進撃の巨人

進撃の巨人アニメ最終話は原作と違うオリジナル?「導く者」「偽り者」タイトル改変伏線から考察し予想!

アース
アース
真のファイナルに備えよ!\(^o^)/

2022年1月9日(日)深夜より放送が確定している「進撃の巨人FinalSeason2」。

この放送で、原作と同じようにアニメ「進撃の巨人」も最終話を迎えることになるでしょう。

ただし、原作と同じ最終話となるのかは確定していません。

むしろ、これまでのアニメ場面で「違う最終話になるのでは」という要素が、いくつか確認されています。

そのアニメ場面とは、どのようなシーンだったのか?

1期1話の「いってらっしゃいカット」から、FinalSeasonのタイトル改変までをまとめて考察します!

順番に見て行きましょう!

進撃の巨人アニメがオリジナル最終話と予想できる場面とは

アニメ「進撃の巨人」の最終話は、原作とは違うのでは無いか?

このような予想は、以前からされていました。

これはアニメ1話「二千年後の君へ」の冒頭が原作とは違っていた事が大きいでしょう。

さらに今年放送されたアニメFinalSeasonでの70話「偽り者」と71話「導く者」というタイトル改変も伏線ではないか、と考察できます。

順番に見ていきましょう。

アニメ1話「二千年後の君へ」冒頭改変を考察!

2015-11-19_145425

アニメ1話では冒頭から、原作からの改変がいくつか見られます。

最も大きな改変は「いってらっしゃいエレン」「髪伸びてないか?」のカットでしょう。

「いってらっしゃいエレン」は原作138話「長い夢」に繋がる伏線となっていますし、「髪伸びてないか?」もエレンが未来の記憶を見ているのではとされる最終話に向けての大きな伏線でした。

それがアニメでは、カットされていました。

その代わりに差し込まれたのが、目を覚ますエレンが直前に見たフラッシュバックです。

「母が巨人に捕食されるシーン」など、思いっきり「エレンが未来の記憶を見る」シーンがアニメオリジナルで差し込まれています。

さらに「死亡して目にハチ止まっているエレン?」や「死亡している調査兵達」の描写が差し込まれていました。

原作とは表現が違いますが、結局は「未来の記憶を持っているエレン」が描かれているように見えますね。

大きな意味合いとしては、「未来の記憶を持っているエレン」を違う表現に差し替えられただけ、と言うことになりそうです。

しかしいっぽうで「いってらっしゃいエレン」がカットされている事で、138話でのミカサの夢シーンがアニメでは改変される可能性があります。

ここ、要チェックですね!

アニメFinalSeason70話「偽り者」・71話「導く者」タイトル改変を考察!

アニメ70話「偽り者」アニメ71話「導く者」

原作と同じタイトルとなっていますが、内容は全く逆となっています。

原作でジークガスについて嘘をついていた「偽り者」がアニメでは「導く者」となっていました。

同時に、カヤとガビ・ファルコの回となっていた「導く者」が、アニメでは「偽り者」となっていました。

今見直してもなぜ70話が「導く者」から「偽り者」とタイトルが改変されたのかは分かりませんが、おそらくは「エレンを導く者」として強調するためのタイトル改変なのではと読み取れそうです。

原作ではフロックから上着を受け取ったエレンが羽織るシーンは、「偽り者」です。

このシーンを「導く者」としたかったので、原作からタイトルを改変したのではとイメージしますよ。

つまりはこの時のエレンは「偽っていなかった」のではないか、というのがアニメのイメージなのでしょう。

となると、この改変イメージは最終話まで続きそうな気もしますよね。

これらを踏まえ、アニメオリジナル最終話を予想してみましょう!

進撃の巨人アニメのオリジナル最終話を予想!

2015-11-19_145627

「いってらっしゃいエレン」と「髪伸びてないか」カットから、その回収となる原作138話に当たる「ミカサの夢シーン」が改変される可能性はあるでしょう。

「髪が伸びていない」ことから4年間の逃避行生活シーンは無しとなり、「いってらっしゃい」ではなくまた違ったセリフになる可能性もありますよね。

しかし138話でのミカサの「長い夢」以上の演出は考えられないので、「回収」という機能は無いですがここは原作通り「いってらっしゃいエレン」で進めて欲しいですよね。

「進撃の巨人」138話「長い夢」より

イェーガー派リーダーとして進むエレンを「偽り者」ではなく「導く者」として描いたアニメ71話。

ここからエレンは原作よりも自由意志で地鳴らしを決行した、という演出になるのではとイメージします。

つまり、「地鳴らしで世界を滅亡に導く者」という演出がアニメオリジナルであるのではないかと。

となると、「本当は地鳴らしをしたくなかった」というエレンの気持ちを表している描写に、改変があるかもですよね。

特に最後にガビやアニ父も巨人化してしまうシーンでは、悪魔的に突き進むエレンがもっと強く描かれるような気がします。

そこからミカサやアルミンの夢に現れ告白するシーンが登場して、「皆と一緒に生きたいというエレンの本心が衝撃的に開示されるのでは」とイメージしますよ!

「進撃の巨人」139話より

このような演出が来たら、原作よりもさらにエレンの本心開示シーンで泣けてきそうですよね!

そう考えると、原作との演出は違ったとしても描写は改変せず、そのままに登場するような気がしますよ。

ただ、最後の最後でオリジナルを挟んでくる可能性もあります。

ジャンと結ばれるミカサ描写とか、未来が描かれたシーンがどうなるのかは分かりませんよね。

最後の最後まで要チェックですよ!(^^)

進撃の巨人アニメ最終回は2022年1月9日(日)深夜から放送!ファイナルシーズン4を徹底解説 2021年4月に原作最終回を迎え、その物語に幕を降ろした進撃の巨人。 しかしアニメは2020年12月から2021年3月まで...

