プロフィール

進撃の巨人コニーが死亡か予想!母伏線とサシャとの関係と声優下野さんを検証!

サシャと共におバカコンビというポジションを確立しているコニー。

作品の前半では同じレギュラーなジャン、サシャと比べても見どころが少なかったように感じますが、終盤に来て活躍が目立ってきました。

特にサシャ死亡後の彼は、おバカキャラというポジションは変わってはいませんが真っ直ぐな彼らしい、心打たれる名場面がいくつか登場し、我々読者はガツンと殴られました。

そんなコニーのプロフィールと名場面を見直し、更新してみました。

今一度、コニー・スプリンガーを見て行きましょう!

◆コニー・スプリンガーとは?

-コニー-e1416486687122
コニー・スプリンガーのプロフィールです!

項目内容
名前コニー・スプリンガー
身長158cm → 180cm(非公式)
体重58kg
誕生日5月2日
年齢19才
出身地ウォール・ローゼ南区ラカゴ村
所属第104期訓練兵団→調査兵団
訓練成績8位
目的憲兵団入団→母親を人間に戻す→世界を救う
コニーの由来英語の男名だと言われている。どこか親しみを感じさせるところから付けたとされています。
スプリンガーの由来英語の男姓。バネのスプリングから「素早く動く人」という意味になります。まさにコニーを表しています!

公式ガイドブックデータ

2015-12-03_055404
格闘術:6
行動力:7
スピード:10
協調性:7
頭脳戦:3

(「公式ガイドブック抗」より)

キース教官の分析
小柄な体格による素早い動きを活かした格闘術には、天性の才能を感じる。
理解力に欠け、作戦を誤認するクセさえ直せれば、一流の兵士に成長するだろう。
それには時間がかかるかもしれないが…。
評価B+

公式ガイドブックデータより

名前の由来が良いですね!

まさにコニーを表しています!

バネだけでなく、春のspringという意味も兼ねているような気がしますね。

コニーには人を明るい気持ちにさせる「春」のような所があるので!\(^o^)/

頭脳戦3というのは、コニーらしいですが、エレンと同じというのが笑えます!(笑)

エレンはコニー並みの頭脳という設定だったのでしょうか?

この辺りは謎ですね…(―_―;)

◆管理人アースによるコニー・スプリンガーのオススメ名場面!

o0216027912543410724

コニーの名場面と言えば第35話「獣の巨人」と第51話「リヴァイ班」でしょう!

それでは見てみましょう!

第35話の名場面!

2015-12-03_055426

「進撃の巨人」第35話「獣の巨人」より

ウォール・ローゼ内に発生した巨人から情報の拡散と破壊箇所を特定するためにミケを先頭にコニーたちは班に分かれ、移動します。

ミケから「この地域に詳しい者はいるか!?」と言われ、サシャが手を挙げ、コニーもと言います。

しかし、コニーに反応がありません。

サシャ
「コニー!?」

コニー
「南に俺の村があります…巨人が…来た方向に…」
2015-12-03_043625

「進撃の巨人」第35話「獣の巨人」より

「近くの村を案内できます その後…俺の村に行かせてください」
2015-12-03_043650

「進撃の巨人」第35話「獣の巨人」より

「そりゃ…もう行ったところで もう…無駄でしょうけど…けど」
「行かなきゃ いけないんです…」
2015-12-03_043706

「進撃の巨人」第35話「獣の巨人」より

自分の故郷、家族が巨人に襲われたであろう現実を認識しながらも受け入れたくない、認めたくない、しかし行かなきゃいけないという、コニーの揺れる心情が読み取れますね。

最後の「行かなきゃ いけないんです」は熱いですね!

第51話「リヴァイ班」の名場面!

