東京リベンジャーズ

東京リベンジャーズネタバレ242話!二代目東京卍會!始動!

アース
アース
こんにちは進撃のアースです
少年マガジン12
号の内容です。

242話「Inherit the crown」。

前回では、千咒の口から「壮絶な過去」が明かされました。

その内容とは、”マイキーの「黒い衝動」が覚醒した瞬間“のエピソード。

そして、”春千夜が「狂気」に飲まれていった“エピソードでもありました。

ある日マイキーが1ヶ月かけて作り上げた「コンコルドのプラモデル」。

友達の場地や春千夜にも触らせないほど大切にしておりました。

それで遊んでいる光景を見ていた千咒。

男の子に混ざって遊んでいたせいか、好みや性格も男勝りになっていましたね。

自分の事を「おれ」と呼んだり、戦闘機のプラモデルをかっこいいと言ったり。

その様子を兄である武臣は、千咒ではなく春千夜を叱っていたのです。

そして、ある日。

いつも優しかった春千夜が、千咒のことで武臣に叱られたのでしょう。

突然千咒とは口を利かない、と言い出したのです。

そのことに少しばかりショックを受けていた千咒でした。

場面はまた別の日に移ります。

マイキーたちは外に遊びに行ったのか、家の中には誰もいませんでした。

千咒はみんなを探していると、マイキーが遊んでいた「プラモデル」があったのです。

魔が差してそのプラモデルを手に取り、遊び始める千咒。

そこで、悲劇の始まりである出来事が起こります。

千咒は遊んでいたプラモデルを持った状態で、躓いて転んでしまったのです。

その拍子に壊れてしまったプラモデル。

その後、千咒はマイキーに壊れてしまったプラモデルの前で問われます。

「だれ?」

「オマエ見てたんだろ。壊したンだれ?」

謝ろうとする千咒は、マイキーへの恐怖からか、それとも春千夜への腹いせか、「春千夜が壊した」と嘘をついてしまいました。

その別の日。

「オイ!やめろよ!!」

場地の叫び声が外から聞こえてきました。

漫画を読んでいた千咒は驚き、慌てて声の方へ向かいます。

なんとそこには、吹き飛ばされ尻もちをついている場地と口の両端が裂けてしまい、蹲る春千夜

そして、手を血で真っ赤に染めたマイキーの姿がありました。

「笑えよ。春千夜」

三天戦争の時を思わせる目をしていたマイキー

「ヒ・・・ヒヒ・・・ハハハ」

マイキーの「絶対的暴力」に恐怖し、狂気に満ちてしまった春千夜

その瞬間、みんなの関係が崩れていきます。

そんな話を聞かされたタケミチは、千咒の前に立ち、言います。

「ひっくり返せるさ」

「オレなんかもっと失敗ばったりだ」

でもひっくり返せる!!!

そして、最後に千咒に向かって「一緒に行こう」と”そんな千咒が必要だ“と伝えるのでした。

第242話へ続きます!

“どうしても”と言う千咒に会いに行ったタケミチ。

そこでは、壮絶な過去が話されました。

黒い衝動」の覚醒、「果てしない狂気」の手応え。

その瞬間から、それぞれがそれぞれの信念に付き従って今がある現状。

そんなマイキーを「助け出し、心をすくい上げる」事はできるのでしょうか・・・!

ここからが”新チームタケミチ”の出発地点です!

東京リベンジャーズネタバレ241話!千咒の衝撃の過去!マイキーとの因縁とは?週刊少年マガジン11号-東京リベンジャーズネタバレ241話最新話確定!千咒の衝撃の過去!マイキーとの因縁とは?...

