最新話考察

進撃の巨人リヴァイの「心臓を捧げよ」の意味を検証!コメント、タキさん、アースが考察【132話】

132話でリヴァイが初めて言った「心臓を捧げよ」。

盛り上がる場面としてはフロックの襲撃、地鳴らし巨人VSハンジさんなどこの場面以外もありますが、132話で最も熱いシーンを聞かれたら、アースはこの場面を答えるでしょう。

通常は自分の胸に手を当てるところでハンジさんの胸にドン、っと手を当てつぶやいたリヴァイの「心臓を捧げよ」。

ここにはどのような意味が込められているのでしょうか?

というか、どういう想いからこのような行動に出たのか?

ここでかなり難しいと思われますが、リヴァイの「心臓を捧げよ」の意味を考察してみましょう!

正解は無いような考察ですが、どうしても気になるので…

リヴァイの「心臓を捧げよ」の考察に進撃してみます!\(^o^)/

◆132話!リヴァイの「心臓を捧げよ」にはどのような意味が込められているのか?

リヴァイのトリガー「ググッ」記事を書きながらも頭を占めていた「リヴァイの心臓を捧げよ」の意味。

そこからもずっと頭の隅に残っており、ずっと考えていました。

そのキッカケとなったアナベルさんからのコメントを見てみましょう!

アナベルさんの「心臓を捧げよ!」を考察!

リヴァイからの最後の言葉、「心臓を捧げよ」は色々と深読みしてしまいます。そもそも、「心臓を捧げる」対象は何だろうと考えると、調査兵団が世界を知る前は元より、今ハンジさんが命をかけて守ろうとしているのは「人類」そのものです。ただし今回の話で、イェレナにもフロックにも、ハンジさんの信念による行動は島を救える最善手になり得ないと指摘されています。それを理解した上でも諦めずに、自分の信じる正義に殉じようとしているハンジさんへの「心臓を捧げよ」は、すなわちハンジさんの正義に共感し肯定している、とのリヴァイからのメッセージに思えました。
また、通常「心臓を捧げよ」は自分の心臓を指して言いますが、リヴァイが指したのはハンジさんの心臓でした。ここから、リヴァイは自身と同様に思っているハンジさんを、人類のために捧げるくらいの覚悟を表明したかのように感じます。直前の3コマのリヴァイの表情も相まって、そう感じさせられました。
これまでも、リヴァイの言葉足らずな時もその意図を理解してきたハンジさんですから、きっとこの最期の時も同様に理解して、殉じて行ったのではないでしょうか。

この考察、かなり良いですよね。

的を得ていますし、何より熱いです!

ハンジの行動は、自分の正義に従っているだけであり島の大半の人からは否定されています。

一般市民からもそうですし、何よりイェーガー派の数からもそう察せられます。

今回、その意見にハンジが打ちのめされている描写が2回登場しています。

イェレナに「認めるよ。自分の無力さを」と言う場面と「フロックは正しい」発言場面です。

ジークのように「安楽死計画」やエレンのように「地鳴らし」という、具体案を示していないハンジさん。

彼女を動かしているのは「虐殺は絶対ダメ」という信念だけであり、「諦められない」という自身の気持ちだけです。

その意見に100%賛同してハンジに付いてきている人がストッパーズにでさえ、どれだけいるでしょう。

ハンジに「あなたは正しいし間違っていない」と誰かが同意しているシーンは、ありません。

おそらく言っていたとしても、オニャンコポンくらいじゃないかな、と感じます。

マルコが見えたシーンで「まだ調査兵団です」と言ったジャンも、100%ハンジに賛成という感じでもないです。

そのため、ハンジは孤独だったでしょう。

そんなハンジに向けられたリヴァイの「心臓を捧げよ」という言葉に、「お前の正義は間違っていない。俺もそう感じてるしそうする」というメッセージが込められている、という考察は泣けますよね!

そのメッセージをハンジさんが感じ、照れ隠しのように「君が言ってんの初めて聞いた」と返すハンジさん…

もう、これ本当に泣けますよ!(号泣)

アナベルさんの考察はたまんないですし、むちゃ賛同です!\(^o^)/



イメージしてみました!