2013-11-16-1

「進撃の巨人」第51話「リヴァイ班」より

ラカゴ村を調査しに行ったコニーとハンジはうつ伏せで動けなくなっている巨人とコニーの両親の肖像画を見比べ、巨人がコニーの母親だと気付きます。

コニーはハンジから肖像画を返してもらいます。

コニー
「そうか…もう俺にはこの絵と」
「かあちゃんしか残っていないんだ…」
8b0c6353

「進撃の巨人」第51話「リヴァイ班」より

「誰だよ…俺達を こんな目に遭わせる奴は…」
2ea4aa0f

「進撃の巨人」第51話「リヴァイ班」より

「絶対に…許せねぇ…」

自分は母親以外の全てを失い、失われた物の大きさ、残された母親の状況が徐々に浸透し、自分達をそのような状況にした者への怒りに転化して行く様が見事に描かれています!

コニーの怒りに火が付きつつも、悲しみも同時に感じさせる描かれ方が素晴らしいですね!

この役をコニーにやらせる作者の配役の上手さが憎らしいほど感じられるシーンです!(笑)

演出の仕方が絶妙です!

31巻126話の名場面!

母親を人間に戻す為にファルコをさらいラガコ村に到着したコニーですが、すぐにアルミンに追い付かれ止められます。

ファルコにブレードを突きつけ、脅すコニー。

「正しいお前なんかに!!」「バカのことなんて分かんねぇんだよ!!」と、おバカキャラならではの叫びで、涙を流しながらアルミンに訴えます。

そのまま母巨人の口にファルコを落とす為に、移動するコニー。

しかし立体機動で先回りしたアルミンが、巨人の口の上に到着します。

そのまま口の中を見下ろすアルミンを見て、何かを察するコニー。

「何するつもりだ!」と叫ぶコニーに「行動で示すよ」と答え、アルミンは巨人の口に飛び降ります。

掴んでいたファルコを手放し、アルミンに飛びつき助けるコニー!

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

結果、コニーは母に誇れる兵士になることを目指します。

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

そのため世界を救うために、コニーは立ち上がります。

コニーに残された唯一の伏線である「母巨人」を回収しながら、さらに成長するコニーが描かれた素晴らしい展開となっています。

「進撃の巨人」全編を通して見ても、コニーの真っ直ぐなキャラを表す随一の名シーンだな、と感じる名場面となっています。

◆コニー・スプリンガーの考察・伏線まとめ!

23335202
コニーは、サシャとのおバカコンビでダークファンタジーな世界の中に明るさ、面白さを演出する役回りのコニーですが、エレンの巨人駆逐の話を聞き調査兵団入団を決心する所や、アルミンに酷い言い方をするユミルにキレるなど、熱い性格の持ち主という一面を持っています。

そんなコニーに仕掛けられている伏線と言えば、やはり巨人化した母親の存在でしょう。

名場面でも母親を巨人化されたコニーは、かなり辛い思いをしており、明るい性格のコニーの泣き顔が描かれる事により、「進撃の巨人」の残酷な現実が色濃く演出されています。

これからの母親の展開によっては、コニーはさらに酷い経験をすることになるのではないでしょうか?

例えば母親を駆逐しなければいけなくなる展開とか…(;_;)

持ち主、コニー母巨人で実験をし、巨人が人間に戻れるという展開があるのかもしれませんが…

コニーの母親という存在には、このどちらかの展開が起きるのための伏線があると思われますが、コニーには天国と地獄の差がありあますね(―_―;)

そして、コニーには、そのような立場の役割があると思われます!

今後のコニー母巨人とコニーの展開に要注目です!

◆コニー・スプリンガーの実力・強さはどれくらい?

30165d6d3ce54b3ec1539ee0bb6fcfed
コニーにはアルミンのような頭脳も、ミカサのような戦闘力もありませんし、ジャンのような指揮役も無理です。

突出しているのはスピード、素早さですが、今のところそれを活かしたシーンはあまり見られていません。

もしかしたら、コニーのスピードを活かしたシーンを作者が温めているのかもしれませんね!