POSTED COMMENT

  1. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    原作を最後まで見届けた側としては、アニメでのオリジナル改変には大いなる関心を寄せています。
    ただ、その反面で制作会社がWITからMAPPAに変更になった事が、その障壁になるのではないかと危惧する部分はあります。

    今となってはですが、荒木監督がどのような意図を持って第1話の冒頭シーンを原作と変更してきたのかが聞きたいですね。
    ファンの1人として真の意味でのハッピーエンドとなるエレン生存ルートがオリジナル改変だったら最高ですが、地鳴らしを決行してしまった以上、それは虫の良過ぎる話と言うものでしょう。

    むしろ団長殿の仰られているように、エレンを斬ったミカサが最後に「いってらっしゃい」で送り出すのが一番自然な流れで、見ていてしっくりきます。
    これは自分の個人的な希望になりますが、最終決戦を前に、エレンは104期生達と会話を交わしているはずです。

    原作で描かれていたのはミカサとアルミンだけだったので、オリジナル要素としてライナーやジャン達とも会話をしている場面が見てみたいです。
    ジャンがミカサにプロポーズをして結ばれたのは、エレンから「オレが死んだらミカサの事は頼んだぞ」と言われていたからこそ出来た事なんじゃないかなぁ・・・なんて思うんですよ。

    • >エレンから「オレが死んだらミカサの事は頼んだぞ」と言われていたからこそ出来た事なんじゃないかなぁ・・・
      これはたしかに見たい!
      言ってそうですし、言われたジャンが「『死に急ぎ野郎』ってアダ名は、死に急ぐなって意味で言ってたんだぞ!」と止めるシーンも見たいです。
      この辺り、要チェックですね!\(^o^)/

      管理人アース

  2. コダヌキオタヌ より:

     失礼致します。コダヌキでございます。

     記事作成お疲れ様です。

     アニメ一話「二千年後の君へ」冒頭改変についてです。
     私の想像ですが、アニメ一話のフラッシュバックは、当初諫山先生が構想していた
    終盤の設定に合わせて制作していたのでしょう。制作会社が変わった頃には当初の終盤
    の構想からカットする設定や場面を諫山先生が決めており、WITさんが構想していた
    最終回とは違うものがMAPPAさんで制作中かもしれません。

     >138話でのミカサの「長い夢」以上の演出は考えられないので
     私も同感です。「いってらっしゃい、エレン」のまま放送して欲しいです。

     >ただ、最後の最後でオリジナルを挟んでくる可能性もあります。
     私もそう思います。

     エレンのフラッシュバックにある、恐らく中世のものであろう天蓋付き二段ベッドの
    下段にある人形や、首と右手が無い赤い礼服姿の人形など、これらが何を暗喩している
    のかは分からないままでした。ですが、エレンが夢に見たフラッシュバックは、エル
    ディア帝国に侵略されるパラディ島の過去(一話から845年前)~カルラが捕食され
    る未来だと、私は考えています。
     単行本最終話でもパラディ島は攻撃されているので、あの丘の木は戦争が繰り返され
    る島の歴史を物語っているのかもしれません。
     単行本の最終話で巨大樹(丘の木)を見つけた少年が、エレンのように木の下で居眠
    りし、一話のフラッシュバックから最終話迄の主要な場面を同様にフラッシュバックで
    夢に見たら・・・と妄想しました。夢の最後は「いってらっしゃい、エレン」という
    ミカサでしょうか。犬に舐められて目覚めた少年が「なんか、すっげぇ長い夢を見てた
    気がする」と呟くと妄想しています。

     失礼致しました。
     
     

    • >単行本の最終話で巨大樹(丘の木)を見つけた少年が、エレンのように木の下で居眠
      りし、一話のフラッシュバックから最終話迄の主要な場面を同様にフラッシュバックで
      夢に見たら・・・

      これスゴいイメージですね。こんな展開が来たらどんな内容のFinalであっても肯定しちゃいます。
      犬に舐められて目を覚ました少年がアップになり、その顔がエレンだったら…(爆)
      もう最高ですよね!

      Finalの放送が楽しみです!\(^o^)/

      管理人アース

  3. ユミル・イェーガー より:

    団長 記事更新お疲れ様です!

    >138話でのミカサの「長い夢」以上の演出は考えられない

    ですよね~。

    いってらっしゃいは?

    ベルトルトスルーのからくりは?

    ユミルとミカサの会話は?

    2000年前にユミルが槍で倒れたシーンの真実は?

    ラスト4ページの描写は?

    もう・・眠れない程待ち遠しい・・・・・・

    • >ベルトルトスルーのからくりは?
      >ユミルとミカサの会話は?

      この辺りは原作通りに描かれそうな気もしますが、改変も期待したい!
      本当に放送が楽しみですね(^^)

      管理人アース

  4. きゆう より:

    こんにちは。私は原作も最後まで楽しめたのですが、アニメでは最終話のエレンとアルミンの対話はもしかしたらちょっと改変されるかも、と思っています。特に「ありがとう、殺戮者になってくれて」はいわゆる日本語でいう手向けの言葉というか、地ならしを断罪しつつも親友に寄り添ったセリフだと私は解釈したのですが、直訳されたことで多くの海外のファンに誤解を与え怒らせてしまったようなので。アニメ制作陣はそこらへんを配慮してどう表現するのだろうかと楽しみです。

    • >アニメ制作陣はそこらへんを配慮してどう表現するのだろうかと楽しみです。
      マンガもそうですがアニメも世界中に配信されるので、この辺りは気を遣いそうですよね。
      ミカサとエレンの夢の描写がどのように描かれるのかが、本当に楽しみです!(^^)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です