最新話考察

進撃の巨人ヒストリア出産と父親が誰か検証!赤子は最終コマに回収か【134話】

最新話134話ではいきなりヒストリア出産シーンが登場し、驚いた方も多かったでしょう。

どこかでヒストリアは登場するのだろうと、もちろん思っていましたがまさかこのタイミングだとは!

しかも冒頭で登場するとは、本当に驚きました。

さて、ここで気になるのは結局明かされていない「父親が誰なのか?」と、その「赤子の役割」ですよね。

偽装妊娠では無かった事から父親は存在するはずですし、出産する以上は何か意味があるはずです。

この二つのテーマについて今回は検証したいと思います。

まずは、赤子の父親は誰なのか?

まさかのエレン!?

検証してみます!\(^o^)/

◆ヒストリア出産!父親は誰か?

「進撃の巨人」第134話「絶望の淵」より

134話冒頭の出産シーンから、当サイトでも説いていたヒストリア偽装妊娠説は完全否定されました。

となると、父親は誰なのか?という事になりますね。

出産シーンで涙を流しながら痛みに耐えているヒストリアの奥に、祈っているかのような男性が描かれています。

この場所に男性がいる事から、間違いなくこの男性が父親でしょう。

そしてこの男性の服装にはサスペンダーが見えます。

上の画像には赤矢印を挿れていますが、男性の服に描かれた二本の線はサスペンダーでしょう。

このサスペンダーから、27巻107話の帽子の男性だと分かりますよね!

「進撃の巨人」第107話「来客」より

当時行っていたアンケート投票の約半数を得ていた「新キャラ」が正解なようですね!

さすがのフォロワーさん達の予想だと、改めて感じますよ(*^^*)

幼少期のヒストリアに向かって石を投げていた帽子の男性が、そのまま父親ということになりそうです。
2018-08-08_055441

「進撃の巨人」第108話「正論」より

父親がエレンではなくてホッとしているアースですが(笑)、ではこの出産からどのような展開が生まれるのでしょうか?

言い方を変えると「ヒストリアに子を産ませる必要があった」、後の展開とは?

さらに予想をしてみましょう!

◆ヒストリアの子供の役割とは?

2018-11-19_000724

なぜヒストリアに子供を産ませる必要があったのか?

134話では赤子が何度も登場し、明らかに「未来」を象徴する存在として描写されていました。

ここから連想されるのが、諫山先生の情熱大陸に登場した「最終コマ」ですよね。

「お前は自由だ」と抱かれて言われている赤子は、「未来」のイメージを持って描かれているように感じます。

134話でヒストリアの出産シーンが登場した時、この最終コマ赤子がヒストリアの子ではと思った人は多いのではないでしょうか?

あと数話程度で最終話を迎えると思われるタイミングでヒストリアが出産するというのは、最終コマに登場させるためなような気がしますよ。

では、この赤子がヒストリアの子とします。

何を以て「自由だ」と言われているのでしょうか?

ヒストリアの子は、もともと王家血統者として巨人化能力を継承する存在として必要な存在でした。

これは107話「来客」でのジークのプチ地鳴らし計画でそのように提案されており、ハンジ団長も「その方法しかない」とパラディの未来の為にはほぼ必須な条件として認識されていました。

エレンが地鳴らしを決行したのもヒストリアとその子達の自由のためという部分が大きいことは、32巻130話で明らかとなったエレンとヒストリアの会話からも分かります。

「進撃の巨人」第130話「人類の夜明け」より

これらを踏まえて「お前は自由だ」と言われる事を考えると、この子は王家血統という縛りから解放されているのではとイメージできます。

つまり巨人の力が無くなり、さらには「道」も無くなっているようなイメージを持ってしまいます。

もしかしたら、巨人の力や道が無くなった最初のユミルの民としてヒストリアの子が誕生するのかもしれませんね!

