キングダム登場人物

キングダム楚水(そすい)の最後を史実から徹底検証!声優は誰?実写はいつか担当を予想

アース
アース
羌瘣・淵さんに続く飛信隊副長を徹底検証!

飛信隊副長の一人楚水(そすい)。

副長というと最初から副長となっている羌瘣と淵さんがパッと思い浮かびますが、廉頗が登場する山陽攻略戦編から楚水も副長となっています。

そう。

楚水は表に出る事が少なく、地味でパッと思い浮かばないようなキャラなのです。

しかし、淵さんや羌瘣とは違って「将」というとやはり楚水副長をイメージするのではとアースは感じています。

そんな地味だけど最も「将」な楚水とは、どのような人物なのか?

史実にも登場するのか?

さらに声優さんの紹介から、実写俳優も予想!

順番に見て行きましょう!(^^)

キングダム楚水(そすい)とは

「キングダム」19巻より

項目内容
名前楚水(そすい)
初登場19巻@山陽攻略戦編
所属郭備隊副長→飛信隊副長
千人将(59巻)

楚水副長が初めて登場するのは、廉頗(れんぱ)との戦いである山陽攻略戦編の19巻です。

もともと楚水は、蒙驁将軍の側近であった千人将郭備の郭備隊副長を務めていました。

しかし、廉頗四天王のひとり輪虎(りんこ)に暗殺されてしまいます。

その穴埋めのため三百人隊だった飛信隊が急遽千人隊に格上げ。

郭備隊700名を連れて楚水は飛信隊に移る事になりました。

同時に羌瘣・淵さんに次ぐ副長に任命されています。

加入後、下僕出身の信に真っ先に忠義を示す楚水は印象的でした。

仕えていた郭備と同様に位で人を判断しない人柄で、非常にできた人物であることを読者に示します。

とにかく義に厚い性格と郭備隊では作戦立案を担当していたこともあり、知と義を兼ね揃えた武将となっています。

さらに武を魅せたのが22巻でした。

「キングダム」22巻より

輪虎と一騎打ちをしている信を狙い、輪虎兵魏良が突撃してきます。

その魏良から信を守る楚水の一撃は、まさに飛信隊副長の武を魅せる1シーンでした。

これらから楚水副長は、義・知・武勇を兼ね揃えた非常にバランスの取れた武将だと分かります。

そんな楚水はやはり副長という立場からも「部下目線から見た時に特にカッコいいな」と、特に感じられます。

補佐としても最高な部下かもですが、楚水は上司になると最高な人物とも思えますね。


キングダム楚水(そすい)は史実に登場した?

色々検索して調べましたが、楚水が史実には登場したという資料は見つかりませんでした。

ここから楚水は史実に登場しないキングダムオリジナルキャラクターだと思われます。

むっちゃスマートでカッコいいキャラクターを生んでくれましたよね!(^^)

キングダム楚水(そすい)の最後を検証!

「キングダム」22巻より

楚水副長は、いつか死亡するのでしょうか?

キングダムオリジナルキャラクターだけに原先生の腹づもりひとつなので、生き残るのか死亡するのかは分かりませんよね。

生き残るかもしれないし、死亡退場してしまうかもしれません。

ただ、死亡するとしたら現在本誌で展開している宜安の戦いがちょっと怖いですよね。

飛信隊は宜安の戦いで、桓騎軍として戦っています。

史実通りに行けば、この宜安の戦いで桓騎軍は李牧に大敗します。

その流れから飛信隊はかなりのダメージを負うことが予想でき、もしかしたら飛信隊の主要メンバーが退場になるかもしれません。

ここは注目しておかなければですよね。

さらに楚水副長の死亡で一番怖いのが、飛信隊が大敗することが決まっている「城父の戦い」です。

宜安の戦いから8年後、飛信隊は楚の項燕に急襲により大ダメージを受けます。

史実としても「7人の部隊長を失う」とされているので、楚水副長の退場の可能性もありますよね!

ここから、楚水副隊長の死亡退場があるとしたら楚との「城父の戦いでは」とも予想できます。

ここの展開では、キチンと楚水副長を見ておかなければですね!


キングダム楚水(そすい)の声優・広瀬竜一さんを紹介!

項目内容
名前広瀬竜一(ひろせりゅういち)
出生地千葉県
誕生日9月8日
所属プロダクション・エース

楚水副長の担当声優である広瀬竜一さんは、2013年から活動している声優さんです。

まだそれほど大きな担当をされていませんが、「キングダム」では楚水副長の他にも竜有や名もなき兵など複数を担当されています。

これからの活躍に期待したいですね!

いや、それにこれからの楚水副長の見せ場シーンに注目ですよ(^^)

ちなみに2期までの楚水声優は、小松史法さんでした。


キングダム楚水(そすい)の実写俳優を予想!

「キングダム」19巻より

2022年夏に公開が予定されている実写映画「キングダム2」。

ここではまだ楚水副長は登場しないでしょうが、3か4には登場するのではと予想されます。

いったい誰が適役なのでしょうか?

あくまでイメージですが、アースは山本耕史さんのイメージを持っています。

演技に知性的なイメージがありますし、楚水副長にピッタリなイメージです。

他にも西島秀俊さんや岡田准一さんというイメージもありますが、やはり山本耕史さんをイチオシします!

いずれ登場するであろう実写映画の楚水副長は、誰がキャスティングされるのか?

そこまで注目したいですよね!

さて、今回は飛信隊副長の楚水を見てきました。

良き補佐であり上官である楚水副長は、まさに飛信隊の縁の下の力持ちですよね。

地味であまり目立たないキャラですが、こういう人が隊を支えているのだろうと感じますよ。

最後の最後まで、楚水副長も追いかけたいです!(^^)

【キングダムネタバレ考察】アースが伏線&未解明の謎を徹底研究!今一番アツい漫画「キングダム」のネタバレ考察をします!最新話の展開を史実を元に予想、キャラクターの伏線や史実からの予想、魅力的なキャラクターたちを深掘り考察していきます!...
キングダムネタバレ考察!全ストーリーあらすじと重要伏線まとめキングダムネタバレ考察...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: このコンテンツのコピーは禁止されています