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”自分の身勝手な信念に殉じようとしている私を止めようとしているのは分かる…”

”でも諦められないんだ。”

”お願いだから止めないでくれ。”

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”行かせたくない。”

”だがコイツの考えは分かる。”

”俺も同じ考えだ…止められる訳がない…”

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”お前は間違っていない。”

”行け。”

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”リヴァイも同じ考えなのか…”

”これ以上の励ましはない!”

こんなイメージでしょうか。

書いていても泣けてきますよ!(泣)

自分の信条が正しいのか揺れているハンジに「間違っていない」「俺も同じだ」と背中を押すリヴァイ。

それを察して自分の行動に自信を持ち、最後まで自分の道を突き進んだハンジ。

むちゃ熱い読み方ですよ!

アナベルさん!

いつもありがとうございます!

次にタキさんの考察を見て行きましょう!

YouTuberタキさんの「心臓を捧げよ」を考察!

この場面については、YouTuberタキさんも考察されています。

最初の10分くらいの間に「心臓を捧げよ」について考察されていますので、ぜひ見てみてください!

タキさんはハンジさんの「このまま行かせてくれ」という言葉に着目します。

「行ってくる」ではなく「行かせてくれ」という言い方に「止められたら行けなくなる」というハンジの気持ちが表れているのでは、と考察されています。

そんなハンジさんの気持ちを察して、ハンジの気持ちを肯定し背中を押すための言葉がリヴァイの「心臓を捧げよ」なのではないかと。

自分の「死んで欲しくない」相手の「死にたくない」という気持ちを察しながらも、ハンジの気持ちを尊重し背中を押す意味がリヴァイの「心臓を捧げよ」には込められているのではないか、という考察…

これはまさにタキさん自身も動画で取り上げられていましたが、80話でエルヴィンに向けて言った言葉を連想させられますよね!

「夢を諦めて死んでくれ」という言葉は、今思えばこの時のハンジに向けての「心臓を捧げよ」と同じ意味が込められたセリフだったのでは、と察せられます。

タキさんのこの考察からは、以下のような心情がイメージできました。

この解釈についてはタキさんにも確認していただいております。

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”このまま行けば死ぬのは分かっている。”

”死にたくないし怖い。でも、ここでリヴァイに止められたら行けなくなる。”

”行かせてくれ…リヴァイ”

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”行かせたくない”

”だいたいこいつが行く必要が、本当にあるのか…”

”それにこいつは揺れている…だけど行きたいんだろう。それがハンジだ。だったら…”

”ハンジの選択を尊重しよう”

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”お前は間違ってない”

”行け”

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”今私が一番欲しい言葉を…”

”よし!”

タキさんの「心臓を捧げよ!」、最高ですよね!

特に冒頭の揺れているハンジさんを察しながら、背中を押すリヴァイという解釈。

この読み方からはリヴァイがいかにツライ役目を担っているかが分かりますし、幹部組の絆、信頼関係が察せられる場面にも読めますよ!

タキさん!

いつもありがとうございます!

タキさんの読み、方大好きです!(*^^*)

では最後に、管理人アースの読み方を紹介します!

◆アースが「心臓を捧げよ」を考察!

アースはアナベルさんの読み方もタキさんの読み方も大好きです。

それぞれから進撃が生きているな、と感じられますよ。

揺れているハンジ、止めたいけれど止められない兵長。

リヴァイの気持ちを察するハンジ、という解釈はアースもほぼ同じです。

こんなイメージを持っています!

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”私をクソメガネと呼ぶ君とは、私が一番仲が良かったと思っている”

”でも…すまないリヴァイ。最後を君一人に任せる事になってしまうよ”

”エルヴィンや私達の仲間にも来た順番が、私にも来たんだ”

”分かっているけれど、それでも怖い…できる事なら逃げ出して二人で暮らしたい…”

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”こいつもエルヴィンと同じように自分の夢や信条に命をかけて、俺から飛び立っていくのか…”

”エルヴィンやこれまでの仲間がそうだったように”

”止めたい。だがここで心臓を捧げるのが俺たち調査兵団だ”

”それに俺には聞こえる…”

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”死んだ…仲間達の声が…”

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”リヴァイ…みんな。”

”ああ、これでこれから会うみんなに誇れる自分のままでいられる”

「進撃の巨人」第132話「自由の翼」より

”ありがとう、リヴァイ!”

