進撃の巨人キース団長の画像まとめ!経歴プロフィールまとめ!

第71話では、グリシャとの関係をカミングアウトするキース団長の回想シーンは、いろいろな意味で衝撃でした!

キース団長の強面イメージでが、一気に崩れた瞬間でしたね!(笑)

キース団長のこれからの役割は、どのようなものなのでしょうか?

再登場はあるのでしょうか?

見て行きましょう!

Sponsored Link

◆キース・シャーディスとは?

2016-01-26_050736
キースのプロフィールです!


管理人アースデータより
項目 内容
名前 キース・シャーディス
身長
体重
誕生日
年齢
出身地
所属 12代調査兵団団長→訓練兵団教官
目的 皆に自分を認めさせることだったが、現在は特別な者を傍観すること
キースの由来 英語の姓
シャーディスの由来 女名。ギリシャ語の「海」

公式ガイドブックに「キース・シャーディス」は載っていません。

しかも、「前調査兵団長」と「生死不明」と記載されており、さらに別のページで「教官」として「前調査兵団長」とは別人として記載されています。
2016-01-26_192741 2016-01-26_192712
「公式ガイドブック(抗)」より


「教官」の欄にはいちおう「グリシャとは旧知の間柄らしい」となっていますが!(笑)

「生死不明」で「先代の団長かもしれない」って!(笑)

しかし、別人という扱いはどうなんでしょうか?

この公式ガイドブックは、どこまで諫山先生が監修されていたのでしょうか…

ちょっとひどいですよね!(^_^;)


◆管理人アースによるキースのオススメ名場面!

2016-01-26_193139
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


キース・シャーディスの名場面と言えば第71話「傍観者」での伏線回収でしょう!

見てみましょう!

第71話の名場面!

2016-01-26_193050
「進撃の巨人」第16話「必要」より


第16話「必要」にてキース教官がエレンの父グリシャと旧知の仲だある伏線が仕掛けられていました。

第71話「傍観者」にてキース教官がエルヴィンの先代の調査兵団団長であったことが作中で明らかになり、キース教官がグリシャと親交があったことが明らかにされます。
2016-01-26_193218
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


そこでは第16話でエレンの姿勢制御訓練でのベルトの破損も伏線だったことが明らかになり回収されるという場面も登場します!
2016-01-26_193300
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


2011年1月に別冊マガジンにて掲載された第16話の伏線ロングパスが、2015年7月の別冊マガジンにて回収されるという名場面でした!(笑)

4年半かけてです!

諫山先生お得意の素晴らしいロングパス伏線回収です!

当時エレンの姿勢制御訓練のベルトの破損はエレンに調査兵団に行って欲しくないミカサが壊したのではないか、などと考えていましたが71話でのまさかのキース教官によるものであったとの伏線回収に驚きました!

【71話「傍観者」】あらすじ展開まとめ!で71話の考察、感想を書いていますので見てみてください!

ちなみに「進撃の巨人キースジャーディスの正体は?グリシャと友人の真相も」で伏線回収前に、キースとグリシャの関係を考察していました!

そして、キースの調査兵団団長としての名場面はやはり、第1話のこの場面でしょう!
2016-01-26_193331
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


「進撃の巨人」の「残酷な世界」を印象付ける素晴らしい名場面となっています!

しかし管理人アースとしては、「進撃の巨人」の特徴は、伏線回収の素晴らしさが一番に挙げられると考えていますので、「グリシャとの旧知の仲」「姿勢制御訓練のベルトの破損」という伏線を見事に回収した71話をキースの名場面として挙げました!

Sponsored Link


◆キースの役割と今後の展開を予想!画像まとめも!

2016-01-26_050820
キース・シャーディスの役割は訓練兵団教官として読者に104期生の紹介と彼らの個性の印象付け、調査兵団団長としての「残酷な世界の印象付け」、さらにグリシャの過去を明らかにするという役割があったと思われますが、この役割は終えています。

これからキースが再登場するとしたら、壁内での無知性巨人との戦いで、調査兵団団長として生き残ってきたキースの登場があるかもしれません。

さらには、そこで死亡退場する展開もあるかもしれませんね!

つまり役割を終えているキースの再登場は、死亡退場を意味するかもしれません!

キース再登場の際は緊張感を持って読まなければです!(笑)

一方で【進撃の巨人ネタバレ71話確定と画バレから伏線を考察!】でも書いていますが、キースにはまだ裏があるのかもしれません。

その裏が発覚する時は、違う意味での緊張感を持ってキースを見なければですね!

最後に、これまでのキースの画像をまとめて紹介しましょう!

104期生の訓練兵団入団式のシーンでのキース教官は怖かったですね!(笑)
2015-11-24_061027
コニー!!(笑)
2015-11-24_062122
サシャー!!!(爆)
2016-01-26_051037
71話でキースの威厳は激減したと思いますが、訓練兵団教官時代のキースは本当に合っていたと思います!

キースは傍観者として生きていくようですが、これからも優秀な兵士を育成していってもらいたいですね!

→ 【71話「傍観者」】あらすじ展開まとめ!
【進撃の巨人ネタバレ16話の考察!「必要」の伏線ポイントまとめ!】
【進撃の巨人キースの過去に何があったか検証!】


Sponsored Link

2 Responses to “進撃の巨人キース団長の画像まとめ!経歴プロフィールまとめ!”

  1. 第72話に、「シャーディス団長の 隠匿罪については…」
    という、非常に気になるセリフが出てきます。
    これは グリシャの件の他にも、重要な秘密を隠している
    という事ではありませんか?
    軍はそれを感づいているが、キースはしゃべらなかった。
    そこで ハンジは、キレてしまったのではないか。
    キースに会いに行って、「何の成果も 得られません
    でした。」 という結果です。(笑)

    その キースが知る、重要な秘密とは!?
    それは 物語の初っ端、冒頭で出てくる巨人です。
    あの巨人は物凄く精悍なスタイルで、威圧感があり、
    他のモブ巨人とは 明らかにタッチが違います。
    私は最初、あれは獣の巨人かと思ったほどでした。
    もしかすると、獣の巨人よりも さらに格上の存在では
    ないだろうか?

    だとすると、キースは この巨人の大ボスクラスと戦い、
    その強さや 存在を知っているのではないか?
    さらには エルヴィンもこの巨人と直接対決し、その直後
    エレンが長い夢から醒めるという、非常に意味深な
    展開なのです。
    この精悍な巨人は、只者ではないと思います。
    そしてその重要な情報を、キースやエルヴィン等は、
    握っているとしか思えないのです。

    前から思っていることですが、ウォール・マリア戦では
    調査兵団は苦戦を強いられ、援軍が必要となる。
    そこで 調査兵団の危機を救うため、キースが馳せ
    参じると思います。
    そして 因縁の敵と逢いまみえ、調査兵団を守って
    壮絶な戦死を!
    そんな展開が、キースには似合い過ぎるのです。
    普通のマンガならそうなのですが、果たして…
    キースの動向にも注目なのです。

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >「シャーディス団長の 隠匿罪については…」
      これは壁外からグリシャを壁内に入れたことですよね?
      コレ以外の重要な隠匿となるとかなりヤバイレベルの隠し事となりますね。
      もし、冒頭の巨人の事であるならば、エルヴィン団長も同罪になります。
      そうだとするならば、エルヴィンがなぜ隠しているのかが気になりますね。

      管理人アースは獣の巨人がラスボスだと思っています。
      戦士長という位なのでさらに上の位のキャラがいそうなのですが、管理人アースは違うのではないかと。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