呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ171話考察!伏黒恵の領域展開が熱い!レジィとの我慢比べは釘崎と対比か

呪術廻戦ネタバレ171話
アース
アース
1月17日発売の「週刊少年ジャンプ」呪術廻戦171話のあらすじ内容と考察です!

171話「東京第一結界⑪」。

虎杖がルール改正を達成した事により、コロニーにとどまる必要がなくなった伏黒。

レジィとのバトルが本格化し、とうとう領域展開を発動する展開となりました。

体育館スペースを利用した領域展開「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」を出し、前回は終わりました。

ここからどのようなバトル展開となるのか?

レジィと伏黒のバトルに、終止符は打たれるのか?

「呪術廻戦」171話を見て行きましょう!

呪術廻戦ネタバレ170話
呪術廻戦ネタバレ170話考察!伏黒が〇〇展開!虎杖との合流が近い伏線も 前回はレジィと黄櫨(はぜのき)とバトルになる伏黒。 高羽文彦が味方として登場し、黄櫨とバトル。 伏黒はレジィとバトル...

呪術廻戦ネタバレ考察|171話あらすじ

未完成な嵌合暗翳庭

体育館のスペースを利用して、領域展開「嵌合暗翳庭」を繰り出す伏黒恵。

伏黒の領域展開発動を見て、レジィはすぐに対処します。

奥義「彌虚葛籠(いやこつづら)」

シン・陰流「簡易領域」の原型であり、領域の必中効果を中和するで身を守るレジィ。

いつもの薄ら笑いを浮かべ、「残念でした♡」と伏黒につぶやきます。

地面の下から、現れる2匹のガマ。

長い舌をレジィの脚に巻き付かせ、レジィを拘束します。

必中効果を中和させる「彌虚葛籠(いやこつづら」の中にいるのに「必中(あたる)」事に驚愕するレジィ。

そもそも伏黒の領域展開が未完成なため、嵌合暗翳庭には必中効果が付与されていません。

術式効果が120%引き出せるのみの領域展開となっています。

そのため単純な術式の攻撃のみとなっている嵌合暗翳庭内の攻撃が、「必中(あたる)」ことに。

伏黒の領域展開が未完成であることに気付け無いレジィは、ガマに脚を拘束され隙きが生まれます。

影の分身を使い、レジィを攻撃する伏黒。

数人の伏黒が、レジィをボコボコに殴り付けます。

伏黒の攻撃に対抗するため、レシートを具現化し4本の刀を取り出すレジィ。

ガマの舌を切り、拘束から解放されます。

さらに伏黒を攻撃しようとしますが、下から現れた分身に足元をすくわれます。

逆に、刀を持った伏黒に斬りつけられるレジィ。

何とか刀で受け止めますが、分身伏黒にエルボーを喰らいます。

そこで「自分に当たる前から分身の実体がある」事に気付くレジィ。

伏黒の領域展開に、必中効果が無い事に気付きます。

そして「ここで満象(ぞう)を出され水攻めにされたら配色濃厚」と、危機感を覚えるレジィ。

伏黒からの殴る蹴るの攻撃で、血だらけになりながら考えます。

しかしすぐにまたいつもの薄ら笑いを浮かべ「でもそうはならないのが」「俺って感じだよなぁ」と、3枚のレシートを宙に浮かべます。

伏黒の領域展開を逆手に取るレジィ

宙に浮かんだレシートに気付き、すぐに鵺(ぬえ)を出し対処しようとする伏黒。

しかし「遅い」と、にやけながらレシートを具現化します。

宙に現れる3台の自動車。

そのまま伏黒の領域展開内の地面に沈みます。

同時に、崩れ落ちる伏黒。

地面が全て伏黒の影となっており、領域内に車3台分の重量が増えたため伏黒に2.4トンの重さが襲いかかった事に。

動けなくなった伏黒を前に「君が自重で潰されるまで重さを足し続ける」と、さらにレシートを取り出します。

ひざまずき、重さに耐え汗だらけの伏黒。

しかし、まだ負けた表情ではありません。

我慢比べ

レシートを取り出し、さらに重さを追加しようとしているレジィ。

しかし勝ち誇ったレジィを前に伏黒は「抜けてるんじゃないか?」と語ります。

「未完成でも領域は領域」

「上も」

「影だ!」

上から現れる満象。

大量の水をレジィに浴びせ、そのままレジィの上に落ちてきます。

満象の下敷きになるレジィ。

「どっちが先に潰れるかな」

「レジィ」

二人の我慢比べとなり、終わります。

172話につづく


呪術廻戦ネタバレ考察|171話感想

伏黒が熱い!

