ネタバレ考察

進撃の巨人ネタバレ考察!太陽が西から昇り東に沈む真相!

他サイトにて「進撃の巨人で太陽が西から昇り東から沈むシーンが描かれている」との指摘がありました。

もしそれが本当ならば、「進撃の巨人」の世界観を揺るがす伏線ではないでしょうか?

実際どうなのでしょうか?

検証してみましょう!

◆作中での太陽が描かれている場面からの検証!

では、作中から太陽が昇り、沈む方角を検証してみましょう!

8巻第34話での太陽が描かれているシーンからの検証!

2015-09-24_053459

「進撃の巨人」第34話「戦士は踊る」より

まず、ストヘス区が描かれており、ストヘス区は東側に突出している区です。

ストヘス区の先端が東だとすると太陽は北東に沈んでいるように見えますね。

ちなみにこの後ハンジとモブリットの会話のコマでも太陽は描かれており、やはり北東に太陽は沈んでいます。
2015-09-24_053435
今回のシーンでは太陽は北東に沈んでいるという事になります。

間違いなく意図的に描かれていますよね。

10巻第40話での朝日が昇るシーンからの検証!

2015-09-24_053403

「進撃の巨人」第40話「ユミル」より

ここでは方角がはっきりとは分かりませんが、朝日が昇るシーンが描かれています。

場面はウトガルド城の屋上で、一箇所壁が欠けている場所がありますね。
2015-09-24_053403

「進撃の巨人」第40話「ユミル」より

赤丸で囲ってある場所ですが、だいたい、この方角から日は昇っています。

この欠けている場所は、この出っ張りとは正反対にあるのが分かります。
2015-09-24_053339

「進撃の巨人」第40話「ユミル」より

で、この出っ張りは元々この部分ですが、獣の巨人が壁外へ行った方角から見ると、左側を向いているのが分かり、つまり出っ張りとは反対にある欠けている部分は反対なので、見えないですが、右側にあることになります。
2015-09-24_053247

「進撃の巨人」第40話「ユミル」より

ということは、獣の巨人が壁外へ行った方角が分かれば、日が昇った方角が特定できます。

獣の巨人はシガンシナ区へ去って行ったと思われますので、南側へ移動して行ったと思われます。

ただ、真南であればシガンシナ区へ行くことになりますが、獣の巨人が登った壁にはシガンシナ区を表す突出した壁がありません。

それに38話「ウトガルド城」にてハンジがウトガルド城は南西の壁近くにある古城であると說明しています。

南西にあるウトガルド城の近くを通って壁に移動していることから、獣の巨人は南西の壁から移動したと推測できます。

南西から移動した獣の巨人から見てほぼ正反対の位置に屋上が欠けている部分があると推測されるので、北東から昇っていたことになるでしょうか?

ただ、他サイトにてこのウトガルド城のシーンでは「西から日が昇っている」とのコメントがありましたので、自信がありません(ー_ー;)

もしこのシーンから西側から昇っていると解釈出来るのであれば、当サイトのコメントにてアドバイスお願いします!m(__)m

第48話「誰か」での日が沈むシーンからの検証!

2015-09-24_053221

「進撃の巨人」第48話「誰か」より

第47話でエレンが「あと1時間もすれば日没だ…」と言っている時間で、鎧の巨人は巨大樹の森を抜け逃げるシーンがあり、その先には沈む寸前の太陽が描かれています。

ライナー達は獣の巨人を追っかけて逃げているはずですから、獣の巨人が去って行った方角に走っているはずです。

ということは、鎧の巨人が走っている方角にある太陽の方角は南西のはずです。

この時のシーンでは太陽は南西に沈んでいることになります。

第67話「オルブド区外壁」の日が昇るシーンからの検証!

2015-09-24_053058

「進撃の巨人」第67話「オルブド区外壁」

第67話でオルブド区外壁が描かれている画に日が昇るシーンが描かれています。

オルブド区は北側に突出した区ですから西から日が昇っているということが分かりますね。
2015-09-24_060157

「進撃の巨人」第67話「オルブド区外壁」

このコマでは東側の外壁の外に影があるので日が西から昇っていることが分かります。
2015-09-24_053030

「進撃の巨人」第67話「オルブド区外壁」

間違いなく西から日が昇っています。

第72話での日没シーンからの検証!

