進撃の巨人ネタバレ68話の感想まとめ!ヒストリアが女王に!

「進撃の巨人」第68話「壁の王」にてロッド・レイスの超超大型巨人とオルブド区にエルヴィン団長率いるリヴァイ班たちと一騎打ちになりました。


どのような決着になったのでしょうか!?

Sponsored Link


◆第68話「壁の王」のあらすじ!

tumblr_inline_nme8d9SKbJ1sxfgih_1280
「進撃の巨人」第68話「壁の王」より


ロッド・レイスの超超大型巨人にオルブド区にかなり接近してきました。オルブド区の駐屯兵団の砲撃により食い止めようとしますが「寄せ集めの兵士」「かき集めた大砲」「付け焼き刃の組織」による砲撃では急所である「うなじ」に当たりません。

そしてとうとう超超大型巨人はオルブド区の壁に手を掛けました。超超大型巨人の発する熱により辺りには熱風が吹き荒れます。

リヴァイ兵長をはじめリヴァイ班達は水をかぶり超超大型への攻撃に備えます。エレンは巨人化しエルヴィン団長発案の「ネット入り爆弾」を担ぎながら超超大型巨人に向かい壁上を走ります。

アルミンとサシャが超超大型巨人の両側から女型の巨人を捉えた時に使用した刃付きロープを超超大型の両手に打ち込み、仕込まれていた爆薬を爆破します。爆破により体勢が崩れた超超大型巨人の口の中に巨人化したエレンが「ネット入り爆弾」を放り込み頭ごと爆破します。

Sponsored Link


超超大型巨人の吹き飛んだ頭の肉片の中に「うなじ」があり、それを切り刻まなければまた復活してしまいます。リヴァイ兵長やジャン達が立体機動装置を使い吹き飛んだ肉片を手当たり次第に切り込みます。

ヒストリアは父親にトドメを刺すために団長の制止を振り解き肉片の中に飛び込みます。肉片を切り刻んだ瞬間、父親ロッド・レイスの記憶がヒストリアになだれ込んで来ます。

トドメを刺したヒストリアはオルブド区の住民に賞賛され所属や名を聞かれ答えます。

「私はヒストリア・レイス 壁の真の王です」

ヒストリアが女王になった瞬間でした。


◆第68話のネタバレ・感想

150409_04-400x286
「進撃の巨人」第68話「壁の王」より


読後の感想は「超超大型巨人を倒すのがヒストリアだったとは…」でした。

超超大型巨人を倒すのはリヴァイ兵長か巨人化したエレンだと予想していた管理人アースとしては「やられた~(^_^;)」と嬉しい予想外でした。しかし超超大型巨人は本当にデカかったですね。今回まで建物との比較が無かったので今イチ大きさがピンと来なかったのですが壁との比較により今回「本当にデカッ!!」と分かりました。

しゃがんだ状態でベルトルトの超大型巨人よりもデカいってどんだけ!?と笑ってしまいました。そしてとうとうロッド・レイスの超超大型巨人を倒しヒストリアが「真の王」を名乗りました。

次回からはまた新しい展開になると予想されます。目が離せませんね!!

【進撃の巨人69話のネタバレと感想まとめ!ケニーが死亡の真相も】
【ケニー死亡の意味を検証!今後の物語への影響も!】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