ここまでレジィとのバトルが熱くなるとは、予想以上でした。

これは予想以上にレジィが強いということもあるのですが、まさか領域展開が登場してからここまでバトルがもつれ込むとは予想外でした。

レジィの簡易領域原型「彌虚葛籠(いやこつづら)」の登場にも驚きましたし、そこからの展開も…

スゴいバトルでしたよね!

今回のアクションシーンは読んでスゴかったですし、アニメで観たいとホント思いました。

伏黒の複数の影がバトルシーンのアニメ化は「かなりカッコ良いのでは」、と感じましたよ。

そして最後の我慢比べとなる展開も、熱い!

この最後の「どっちが先に潰れるかな、レジィ」のシーンでは「我慢比べしよっか?♡」釘崎を思い出しました(笑)

ここからの勝敗の行方がどうなるのか?

次回172話が楽しみですね!(^^)

それでは考察に移ります!


呪術廻戦ネタバレ|171話考察!

レジィは宿儺や羂索と同時代の術師なのか?

簡易領域ではなく、その原型である「彌虚葛籠(いやこつづら」を発動したレジィ。

つまりはレジィはシン・陰流「簡易領域」が完成する前の時代からいたということになります。

羂索とも知り合いっぽかったので、フザケた感じのキャラですがけっこう重要な人物なのかもですよね!

少なくとも平安時代前からいた、ということになりそうです。

ただ「レジィ・スター」という名前とレシートを使う術式に、現代っぽさも感じるのですが…(・_・;)

レジィの出身時代は要チェックですね!

領域展開と領域展延の違い

伏黒恵の領域天然「嵌合暗翳庭」が不完全な為に、レジィの簡易領域を破った形となりました。

ただ作中での「簡易領域」や「領域展延」についての解説は、良く意味が分かりませんでしたよね。

簡単に書いてあるのですが、非常に難しく分かりづらかったです(・_・;)

要は「簡易領域」は「必中効果を中和」するんですよね。

なので「必中効果を持った攻撃を中和し防ぐことができる」という事なのだろうと理解しています。

ダゴンの攻撃を防いだ禪院直毘人の「落下の情」が、そんな感じでしたよね。

しかし必中効果を持っていなかった恵の攻撃には、反応しなかった…

そんな感じでしょう。

いっぽうで領域展延は、「術式を中和する」というイメージで良さそうです。

もしかしたら今回の伏黒恵に対しては領域展延の方が効いたのかもしれないな、と思いました。

この辺り、けっこうややこしいです(;´Д`)

我慢比べはどちらが有利?

2.4トンと満象との我慢比べとなった伏黒とレジィ。

どちらが有利な状況なのでしょうか?

満象がアフリカ象レベルの重さであれば5,6トンとなるため、伏黒の方が有利な展開となりそうです。

さてさて、次回どちらが勝つのか?

次回172話も要必見ですよ!\(^o^)/

さて、171話発表前に展開を予想していました。

自己検証してみます!


呪術廻戦ネタバレ考察|171話展開予想を自己検証!

チラッと登場する虎杖

日車のポイントで目的だったルール改正を完了した虎杖。

どのように伏黒と合流しようか、考えています。

そこに突然、強い呪力が現れます。

「…伏黒?」

「こっちか」

伏黒っぽい強い呪力が感じられた方角で走り出す虎杖。

何かとんでもない事が起きているような、嫌な予感がする虎杖の描写。

伏黒VSレジィに決着!「不退転」回収し退場

体育館で領域展開「嵌合暗翳庭」を発動されたレジィ。

領域展開がどのようなものか分かっているだけに、無駄にあがく事はしないよう。

しかし直前に伏黒から出た「体育館の空間をそのまま領域として転用する」という言葉から、領域が閉じられていない事に気付きます。

突っ込ませたトラック2台分の壁が破壊され、そこから「体育館=領域」から出られると思いつくレジィ。

壊れた壁に向かい、ダッシュで走り出します!

