東京リベンジャーズ

東京リベンジャーズネタバレ247話!千冬・千堂・三ツ谷・八戒!いよいよ始まる“主力対決”!

アース
アース
こんにちは進撃のアースです
少年マガジン17
号の内容です。

前回は、タケミチに殴り飛ばされた鶴蝶がマイキーに諭され、「自分のせいで湧いてしまった熱を冷ましてくる」と駆けていきました。

不意打ちになりましたが、スマイリー&アングリーの“河田兄弟”と“二代目東京卍會副総長”の松野千冬を殴り飛ばし、タケミチの下へすごい勢いで辿り着きます。

今のタケミチが「昔の自分が憧れていた頃の花垣武道と同じ」であることが嬉しかったのか、笑いながらタケミチに言いました。

帰って来たな!ヒーロー!

247話「Hey dude」。
更に激化していく「最終決戦」。

そんな中、まさかのタケミチが鶴蝶を殴り飛ばすという信じられない光景が広がりました。

その光景に勢いに乗る「二代目東京卍會」。

このまま押し切れるのでしょうか…?

東京リベンジャーズネタバレ246話!勢いに乗る「東京卍會」!戻ってきたヒーローの戦いや如何に 246話「Giant Killing」。 人気漫画「東京リベンジャーズ」。 その最終章の「最終決戦」の幕が開きました...

東京リベンジャーズネタバレ考察|247話あらすじ

でかくなりやがって

乱闘が続く「最終決戦」。

そんな中、タケミチに吹き飛ばされた鶴蝶が千冬や河田兄弟を殴り飛ばしてタケミチの元へ辿り着いたところから始まります。

不意打ちとはいえ殴り飛ばされた千冬に駆け寄ったのはあっくんこと千堂敦でした。

千冬も認めざるを得ない「鶴蝶の強さ」。

そんな鶴蝶のパンチを何発も耐えているタケミチに、さすがの河田兄弟も驚愕するしかありません。

現状鶴蝶を抑えられるのはタケミチしかいないと鶴蝶の相手をタケミチに任せるのでした。

その後ろ姿を見て親友のあっくんも「でかくなりやがって!」と嬉しそうに呟き、気合を入れ直しました。

千堂敦vs.班目獅音

その時、後ろで悲鳴が聞こえました。

あっくんは驚いて振り向くとなんと同じ特攻隊であるマコトとタクヤがやられていたのです。

駆け寄る山岸に近寄るのは「元・黒龍(ブラックドラゴン)総長」“班目獅音”。

敵を討とうとあっくんと千冬は駆け寄りますが、千冬は後ろから首根っこを掴まれそのまま投げられてしまいます。

その頃「オイオイ。またモブか?」と言う班目獅音に対して「モブかどうか試してみろよ」と強気に煽るあっくんが対峙しました。

千堂敦vs.班目獅音のマッチアップが始まります!

松野千冬vs.望月莞爾

一方、投げ飛ばされた千冬はすぐさま受け身を取り投げた張本人を確認します。

こんなことができるのは望月莞爾か荒師慶三しかいませんね。

案の定千冬を投げたのは望月莞爾でした。

「決着つけようぜ」と笑う望月に「望んでたとこだバカヤロウ」と笑い返す千冬。

「さぁ始めるか?」とこちらでも目が離せない松野千冬vs.望月莞爾のマッチアップが始まろうとしています!

高みの見物ってガラかよ…

雑兵たちを次々なぎ倒していくのは、こめかみに龍のタトゥーを堀った三ツ谷でした。

東京卍會の創立メンバーである三ツ谷はやはり段違いに強いらしく、相手は鼻血を吹出しながらたじろいでいます。

そんな中はぐれてしまった八戒を探しているとコンテナの上で余裕で座っているマイキーを見つけます。

高みの見物ってがらかよ…」と古くからマイキーを知る三ツ谷はマイキーを引きずり降ろそうと向かっていたところに邪魔が入ります。

「そう簡単にいかせねぇよ?」と話すのは灰谷兄弟。

そんな灰谷兄弟に「卑怯な手でしか勝てねぇ兄弟かと思ってた」と余裕の表情で挑発する三ツ谷。

それにはさすがにムカついたのか灰谷兄弟の表情が変わったのでした。

イヌピーとココ

大躍進を続けるのは「無比の千咒」と「東京卍會の重戦車・パーちん」でした。

どんどんと彼らが倒していき、戦力差は縮まりつつあるかもしれませんね!

そんな中、イヌピーも次々に倒していたのですが、ある人物を発見します。

その人物は言わずもがなココ。

イヌピーも名前を叫んでいました!

2対1

場面は変わって三ツ谷と灰谷兄弟に戻ります。

灰谷弟の竜胆を殴ると兄貴の蘭が後ろから襲い掛かる。

逆もまた然り、となんとも苛立たしい状況で戦っている三ツ谷。

そんな状況を「オレら卑怯な手でしか勝てねぇからよ」と笑う灰谷蘭。

そこに現れたのは、“芝大寿”を思わせるようなパンチを繰り出した八戒でした!

三ツ谷隆&芝八戒vs.灰谷兄弟

「大丈夫タカちゃん?」と現れた八戒によって“2対1”の戦況が“2対2”へ変わります。

ここからが本番と言わんばかりに指の骨を鳴らす三ツ谷と八戒。

それに対し、さっきまで笑っていた灰谷兄弟も本気ムードで対峙するのでした。

いよいよ三ツ谷隆&芝八戒vs.灰谷蘭&灰谷竜胆の「コンビネーション対決」が始まります!

第247話へ続きます。

東京リベンジャーズネタバレ考察|247話感想まとめ!

千堂敦vs.班目獅音。

松野千冬vs.望月莞爾。

そして、三ツ谷隆&芝八戒vs.灰谷蘭&灰谷竜胆。

目が離せない対決が幕を開けようとしています。

私はここであっくんが主役になるとは思いませんでした。

過去で「東京卍會」の傀儡として、タケミチを新幹線の線路に突き飛ばしたり、夜の街の運営を任されて、タケミチと会った際に屋上から飛び降りたり。

はたまた、別の過去では無事に美容師の未来へ進んでいると思いきや、タケミチを狙ってヒナが乗っている車に大きな車で突っ込んだりと散々な目に合って来たあっくん。

そんなあっくんには、是非とも班目獅音に勝って、自分の輝かしい未来へ繋げてほしいですね!

そして注目は千冬の相手が“戦闘狂”と恐れられた望月莞爾だということ。

耐久力や破壊力では望月莞爾が上手だと思われるのですが、はたして千冬は勝利することができるのでしょうか?

タケミチも鶴蝶との戦いで持ちこたえているようですが、その先にはマイキーが控えています。

タケミチと鶴蝶の戦いも気になりますね!

私だけでしょうか…?

三ツ谷隆&芝八戒vs.灰谷兄弟の戦いは「心配ないな」と勝利を確信しているのは…。

次回は休載とのことです。

19号が楽しみですね!

東京リベンジャーズ248話ネタバレ【最新確定】灰谷兄弟の罠!兄妹対決も 248話「Long time no see」。 前回描かれたのは、始まった「最終決戦」で続々決まっていく主力たちの相手。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: このコンテンツのコピーは禁止されています