東京リベンジャーズネタバレ

【東京リベンジャーズネタバレ】234話最新確定!三天戦争終結!覚悟を決めたタケミチ

アース
アース
12月8日発売の少年マガジンの内容です。
ボコボコにされるタケミチの運命やいかに・・・!!

前話にて、マイキーの手によって殺害されてしまったサウス

そして、次の矛先はタケミチに向けられました

腕を折られ抵抗できないタケミチを容赦なくボコボコにするマイキー。

はたしてタケミチの運命やいかに・・・!

東京リベンジャーズネタバレ考察|前話第233話あらすじ

まず、前話を詳しくおさらいしていきましょう!

まず、前話ではタケミチが見た“サウスが殺されるビジョン”がその通りになってしまいます。

サウスを殺してしまったのは言わずもがなマイキー。

その現状にこのままではいけないと感じたココは「三天戦争終結」を宣言します。

周囲が着いて行けていない中、口を開いたのは「梵(ブラフマン)」の明石武臣。

「マイキー!!テメェそれでも人か!?」

「そこまでやる必要なかったろ!!?」

とマイキーを責め立てました。

その言葉にマイキーは「テメェも死ねばいい」と武臣の顔に躊躇なく蹴りを入れたのです。

そんなマイキーを止めようと折られた腕の痛みを我慢して、再びマイキーの前にタケミチは飛び出しました。

マイキーはそんなタケミチに向かって静かに「またテメェか」と呟き、矛先をタケミチへ向けたのです。

それからは止まらなくなったマイキーが何度もタケミチを殴ります。

タケミチもサウスの様にやられてしまうのでしょうか・・・。

話は第234話へ続きます!

【東京リベンジャーズネタバレ】233話最新確定!止まらないマイキーの"黒い衝動"! 前話にて、マイキーとサウスは"紙一重の拮抗した戦い"を繰り広げていたかと思われました。 ですが、結果から言うと「サウスの惨...

東京リベンジャーズ234話ネタバレ考察|あらすじ

前話の最後に描かれたマイキーの顔は本当にタケミチを殺さんとする表情でしたね・・・。

タケミチが殺される前に止めて欲しいと思うばかりですが、今のマイキーを止める事ができるのでしょうか?

止められる人物は今この中にはいませんね。

タケミチを助け出す事ができるのでしょうか!

再び響く絶望の音

ココの制止や千咒の叫びも意味がなく、マイキーはタケミチを殴り続きます。

そして、サウスの時と同様のトドメとばかりに放った一撃の「グシャ」と言う音が響いたのです。

もう誰もマイキーを止められないのでしょうか・・・。

目覚めるタケミチ

一命を取り留めたタケミチは病院で目が覚めます。

タケミチが目覚めたのを見届けたのは、彼女のヒナではなく、相棒の千冬でもありませんでした。

傍らに座っていたのは“関東卍會幹部”であるココ

ですが、そのにいたココは特攻服を脱ぎただ1人の“友人”としてのココでした。

そんなココから3日間も寝たままだった事を知らされ、あの日の事を思い出すタケミチ。

ですが1つ不思議に思います。

「・・・なんで生きてんだ?・・・オレ」

その問いは口にする前にココが答えてくれました。

「・・・千咒がオマエを助けた」

そう話し出したココ。

そして、あの日どうなったのか真相が明かされます。

「もういいだろマイキー」

声を荒らげながら、満身創痍の千咒がタケミチを庇います。

ですが、千咒はもう戦える状態ではなくタケミチを助ける為にある行動に出ます。

「マイキーに頭を下げ、梵(ブラフマン)の解散を宣言した事で抗争は終わった」

自分の何よりも大切な梵(ブラフマン)と言うチームを解散させてまでタケミチを守った千咒。

そうやって「三天戦争」は終結したのです。

「三天戦争」

「死者2名をだした三つ巴の大戦争は関東卍會が六波羅探代を吸収し、梵が解散を宣言した事によって終結。関東卍會が天下をとった」

そう説明され、終結した三天戦争。

「さて、そろそろ行くわ!三天戦争の後始末に追われててね」

とそんな状況の中わざわざ見舞いと説明に来てくれたココ。

本当は優しいのでしょうね。

覚悟を決めたタケミチ

「マイキー君。本気でオレを殺そうとしてた」

「あの人はもうオレの知らないマイキー君だ」

「オレは・・・一体・・・何をしてるんだ?」

そう自問自答し、黄昏ていた時に再び来客がありました。

見舞いに来てくれたのは千冬でした。

千冬は静かに話し出します。

「ドラケン君の葬儀に行ってきた」

「みんな何があったのか・・・飲み込めなくて・・・放心状態だった」

小刻みに震えながら話す千冬の目元は涙の後がありました。

タケミチが未来から来た事を知っている千冬はタケミチに問います。

「オマエ・・・未来でドラケン君と会ったんだよな?じゃあ・・・なんで死んでんだよ?」

「なんでみんなうまくいってたのに、戻って来ちまったんだよ!?」

感情的に叫ぶ千冬にタケミチは静かに聞く事しかできません。

「オマエのせいでドラケン君は!!!」

涙を流しながら、思わず口に出してしまう千冬。

その時千冬はハッとして口を塞ぎます。

「ゴメン・・・タケミっち」

「いいんだ・・・千冬」

思わず謝る千冬に初めて口を開いたタケミチ。

「全部オレのせいだから」

この一言に千冬は「え?・・・オマエ」たじろいでしまいます。

「一人にしてくれないか・・・」

タケミチの願いを聞き、しばらくの沈黙の後に「わかった」千冬は席を立ちます。

そして「はやく怪我治せよ・・・」とタケミチに振り返り

「そしたら思いっきりぶん殴ってやっから」

と、そう言い残し部屋を後にします。

外にはヒナの姿がありました。

「もう帰るの?お花・・・花瓶に替えてきたよ」

ヒナの問いに「もういいんだ・・・ヒナちゃん」と言い残す千冬。

「千冬・・・ゴメン。もう誰も巻き込みたくないんだ、ここからは」

「オレ一人で戦う・・・」

そう覚悟を決めたタケミチ。

話は第235話へ続きます!

東京リベンジャーズ234話ネタバレ考察|「There is no mending」感想まとめ!

今回は、東京リベンジャーズ第234話のあらすじを紹介しました!

止める事ができるビジョンが見えないマイキーとなんとしてでも助ける事を決めたタケミチ。

はたしてこれからの物語はどういう展開へ進んでいくのでしょうか?

展開の予想が全然できない東京リベンジャーズは本当に「神作」と言える作品ですよね!

驚きの展開が続いた「三天戦争編」が終了し、来週から新展開へ向かっていきます!

楽しみですね!!

【東京リベンジャーズネタバレ】235話最新確定!タケミチの1番の理解者はやはりヒナだった。 前話にて、敵であり、友人でもあるココから「三天戦争が終結した」事を知らされたタケミチ。 その終わり方はあまりにも衝撃的なも...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: このコンテンツのコピーは禁止されています