しかし地面から大量のガマが現れ、レジィの脚を掴み動けないようにします。

さらに巨大な骨から登場する「8番目の新登場の術式」がレジィを襲います!

レシートからカエル対策の蛇と武器を出し応戦しますが、レジィはボロボロになりレシートも全てむしり取られてしまいます。

裸に剥かれたレジィ。

左腕に描かれた「不退転」の文字が見えます。

地面に倒れ込んだまま、レジィがつぶやきます。

「俺はもう羂索から逃げないと決めたんだ」

「この『不退転』の文字に誓い、絶対に退かない!」

「嵌合暗翳庭領域内」の地面に寝転がったまま叫ぶレジィ。

しかし伏黒は冷たい目でレジィを見下ろし、吐き捨てるように告げます。

「自分の目的のために嘘を付き騙し殺す」

「呪術師全員がそうだと決めつけるな」

「人を殺そうとする時は自分が殺されても良いって覚悟だよな。不退転男」

さらに残忍な目付きとなり、レジィをにらみます。

玉犬が現れレジィに向かい、飛びつかせます。

レジィにトドメを刺すよう。

しかしレジィに噛みつこうとした瞬間、ドロっと解けて消える玉犬。

「嵌合暗翳庭」も溶けて消え、今度は伏黒が倒れ込んでしまいます。

完全に呪力を失い、意識を失ってしまったよう。

伏黒のパワーゲージ0を確認し、今度はレジィが倒れた伏黒を残忍な目でにらみます。

「…チェ~ックメイト♡」

取り出した包丁で伏黒にトドメを刺そうとするレジィ。

そこに突然、虎杖が登場します。

包丁で伏黒を刺そうとしているレジィを見やり、瞬間で全てを理解した虎杖。

思いっきりレジィを殴りつけます!

吹っ飛び体育館の壁にぶち当たるレジィ。

伏黒VSレジィは虎杖の一発で幕となります。

高羽文彦VS黄櫨に麗美登場

黄櫨(はぜのき)とバトルする高羽文彦。

デンジャラスな術式で攻撃してくる黄櫨を、お笑いを交えながら対処し圧倒します。

そこにフラッと麗美が登場。

麗美を見て、攻撃を止める黄櫨。

それを見た黄櫨は、麗美を利用して高羽文彦を追い込もうとします。

しかしそんな黄櫨の目論見に関係無く、麗美が高羽文彦に質問します。

「私の騎士(ナイト)」になってくれる?」

完全停止する高羽文彦と黄櫨。

このような展開が登場するのでは?と、予想します!

予想ここまで!

→ガマが登場しレジィの脚に巻き付き拘束した展開は当たっていましたね。

ただ、もっとじっくりと描かれているように感じます。

まだまだ二人のバトルは続きそうです(^^)



呪術廻戦ネタバレ考察|171話注目ポイント

次回171話の展開で注目しておきたいポイントをピックアップしました。

レジィと羂索の関係

レジィは羂索の事を知っており、その目的についてもかなり理解している感じでした。

しかし「レジィ自身が過去の術者なのか」「レジィとどのような関係なのか」は明らかとなっていません。

もし171話で伏黒とレジィのバトルに決着が付くとしたら、この辺りのレジィの正体も明らかになるかもですね!

レジィと羂索は、どのような関係なのか?

レジィの正体とは?

この辺りは注目ですよ!

171話の展開予想がどこまで当たるのか?

発表後の答え合わせが楽しみです!(^^)

予想ここまで!

→レジィが簡易領域の原型を使っていた事から、かなり古い術師である可能性が出てきました。

ここも要注目ですね!

今回の予想は40点くらいでしょうか?

思ったよりも伏黒が頑張っているので、虎杖のヘルプも無いかもですね!

しかし巨大骨の正体は何なのか?