2015-09-24_063842

「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より

72話の一コマ目に日没シーンが描かれています。

南側に突出しているトロスト区から見て左側に日が沈んでいることが分かります。

ということは南東に日が沈んでいることになりますね。

最後のコマでも日没シーンがあります。
2015-09-24_064446

「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より

ライナーとベルトルトはシガンシナ区の入り口でエレン達調査兵団が来るのを待っているわけですから北側方向を向いており、太陽は東側に沈んでいることが分かります。

ここでは太陽は東側に沈んでいますね。

73話での日が昇るシーンからの検証!

2015-09-24_064753

「進撃の巨人」第73話「はじまりの街」より

エルヴィン達調査兵団がシガンシナ区の入り口から攻め入る時に朝日が昇るシーンが描かれています。

真南に位置するシガンシナ区へ向かっているわけですからエルヴィン達は南へ向かっており、そのエルヴィン達に右側から日が差しています。

ということは、太陽は西から昇っていますね。

そして、ハンジが信煙弾を打ち上げているシーンでは外側の最南端の外門の穴が描かれており、向こう側から日が差し影が出来ています。
2015-09-24_065922

「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より

やはりここでも西側から日が差していますね。

◆検証結果からのまとめ!

それでは、これまでの検証をまとめてみましょう!

  • 第34話…北東に日没
  • 第40話…北東から朝日
  • 第48話…南西に日没
  • 第67話…西から朝日
  • 第72話…南東に日没
  • 第73話…西から朝日
  • 第74話…北西から朝日
  • 2015-10-08_031347

    「進撃の巨人」第74話「作戦成功条件」より

  • 第75話…西から朝日
  • 2015-11-07_022915

    「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より

  • 第85話…西から朝日
  • 以上のような検証結果となりました。

    ただ、第40話と第48話は壁の位置からの考察ではないので、イマイチ信用性がありません。

    第34話、第67話、第72話、第73話の考察は壁と日が同じコマで描かれているので、ここから考察してみましょう!

    ここから考えられるのは、西から日が昇り東へ沈んでいるということになりますね!

    これはリアル世界とは真逆になっています。

    作者の作画ミスでしょうか?

    そうなるとただ単にアラ探しということになってしまいます!(―_―;)

    そこで、ここでもうひとつ、検証してみたいことがあります。

    第73話でハンジが「月光の巨人」対策のため、新月を選んで作戦を決行したと言っていました。

    そして第39話のウトガルド城編の時は、ほとんど満月でした。

    ここで計算してみましょう!

    【追記】
    2015-12-02_041445

    「進撃の巨人」18巻表紙より

    18巻表紙も西から昇る太陽が描かれています。

    18巻表紙の考察まとめ!太陽が西から昇ってる真相!にて詳細が書いてあります。

    さらに85話「地下室」では、一見東から太陽が昇っている描写が登場しています。
    2016-09-08_044948

    「進撃の巨人」第85話「地下室」より

    ただ、これも西から昇っている太陽の描写でしたが!

    85話ネタバレ考察!東から昇る太陽を考察!にて考察していますので、見てみてください!

    ◆73話の新月の日を作者は計算していたのか検証!

    2015-09-08_034632

    「進撃の巨人」第73話「はじまりの街」より

    73話の新月の日を、作者はキチンと計算して描いていたのでしょうか?

    73話は、第3話のトロスト区奪還作戦の日から115日目です。

    そしてウトガルド城攻防戦の日は、トロスト区奪還作戦の日から39日目でした。

    つまり、満月であった39日目から新月の73話まで76日経っていることになりますね。

    満月から76日経つと新月になるのでしょうか?

    満月から満月までは29.5日満月から新月まではその半分で約15日です。

    ということは59日で満月になっており、そこから15日で新月ですから、74日で新月ですね。

    ウトガルド城が完全に満月の日ではなく、2日くらいずれていたとしても全くおかしくありません!

    つまり73話の新月の日は39話のウトガルド城編の日から完全に計算されて作られていたのです!

    作者のトコトンこだわった緻密な計算が感じられます!

    なので、こちらも絶対の信頼を持って考察が出来ますよね!(笑)

    ◆東から西へ沈む太陽の意味とは!?

    o0480048512570996110

    「進撃の巨人」第46話「開口」より

    月齢計算をキチンと考えている作者が、ミスで西から太陽を昇らせることは無いであろうことが分かりました(笑)

    では、どのような理由から西から太陽を昇らせ、東から沈ませるのでしょうか?