東京リベンジャーズネタバレ考察|242話あらすじ

マイキーから最初に受け継いだ物

話は単車の前に座り込むタケミチの姿から始まります。

その単車は、マイキーの愛車である「バブ」の双子にあたる存在で、それまで眠っていました。

そんな大切な物をマイキーは、なんの躊躇もなく、タケミチに渡したのです。

そんなマイキーから受け継いだ単車に「ある特攻服」を広げて眺めるタケミチ。

その特攻服は、「マイキーが東京卍會を立ち上げた時着ていた特攻服」ですよね。

ドラケンを助けた時に、マイキーから受け継ぎました。

「着るか着ねぇからオマエ次第。でも、オマエに持っていて欲しい」

と伝言でドラケンから渡された物でしたね。

二代目東京卍會

そんなマイキーからもらった物の前に座り込み、タケミチは静かに「マイキー君、オレ・・・チームを創りました」と報告します。

そう話し出したタケミチは覚悟を決めた顔で、チーム名を宣言します。

そのチーム名はなんと、「東京卍會」だったのです!

初の決起集会!

そして、「二代目東京卍會」の初集会の当日。

東京リベンジャーズではお馴染みの神社にぞろぞろと人が集まっています。

黒い特攻服に身を包んだ人たち。

そこには「二代目東京卍會”肆番隊隊長”」及び「“副隊長”」と紹介されている「河田兄弟」。

二代目東京卍會”参番隊隊長”」及び「“副隊長”」と紹介されている「パーちんとペーやん」。

壱番隊隊員」と紹介されている、タケミチの親友、「千堂アツシ」「山岸一司」「山本タクヤ」「鈴木マトコ」の姿も。

更に「二代目東京卍會”弐番隊隊長”」及び「“副隊長”」と紹介されている「三ツ谷隆」と「芝八戒」。

サラシを巻いてその上に特攻服を着た「二代目東京卍會”伍番隊隊長”」の風格を漂わせる「瓦城千咒」の姿もありました。

もちろん、「二代目東京卍會”壱番隊隊長”」を任せられているイヌピーこと「乾青宗」もいます。

「これより、二代目東京卍會。決起集会を始める!!!」

そう言うのは、タケミチの相棒、「二代目東京卍會”副総長”」を任せられている「松野千冬」でした。

“ドン”と錚々たるメンバーの前に立つのはもちろん「二代目東京卍會”総長”」の主人公「花垣武道」です!

“オレたち”のリベンジ

そんなタケミチは、まず初めに集まってくれたみんなに謝罪の言葉を投げかけます。

そして、続けて「オレなんか総長の器じゃないのはわかってるし・・・」とネガティブな発言をしていくタケミチ。

「東京卍會」の総長は本当はタケミチではなく、マイキーが1番似合う。

そう素直な気持ちを伝えた上で、「三天戦争で起こった出来事」をみんなに話します。

「三天戦争で思い知った。もうマイキー君は別人だ」

「もうあの頃のマイキー君は取り戻せない」

そうみんなに話し、そしてタケミチは自分の決意を語ります。

「”無敵”のマイキーに勝ちたい」と。

「関東卍會をぶっ潰す」と。

「根拠はないけど、絶対勝つんだ」とみんなに宣言した上で、「だからみんなも諦めていたものを取り戻そう」と鼓舞します。

そして、最後に「もうすでにタケミチだけの問題ではない」とタケミチは言って、目の前のメンバー全員に向かって言い放ちます。

“オレたち”のリベンジだ

そう言うタケミチはマイキーたちに守られていたタケミチではありませんでした。

いよいよ始まる最終局面!

最後の戦いへ進んでいきます。

第273話へ続きます!

東京リベンジャーズネタバレ考察|242話感想まとめ!

今回は「東京リベンジャーズ」第272話のあらすじをまとめて紹介しました!

改めてチームの名前も決まり、「二代目東京卍會」の特攻服に身を包みながら最後の戦いへ歩いていくタケミチたち。

最初にマイキー率いる「関東卍會」とぶつかるとは思えないので、少しずつ他のチームを吸収していき勢力を広げて行くのではないでしょうか?

これから始める戦いにワクワクが止まりませんね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: このコンテンツのコピーは禁止されています