そのシーンが現在行われている獣の巨人とのシガンシナ区決戦で登場すると嬉しいですね!

コニーの素早さを活かした名場面が期待されます!

◆コニーとサシャの関係は?

コニーとサシャの関係は「1同期のおバカコンビ」で間違いないでしょう。

ただ、それだけだったのでしょうか?

そこに、恋愛感情はなかったのでしょうか?

26巻105話で、飛行船に戻ったコニーがジャンとサシャを後ろから抱きしめるシーンがあります。

そのコニーの腕を優しい微笑みを浮かべながら擦るサシャに、恋愛感情が見えるのは管理人アースだけでしょうか?

いっぽうのコニーは、27巻107話でのサシャの墓参りシーンでニコロから「お前はどうなんだよ?コニー」と恋愛感情を聞かれます。

そこで「…俺とサシャは」「双子みてぇなもんだった」と答えています。

そのまま受け取ればコニーには恋愛感情が生まれていなかったと考えられますが、ニコロに対する気遣いも感じられますよね。

サシャが死亡した事を知ったばかりで、殴られながらもサシャの墓参りに来たニコロは全面にサシャへの恋愛感情を出しています。

いっぽうのコニーは、サシャ死亡から時間が経っており冷静になっています。

さらにニコロに答える前に「…」と考えている間も、「俺も好きだった」と言う答えを避けたようにも見えます。

あくまでこれは読み方のひとつですが、サシャとコニーはお互いがお互いを気になっていたのではと感じますよ。

今となっては、真実が登場しない問いですが…

二人の関係は「お互いに気にはなっていたまま止まってしまった関係」のように、管理人アースには読めました。

◆コニー担当声優 下野紘さんを紹介!

2017-11-04_061459

コニー担当の声優さんは、下野紘さんとなっています。

項目内容
名前下野紘(しもの ひろ)
生年月日1980年4月21日
血液型B型
身長167cm
体重62kg
出身東京都
所属アイムエンタープライズ

最近ではアニメ「鬼滅の刃」の我妻善逸役でも有名になった下野さんは、超有名な声優さんとなっています。

下野さんについてはコニー声優下野紘さんのプロフィールまとめ!にてまとめてありますので、見てみてください!

◆コニーが死亡退場するのか検証!

物語も地鳴らし真っ最中となり終盤に向かっていますが、コニーの最後はどうなるのでしょうか?

最近ではイェーガー派と戦う展開となり、同期ダズとサムエルを殺したコニー。

さらにそこからも多くの元同僚を、コニーは殺しています。

因果応報的には、これが死亡退場伏線に見えてしまうところもありますよね(泣)

最近の大きな活躍が登場したのも、何だか死亡伏線にも感じますし…(;´Д`)

コニー母巨人が再登場したところからも、コニーの伏線は全て回収しているようにも感じます。

ここから、コニーが死亡する展開は十分にあるように見えますよ!

もちろんそれは、諫山先生次第なのですが…

間違いなく来たら衝撃が大きな展開ですので「コニーの死亡退場は十分にあり得る」と、頭に入れておいた方が良いような気がします!

今回はコニー・スプリンガーを見直してみました!

おバカなだけに、真っ直ぐ心を撃ち抜いてくるコニー。

最後まで見届けなきゃですね!\(^o^)/

進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...