もちろん地鳴らしがコンプしてパラディ島の人々以外が全てが平らとなり、「お前は自由だ」かもしれません。

しかしさすがにそれはなく、巨人の力や道から解放された最初の「元ユミルの民」としてヒストリアの子が「自由だ」と言われる展開が来るような気がしますよ!

これらの要素から、ヒストリアが妊娠し出産する展開は最後に全てから解放された自由を表す赤子を登場させる必要があり、それは王家血統であるヒストリアの子でなければいけなかったからだと分かりますよね。

今回の考察で、以下のように予想できました。

  • ヒストリアの子の父親は帽子&サスペンダーの元石投げ少年
  • ヒストリアの子は「お前は自由だ」の最終コマの赤子
  • 巨人の力が無くなってから生まれた最初の「元ユミルの民」という存在
  • こんな展開が最後に来るのか?

    最終話の答え合わせができるまで、ヒストリアから目が離せませんね!\(^o^)/

    【進撃の巨人】130話ヒストリア「子供を作る」発言からエレンの子か検証!偽装妊娠説も様々な伏線回収が登場した130話でしたが、大きな回収のひとつに「泣いているのヒストリア」がありました。 「進撃の巨人」第130話「人類...
    進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    \無料キャンペーンあり/

    U-NEXT公式ページ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. 井筒孝庵 より:

      こんばんは。

      > ● ヒストリアの子の父親は帽子&サスペンダーの元石投げ少年

      > ● ヒストリアの子は「お前は自由だ」の最終コマの赤子

      > ● 巨人の力が無くなってから生まれた最初の「元ユミルの民」という存在

      > こんな展開が最後に来るのか?

      同意します。最後に来ると思います。 来るのは現在進行中の時間線で、それとともに「いってらっしゃい」の時間線(壁ドン直前)への回帰があるメタな構造を伴うのではなかろうかと(*^ω^*)

      ・・・

      《問》 ヒストリアって何だろう?

      《答》 始祖の少女ユミルのアンチテーゼとして、少女ユミルを導く/昇華させる役割を果たすと思っていましたが、悪い娘(こ)でありエレンと結託しているということから、むしろ象徴的には、荒ぶる神(ギリシア神話で言えば復讐の女神ネメシス)と化している《ダークユミル》そのものではないか、と観ています。

      言い換えると、物語の円環構造で、最初の女王と最後の女王とが対応していて、1) 始祖ユミルの消滅をもって、ユミルの民が巨人の力という運命から解放される、2) ヒストリアの子は解放されるユミルの民の象徴である、3) ということであれば、ヒストリアもまた、王家の消滅を象徴して、無事ではいられない(指摘があったように、難産→出産死か)、直接的な救済の対象とはならず、救済されるのはその子である、← ある意味ショッキングな展開、エレンは絶対に死守しなければならないものを失う

      ただし最初の女王と最後の女王の違いは、子を守るために隷属しその子らに重い運命を背負わせるか、否か・・少年ユミルと一体化している少女ユミルは大きな《悔い》を残していて、その悔いの累積が壁の巨人群でありダークユミルの心の深淵/果てしなき闇。

      悔いの真逆が、この物語の通奏低音である《悔いなき選択》であるはず。

      「胸を張って生きろよ」というそばかすユミルのヒストリアへの言葉は、始祖である少女ユミルの奥底に眠っている言葉でもあると思っていて、

      最後の最後で、どういうシチュエーションになるかは分かりませんが、ヒストリアが少女ユミルを導く大きな触媒になることを期待しています。

      最初の女王と最後の女王の違いは、最後の女王は守られること、愛されることをエレン、104期生との交流を通じて知っているというところ、それ以前のクリスタは、ある意味最初の女王と等価な存在だったと思われます。

      > 最終話の答え合わせができるまで、ヒストリアから目が離せませんね!\(^o^)/

      ですね(*^ω^*)

      ーーーーーーーーーーーーーー

      • >ヒストリアが少女ユミルを導く大きな触媒になることを期待
        そう、ここですよね。
        ヒストリアが座標へ行き始祖ユミルと対面…という展開を本当に期待しますよ!
        絵本の回収という意味でもそうですが、ユミルとの関係を締める意味でも…
        残り少ない数話でのヒストリアの展開も超期待です!\(^o^)/