”向こうに行ったら「リヴァイが心臓を捧げよって言ったよ」ってみんなに伝えるよ。”



こんな気持だったのかなとイメージしますよ!

タキさんやアナベルさんと比べると、もう少しプライベートな気持ちが入っていたのではと妄想しています。

やはり「クソメガネ」と呼びかけているところや、最後のハンジがリヴァイではなく「君」と読んでいたところからそうイメージしてしまいます。

二人の気持ちを長々と妄想していますが、リヴァイやハンジがそのまま思っている、というよりもそういうイメージの気持ちで話していたのでは、という解釈です。

この場面は本当に読む側によってイメージすらガラリと変わるのでは、と感じる場面ですよね。

これまでのリヴァイとハンジをどういうイメージで捉えてきたか、二人の関係をどのように読んできたかによって変わってくると思います。

特に最近「二人で暮らそうか」とハンジが発言しているだけに、「二人だけの隠語」を読む読者もいるのではと察せられます。

それも間違っている訳ではないですし、そんな進撃な二人もいるとアースは考えています。

二次創作も公で認めている諫山先生なので、読者が捉えている様々なリヴァイとハンジの存在も認めてくれるのでは、と。

アースの二人の会話は、このようにイメージしました!

みなさんは「心臓を捧げよ」の場面を、どう読みましたか?

アニメで声優さん達がどういう解釈でこの場面を演技するのか?

監督がどう演出するのかも含め、みなさんがどう読んだのかも気になる管理人アースでした!\(^o^)/

進撃の巨人ネタバレ132話「自由の翼」あらすじ感想考察【最新確定速報】 別マガ10月号掲載の132話「自由の翼」の内容が明らかとなりました! マーレ大陸への蹂躙が始まった地鳴らし、オディハへ向か...
  • 132話考察!リヴァイ兵長のトリガーググッから「問題ない」を検証!
  • 132話考察!リヴァイ兵長の「クソメガネ」を検証!ハンジの仇からエレン対決展開か?
  • 132話考察!ハンジさん死亡に追悼を!
  • 進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    評判&口コミ公式ページ

    \無料キャンペーンあり/

    VODランキングはコチラ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

      団長殿、いつも更新お疲れ様です。

      今回の記事は本当に泣けました。
      この場面を何度も読み返しながら自分なりの考えをまとめようとしましたが、御三方の考察を上回るような考察は最後まで浮かびませんでした。

      これ以上の考察は無いだろうと考えていたところに、さらにツクシさんの考察まで出てきてもう完全にお手上げ状態です。
      この場面、今後の兵長の発言等で真相が明かされるかもしれませんが、最後まで本当の答えは出てこないような気がします。

      つまりどの考察も正解と言う事です。
      説得力でいけばタキさんだし、とにかく泣けると言う点でいけば団長の考察です。

      そしてこの場面はアニメのseason finalにも登場する事でしょう。
      おそらく兵長から「夢をあきらめて死んでくれ」と言われたエルヴィン団長の時のように、細かいコマ割りでハンジさんと兵長の表情変化が描かれると思います。

      勝手に話を進めてしまって申し訳ありませんが、自分なりの結論を出すのはその時にしたいと思います。
      おそらくシリーズの中でも屈指の涙腺崩壊シーンになるでしょうね。

      • >この場面はアニメのseason finalにも登場する事でしょう。
        楽しみですが、怖いです(・_・;)
        この回でのアニメは、その後の展開も楽しみですよね!
        地鳴らし巨人に立ち向かうハンジさん。
        飛行艇が飛んだ後に登場するエルヴィン達。
        もう、アニメでも間違いなく号泣でしょう!
        ファイナルシーズン、とにかくゆっくりでも良いのでクオリティ重視したい回ですよ(*^^*)

        管理人アース

    2. 形状記憶メガネ より:

      ハンジさんの記事にばかりコメントしてすみません。
      偏った意見なのは承知で、1ハンジファンの妄言だよ思って頂いていいのですが、「心臓を捧げよ」からの短いリヴァイとハンジさんの会話ですが、ある意味エルヴィンとの別れと対比されているのかなと思っております。

