呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ169話考察!高羽文彦は芸人で強い!伏黒が○○になる

呪術廻戦ネタバレ169話
アース
アース
12月20日発売少年ジャンプ掲載の呪術廻戦169話のあらすじ内容と考察です!

前回はレジィ一派とバトルになる伏黒。

4人同時に相手することになり大ピンチとなるが、高羽文彦の登場で流れが変わる。

169話「東京第一結界⑨」。

レジィと黄櫨(はぜのき)と対峙し、けっこうピンチな伏黒の前に登場した高羽史彦

どう見てもギャグ担当な彼ですが、伏黒の強い味方となってくれそうです!

さてさて、いったいどのような展開となったのか?

まさかの高羽文彦が大活躍!

そこから伏黒が〇〇になる!?

今回のバトルはかなり盛り上がります!

169話を順番に見て行きましょう!

呪術廻戦ネタバレ168話
呪術廻戦ネタバレ168話考察!高羽文彦登場・ドS伏黒「クズ人間」発言がたまらなく好き 前回は日車のポイントにより、「ポイントの譲渡」を可能にするルール改正が完了。 伏黒はレジィから仲間になるよう誘われるが断り...

呪術廻戦ネタバレ考察|169話あらすじ

伏黒の味方となる高羽文彦

レジィと黄櫨(はぜのき)の前に立ちはだかり登場した高羽文彦。

2対1で伏黒を攻めるレジィ達を悪者だと決めつけながら、伏黒に言います。

「御年35歳」「面を拝めば相手が悪いかどうかくらい…」

言いながら止まる高羽。

「君もなかなか悪い顔をしているな!」

「まあ良い、相対評価だ!ゆとりゆとり」

伏黒
「ゆとりは絶対評価でしょう」

伏黒のツッコミにポーズで返す高羽。

そんなやり取りをしながら伏黒は「高羽は味方だろう」と判断します。

いっぽうで高羽が何者なのか判断ができない、レジィと黄櫨。

黄櫨が、直球で高羽に問います。

黄櫨
「オマエ」

「どっちだ?」

現代か過去か、どちらの時代の術師かを問うた黄櫨。

しかし、高羽文彦の受け取り方は違います(笑)

「それはつまり」

「俺が面白いか面白くないか…という事だな?」

そして自分がしている半裸のコスチュームは「初めて爆笑を教えてくれたヒーロー」であり、「このコスチュームにかけてスベる訳にはいかない!」と言いながら、なにかの技を出すポーズをします。

ゴゴゴゴゴ

ドラゴンボールで言う、「力(りき)」を貯めるポージングをする高羽。

「何か来る」と察し、レジィと黄櫨は警戒します。

「余計なお世Wi-Fiー!!」

両手を挙げながら、渾身のギャグを繰り出す高羽!

しかし伏黒、レジィ、黄櫨から全く反応がありません。

シーンと、辺りに漂う白けた空気。

そんな反応にブチギレた高羽が叫びます。

「クソ客がー!!」

「いるんだよ、お前らみたいに子宮に笑顔を忘れたくせに!」

「劇場の最前列に座るような客!」

激情にかられたように、最前列に座った訳ではないレジィ達にキレる高羽(笑)

冷静に「アンタの問題」と伏黒がツッコんでいます(笑)

「でも俺は」「そんなオマエらも見捨てない!」と、高羽が黄櫨に向かいジャンプします。

高羽文彦は強い!

”芸人だもん”

黄櫨(はぜのき)に向かい飛び上がり、ドロップキックをかます高羽。

モロに顔面にドロップキックを喰らった黄櫨は吹っ飛び、ビルの壁にぶち当たります。

そのまま逆立ちした江頭2:50のポージングになり、「俺は暴力肯定派の古いの芸人だぜ」と決める高羽。

高羽に気を取られているレジィの影から、伏黒の手が伸びます。

瞬間、気付き飛び上がり躱すレジィ。

チッっと、伏黒はレジィのレシートを一枚取ります。

そしてコガネを呼び出し、日車の情報を確認する伏黒。

ポイントの変化から、虎杖がルールを追加したことを確認。

これで伏黒は、このコロニーにいる理由が無くなります。

レジィに「退くなら見逃すぞ」と、影から剣を取り出しながら言う伏黒。

しかし仲間を殺されたレジィとしては、全く引けません。

退かないレジィを見て、伏黒が高羽に言います。

「できたら殺す前に持ち点を奪って欲しい」

黄櫨を見ながら言う伏黒。

「OK」と引き受けながら、高羽は返します。

「だが俺は芸人だ」

「人から一生笑顔を奪う真似はせん」

それを合図に、黄櫨が目玉を高羽に向け飛ばします。

どこからか取り出したハリセンで打ち返し、黄櫨の背後に立つ高羽。

カンチョーで攻撃し、そのまま頭を蹴りつけふっ飛ばします!

むちゃくちゃ強い高羽文彦。

そんな様子を見たレジィは「あーあ、あれだけコケにされたら黄櫨も本気を出す」と言い「あいつ死んだね」と、まだ黄櫨が本気を出していない伏線を貼ります。

そんなレジィの前に、伏黒が立ちます。

伏黒VSレジィ開戦!