【進撃の巨人ネタバレ35話の考察!「獣の巨人」の伏線ポイントまとめ!】
【進撃の巨人ネタバレ51話の考察!「リヴァイ班」の伏線ポイントまとめ!】
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 和銀 より:

    夜分遅くに失礼いたします🌙どうかコメントが消えませんように 私コニー15歳の身長同じなんで usjで兵長と背比べしましたけど 私の方が低かったですから180cmは本当に背が高いですよね日本人でも背が高い方になりますよね コニーはどうしてもメインから外れた処にいるようで 本当はかなり辛い目にあってるんですよね ジャンがまんべんなく色んな重要場面に登場しているのに対し コニーはその他大勢がわにいると言うか ジャンやアルミン程の立ち位置にはいない でも本当はジャンやサシャよりも自分以外の家族を全員巨人にされ 故郷を失い 助けられた友人に(ライナー)に裏切られ サシャも失いエレンも信じられない状態で 罪なき同期の仲間まで撃つことにって これ本当にコニーでなかったら暗くなり本筋どころではなくなりますよね 4年で強くなったこともあるでしょうが 本当に団長の言われるとうり 絶妙な演出をこのキャラに持ってきたとは思います そして身長はそれに見合う高さではないかとも感じられます(T_T)
    退場するかですが コニーのお母さんがあのままとは考えにくいし ループ展開でも起きなければ
    コニー母が生きている限りは コニーも生きていく気がするんです エレンもそこも含めてみんなに幸せになって欲しいと願っているはずですし コニーの身体能力が高いのはその為の気がします(生き残る為)あくまでも希望的妄想なのですが エレンに未来がみえているなら
    サシャで未来だと確信してしまったエレンが これ以上の犠牲を阻止するための地鳴らしだと思いたいので ほんまにこれ以上の退場は 今日が誕生日のサシャの為にコニーやみんなこれ以上は欠けずに生きて欲しいと
    願うばかりです はっ!

    • >180cmは本当に背が高いですよね
      そうですね。彼がそれだけ変化、成長したという表れなのでしょう。
      実際コニーは成長し変わったと感じます。
      彼のラストが退場せずに迎えられる事を願うばかりですが、諫山先生の用意している最後が分かりませんので(・_・;)
      ただ進撃では数少ない癒やしキャラなので、最後まで残ってほしいです(;´Д`)

      管理人アース

  2. ユミル・イェーガー より:

    こんにちは。

    コニー、ホントにいい奴ですよね。
    現在の身長が180センチというプロフィールだけが、やや気になります。
    168センチくらいがコニーのイメージに合うような。

    コニー死亡展開ですが・・
    諌山パターンで行けば、あるんでしょうね。(泣)
    もしも、ハッピーエンドな最終話があるのなら、たった1コマでいいので、人間に戻った母ちゃんに駆け寄るコニーが見たい!

    • >168センチくらいがコニーのイメージに合うような。
      たしかにですが、やはり「大きな変化」がコニーにあったという表れでしょう。
      あまり変わっていないアルミンの身長は変わっていないので(笑)

      >人間に戻った母ちゃんに駆け寄るコニーが見たい!
      これ、たまんないですよね!
      諫山先生の中にも残酷でない世界があるならば…見たいですね(泣)

      管理人アース

  3. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    奇しくも本人が言っていますが、サシャがいなくなってからのコニーは、自分が半分なくなってしまっている部分はあるんでしょうね。
    おバカキャラは回想シーンのみです。

    どちらかと言うとコニーは自分の中では癒しキャラだっただけに、コニーのおバカキャラが見られなくなったのはなんとも淋しい限りです。
    お母さんが巨人のまま生きていたのは、それなりの意味があっての事だとずっと考えてきましたが、アルミンの命懸けのダイブの為の伏線だったんですね。

    ただ、この最後の最後に来てコニーの退場はあまりにも辛過ぎます。
    最後まで生き残って世界平和を勝ち取り、お母さんに誇れる兵士になってもらいたいと心より願っております。

    • コニーもそうですが、ジャンやライナー、アニの最後が気になりますよね。
      これ、最後の最後まで確定できませんが、特にコニーは怖いので最後まで要注目です!
      母巨人が最後に立派な兵士になったコニーを喜ぶシーンが登場したら、泣けますね(;´Д`)

      管理人アース

  4. ちょっと気になって より:

    ご返事頂きありがとうございます。
    頂いた見解もごもっともと思いつつ、やはり気になり関連する箇所を読み返していました。

    たしかにライナー、アニーが「兵士」と「戦士」の葛藤に揺れている描写は各所に散りばめられているとは思います。
    それでもやっぱり、2巻のアニー、ライナー、ベルトルトの表情には違和感があると思ってしまいます。

    9巻22ページ付近で、コニーが故郷の村に向かうのをライナーとベルトルトが示し合わせているように見受けられるのも気になりました。
    二人は、コニー含めコニーの村人に、前もって何か処置(巨人化?)がなされたことを知っているのではないかと思いました。

    9巻に出てきた「ウトガルド城跡」に、ニシンの缶詰など壁の外から持ち込まれていましたが、ライナーやベルトルトの仲間が潜伏していたという伏線もありうると思いました。

    すみません。いずれにせよ確信があるわけではないので、私の思いを述べるのみとさせてください。
    つたない推理で恐縮ですが、もしアース様の推理の参考になれば幸いです。

    • 管理人アース より:

      ちょっと気になってさん!

      コメントありがとうございます!

      >コニーが故郷の村に向かうのをライナーとベルトルトが示し合わせているように
      ああ、これは村が巨人だらけだと思っており、コニーを助けに行くかどうかと思っているのかなと感じていました。

      >ライナーやベルトルトの仲間が潜伏していたという伏線も
      これは獣の巨人@ジークでしょう。
      で、ウトガルド城に帰ってきたら、ゲルガー&ナナバ達がおり襲ったと…
      そんな感じかなと思っています。

      >いずれにせよ確信があるわけではないので、私の思いを述べるのみとさせてください。
      読み手側によって同じ場面でもいろいろな解釈が出来る作品ですよね。
      これも「進撃の巨人」の魅力のひとつかなと!

      またよろしくです!

      管理人アース

  5. ちょっと気になって より:

    ふと、「コニーが巨人、もしくは巨人に食べられると奪われるなんらかの能力を持っているのでは?」と疑問に思ったので相談させてください。

    2巻の168ページ、巨人に襲われそうになったところをアニに助けてもらったコニーが、アニにお礼をいうシーンで、コニーに「どうも」というアニの表情がかなり焦っている点と、次のコマで「危なかったなアニ…」「怪我をしなくてよかったぜ本当に…」といっているのは、コニーが巨人なのでは?と思いました。

    また、
    10巻の33ページで、ライナーが必死になってコニーを巨人から守っているように見えます。

    これは、コニーが巨人、もしくは巨人に食べられてはいけない能力を持っていることの伏線なのでは、と思うのですが、いかがでしょうか??

    コニーの村人が巨人化させられた理由も、もしかすると村人を巨人化させて、コニーの能力を手に入れるためだったとか。
    (ライナーやユミルも何か隠しているような発言がありますが、ライナー自身コニーの村が巨人化されたことは意外だったような描写が9巻の初めの方にあります。)

    ご意見頂けますと幸いです。

    • 管理人アース より:

      ちょっと気になってさん!

      コメントありがとうございます!
      面白い考察ですね。

      >「どうも」というアニの表情がかなり焦っている点と、次のコマで「危なかったなアニ…」「怪我をしなくてよかったぜ本当に…」といっているのは、
      アニが焦って「どうも」と言っているのは、「危険を犯してもコニーを助け、壁内兵士になっている自分」からかなと。
      ライナーの「危なかったなアニ」「怪我をしなくてよかったぜ」は「巨人化しなくて良かった」という意味と、「兵士に染まってきているのか?」というプレッシャーをアニにかけているのかなと。

      >ライナーが必死になってコニーを巨人から守っているように見えます。
      これはライナーが完全に兵士と戦士の間で分裂している描写かなと。

      もし、これらの意味を鑑みた上で「コニーが巨人化能力者」という考察をされているとしたら、申し訳ないです。
      ただ、「ライナーがコニーを攫おうとしない理由」が分からないですよね。
      コニーがそれほど重要な能力を持っているとするなら、エレンを攫うと同時にコニーも攫うのではと感じます。

