グリシャが治した20年前の伝染病って何?

エレンの父親グリシャはシガンシナ区で流行った病気を治し「街の恩人」と言われています。「グリシャ・イエーガーの正体が猿の巨人の真相は?」にてグリシャは「故郷」出身者ではないかと結論付けました。この事を踏まえて検証してみましょう!

Sponsored Link



◆20年前にグリシャが治した伝染病とは?

2015-05-25_034500
「進撃の巨人」第3話「解散式の夜」より

第1話「二千年後の君へ」にてハンネスが「街の恩人のイェーガー先生には頭が上がらねぇんだけど…」と言い第3話「解散式の夜」にて同じくハンネスは

「オレの家内が流行の病気に罹った…同じ病気で多くの人が死んでいった…」
「ところがある日イェーガー先生がその抗体を持って現れて…」「みんな助かったんだ」と言っています。

ここで気になるのは「流行の病気」伝染病の正体です。この伝染病が巨人化に繋がるような病気だったと考えることは無理があるでしょうか?ラカゴ村の全住民を獣の巨人が巨人化させた事が分かっています。この全住民が巨人化するという現象はある意味「伝染病」のように見えないでしょうか?

第66話でロッド・レイスが巨人化する際に薬を「飲む」事で巨人化できる事が判明しています。ということはラカゴ村の住民も薬を飲まされて巨人化させられた可能性があります。例えば井戸の中に巨人化の薬を入れれば可能でしょう。

20年前のシガンシナ区でも同じようなことが起き巨人化の症状が出たのではないでしょうか?医者であったグリシャはすぐにそれに気付き「巨人化を防ぐ薬」をすでに開発しており皆に飲ませ助けたということなのかもしれません。

Sponsored Link


◆20年前の伝染病は獣の巨人のしわざだった?

人間巨人化
「進撃の巨人」第46話「開口」より

もし20年前の伝染病が巨人化の症状ならばラカゴ村の全住民巨人化と同じように獣の巨人のしわざである可能性があります。壁内人類は獣の巨人によって繁殖させられているという説は「獣の巨人の正体を徹底検証!人類は猿の巨人に飼われてる?」に書きました。

そしてグリシャは獣の巨人に敵対している「故郷出身者」ではないかと思われ、「グリシャ・イエーガーの正体が猿の巨人の真相は?」に書きました。だとすると20年前に獣の巨人は「故郷」を攻撃するためにシガンシナ区の住民を巨人化しようとしたのかもしれません。

しかしすでにカルラと結婚し壁内人類に愛着があったグリシャはそれを防ぎ住民を守ったということでしょう。「故郷」出身者であるグリシャが「巨人化を防ぐ薬」を開発していてもおかしくありません。

そして街の恩人となりエレンが生まれ「その日」まで幸せに暮らしていたのでしょう。
グリシャの謎が明らかになる時に20年前の「伝染病」の正体も明らかになると思われます!

【追記】

第71話「傍観者」にてグリシャの過去が、かなり明らかになりました!
20年前の伝染病の場面も描かれ、この治療がきっかけで妻カルラと親しい間柄になったようです。
ただ、この伝染病が「巨人化」の症状だったような描写はありませんでした。

2015-07-09_010046
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


グリシャが医者として優秀であり「特別な存在」であり、カルラと仲良くなるきっかけであったということのようです!

考察は外れたようでした(―_―;)

【進撃の巨人ネタバレ71話確定と画バレから伏線を考察!】
【進撃の巨人のグリシャの真の目的を改めて考察!】


Sponsored Link

6 Responses to “グリシャが治した20年前の伝染病って何?”

  1. ちえ より:

    こんばんは。
    TVシリーズと単行本で見ていますが、先を知りたくて、いつも拝読させていただいております。

    この考察は、私も同感でしたよ。
    現代で言う病気(伝染病系)の「潜伏期間」と「初期症状」があるとすれば、『巨人になってしまう病』があったとしても、おかしくないと思います。

    それと、巨人化する病については、悪意の病というよりは、日光だけで長く生きていけることを考慮すると、地球にやさしい。
    すなわち、飢饉や環境破壊が起きたときに、(本来は自由に)巨人になって過ごせれば、と考えてしまいました。

    ただ、ユミルが60年間、人間に戻れず「悪夢を見ていたようだ」という発言や、知性・理性を失い、普通の人間をむやみに捕食してしまう部分を考慮すると、うーん・・・ですけどね。

    いろいろと今後が楽しみですね。

    • 管理人アース より:

      ちえさん!

      コメントありがとうございます!

      >日光だけで長く生きていけることを考慮すると、地球にやさしい。
      この考え面白いですね!

      「巨人化した人間は悪夢を見ているようになる」「地球にやさしい」を考えると、「環境破壊してきた人間に対しての攻撃」という考え方も出来ますね!
      あの巨人化注射を作成した人は「自然保護」を意識した人だったのでしょうか?
      う~ん…ですね(笑)

      また良かったらコメントください!


      管理人アース

  2. sa より:

    いつも楽しく読ませて頂いてます。
    ありがとうございます。

    私は、ハンネスの説明の仕方に…あれ?…と感じました。こちらで皆さんの考察を読んでるから感じたのですが(^^;
    ところがある日、抗体を持って来た…
    の、ある日という言い方が引っ掛かりました。
    まるで、突然その日に抗体を持って来てくれた…みたいな。
    やはり、グリシャは未来人なのかな?と思いました…未来なら、昔にに流行った病気の抗体なんて、すぐに手に入りそうです。
    慌てて、地下室からタイムトラベルし抗体を取りにいったんじゃないかなぁ…なんて(^^;
    ふと、思いました。

    • 管理人アース より:

      saさん!

      コメントありがとうございます!

      >まるで、突然その日に抗体を持って来てくれた…みたいな
      第3話のハンネスのセリフですよね。
      管理人アースもそのように感じました。
      実際は治療しながら見つけたような描写が71話にて登場しましたが…
      ミスリードのようなセリフでしたよね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. 動物好きの巨人05 より:

     どうも、新入り改め動物好きの巨人でございます。早速僕の考えを伝えますが、20年前、グリンシャが治した伝染病はやはり、獣の巨人と同じ戦士の者たちが流行らせたものだと思います。もしかしたら、戦士たちは自分たちのみが抗体を持っている病原菌を壁内にバラまいたのではないでしょうか。そして、グリンシャが元は壁外人類でしかもジーク戦士長の身内だとしたら早急に自分の血から抗体を作れると思います。壁外人類は「まずはこの病原菌を流行らせてやろう」と考えたのではないでしょうか。         ちなみに獣の巨人の外見は人間に最も近いチンパンジーに近いような気がします。

    • 管理人アース より:

      動物好きの巨人05さん!

      コメントありがとうございます!

      >戦士の者たちが流行らせたものだと
      なるほど!
      これは面白いですね。
      つまり、獣の巨人以外で、20年前に壁内を攻撃しようとしていた戦士がいたという考察ですね。
      あり得るかもです!

      >獣の巨人の外見は人間に最も近いチンパンジーに近いような気がします。
      この男は、グリシャ似でしたね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