【進撃の巨人】最新刊22巻の発売日4月8日までに抑えるべき考察まとめ!

「進撃の巨人」22巻は「シガンシナ区決戦」が終了し、新たな章へと移行しつつある巻となっています。

その新たな展開の始まりとなっている、第22巻が発売される2017年4月8日(予想)までに抑えておくべき事柄をピックアップし、まとめてみました!

それでは、見て行きましょう!

22巻を読む前に、ぜひ抑えておいてください!

Sponsored Link

◆巨人が南からやって来る理由が判明!

2016-11-16_190237
「進撃の巨人」第12話「偶像」より


22巻1話目となる第87話にて、当サイトの現時点までの未回収となってる伏線まとめ!の中のひとつにも挙げられている、初期からの大きな謎となっていた「巨人が南からやって来る理由」が明らかになります!

この謎はスピンオフ作品「Before the fall」での登場し、壁外の国ナラカが北にあるという設定理由にもなっていました。
2015-06-19_143059
「Before the fall」第11話「獄中の奇縁」より


87話では無知性巨人が発生する場面が登場し、南からやって来る理由も自ずと分かるようになっています。

この謎は抑えておきましょう!

今その理由を知りたい!という人は87話最新画バレ「境界線」あらすじ考察と感想!を見てみてください!

Sponsored Link


◆トロスト区攻防戦にて登場した巨人たち!

2016-11-16_190813
「進撃の巨人」第87話「境界線」より


22巻第1話目@第87話で登場する無知性巨人誕生の場面で、トロスト区攻防戦にて登場した巨人たちが登場します。

とくに、トーマス・イーター、ミーナ・イーター、エレンを飲み込んだヒゲ巨人、エレンの右足を噛みちぎった巨人はチェックしておきましょう!
2016-11-15_200041
「進撃の巨人」第4話「初陣」より


この87話での場面を、すぐに見たいという人は87話最新画バレ「境界線」あらすじ考察と感想!を見てみてください!

ちなみに、このトーマス・イーター、ミーナ・イーター達の正体は、86話にて登場しています。

86話で正体をチェックしたい!という人は、86話あらすじ!「あの日」の感想考察!をチェックしましょう!


◆カルラ・イーターの再登場!

2016-11-15_044023
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


第2話「その日」にてエレンの母カルラを捕食した巨人「カルラ・イーター」が22巻第1話目にて登場します!

このカルラ・イーターは、第50話にてハンネスも捕食している巨人です!

この場面の意味を把握するためにも、ぜひ抑えておきましょう!

今すぐカルラ・ハンネス・イーターの再登場を見たい!という人は、87話最新画バレ「境界線」あらすじ考察と感想!にて見られますので、見てぜひ、驚愕してください!(笑)


◆第1話「二千年後の君へ」でのエレンのセリフ再登場!

2016-11-16_190108
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


22巻第1話目にて、1巻第1話冒頭にて登場した、エレンが涙を流しながら言ったセリフ「なんかすっげー長い夢を見ていた気がするんだけど…」が再登場します!

ここ数話、怒涛の伏線回収が行われていますが、同時にこのようにな以前のセリフの引用、同じコマ割りが行われたりしています。

見逃さないためにも、抑えておきましょう!

このセリフの場面を今すぐ見てみたい!という方は、87話最新画バレ「境界線」あらすじ考察と感想!にて見られますので、見てみてください!


◆リヴァイのセリフが登場!

2016-11-16_051835
「進撃の巨人」第56話「役者」より


第56話にて登場した、リヴァイのセリフが登場します!

この時のリヴァイのセリフは、「自分は普通ではなく異常だ。それは、異常なものをあまりに多く見すぎてしまったせいだ」という意味を持ったセリフでした。

このリヴァイのセリフと同じ内容のセリフをマーレの当局員の口から登場します!

ここから考えられるのは、「このマーレ当局員も異常なものを見すぎてしまったせいなのか?」という事ですが、それが正解なのかは分かりません(・_・;)

しかし、何かしらの伏線かもしれないので、抑えておきましょう!

このマーレ当局員の場面をすぐに確認したい!という人は87話最新画バレ「境界線」あらすじ考察と感想!にて見られますので、抑えておきましょう!


◆フクロウの正体が判明!

2016-10-07_032946
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


22巻1話目@87話にて、86話で名前だけ登場していたマーレ内通者「フクロウ」の正体が判明します!