      管理人アース

  6. アルミン蝉 より:

    コニーって158cm/58kgと、かなり小柄なわりにしっかり体重ありますよね。意外にも。
    コニーには、母が無知性巨人だというこの作品における重大な謎を持っています。
    せめて、母ちゃんが元に戻って人間の姿として二人が会えてから死んで欲しいです。
    でも、エルヴィンのように夢を叶えられないまま死ぬ場合だって、この作品では、あるあるなので怖いのですが…

    • 管理人アース より:

      アルミン蝉さん!

      コメントありがとうございます!

      >小柄なわりにしっかり体重ありますよね。
      やはり兵士なので鍛えられているという証拠でしょう!
      脂肪よりも筋肉のが重いですからね!

      >母ちゃんが元に戻って人間の姿として二人が会えてから
      ですよね~。
      コニー母巨人にはまだ役割がありそうですよね。
      人間に戻るという展開だと嬉しいですが。
      ジークの「叫びの力」で操られて、コニーを捕食するという展開だけは止めて欲しいです…(-_-;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  7. 生き残れなかった兵士 より:

    すいません。
    『ループにおいて死んではならない人物』でベルトルトも含まれてますが、『最後まで生き残るか』と言うと微妙ですので、エレンとミカサ、ジャンとヒストリア『生き残り組』でまとめてます。

    私はループで影響されやすいコニーと、本来なら9巻で死んでたサシャとナンバリング考察で組み合わせると最悪だと思ってます。
    せめてコニーと母の再会が見たいですねf^_^;)

    • 管理人アース より:

      生き残れなかった兵士さん!

      たしかにベルトルトが最後まで生き残るというのは、あり得ないような気がしますね(笑)
      コニー母巨人の伏線回収はあると思いますよ!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  8. 生き残れなかった兵士 より:

    おはようございます。

    いきなり不謹慎な考察になるかもしれませんがお許し下さい。

    私はこの先、コニーは死亡してしまうのではないかと推測しています。

    何故かと申しますと、『ナンバリング考察』と私独自の『ループ考察にて死んではいけない人物』を踏まえて追記します。

    『ループ考察にて死んではいけない人物』について。

    まず最初に私は、”ジャン”と”ヒストリア”はループ考察にて特に死んではいけない存在で、この2人が欠けるとループ…つまりやり直しになると考えてます。
    つまり私の中で、未来ではエレンとミカサ、ジャンとヒストリアは生き残ってると仮定してます。

    しかし、表紙にて間接的にコニーが死亡してるのでは?というシーンはありません。
    ここまでコニーが表紙から間接的に死亡するに繋がる場面は確認されてません。

    しかし表紙でのコニーは可笑しな点があり、四巻でコニーだけが深刻な表情であったり、別の巻では服装が本編とは異なるなど。
    ここで考えたのですが、何かしらループでの未来が異なると104期生の中で” コニーが一番影響しやすい存在 ”なのではないかと過ぎりました。

    ループ考察で生存ルートでは七巻のアニ戦でのエルド、オルオやペトラ。
    十巻のウドガルド城で崩れなかった=ナナバやゲルガー達と言った生き残った可能性のある人物。
    彼らもループでの境界線で影響しやすい存在だからこそ、表紙での死と生のルートに左右されたのだと思ってます。
    マルコも例外ではありません。

