呪術廻戦

呪術廻戦ネタバレ167話考察!ルール改正完了・羂索の仲間?レジィVS伏黒開始!

呪術廻戦ネタバレ167話
アース
アース
12月6日発売少年ジャンプ掲載の呪術廻戦167話のあらすじ内容と考察です!

前回は渋谷の大量虐殺を認める虎杖に心を動かされた日車。

「君は無罪だ」「100点をやる」と言い、二人のバトルが終わる。

日車と休戦となり100点がもらえる展開となった虎杖。

目的は達成でき渋谷での大量虐殺を「無罪」と日車から言われましたが、虎杖が救われるような展開とはなりませんでした。

それでも100点がもらえ「ルール改正」ができそうですが、ここからどうなるのか?

伏黒とレジィ側の展開となるのか?

すると、これまで明らかになっていなかった羂索の目的が明らかに!

呪術廻戦167話の内容を見て行きましょう!

呪術廻戦ネタバレ166話
呪術廻戦ネタバレ166話あらすじ感想考察!虎杖「無罪」で勝利も救われず…いつ救われるか予想 前回は日車とバトルとなる虎杖。 裁判のやり直しにより形勢逆転を狙うが渋谷での大量虐殺の罪を認め有罪となり、虎杖は死刑を宣告...

呪術廻戦ネタバレ考察|167話あらすじ

ルール改正完了・日車退場

「コガネ。ルール追加だ」

虎杖と向かい、椅子に座りながら言う日車。

登場したコガネにプレイヤー同士のポイントの譲渡を可能にするよう、ルール追加を申請します。

コガネは「ルール10 プレイヤーと他プレイヤーは任意のポイントを譲渡することができる」と言い、日車の申請を受け付けます。

ホッとする虎杖。

さらに可能になったポイントの譲渡を利用し、日車は虎杖に1点を渡します。

「これでお互い19日間は術式を剥奪されることはない」

そう言い、日車は立ち去ろうとします。

そんな日車を呼び止め「俺たちを手伝ってくれないか?」と、協力を求める虎杖。

日車は自分に残っている2点は「最初に殺した裁判官と検事のものだ」と言い、自分の罪に苛まれているよう。

そんな自分にとって「君と一緒にいると、ますます自分が嫌いになりそうだ」と、虎杖と共に行動することを拒否します。

しかし「君を責めたいわけじゃない」と付け加え「またな」と言い、虎杖の元から立ち去ります。

伏黒を仲間に誘うレジィ

場面は変わり、レジィのアジトのマンションで対峙する伏黒。

「いやー合格合格」

伏黒に向かい、手を叩いて言うレジィ。

そんなレジィを伏黒は敵意満々で睨みつけます。

さらにそんな伏黒に、お構いなしで続けるレジィ。

伏黒の玉犬を見て相当な実力だ、と仲間に引き入れようと勧誘します。

さらに続け、天元様から聞いていた「人間を進化させる儀式」という死滅回游の目的を説明する伏黒に、「それは嘘、もしくは第2,3の計画だ」とたしなめるレジィ。

羂索という名前を出し「強者だけ生き残ったタイミングで羂索が爆弾を落とし、死滅回游の役割は終える」と自説を語ります。

そこで登場する、中国にいる羂索の描写。

中国にいる羂索

複数の人達と会議場にいる羂索。

「挫下(座ってください)」

「谢谢你邀请我(招待してくれてありがとう)」

流暢な中国語で話合いをしている羂索。

伏黒VSレジィ開始!

いずれ来る羂索から落とされる爆弾。

それに備え強い仲間を集めポイントを貯めておくのだ、レジィは語ります。

自分を仲間に引き入れようとする理由に納得できた伏黒は、レジィに「お前と仲間全員のポイントを集めたら100点あるか?」と問います。

両手を広げ、「イエス」を示すレジィ。

それを見た伏黒は玉犬と並び、レジィに告げます。

「お前らの点 全部よこせ」

「そうしたら仲間になってやらんこともない」

交渉は決裂し、レジィと伏黒のバトルが始まります。

玉犬にレジィを攻撃させる伏黒。

しかし同時に他の仲間が伏黒を襲います。

影を使い、攻撃をよける伏黒。

男を投げ飛ばし、さらに鵺で攻撃します。

男は倒したけれど、レジィが玉犬を包丁で刺し余裕な表情。

さらにマンションの外の宙に、目玉が現れます。

伏黒の真横で目玉が爆発し、終わります。

168話につづく



呪術廻戦ネタバレ|167話感想考察

脹相のように、元敵で仲間になる可能性もあるかもと思われた日車寛見

しかし虎杖とは行動を伴にせず、退場という形になったようです。

ですが別れ際「またな」と言っているので、またどこかで登場しそうですね!

死滅回游の終盤とかに、登場しそうなイメージです。

そして、驚いたのがレジィですね。

変なおバカキャラかなと思いきや、羂索についてかなり知っている感じでした。

そして最後突然現れた目玉爆発。

これ、レジィの術式なのでしょうか?

伏黒の安否とともに、悩ましい展開が続きそうです。

次回は表紙&巻頭カラー!

予告で「伏黒に意外な援軍」とあるので、ここも含め楽しみですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です