でヒィズル国の詳しい描写が来
    るのは難しそうですね。私の妄想で終わりそうです。

     失礼致しました。

  7. 和銀 より:

    ご無沙汰しています‼️アース団長 足はその後無事でしょうか?サシャのシーンはなんとなく予感していただけに辛くエレンはサシャを思いだし悔しそうな表情を見せぬよう笑う でもやっぱり泣いていますよね 初見でもそう感じましたしやっぱり今でもそう思います
    ここは何らかのかたちで声優さんにいろいろ心理描写を説明されるんでしょうか ある程度演じる人物の意図がわからなければ 演じる方は大変なので 原作の進み具合もあり 梶さん大変そうだなと原作を読みながら いつも感じます アニメになる頃にはエレンの心の中ある程度わかっているといいんですが ラストまでわからないかも知れないので (エヴァンゲリオンはカヲル君の石田彰のみ真実を聞かされてるとか本当だったら凄いですね)その前に原作は終わる予定でしょうが
    アニメと原作のラストが同じとは限らないと思うので
    今からドキドキしています でもその前にもう少しコロナの患者数が減り安心して進撃の巨人ファイルシーズンが見れますようですね はっ!

    • >声優さんにいろいろ心理描写を説明されるんでしょうか
      前のWITさんの時には荒木監督には諫山先生がネタバレしていた、と聞いています。
      たしかマルコ死亡の時点で、ライベルアニが犯人と打ち明けていた、とか。
      そうでないと、トロスト区奪還作戦を描く際に「いてはいけないところに3人がいる」とか「マルコここで死んでるはずなのに生きてる」とかになりますしね(笑)
      なので、この辺りの心情ももしかしたら声優陣にも監督から説明があるかもですね。
      いや、あるでしょう!(笑)
      この回の声優陣の演技が楽しみです(*^^*)

      管理人アース

      • 和銀 より:

        そうだったんですね✨原作でわかってるだけでも難易度高そうなので(全員)皆さん上手いかたちばかりなので期待大ですね✨ありがとうございました はっ!

  8. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    ついにこの場面ですね。
    原作を読んた時も辛かったし、今思い出しても後味が悪過ぎて凹まされた回でした。

    出来れば避けて通りたい道ですが、これも読者(視聴者)にとっての通過儀礼と言ったところでしょうか。
    個人的にはサシャの死を知らされたエレンが笑い出す場面に注目したいです。

    原作だと確かにエレンは笑っているように見えますが、あの悔しさを滲ませた表情は忘れられません。
    この場面がどう再現されるのかが気になりますね。

    • >この場面がどう再現されるのか
      描写、BGM、梶さんの演技。
      どのように演出されるのか、ここはかなり要注目ですよね!
      とくに「くっくっく」という笑い方は、かなりエレンの心情を表すのではないかなと。
      サシャ死亡はかなりキツイですが、梶さんの演技は楽しみですよ!

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です