      「心臓を捧げよ」に対して、アース団長のように「ありがとう」と返すのが自然に思えますが、そう言わなかった。

      それは、エルヴィンの背中を押し、継承もさせなかった事で、エルヴィンを死なせてしまった事をリヴァイはずっと悩み苦しんでいて、ハンジさんはおそらくそれに気づいていただろうからです。

      これは、リヴァイが、最後にエルヴィンに誓った「獣の巨人を倒す」という達成目標に縛られているのから容易に想像できます。

      ハンジさんは、1人残してしまうリヴァイに、自分は自分の意思で勝手に行くんだよ。だから、私の死を背負わないでいいんだ。という思いから、ああいう軽口になったんだと思っています。

      つまり、エルヴィンの時は、リヴァイに色んなものを背負わせる展開に。ハンジさんの時は、スルッと手からすり抜けて行くようなかんじです。それが逆に物凄い喪失感を産んでいるのですが…

      簡単に表すと、エルヴィンが足し算なら、ハンジさんは引き算的な感じです。

      無くなった後も対比的だと思います。
      比較的綺麗な遺体だったエルヴィンと、形としてはほぼ何も残らなかったハンジさん…(涙)

      • >だから、私の死を背負わないでいいんだ。という思いから、ああいう軽口になったんだと
        なるほどですね~。
        「君」という表現も、軽口から来ているのかなぁ…
        エルヴィンとハンジの最後は本当に対称的ですよね!

        管理人アース

    3. 井筒孝庵 より:

      こんにちは。

      心情についての深みある考察トピックありがとうございます(*^ω^*)

      「心臓を捧げよ」は、もはや行動軸がブレることがない、という状態かと思っています。

      ハンジについて言えば、既に心臓を捧げて森を抜け出た状態。

      リヴァイを救出/手当てしながらの森での逃避行ので途中、ハンジは一瞬、戦線離脱を考えたことは事実でしょうが、一方で、リヴァイはハンジがそれに甘んじることはないと喝破しています。

      森を抜けてマガト・ピークらとの合流を決断した時点で、ハンジの行動軸は確たるものとして定まったのだろうと。

      リヴァイはハンジの行動や心理の様子を逃避行で身近に観てきたので、以降のハンジの行動と最終判断については、全幅の信頼をもって認めるところであったにだろうと。お前を認めるよ、の信頼と賛辞の一言としての「心臓を捧げよ」だろうと。

      ーーーーーーーーーーーーーー

      • >お前を認めるよ、の信頼と賛辞の一言としての「心臓を捧げよ」だろうと。
        たまんないですね!
        それを感じたハンジの表情も…(泣)
        リヴァイとハンジの関係は、まさに代わりのない唯一無二な関係だと感じますよ!

        管理人アース

    4. 進撃の個人 より:

      『私の番』これにはグッときました。サネスの言う『順番』ではなく単にこれまで死んでいった兵団の仲間たちに続いて『私の(死ぬ)番』だったように思えます。覚悟を決めていながら自分の考えに対して迷いはある。
      私は死んでしまう。何のために?人類のため?エルディアのため?マーレのため?自分の信念のため?いや、これまで死んでいった信じられる仲間たちのため!リヴァイ、行かせてくれ。止められても僕には戻る場所はない。未来を君たちに託そう。これまで死んでいった仲間たちがそうしたように。

      書きながら泣いてしまう気持ち、分かります泣

      あと「君が言ってんの初めて聞いたよ」と言いながらもうすでにアンカーを射出してるのところにもハンジの言葉にできない思いが見えた気がして泣きそうになります。兵長のそのセリフ本当に意外だったのだと思います。上手く言語化できない自分が悔しいです。諌山先生は本当に細かいところまで泣かせてくれます。

      • >あと「君が言ってんの初めて聞いたよ」
        この時の「君」って表現にも引っかかっています。
        またどこかで記事にできたら良いのですが・・・ちょっと確定できませんが考えています。
        諫山先生の表現はホントに緻密で広く深いですよ!