    ちなみに別冊マガジン2013年9月号の作者への一問一答コーナーでは「北側にも巨人はいますが、南側を狙われることが多いため、住人は少し気楽だったりします。そのため寒くて生活は大変だけど、北側に住みたいと思う人たちは少なくないんですよ。」と答えています。

    太陽は逆から昇り沈んでも北は寒いのですね。

    現在最新号の2015年10月号の一問一答コーナーでは「壁の中の世界ではあ台風などの天災はありますか?」という質問に「僕らの住む世界とあまり変わりはないですよ。」と答えています。
    2015-09-24_071400

    別冊マガジン2015年10月号より

    太陽を逆の西から昇らせているシーンを描いている73話が掲載されている10月号で「僕らと住む世界とあまり変わりはない」と答える諫山先生は憎いです(笑)

    逆にする意味があるのでしょうか?

    逆といえば、作中の文字もカタカタを逆さまにしていますね。
    2015-07-03_044336

    「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

    これは、第1話からの設定でした。

    もし、この逆さまの文字と同じ意味で、これらが何かしらの意味のある伏線であるならば、作品の一番最初からの伏線となります!

    これらの反対にすることに何か意味があるのでしょうか?

    太陽も文字も逆にしながら、僕らの世界とあまり変わらない。

    この意味は現在のところ「現実とあまり変わらない世界だが、現実の世界ではない」という事しか分かりませんね。

    しかし、後々重要な伏線になるのかもしれません!

    頭の隅に入れておきながら、物語の展開を待ちましょう!

    【追記】

    88話「進撃の巨人」あらすじ考察!の諫山先生の一問一答にて太陽が西から昇る理由は「鏡合わせの世界」だからと説明がありました。

    確認してみてください!

    85話ネタバレ考察!東から昇る太陽を考察!
    【進撃の巨人 ネタバレ】75話最新あらすじ画バレ!「二つの戦局」感想考察!
    【進撃!巨人中学のアニメネタバレ考察!時計逆回転の真相は?】
    【アニメ進撃中!最終話エンディングの時計の順回転考察!】
    【進撃の巨人ネタバレ74話の考察!コーヒーから壁の場所を検証!】
    【進撃の巨人のモデルの場所を考察!鰊と猿、太陽から検証も!】
    【第12話から逆さまのカタカナを考察!】
    【進撃の巨人ネタバレ73話考察まとめ!月光の巨人の正体は?】

    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    評判&口コミ公式ページ

    \無料キャンペーンあり/

    VODランキングはコチラ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. Flügel der Freiheit より:

      ↑純粋に嬉しいことだったら本当にすみません。

      上を目指してほしいという意味でのユーモアだと思っていただければ(;´・ω・)

    2. Flügel der Freiheit より:

      すごいコメントの数ですね!

      今日は月が大きく見える日ですので、作中の月の動きについても注目してみたのですが、満月が(壁内の言語での)北を通っているように見えますね…?ますます頭が混乱してきました。

      さて、「師匠」と呼ばれたアースさんですが、私もアースさんを密かに尊敬してきました(笑)説明が初心者でも分かりやすく、しかも記事の内容が充実していますからね。

      「師匠」は残念ながら辞退なさるようですが、私がアースさんから教わったことは沢山ありますし、私と同じような人も少なくないと思いますので、今後も頑張ってください!

      以下のローマ字は関係ないですので気にしないでください(笑)

      yakumantowaiesuankoudakedejimansurutoiunowachottowwwtoiunogaorenohonnedesuhontounisumimasen…

    3. Peanut2 より:

      みなさんの考察すごいですね!
      わたしは例によって「真相」とは縁遠いことを連想するしかありませんでした。
      えーとですね、通常は北を正面から見ると左は西、背中側が南、右が東(これは南半球にいても同じ)です。ところが北を正面から見て左が東、右が西、というゲームがあるんです。それは麻雀です(文化的絶滅危惧種なのでご存じない方はお調べになってくださると幸いです)。この配置ですと太陽は西から昇って東に沈みます(『天才バカボン』の主題歌のように)。
      ではなんでこの東西逆転の配置なのか? むかーしなにかの雑誌で読んだ仮説は「麻雀は天の上の遊びであって、それを人間が地上から眺めて作ったからなんだよーん」といったものでした。「じゃ進撃の世界は地球以外の星の話なんかい?」これはダメです。誰からも支持されません。「麻雀で牌を二段に積んでつくった囲いを壁牌(ピーパイ)っていうんだぜ。壁じゃん!」いや、それでもダメです。

      例によってくだらない「考察」で、すみません…。

      • 管理人アース より:

        Peanut2さん!