次回登場するのか?

ここも要注意ですね!\(^o^)/

呪術廻戦ネタバレ考察|172話展開予想!

伏黒VSレジィが決着!

釘崎ばりの「どっちが先に潰れるかな?」との決め台詞で、我慢比べに持ち込んだ伏黒。

車3台分の重量に耐える伏黒と満象の重量に耐えるレジィと、どちらに軍配が上がるのかという展開っで前回は終わりました。

172話で、どちらに軍配が上がるのでしょうか?

これは間違いなく伏黒でしょう!

満象が落ちてくる前に、レジィに大量の水を浴びせています。

これにより、レシートを具現化することができなくなりレジィは術式が使えなくなると予想できます。

そのため、172話冒頭すぐにレジィが「まいった」と言うのではと予想しますよ!

伏黒VSレジィは、172話冒頭で決着するとイメージします。

高羽文彦VS黄櫨が展開か

伏黒VSレジィと同時に展開しているはずの高羽文彦VS黄櫨(はぜのき)。

この展開が172話から登場するのではと、予想できます。

ここで気になるのが麗美ですよね。

伏黒にドS発言されてから登場が無い麗美。

アースは、高羽文彦が新たな騎士(ナイト)になると予想していますが…(笑)

172話で登場するかもなので、要チェックですね!


呪術廻戦ネタバレ考察|領域展開「嵌合暗翳庭」に登場した巨大骨の謎の回収は?

伏黒の嵌合暗翳庭発動と同時に登場した巨大な骨

これ、何を表しているのでしょうか?

領域展開で骨というと宿儺の伏魔御廚子をイメージしますよね。

「呪術廻戦」8話より

他に骨が登場する領域展開は、これまで確認できていないはずです。

この共通点が宿儺が伏黒を気にかける理由なのか?

172話で回収されなかったら後に回収される大きな伏線なのかもなので、要チェックですね!(^^)

さて、172話は「伏黒VSレジィ決着」「高羽文彦VS黄櫨(はぜのき)と麗美登場」と予想しました。

そんな展開が登場するのか?

次回172話も要チェックですよ!\(^o^)/

すべてのアニメやマンガ見放題
ワンピース、キングダム、呪術廻戦などを無料で楽しむ方法

ワンピース、キングダム、呪術廻戦などのアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、ワンピース、キングダム、呪術廻戦などが見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、漫画1冊無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

31日間無料トライアル

POSTED COMMENT

  1. 普通の東洋人。 より:

    過去の術師である可能性が浮上したレジィ様、初登場時はトランクス(ボクサーパンツ?)姿でした。
    平安時代前の男性の下着事情はともかく、現代の衣料は履き心地が良かったのでしょう。
    それはさておき、渋谷事変では、宿儺がスマホの機能について知識がある事、羂索が「術師相手なら通常兵器は積極的に取り入れるべき」という見解を持っている事などが描写されてました。
    過去の強い術師たちが、近代的な戦闘法や術式に抵抗が無い一方で、今を生きる高専の上層部や保守層が、それらを受け入れようとしないのとは対照的ですね。

    そして今回、「領域」講座をありがとうございます。
    このあたりは難しくて、所々わからないままにしてましたが、今後の展開に大きく影響しそうなので、今一度整頓しなくては…。
    宿儺の指と魂を宿している悠仁くんの身体も、どこか「結界」に近いように思います。

    • >今を生きる高専の上層部や保守層が、それらを受け入れようとしないのとは対照的
      たしかにですね!
      そして過去の術師が「近代戦闘法」を取り入れ、現代の術師に「近代的な術式」が宿っているのも面白いです。人は「新しいもの」を受け入れ順応していくものなのかなと。少なくとも作者は「そうあるべき」という考え方な気がしますよ上層部や保守派はさておいて…笑い

      >宿儺の指と魂を宿している悠仁くんの身体も、どこか「結界」に近いように
      なるほど!このような見方をしていませんでした。
      ありがとうございます!
      羂索の結界術が仕込まれているのかもですね。この辺りもどこまでキチンと説明&描写されるのか…
      楽しみですよ!(^^)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。