        管理人アース

    5. ツクシ より:

      心臓を捧げる対象は信念ある選択、だと思います
      無論それは自分で見つけた選択肢とは限りません。エルヴィンの悪魔の演説を聞いた新兵たちのように、囃し立てられ、奮い立たせられ、選ばされた道という事もあるでしょう
      それが自ら選んだ道であれ誰かに選ばされた道であれ、その道を命尽きるまで突き進むと決めたからには「心臓を捧げる」事になるのだと思います
      一方リヴァイと言えば、「何が正しい選択かは分からない」という価値観の上で、自分に与えられた役割を遂行してきた人間であり、決して自分の信念や決断を信じて行動してきたわけではありません
      それはハンジも同様だったのではないか?と思われますが、今回ハンジは自らの運命(サネスから受け継いだ負の連鎖)を理解し、進む道を決めました。しかしそれが本当に選択なのか?と迷いそうになり、それを察したリヴァイが心臓を捧げよ=自分の決断を信じて進め、と激励の意味を込めて背中を押したのではないか?と思いました
      そしてそれはハンジにだけ向けられた言葉ではなく、立体機動装置を巧く扱えない可能性のある自分の指を見て、自分が選ぶべき道を見つけて覚悟を決めたリヴァイ自身への言葉でもあったのだと、「お前の信じる道を進め、俺もそうする」そういう思いを読みとりました

      • ユミル・イェーガー より:

        ツクシさん
        ヨコから失礼します。

        ツクシさんのコメント素晴らしい❗️
        また、泣いてしまいました😀
        自分自身の信じた意志に心臓を捧げよってコトですよね。
        だからハンジ自身の胸を叩いた。

      • >ハンジは自らの運命(サネスから受け継いだ負の連鎖)を理解し、進む道を決めました。
        これ、たしかに頭をよぎりました。
        ただサネスの順番と今回のハンジの「私の番」はちょっと重ならなかったです。
        でも想起はさせられたので、諫山先生がそのように仕掛けたのかなくらいに思っていました。

        >「お前の信じる道を進め、俺もそうする」
        そうですね!このイメージも感じました。
        ハンジの行動を肯定するイメージ。俺も同じだ、そうするみたいな。
        最高なハンジへの激励ですよね!
        また泣けてきそうです(;´Д`)

        管理人アース

        • ツクシ より:

          確かに言われてみるとサネスとハンジの死に様って微妙にリンクしていないですね
          正義に殉ずる覚悟で非道に手を染める人間が、新たな正義の執行者の登場により、世の中を支配する正義の定義を書き換えられ、悪と呼ばれる存在に貶められる
          この順番を受け持つ者が次々現れる事をサネスは予言しており、実際本人はその通りに死んでいきましたが、ハンジはその流れにある意味打ち勝っているんですよね
          確かにハンジは志半ばで、新たな正義の執行者であるフロックに道を阻まれますが、自分の信じる正義(=エレンを止める)を諦めず次の者に託し犠牲になる事で、結果として自らの正義を守りました
          サネスは己の正義を否定され死にましたが、ハンジは己の正義を守る為に死んだという事でしょうか?故にハンジの目指した正義は死んでおらず、サネスのいう順番は巡ってこなかったとも言えますね
          なるほど、ハンジはその順番を待って死んだのではなく、順番待ちの列から抜け出す為に死んだのだ!と思いました

          • >ハンジはその流れにある意味打ち勝っているんですよね
            同じイメージですね!
            ハンジの言う番はどちらかと言うとエルヴィンの次みたいな感じで、これまでに死んでいった仲間の想いを背負って逝く番みたいなイメージですよね。
            これ、本当に熱いですしむちゃ泣ける表現だなと感じています(泣)

            管理人アース

            • ツクシ より:

              サネスの道(己の為の正義=死んだら終わり)ではなくエルヴィンの道(公の為の正義=誰かが受け継ぐ)を選んだ、ということですね!めちゃくちゃアツいです!

    6. ユミル・イェーガー より:

      リヴァイの心臓を捧げよ、イイ絵だったですよね。
      団長の創作セリフを読みながら、104期ユミルの手紙を読んだ時のように泣いてしまいました😀
      皆さんの心情考察は、どれも素晴らしく、どれもが正解だと思います。
      多角的解釈表現の名手である諌山センセの見せ場でしたねー😀

      • 132話の「心臓を捧げよ」は熱かったですし、何より二人には歴史がありました。
        もっとも長い付き合いですし、作品も最初から二人で登場しているので。
        むちゃ妄想が広がる描写でしたし最高でしたね!
        考察も熱くなった!(*^^*)

        管理人アース

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です