        コメントありがとうございます!

        >それは麻雀です(文化的絶滅危惧種なのでご存じない方はお調べになってくださると幸いです)
        いえいえ、絶滅なんてとんでもない!
        私は役満の四暗刻あがったことあるのが自慢ですよ(笑)

        >「麻雀で牌を二段に積んでつくった囲いを壁牌(ピーパイ)っていうんだぜ。壁じゃん!」
        あ~、なるほど!
        たしかに麻雀は東南西北が逆で、壁がありますね!
        これは想像していませんでした!
        ただ、壁と壁の間に隙間があるのが残念ですね。
        でも面白いですよ、これ!
        久しぶりに麻雀やりたくなりました!(笑)

        また何か思い付いたらコメントよろしくお願いします!

        管理人アース

    4. アース師匠からのご指摘の通り、ニシンは南半球には
      おらず、北極海周辺にしかいません。
      そこで、南半球説に 大きな疑問が浮かんできます。
      ニシンを獲りに、わざわざ南半球から北極海周辺まで
      漁をしに行くのか?
      ここは、北極海周辺に港=人類の居住区があって、
      南半球と交易があったと考えた方が自然です。
      となると、人類の居住区は壁内のみとする世界観が、
      覆ってしまうのです。

      太陽が西から昇る、そしてニシン… 私の脳内は、
      ここ最近 この問題でもちきりです。
      これは人気マンガの物凄いミステリーであり、もっと
      拡散して、世に問うてみればと思うのですが?

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >ニシンは南半球にはおらず、北極海周辺にしかいません。
        調べていただきありがとうございます!
        そうなんですね。
        こうなって来ると現実世界ではなくパラレルワールドか、アリス・イン・ワンダーランド的に「鏡の中の世界」か…(笑)
        「鏡の中の世界」なら太陽が逆でもおかしくはないですね。
        ドイツの文化には詳しくはないですが、西洋人は左利きが一般的だと思うのですが、
        進撃の巨人の登場人物は殆どが右利きになっていますよね。
        サシャは右で弓を引いていますし、ケニーも右でナイフを使っています。
        というか西洋人が左利きが多いというのは未確認なので…ちょっとキビシイですねm(__)m

        ただ、太陽が逆なのは「鏡の中の世界」という伏線でしょうか?という考察もありかもですね!
        まだ思い付きの段階なのでしっかりと考察をしていませんが、記事として書いても良いかもですね!

        あとアース師匠はやめてください(笑)
        自分の一読者なので、おおぞらバードさんと同じ「考察好きな進撃ファン」なので!(*^^*)

        またコメントよろしくです!

        管理人アース

    5. Flügel der Freiheit より:

      ところで、第73話の出来事が、トロスト区奪還作戦から115日後の出来事であるという情報は、何に基づいているのですか?

      本編の内容だけでは、厳密に115日と確定することはできないと思います。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >・壁内の領域はドイツの植民地であり、南半球にある
        >・壁内では、北を南、南を北と呼んでいる。
        >・北を基準とするとき、左が西、右が東という関係は同じ。

        ここでの考察をまとめてもらいありがとうございます!
        進撃の巨人の世界が現実に沿っているのであれば、この可能性しか無いと思います。
        あとは大陸が大移動した数百年後やパラレルワールド云々というSF話の可能性くらいしか思いつかないですね…

        >第73話の出来事が、トロスト区奪還作戦から115日後の出来事であるという情報は、何に基づいているのですか?
        これは2ちゃんねるの書き込みで考察した強者がいるんですよ。

        第72話のコニーのセリフで「3ヶ月で俺達あのリヴァイ班だ」というセリフがあり
        72話がトロスト区奪還作戦の日から3ヶ月だと示唆しています。
        しかし、計算したら114日であり、「約4か月というべきではないか」との書き込みでした(笑)
        以下2ちゃんねるより抜粋。(ミスタッチ一部修正あり)

