呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ134話!偽夏油の正体が加茂憲倫と判明!裏梅との関係は?

呪術廻戦ネタバレ134話
アース
アース
1月4日発売少年ジャンプ掲載の呪術廻戦134話のあらすじ内容と考察です!

新年明けましておめでとうございます!

2021年初のジャンプ掲載「呪術廻戦」134話の内容が明らかとなりました。

新年初号らしい、かなり大きな展開となっていました。

宿命の対決となった虎杖と真人の戦いに決着が付き、虎杖勝利。

ニセ夏油が登場し、真人を取り込んでしまう。

ニセ夏油の正体が明らかに!

さらに宿儺との接触で登場していた裏梅の再登場!

「呪術廻戦」という物語の核を担う、重要なキャラクターが次々と登場する展開となっていました。

彼らの関係とその狙いは?

まずは呪術廻戦134話の内容を見て行きましょう!

呪術廻戦ネタバレ133話
呪術廻戦ネタバレ133話冥冥(めいめい)登場!真人を取り込むニセ夏油 虎杖と真人の戦いが、ついに決着! そう思いきや、最後まさかのニセ夏油の登場となった132話でした。 ここからどのよう...

呪術廻戦ネタバレ考察|134話あらすじ

ニセ夏油による夏油の術式開示

虎杖の眼前で、真人を黒い球体に変えたニセ夏油。

球体を手にしたまま「極ノ番」について語り、領域展開を除いたそれぞれの奥義だと説明します。

夏油の術式「呪霊操術」の極ノ番である「うずまき」。

取り込んだ呪霊をひとつにまとめ高密度で相手にぶつける術式であり、その真価は低級呪霊ではなく準一級の呪霊で使用した時に発揮すると語ります。

説明しながら、黒い球体を飲み込むニセ夏油。

真人を取り込みます。

時間を稼ぐためか自身の回復を待っているためか、黙って聞いている虎杖。

虎杖の黙って聞いていた狙いは、味方の到着を待っているためだったよう。

京都校メンバー到着

ニセ夏油の頭上に、箒に乗った少女が現れます。

京都校メンバーが到着したよう。

箒に乗った西宮桃が、ニセ夏油を睨みつけながら合図を送ります。

西宮の合図に離れた場所で加茂 憲紀(かも のりとし)が反応。

数本の矢を放ち、ニセ夏油に向け攻撃します。

弧を描き発射される矢。

躱されますが、地面に着弾した矢の破壊力は凄まじいです。

畳み掛けるように、禪院 真依(ぜんいん まい)がライフル攻撃。

しかし、取り出した呪霊で受け止め防がれます。

さらに三輪ちゃんが登場からの抜刀!

それを手で受け止め、刀を折るニセ夏油。

これもニセ夏油の能力か?

そこからの「うずまき」の発動!

三輪は絶体絶命となります。

京都校メンバー登場!さらに脹相も

濃縮された呪霊が、三輪の眼前にまで迫ります。

しかし、抜刀した日下部が登場し防ぎます。

同時に、ゴリラモードのパンダも登場。

虎杖に声をかけ、宿儺から体を取り戻した事を確認します。

歌姫先生と西宮、弓を放った加茂も合流。

さらにそこに、真っ青な表情をした脹相が現れます。

虎杖ではなくニセ夏油の顔を見て汗を流す脹相。

「やあ脹相」と、脹相に声をかけるニセ夏油。

ニセ夏油の正体判明!

ニセ夏油の顔を見ながら汗を流す脹相。

その正体が、自分を生んだ父であり母を弄んだ加茂憲倫(かものりとし)だと気付きます。

「加茂憲倫(かものりとし)!!」と憎しみを込めた表情で叫ぶ脹相。

加茂憲倫という名を聞き、ニセ夏油の正体に日下部は納得します。

「私!?」と驚く、彼の子孫である京都校 加茂 憲紀(かも のりとし)(笑)

脹相は怒りに満ちた表情で

「よくも俺に」

「虎杖を!!弟を!!殺させようとしたな!!」

と言い放ち、ニセ夏油に向かっていきます。

そこに現れる裏梅。

手に呪力込めニセ夏油を守るように「引っ込め」と、脹相を威嚇します。

しかしお構いなく「俺はお兄ちゃんだぞ」と、裏梅に向かっていく脹相。

二人が対決するような展開が描かれ、終わります。

135話につづく



呪術廻戦ネタバレ考察|134話の感想&考察

話は渋谷事変編となっていますが、新章の幕開けを感じさせる展開となりましたね。

真人、漏瑚、花御と呪霊側のメンバーも、要はこのニセ夏油に利用されていたという感じでしょう。

いや、もともと「ニセ夏油と裏梅」に利用されていた、という形なのかも。

そのニセ夏油の正体は、加茂憲倫(かものりとし)でした。

これは予想通りな正体だったので、嬉しかったですよ!(*^^*)

【呪術廻戦考察】映画裏主人公「夏油傑」を考察!声優と死亡真相・正体が羂索で復活するか検証 0巻のラスボスであり1巻以降の本編では超重要人物となっている夏油傑(げとうすぐる)。 本編に登場する夏油は偽物であり8巻9...

加茂憲倫という名前さえも「数ある名前のひとつ」という事から、彼が活躍した150年前よりももっと以前から存在しているようです。

もしかしたら、1500年以上前から存在する両面宿儺と同時代くら生きている呪霊かもしれません。

ニセ夏油と裏梅登場から、かなりの謎が解明した134話でしたが一点気になるのが五条先生です。

獄門彊に封印された五条先生は、いったいどこにいるのか?

ニセ夏油がどこかに保存しているのかもですが…

この辺り、136話以降で確認できるのでしょうが気になりますね!

長く続いた渋谷事変編も終章となり、新たな章への幕開けが感じられる135話。

今から136話の展開が、むっちゃ楽しみですよ!\(^o^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です