    つまり表紙でコニーがループでの境界線に左右されやすい存在である為、分岐点によってはコニーが一番影響を受けやすく死亡してしまう可能性が高いのを一つに挙げれます。

    表紙で違うコニーが見れるのは、ループ干渉に受けやすい彼独特の死亡フラグと見れるかもしれません。

    またナンバリング考察を視野に入れてみます。
    『主人公はベルトルト』さんの素晴らしい考察をお借りします。

    まずこの『13』の数字なんですが、私は最終的に誰が生き残るかの答えを見出せるのではないかと考えていました。

    私の見解では先程ループ考察で述べました。
    ループで死んではいけない存在は『エレン』『ミカサ』『ジャン』『ヒストリア』この4名です。

    これでナンバリング考察と照らし合わせてみました。

    エレン→『1』
    ミカサ→『2』
    ジャン→『4』
    ヒストリア→『6』

    この四名をのナンバリング数字を足すと『13』になります。

    つまりこの四名が最終的に未来に生き残り、最終巻で飾られるのではないでしょうか?

    もちろんこの中にコニーは含まれてはいないです。
    以前までサシャは死亡フラグが立ってます。いずれは作者からはサシャは死ぬような発言もあります。
    これにナンバリング考察を当てはめるなら、必然的にコニーも死亡フラグが立ってしまうんです!

    もしかすると再戦時に猿の巨人との闘いで、コニーとサシャが命を落す可能性が高い訳なんですね…。

    この先コニーはどうなるのでしょうか?
    コニーの生き様も見届けたいと思います!

    勝手な解釈ですが…。
    一巻の13ページ「いってらっしゃい」の世界は未来であり、未来のヒストリア、ジャン、ミカサ、エレンがループに関与してるのかもしれません。

    13の意味は「 悪い状況を打開する」意味があるそうです。

    未来のエレン、ミカサ、ジャン、ヒストリアは悪い何かを打開しようとしてループに関与してるのかもしれません。
    だからこそ最初となる「いってらっしゃい」の13ページに13の数字を記したと勝手な考えを持ってます。まだ分かりませんが(笑

    この『13の数字』と『ループ干渉』には何か関係があるかもしれません。

    またまた長文失礼しました!m(_ _)m汗

    • 管理人アース より:

      生き残れなかった兵士さん!

      コメントありがとうございます!

      >エレン→『1』
      ミカサ→『2』
      ジャン→『4』
      ヒストリア→『6』
      おー!素晴らしい!
      ナンバリング考察が生き残れなかった兵士さんの予想を後押ししていますね!

      >必然的にコニーも死亡フラグが立ってしまうんです!
      たしかにサシャ死亡となるならば、コニー死亡という展開もあるかもですね。
      主人公はベルトルトさんも「サシャとコニーは代替可能」というようなコメントをしていたと思います。
      ただ、コニーにはまだコニー母巨人という伏線が残っていると思うので、死亡展開があるなら、何かしらの回収があってからかなと考察します!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  9. ソフィ より:

    52話のコニーのセリフ。
    俺はとにかくよぉ、獣の巨人を殺さなくちゃな。

    これ伏線として生きるといいなと思います。
    コニーのモチベーションはライベルよりもこちらが高いから、
    ライベルが決着ついたら獣のところにいき、その身体能力を初めていかしてリヴァイの討伐補佐の名誉を担ってほしいです。
    コニーがその戦いで死んでしまっても、本望なのでは。

    北にあるユトピア区に対峙して南のシガンシナ区。
    シガンということばが彼岸を連想させて、苦しいです。願わくば、調査兵団のみんなが彼岸を渡らずに戻ってきてくれますように。

    • 管理人アース より:

      ソフィさん!

      コメントありがとうございます!

      >これ伏線として生きるといいなと思います
      あ~、ありましたね!
      現在はライナーを殺したと思って泣きまくっていますが、対獣の巨人では
      その思いを爆発させて欲しいですね!

      >北にあるユトピア区に対峙して南のシガンシナ区。
      ユートピアと彼岸ですか(笑)
      確かに苦しい地名ですね(^_^;)
      出来れば壁内全体を、そして世界をユートピアにしてもらえると嬉しいですね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です