        管理人アース

      • 井筒孝庵 より:

        追記です。

        > ● ヒストリアの子の父親は帽子&サスペンダーの元石投げ少年

        サスペンダー君でいい/決まりと思っています。ネタ的にはエレンを推し続けてきましたが(*^ω^*)

        不遇であり天蓋孤独なユミルの人生とクリスタの前半生は大きく重なると観ていますが、

        微妙な違いになっているのは、不遇なクリスタを気にかける人がいたというところで、それがサスペンダー君。振る舞いとしてはいじめであっても好意の裏返し。少年にありがちなパターン(笑 (喩えると赤毛のアンに対するギルバートの振る舞いかな。) ささやかであってもそうした存在(後年の3人の娘を除く)が皆無であった始祖ユミルとは対照的で、ユミルの一生とヒストリアのそれを対比させた時、影の薄いサスペンダー君の存在感は相当に大きくて、誰でもいい(投げやりな選択)ということでは全くなかったと思っています。

        ーーーーーーーーーーーーーー

        • ユミル・イェーガー より:

          井筒さん
          こんにちは。

          >悔いの真逆が、この物語の通奏低音である《悔いなき選択》であるはず。
          「胸を張って生きろよ」というそばかすユミルのヒストリアへの言葉は、始祖である少女ユミルの奥底に眠っている言葉でもあると思っていて

          いつもながら勉強させていただきました。

          >影の薄いサスペンダー君の存在感は相当に大きくて、誰でもいい(投げやりな選択)ということでは全くなかったと思っています

          同感です。

        • >不遇なクリスタを気にかける人がいたというところで、それがサスペンダー君。
          なるほどですね。
          視点を変えると色々な解釈ができる作品だなと、つくづく感じますよ。
          サスペンダー君の顔をキチンと見たいですよね(^^)
          どんな顔なんだろう…

          管理人アース

    2. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

      団長殿、いつも更新お疲れ様です。

      最後まで偽装妊娠説を信じていた自分にとって、今回の展開はまさに青天の霹靂でした。
      ただ、ヒストリアの出産によって情熱大陸で公開された「最終コマ」のイメージが完全に固まったと感じています。

      このサスペンダー君が本当の父親なら、まだエレンの子よりは救いもある気がします。
      そして団長殿が考察しておられる青ラインの「巨人の力や道が無くなった後に生まれてくる最初のユミルの民」説が最も有力だと思います。

      134話で何人かの赤子が登場しましたが、この子達の象徴的存在になるのかも知れません。
      そうなると俄然気になってくるのが「お前は自由だ」と言っている男性が誰かです。

      お話の流れ的にエレン以外の人物でも良さそうな気もしてきましたが、エレンの願い続けた「自由」の本当の意味を知っている人物になりそうな気がします。
      最後までしぶとく生き残ったジャンなんて言う可能性もあるのかなぁ。

      • >最後までしぶとく生き残ったジャンなんて言う可能性も
        これも面白い!
        イメージとしてはエレンが最もありそうな気もしますが、最後の最後にじゃんというのも面白かも。
        最後まで見届けて確認しなければですね(*^^*)

        管理人アース

    3. 和銀 より:

      夜分に遅く失礼します🌙アース団長
      私はヒストリアの子供が始祖ユミルの生まれ変わり
      てかと そして戦いが終わる頃にユミルはミカサの愛を得て救われ転生するのかなとぶっ飛っ飛んでなければよいのですが💦だからヒストリアはパラディ島にいるけれども同じ104期生共に出産という戦いをしているんだと思います
      相手の人は嫌いな人とは思えないです✨ちゃんと立ち会っているしヒストリアもその男性の立ち会いを許しています‼️だから嫌な相手じゃないと思いますよ✨
      ただライナーには厳しい現実ですが(^_^;)
      だから子供の誕生と共に地鳴らし時間経過的にも終わりユミルも転生というイメージです
      今度こそ巨人化することなく王家であっても始祖の縛りのない自由な子供のイメージを私ももっています✨
      ヒストリアも(出産という形で)一緒に戦っているからこの時期に出産なのかもと思いました💦 ので💦拙い考察ですが失礼いたします また
      ここんところ朝も寒いので暖かくして考察して下さいませ☕️
      はっ!(^^ゞ