そして、そのフクロウの正体は何と…という展開も起きています!

フクロウがマーレ当局の内通者であり、エルディア復権派の協力者であり、グリシャの味方であることを抑えておきましょう!

フクロウの正体を今すぐ知りたい!という人は87話最新画バレ「境界線」あらすじ考察と感想!にて見られますので、見てみてください!


◆ナンバリング考察!にてキーとなる数字「13」の登場!

^086EFE9CB90D5607D258339CECA371FF8BF10F6326487B8172^pimgpsh_fullsize_distr
当サイトのオススメ考察のひとつ「ナンバリング考察」では数字の13が鍵となっています。

この数字の13は、考察を発案された「主人公はベルトルト」さんから出された数字でしたが、22巻2話目となる第88話の作中にて登場します!

104期生をナンバリングから考察!をまだ読んでいない方は、ぜひ読んでみてください!

22巻発売までに、抑えておきましょう!

今すぐ作中に登場した数字の13の意味を知りたい方は、88話「進撃の巨人」あらすじ感想考察!にて分かりますので、見てみましょう!


◆「座標」の意味が判明!

6c37740b
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


「進撃の巨人」作中での大きな伏線、謎をまとめてある現時点までの未回収となってる伏線まとめ!のひとつにも挙げられている「座標」についての説明が、22巻2話目となる88話にて登場します。

座標は第50話にて大きく登場しており、50話の考察!「叫び」の伏線ポイントまとめ!にて説明と考察が載っていますので、抑えておきましょう!

今すぐ88話での「座標」の説明場面を見たい方は、88話「進撃の巨人」あらすじ感想考察!にて分かりますので、見てみてください!

88話内容を踏まえた上での「座標」考察は、猿の巨人が座標を求める真の理由とは?にて行っています。


◆85話にて登場したグリシャの写真についての回収!

2016-09-09_041243
「進撃の巨人」第85話「地下室」より


22巻2話目となる88話にて、21巻第85話にて登場したグリシャの写真が再登場します。

第85話では、グリシャがどのようにして写真を壁内に持ち込んだのか謎でしたが、88話にて登場し、その謎が解消されます。

88話を読む前に、第85話「地下室」を抑えておきましょう!

今すぐ88話でのグリシャの写真再登場場面を見たい方は、88話「進撃の巨人」あらすじ感想考察!

にて見られますので、見てみてください!


◆キースとの出会いが登場!

2015-07-09_074211
「進撃の巨人」第71話「傍観者」より


22巻2話目となる88話にて、グリシャが初めてキースと出会う場面が再登場します。

この場面は第71話「傍観者」にて、キース側からの目線で登場しています。

今回88話では、この場面がグリシャ側からの目線にて描かれ登場していますので、22巻を読む前に18巻1話目となる71話を抑えておきましょう!

71話は71話確定と画バレから伏線を考察!から確認できます。

今すぐ88話でのグリシャとキースが出会う場面を見たいという方は、88話「進撃の巨人」あらすじ感想考察!

にて見られますので、見てみてください!

◆エレンの年齢に関する話題が展開!

2017-01-12_191447
「進撃の巨人」第15話「個々」より


現在のエレン、アルミン達が15歳であることは、作中では明言されていません。

しかし15話「個々」にて彼らが12歳であると分かっており、847年で12歳なので850年である現在が15歳であることが分かります。

しかし、89話「会議」にてエレンが15歳であることがリヴァイより明言され、さらにその事が89話では重大な展開を生みます!(^^)

22巻発売日までに、エレンが15歳であることは抑えておきましょう!

今すぐその展開を見たい人は89話「会議」あらすじ考察と感想!にて確認できるので、見てみてください!


◆ユミルの手紙の内容が判明!

2016-07-08_035203
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


第89話「会議」にて21巻第83話にて登場した、ユミルの手紙の内容が明らかとなります。

22巻発売日までに21巻を読み返し、ライナーが託されたユミルの手紙を確認しておきましょう!

その手紙ではユミルの半生が明らかとなり、「イルゼ・イーター」の伏線回収がされます。

22巻発売日までに、ぜひ第5巻特別編「イルゼの手帳」にて「ユミルさま」と言ったイルゼ・イーターを確認しておきましょう!
2015-11-18_025753
「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より


ポイントだけチェックしたい人は、特別編「イルゼの手帳」の伏線ポイントまとめ!でも内容をチェック出来ますので、ぜひ抑えておきましょう!