        001日目:固定砲整備時に超大型出現~トロスト区の穴をふさぐまで
        003日目:マルコの遺体発見でジャン調査兵志願、エレンとリヴァイら初対面&調査兵志願
        006日目:エレン処遇審議※あれ(地下牢入り)からもう何日経った?のセリフより予測)
        007日目:エレンとリヴァイ班初対面
        008日目:ソニビン死亡で立体起動装置検査、新兵勧誘式
        038日目:新兵勧誘式から1か月後「第57回壁画委調査」、女型と交戦
        039日目:ストヘス区で女型戦、その間ミケ死亡、コニー母発見、ウドガルド城戦
        040日目:ライナー&ベルトルト戦、座標発動
        047日目:新リヴァイ班発足、ニック死亡、ウォールマリアを硬化により塞ぐ方針を固める
        048日目:硬化試験、エレン寝込む
        049日目:エレン目を覚ます、エルヴィン王都へ、リヴァイ班隠れ家より合流地点へ出発
        050日目:アルミン&ジャン誘拐・救出、リーブス商会と結託、サネス誘拐&拷問
        051日目:リーブス死亡、エレン&ヒストリア誘拐、対人立体起動部隊と交戦、新聞社に取材依頼
        052日目:調査兵団の冤罪晴れる、マルロ&ヒッチの協力を得てリヴァイ班が中央憲兵根城を制圧
        052日目:礼拝堂にてエレン奪還、ロッド巨人化
        053日目:ロッド戦、リヴァイがケニーの死を見届ける、ヒストリア戴冠式
        ※この間、孤児院開院、硬化訓練、兵器造成、ウォールマリア奪還作成決行の目途を決定
        113日目:エレンの記憶の中の調査兵団の男がキースだと判明
        114日目:キースに会う、エレン元気になる、肉を食う
        ※ここであれから3か月発言
        115日目:ウォールマリア最終奪還作戦開始

        以上2ちゃんねるより抜粋

        このような書き込みを見ると自分はまだまだだと思い知らさせます(汗)

        またコメントよろしくお願いします!

        管理人アース

    6. Flügel der Freiheit より:

      返信ありがとうございます。

      やはり、ヨーロッパ大陸にあるドイツが舞台であると仮定すると、地理的に無理な解釈をしなければならなくなりますね。ただ、作中の自然環境は現実世界とあまり変わらないようですから、やはり矛盾すると思います。

      しかし、ドイツが舞台であるという情報は、非常に納得できるものです。ドイツ人の名前が出ていたりしていますし。

      …ひょっとすると作品の舞台は、厳密には「ドイツ」ではなく「ドイツの植民地」なのではないでしょうか?

      この場合、さすがに映画の関係者も、「ドイツの植民地」とまでは言えなかったのかもしれません。重大な謎を明かしてしまうことになりますからね。しかし関係者は、映画化が困難だった要因が舞台設定にあるということは示唆したかったわけです。そこで、「ドイツの支配下にある領域」ということで、あえて曖昧に「ドイツ」と表現したという可能性はあるのではないでしょうか。

      私は、この説が最も自然だと感じます。内容を整理すると、作品の舞台について、
      ・壁内の領域はドイツの植民地であり、南半球にある
      ・壁内では、北を南、南を北と呼んでいる。
      ・北を基準とするとき、左が西、右が東という関係は同じ。

      他にも説が考えられるかもしれませんが、取り敢えず、この説は可能性があると思います。

    7. 東西南北を逆にして、北側が寒いとなれば、舞台は
      南半球となります。
      南半球で 東洋に近く、大樹林のような森林があり、
      海も近いとなれば、ニュージーランドが浮かびます。
      しかもこの地は、かつてのイギリス領であり、ヨーロッパ
      文化が根付いていて、ドイツ風の世界があってもおかしく
      ないかもしれない。
      舞台は、ニュージーランドと特定されるのか?

      その一方、この現象が確認できるのは、壁の中に
      巨人がいて、その巨人に日光を当てるな… とした
      場面からです。
      そこで 日光の描写を強調する余り、夕日ぽく書いて
      しまった。
      つまり作画ミスですが、作者もこれに気付き、以降
      これを続けて、謎を深めようという方針に 転換したの
      かもしれない?

      果たして 方角の違いなのか、記述の違いなのか?
      まるで 「邪馬台国論争」のようになってきました。(笑)
      この謎の広がりは 本当に凄い!