      • >巨人化することなく王家であっても始祖の縛りのない自由な子供のイメージ
        ホントそうですね!
        「お前は自由だ」の意味がここで回収されるのでは、とも思いますし希望が持てるイメージをここで描写されて欲しいなと思いますよ(*^^*)

        管理人アース

    4. ニ度目の投稿 より:

      最後の一コマの赤子がヒストリアの子である可能性が高くなりましたが、そうなるとあれはこれから先に起きるラストシーン。となると、抱えている男性は誰?となりますよね。
      エレンは元の体には戻れないだろうとの考察が多いですが、私もそう思います。
      エレンではないとすると適する人がいないのですよね。
      あの後ろ姿からすると、アルミンではないと思われ、大穴でミカサ?
      。。。はないですよね。
      ユミルの土コネでエレン復活なんかなぁ。
      なんにしても、ラストまで、
      あと2か3話なんですよね(泣)

      • >エレンではないとすると適する人がいない
        仰る通りですね。
        でもやはりエレンのような気がしてきています。復活するのかな?(・_・;)

        管理人アース

    5. 賛遊帝炎上! より:

      だんだん「お前は自由だ」の人にサスペンダーが・・・

      後ろ髪も似ているような・・・

    6. HN忘れた より:

      追伸

      ヒストリアが座標に行く前に、ファルコと接触から104期ユミルの記憶に触れる展開が挟まると思います。

      これが、ユミルからヒストリアへの手紙の回収と座標凸への理由付けになると思います。

    7. HN忘れた より:

      アース団長
      矢継ぎ早の考察、ありがとうございます。

      諌山先生は「今年でおわり」とおっしゃっていました。
      これを「諌山先生が原稿を仕上げるのが年内終了予定だった」と仮定してみました。
      そうすると、1月10日発売の2月号の137話が最終回の予定だった。コロナ休刊の影響で3月号に掲載される。
      ということで、残り3話がMAXかなと考えております・・・・(泣)

      さて、やはりこれだけの大厄災があっても、生き残る人類はいて、その象徴がヒストリアベビーなのでしょう。
      最後の一コマの予想は、サスペンダー君&ヒストリアベビーに変更します。
      で、ここからの流れはこんな感じかなと・・・

      STEP1 まずリヴァイがジークを倒す
      STEP2 アルミンがエレンを引っ張り出すSTEP3 リアル世界は地鳴しが止まる
      STEP4 ヒストリア出産
      STEP5 主要人物が座標へ終結
      STEP6 ヒストリアも座標へ
      STEP6 始祖ユミル成仏
      STEP7 座標へ行ったメンバーも成仏
      STEP8 地鳴し巨人も消滅

      なんとなく、ファルコはリアル世界に残る気がします。
      今回のマーレ軍将校がへ―ロスで、その伝説を語り継ぐ役割がファルコかなと。

      • >マーレ軍将校がへ―ロスで、その伝説を語り継ぐ役割がファルコ
        面白いですね!
        「お前は自由だ」は座標で登場するのでしょうか?
        ただファルコとガビが未来をイメージさせる展開にはなりそうな気がしますね。

        管理人アース

    8. ユミル・イェーガー より:

      ヒストリアの出産…
      前トピックのROXANEさんのコメントを読んでから胸騒ぎがおさまりません💦

    9. あやりん より:

      134話冒頭はビックリすると同時に、最終話の足音が聞こえてきて寂しかったです(;´Д`)
      お前は自由だと進撃の巨人展の音。諫山先生がチラ見せした場面が盛り込まれた回でしたね〜