今すぐ「イルゼ・イーター」の伏線回収を知りたい人は89話「会議」あらすじ考察と感想!にて確認できるので、見てみてください!

◆ユミルの「存在するだけで世界に憎まれた」の回収!

2015-12-05_190000
「進撃の巨人」第40話「ユミル」より


第89話「会議」にて、10巻第40話「ユミル」にて登場した「ただ存在するだけで憎まれたんだ」「私は…大勢の人の幸せのために死んであげた」というユミルの伏線が回収されます!

非常に悲しいユミルの半生が明らかになり回収されるので、要チェックです!

22巻発売日までに、10巻を読み返しこの場面を抑えておきましょう!

40話の考察!「ユミル」の伏線ポイントまとめ!にて、40話のその場面をチェックすることが出来ますので、見てみてください!

今すぐユミルの伏線回収を知りたい人は89話「会議」あらすじ考察と感想!にて確認できるので、見てみてください!


◆「ユミルのせ-」の回収!

2015-09-20_194303
「進撃の巨人」第46話「開口」より


89話「会議」にて第46話にて登場し、長い間判明していなかった「ユミルのせ-」の答えが明らかになります。

ハンジの口から回答が登場するという、まさかの展開となっていました!

22巻発売日までに第46話を読み返し、「ユミルのせ-」を抑えておきましょう!

【進撃の巨人ネタバレ46話の考察!「開口」の伏線ポイントまとめ!】でもチェック出来ますので、見てみてください!

今すぐ「ユミルのせ-」の答えが知りたい人は89話「会議」あらすじ考察と感想!にて確認できるので、見てみてください!


◆フリーダの苦しみの理由が判明!

2017-01-12_191527
「進撃の巨人」第66話「願い」より


第66話にて登場した、レイス家の歴代巨人継承者が巨人を駆逐しなかった理由である、レイス初代王の思想に捕らわれる現象の説明が第89話にてあり、その現象の名称が登場します。

フリーダが苦しめられていたこの現象を、第66話を読み返し22巻発売日までに抑えておきましょう!

【進撃の巨人ネタバレ66話の考察!「願い」の伏線ポイントまとめ!】にてポイントが書いてありますので、見てみてください!

今すぐ、フリーダに起きていた現象の名称を確認したい人は、89話「会議」あらすじ考察と感想!にて確認出来ますので、見てみてください!

【進撃の巨人】22巻最新刊ネタバレあらすじ感想と考察まとめ!
進撃の巨人ネタバレ21巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
【進撃の巨人】21巻の発売日12月9日までに抑えるべき考察まとめ!


Sponsored Link

4 Responses to “【進撃の巨人】最新刊22巻の発売日4月8日までに抑えるべき考察まとめ!”

  1. SHIN より:

    いつも楽しく見させてもらっています。
    今回もお疲れ様様です。
    次の巻がとても楽しみになりました。
    ありがとうございます。

  2. 超小型巨人 より:

    巨人の種類についてのぎもんですが、無垢の巨人の中でも普通の巨人と奇行種がいると思いますが、それも巨人化注射の量とか中身と関係があるのでしょうか?
    奇行種の巨人はエルディア復権派やイルゼイーターのように、なにかに対して強い意思や思い入れがある人たちがなる(感情に関係)と考えることができますか?

    • 玉無しの巨人 より:

      横からおぢゃましますぅ!/(^o^)\

      何らかの目的意識って巨人に残って居そうですよねぇ…
      繊細さとか、子供や大切な人を想う辺りは、
      知的巨人の目的意識にも通じてる様ですよねぇ…?

      ロッド巨人的な奇行種って脊椎系の損傷は治せないとか、巨人化に影響を及ぼしそうぢゃないですか?

    • 管理人アース より:

      超小型巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      >なにかに対して強い意思や思い入れがある人たちがなる(感情に関係)と考えることができますか?
      ロッド・レイスが奇行種になった時には、脊髄辺りを損傷していたので、それが原因で奇行種になったのかなと考察しましたが、それだけではないように感じますね。
      第4話にてトーマスを捕食した奇行種もエルディア復権派メンバーでしたが、特別怪我をしていなかったような気がします。
      もしかしたら、防波堤から落ちて脊髄を損傷したのかもですが…
      奇行種の原因は、まだ確定できませんね!
      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