「てめぇの心配をしろよ」

「言っただろ。俺はもうこのコロニーでの目的は達成した」

「本気で戦える」

「出し惜しみ無しだ」

レジィの前で剣を構え言う伏黒。

とうとう伏黒が本気になります!

次回、レジィとの一騎打ちが始まるよう。

170話につづく



呪術廻戦ネタバレ考察|169話感想

「笑う犬の冒険」での原田泰造の「センターマン」に憧れていたと分かった高羽文彦(笑)

ネプチューンファンなのかは分かりませんが、高羽文彦が原田泰造のファンなのは間違いないでしょう。

「お前ら、その金。本当に平等(公平)に分けたつもりなのかい?」
「人は五分だ五分だと言うけれど、本当は7:3くらいがちょうどいい。ザ・センターマン!!」

ナナミンの7対3の術式ではなくセンターマンの術式なのだろうと察せられる高羽文彦ですが、むちゃくちゃ強いですよね!

術式に関係あるのかは分かりませんが、作中でも伏黒が言っていたように「味方で良かった」と本当に感じますよ。

いつかで良いので、東堂との掛け合いも見てみたい!(笑)

というか、高羽文彦の登場で東堂の出番がもう無いのでは、と思えてちょっと悲しくなるアースでした(泣)



呪術廻戦ネタバレ|169話考察!

高羽文彦の術式とは?

初登場の時にはナナミンの7体3の術式なのかなとイメージさせられた高羽文彦の術式。

しかしどうやらコントで登場人物2人のお金の分け前を「本当の五分」である7:3に分けさせようとする公平戦士「センターマン」が術式のように見えてきました。

ただ高羽文彦の攻撃を見ると「パワー派」ですよね。

しかし芸人である高羽が、リアルでそんなパワーを持っているとは思えません。

となると、パワーに見える攻撃が実は術式に関係している!?

伏黒に加勢することにより「五分五分」に見える状況にして、実は「7対3」にする術式とか?

こんな術式だと、不利な戦況ではむちゃ実力を発揮することになりそうですよね!

もしくは出したネタが滑ると呪力が強くなる術式、とかもあるように見えました(笑)

ドロップキックの前に滑っていましたので(笑)

次回以降でも高羽文彦の術式は要チェックですね!!

レジィのレシートを取った伏黒の目的とは?

レジィの影から移動しレジィのレシートを取った伏黒。

これ、何か目的がありますよね?

前回マンションでのバトルではガソリンに変化していましたが、何に使うのか?

釘崎が登場してくれたらレシートから「簪(かんざし)」で攻撃できそうですが(・_・;)

次回、伏黒がどのようにレシートを使うのか要チェックですよ!(^^)

麗美はどこへ?

前回伏黒からドSな対応をされた麗美ですが、今回登場していません。

ここ、何かありそうですよね。

アースのイメージですが、次回麗美が登場することによって高羽文彦が弱くなるとか、高羽文彦に影響する展開が来そうな気がしますよ。

もしくは高羽文彦が麗美のナイトに決定するとか(笑)

まだ麗美には何か役割がありそうなので、要チェックですね!

ではザックリと次回の展開予想をまとめておきます。



呪術廻戦ネタバレ|170話展開予想

次回の展開は、このようになると予想します!

  1. 伏黒VSレジィで激しいバトル展開。レジィの術式が開示
  2. 釘崎登場からレシートで簪攻撃。
  3. ダメージを受けたレジィに伏黒がトドメ。
  4. 麗美登場するも黄櫨(はぜのき)が攻撃し瀕死。
  5. 怒りに震える正義の味方センターマンが黄櫨を攻撃し倒す。
  6. ナイト高羽文彦と麗美の夫婦漫才コンビ決定。

さてさて、どのような展開となるのか?

すべてのアニメやマンガ見放題
ワンピース、キングダム、呪術廻戦などを無料で楽しむ方法

ワンピース、キングダム、呪術廻戦などのアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、ワンピース、キングダム、呪術廻戦などが見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、漫画1冊無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

31日間無料トライアル

POSTED COMMENT

  1. 普通の東洋人。 より:

    「君もなかなか悪い顔をしているな」
    って、それこそ余計なお世Wi-Fiー!という話ですが(笑)
    高羽氏の無駄に圧とアクが強すぎる芸風、元ネタがあったのですね。
    とりあえず『はっぱ隊』でなくて良かったのでしょう。
    M1王者決定戦の翌日にこの展開、狙ったのか偶然か?
    芥見先生も、諫山先生に劣らない『引きの強さ』をお持ちのようで。

    • >M1王者決定戦の翌日にこの展開
      たしかにそうですけど、ここまでは計算できないと思われるので…

      >芥見先生も、諫山先生に劣らない『引きの強さ』をお持ちのようで
      ホントこれですね!
      やはりこのような作品を生む人は、そういう「引き」も持っているのかもですね(^^)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。