進撃の巨人ネタバレ68話の感想まとめ!ヒストリアが女王に!

第68話「壁の王」を今一度再考察!を追加しました!

「進撃の巨人」第68話「壁の王」にてオルブド区にて、ロッド・レイスの超超大型巨人とエルヴィン団長率いるリヴァイ班たちと一騎打ちになりました。

どのような決着になったのでしょうか!?

Sponsored Link

◆第68話「壁の王」のあらすじ!

tumblr_inline_nme8d9SKbJ1sxfgih_1280
「進撃の巨人」第68話「壁の王」より


ロッド・レイスの超超大型巨人がオルブド区にかなり接近してきました。

オルブド区の駐屯兵団の砲撃により食い止めようとしますが「寄せ集めの兵士」「かき集めた大砲」「付け焼き刃の組織」による砲撃では、急所である「うなじ」に当たりません。

そしてとうとう、超超大型巨人はオルブド区の壁に手を掛けました。

超超大型巨人の発する熱により、辺りには熱風が吹き荒れます。

リヴァイ兵長をはじめ、リヴァイ班達は水をかぶり超超大型への攻撃に備えます。

エレンは巨人化しエルヴィン団長発案の「ネット入り爆弾」を担ぎながら超超大型巨人に向かい、壁上を走ります。

アルミンとサシャが超超大型巨人の両側から、女型の巨人を捉えた時に使用した刃付きロープを超超大型の両手に打ち込み、仕込まれていた爆薬を爆破します。

爆破により体勢が崩れた超超大型巨人の口の中に、巨人化したエレンが「ネット入り爆弾」を放り込み頭ごと爆破します。

Sponsored Link


超超大型巨人の吹き飛んだ、頭の肉片の中に「うなじ」があり、それを切り刻まなければまた復活してしまいます。

リヴァイ兵長やジャン達が、立体機動装置を使い吹き飛んだ肉片を、手当たり次第に切り込みます。

ヒストリアは父親にトドメを刺すために、団長の制止を振り解き、肉片の中に飛び込みます。

肉片を切り刻んだ瞬間、父親ロッド・レイスの記憶がヒストリアになだれ込んで来ます。

トドメを刺したヒストリアは、オルブド区の住民に賞賛され所属や名を聞かれ答えます。

「私はヒストリア・レイス 壁の真の王です」

ヒストリアが女王になった瞬間でした。


◆第68話のネタバレ・感想

150409_04-400x286
「進撃の巨人」第68話「壁の王」より


読後の感想は「超超大型巨人を倒すのがヒストリアだったとは…」でした。

超超大型巨人を倒すのは、リヴァイ兵長か巨人化したエレンだと予想していた管理人アースとしては「やられた~(^_^;)」と、嬉しい予想外でした。

しかし、超超大型巨人は本当にデカかったですね。

今回まで建物との比較が無かったので、今イチ大きさがピンと来なかったのですが、壁との比較により今回「本当にデカッ!!」と分かりました。

しゃがんだ状態でベルトルトの超大型巨人よりもデカいってどんだけ!?、と笑ってしまいました。

そしてとうとう、ロッド・レイスの超超大型巨人を倒しヒストリアが「真の王」を名乗りました。

次回からは、また新しい展開になると予想されます。

目が離せませんね!!

◆第68話「壁の王」を今一度再考察!

2015-10-31_044831
「進撃の巨人」第68話「壁の王」より


ここまでは、2年前の4月9日に書いた記事となっています。

現在の、ネタバレ感想考察記事の原点ですね(笑)

読み返すと、懐かしいと同時に恥ずかしいです(;´∀`)

ただ、現在91話まで進んだ状態ですが、この視点から読み返すと気になる場面もありますね。

それは、ヒストリアがロッド・レイスにトドメを刺した瞬間に記憶が流れ込む場面です。
2015-10-31_045037
「進撃の巨人」第68話「壁の王」より


これは、単純に「道」の効果だと考えれば良いのでしょうか?

ということは、もしトドメを刺したのがジャンだったとしても、ジャンにロッド・レイスの記憶は流れ込んでいたのでしょうか?

それは、ちょっとあり得ないでしょうし、気持ち悪いですよね(笑)

これも「レイス王家血統」の力ということなのでしょうか?

おそらく、そうなのでしょう。

トドメを刺されたロッド・レイス巨人は、ただの奇行種巨人であり、知性巨人ではありません。

そして、刺したヒストリアも巨人の力を継承していた訳ではないです。

もちろん、ここに「始祖の巨人」が介している訳でもありません。

となると、この時に介在した力があるとしたら「レイス王家血統」だけですよね!

もしかしたら、レイス家巨人の「記憶改ざんの力」は、この「記憶に介する力」と同じような能力で、巨人の力ではなく「レイス家血統の力」なのかもしれませんね!

これが今後どのように物語に影響を与える伏線、場面なのかは分かりませんが、必ずどこかで意味を持ってくる場面だろうと今は感じます。

要チェックですよ!\(^o^)/

【進撃の巨人69話のネタバレと感想まとめ!ケニーが死亡の真相も】
【ケニー死亡の意味を検証!今後の物語への影響も!】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

4 Responses to “進撃の巨人ネタバレ68話の感想まとめ!ヒストリアが女王に!”

  1. ゴン より:

    ある血統の持ち主が、巨人化し、同じ血統の人がその巨人を倒す(捕食する)と、その倒された人の記憶が倒した人だけの記憶になるのだとしたら・・・
    ほぼ全部妄想です。m(__)m
    ただ、他にそのような例が無いのでなんとなく想像しました。
    もしも、この考察があっていれば、グリシャとエレン(クルーガー)が同じエルディア人という血統で、グリシャがエレンを捕食したならば、巨人化能力とともに、その記憶も一緒に伝承したのではないでしょうか

    • 管理人アース より:

      ゴンさん!

      コメントありがとうございます!

      捕食者が被捕食者の記憶を継承するという考察ですね。
      同じ血統ならば、ということもありそうです!

      またよろしくです!


      管理人アース

  2. 進撃の芋女 より:

    こんにちは、進撃の芋女です。

    ヒストリアの父親はエルディア人ではないって事はないでしょうか?

    どちらかと言うとマーレ人に顔つきが似てるとか。

    ジークの母親もヒストリアの母親も似た顔つきで実はこの人たちが王家の末裔だったとか。

    だから年齢や怪我の有無でになるのではなくて、エルディア人かそうでないかで奇行種になるとか。

    ヒストリアの父親とその弟は腹違いでエルディアの血が入ってないから王家を次げなかったんじゃないかと最近思い始めてます。

    • 管理人アース より:

      ロッド・レイスがマーレ人ではないかという考察ですね!
      ただ、ロッドの弟のウーリはレイス巨人を継いでいるので、おそらくはロッドもエルディア人だと思われます。
      腹違いという可能性もゼロではないですが、どちらが継ぐかで言い合いをしているところからも、ロッドはエルディア人ではないかと。
      そうでなければ、ヒストリアにレイス家の血統が継承されないことになってしまいますし。

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