      さて、お前は自由だの赤ちゃんはヒストリアの子どもで、父親はサスペンダーということが分かりましたか、お前は自由だと言っている男性。流石にサスペンダーでは無いだろうなと思います。
      やはり髪型からもエレンじゃないかなと思うので、つまり、エレン説得またはジーク殺害で地ならし終了もしくは、エレン地ならし完遂か、どちらかになると言うことなのかな。なんて思いました。
      ヒストリアが妊娠してる事が分かったあの、テラスでロッキングチェアーに座っているシーンで、ヒストリアの目がうつろだったのも、自分が決死の覚悟で好きでもないサスペンダーとの子を妊娠しても、結局自分の巨人化は回避したけどエレンの地ならしを回避できなかったからなのかなと。

      あ、因みに気になっていたサシャの南方マーレ訛りですが(笑)除幕式のときのアースさんのレポを読み、日田訛りだという事でフラグ回収できた気がします(笑)
      日本列島南方の日田市ですものね。

      • >ヒストリアの目がうつろだったのも、自分が決死の覚悟で好きでもないサスペンダーとの子を妊娠しても、結局自分の巨人化は回避したけどエレンの地ならしを回避できなかったから
        全くの同感です。
        さらにエレンが地鳴らしを実施すると知っていながら誰にも話さずにいた罪悪感もあるでしょう。
        エレンと地鳴らしを止められなかった罪悪感からの目かなと。

        >サシャの南方マーレ訛りですが(笑)除幕式のときのアースさんのレポを読み、日田訛りだという事でフラグ回収できた気が
        サシャの故郷が日田市・・・という意味?(笑)
        この展開もあるかもですね(笑)

        管理人アース

    10. さすらいの巨人 より:

      アース団長はじめまして。さすらいの巨人と申します。
      今回も素晴らしい考察ありがとうございます。私はこれに加えて、ヒストリアの子は、「復讐の道具として利用されない」という意味での自由があると考えています。カリナがライナーをそうしたように、またジークやアニなど多くの人が、親や社会事情(=世界)に利用されていたこととの対比になると思います。つまりヒス子は王家や巨人化能力の有無とは関係なく「自由に」生きるのではないでしょうか。

      進撃の考察を読み始めて3年以上経つのに初めてのコメントです。進撃が終わる前にアース団長の元へメントできて嬉しいです。気分はフロックです(83話)

      • >気分はフロックです(83話)
        やっと到着できた感じででしょうか?(笑)
        そうですね。ヒストリアの子は全ての縛りから解放された状態、という意味での「自由だ」となりそうですね!
        つまりはユミルの民という縛りからも解放されるような…
        ものすごく寂しいですが、最終コマの回収が楽しみです(*^^*)

        管理人アース

    11. 次列三・伝達 より:

      団長、新記事考察ありがとう御座います☆

      ヒストリアの出産は思ってたより早かったですね。

      その出産シーンで気になったのが、ヒストリアが目を思いっ切り開いている場面です。

      エレンが戦鎚を捕食した時と同じ様に見えました。

      もしかして、ヒストリアは赤子と接触したので何か見えたのでしょうか?

      子供が胎内にいる内は二人で一人扱いで、子供が産まれ世界に触れた瞬間に母親とは違う一人の人間となって、王家の血統の接触となったのでしょうか?

      • >ヒストリアが目を思いっ切り開いている場面
        このシーン印象的でしたね!
        たしかに何かの伏線かも…
        としたら、エレン関係な気もしますし頭に入れておきますよ(*^^*)

        管理人アース

    12. おおぞらバード より:

      大胆予測を-
      ヒストリアが産んだ子供は、双子だった!

      だが、世界的大混乱の中 その影響が高じて
      双子は離れ離れとなる。
      一人は真っ当な人生を歩むが、消息不明の
      もう一人は 巡り巡って災いの主となる…
      と、どこかで聞いたような話ですが。(笑)

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です