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >つまり作画ミスですが、作者もこれに気付き、以降これを続けて、謎を深めようという方針に 転換したのかもしれない?
        これは有力ですよね!
        文字も逆さまのカタカナにしている作者ですから、方角も逆さまにしようと決めたのかもしれません。
        もちろん、そこに何かしらの伏線を仕掛けているのでしょうが(笑)
        やはり、現実の南が北と呼んでいるというのが最も有力な気がしますね。
        しかしそうなると舞台はドイツではなくなります。

        >舞台は、ニュージーランドと特定されるのか?
        これ、ありえますよね!
        あとはニュージーランドでニシンが取れるのかどうかが問題ですね(笑)

        またコメントよろしくです!

        管理人アース

    8. Flügel der Freiheit より:

      ただ、ピクシス司令の妄想の中に出てくる天体の描写により、作中の地球も現実世界と同じように丸い形をしていて、ピクシスなど壁内人類はそのことを知っている、ということは言えるでしょうね。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >壁は南半球にあり、壁内では南北の呼び方が逆転したという可能性も考えられるでしょうか?もともとは北と呼んでいた方角を南と呼び、南と呼んでいた方角を北と呼んでいるというわけです。
        この考察がもっとも有力だと思います。
        つまり、シガンシナ区が最北の地ということですね。
        そこで影響を受けるのが「巨人は南から来る」が、実際は「巨人は北から来ていた」になりますね。
        さて、ドイツの北側には何があるのか?
        デンマークと海…
        いや、この場合だとドイツではないのかもしれませんね。

        うーん、何を意味するのでしょうか?
        ひとつの考えがまた謎を生みます…(ー_ー;)

        またコメントよろしくお願いします!

        管理人アース

    9. Flügel der Freiheit より:

      このような伏線があるという話は初めて知りました。とても興味深いですね!

      ただ私も、これが何を意味するのかは、あまりアイディアが思いつきませんね…。

      北を基準として、左が西、右が東という関係は、作中でも同じであることが判明しています。(私がすぐに挙げられる根拠は、第19話でエルヴィン団長が「東のカラネス区からの出発を希望します」と言っている場面の描写。)

      また、北が寒いということは、やはり壁が北半球にあるということでしょうか?そうであるならば、作品の舞台がドイツであるという情報に基づいて考えると、ドイツは現実世界と同様、北半球にあるということになるでしょう。この場合、地球の動きが大きく変化したということになると思いますが、これは確かに考えにくいですね。

      あるいは、壁は南半球にあり、壁内では南北の呼び方が逆転したという可能性も考えられるでしょうか?もともとは北と呼んでいた方角を南と呼び、南と呼んでいた方角を北と呼んでいるというわけです。そうであるならば、作品の舞台がドイツであるという情報に基づいて考えると、ドイツは現実世界とは違って南半球にあるということになるでしょう。この場合、ドイツは大陸から分断されて島になり、「ひょっこりひょうたん島」のように北から南へ移動したということになると思いますが、これはもっと考えにくいですね(笑)

      方角が作品を考察する上でポイントになる以上、作中にある「東洋人」の概念について考察するのも、一筋縄ではいかない可能性があると思います。

      個人的にもどかしさを感じるのは、DVDの『突然の来訪者』で、ピクシス司令の妄想の中に、太陽と地球と月だと思われる天体が描写されている場面があるのですが、地形がハッキリと分かるほど明確には描かれていない点です。とはいっても、あくまでピクシスの妄想ですし、そもそも物語自体が全体的に面白ネタなので、ほとんど信頼性はないと思いますが(笑)

    10. いや~、これは衝撃的です。
      作画ミスなどではなく、仕組まれたものだと思います。
      物理的には、地球の自転が逆になった、地軸が逆さになった。
      ですが、これでは地球環境が滅茶苦茶になります。
      考えられるのは、東西南北を 巨人以前の社会と逆にした。
      これも一つの洗脳政策かと思われます。
      それにしても、ここまで世界観にこだわった設定をするか?
      また、それを発見する コアな読者がいることにも驚かされ
      ました。

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >それを発見する コアな読者がいることにも驚かされました。
        ですよね!
        どこまで読み込んでいるのかと思いますよ!
        ホント負けてられないです!(笑)

        >東西南北を 巨人以前の社会と逆にした。
        だと、「北側は寒い」という作者のコメントが気になりまよね。

        今回の太陽の謎は何を意味しているのかが分からない所が悔しいですね!
        地球ではないということを表わしているのか…う~ん、謎です……

        またコメントよろしくです!

        管理人アース

    Flügel der Freiheit にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です