【進撃の巨人 アニメ】ネタバレFinalSeason4期3話(62話)あらすじ予想!

FinalSeasonも3話目となるアニメ62話となりました。

ここは原作94話、95話になるだろうと予想しており、ちょうど戦闘シーンがある訳でもなく、どちらかと言うと地味な回ではないかと感じています。

では、そんなアニメ62話には見どころはないのでしょうか?

しかし良く見直してみると、決して侮れない回だと確認できました!

どのような場面がポイントなのか?

アニメ62話の展開をジックリと見てみましょう!\(^o^)/

Sponsored Link

◆「進撃の巨人」FinalSeason4期第2話(62話)のあらすじ予想!

2017-06-08_035220
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


原作94話、ライナーやガビ達が故郷であるレベリオに帰還する場面から始まります。

収容区までザッザッザッと移動するマーレの戦士達。

収容区入り口で、待ちわびていた家族達と合流します。
2017-06-08_035454
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


ジークとジーク祖父母の再会
2017-06-08_035754
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


ライナーと母カリナとの再会場面も登場します。
2017-06-08_035904
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


そこでコスロがからかっていた負傷兵に優しく手を差し伸べるファルコの展開も、原作通り登場するでしょう。
2017-06-08_040033
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


場面は変わり、ライナーの家でガビの家族と一緒に夕食をとり、お祝いをする場面に移ります。

そこで表向き「パラディ島の連中は悪魔だ」と言いながら懐かしく104期について語るライナー
2017-06-08_040638
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


ここは尺を取り、大きく描写されるでしょう!

そしてライナーの戦士候補生時代回想シーンに移ります。

マルセル、アニ、ベルトルトが次々と合格していくなかで、劣等生なライナー。
2017-06-08_041029
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


しかし何とか合格することができ、ライナーは母カリナに喜ばれます。

しかしポルコからは戦士候補生の中でもドベだから戦士にはなれない、とバカにされるライナー・

そんな時に手を差し伸べてくれるベルトルト。
2017-06-08_041603
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


この辺りはこれまでとこれからの人間関係に大きく影響する展開なので、アニメでも間違いなく登場するでしょう!

ライナーはベルトルトと走りながら収容区の壁を見て英雄になることに憧れ、
2017-06-08_041835
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


同じように壁を眺めて過ごすエレンの描写が登場します。
2017-06-08_041858
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


日が変わりライナーとガビは軍本部へ移動します。

道中、血の繋がりが巨人の記憶継承に大きな影響を及ぼす設定が明らかとなり、ガビが鎧の巨人継承に拘る理由が明かされます。
2017-07-06_040323
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


そして本部に着いたガビに鎧の巨人継承をするのは自分だと、燃えるファルコとガビがぶつかる場面も登場します。

軍本部内に場面は移り、四足で歩くピークに驚くポルコの場面が登場し、戦士たちが集合するジークの部屋に移ります。
2019-08-06_050525
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


そこでは戦鎚の巨人を継承するタイバー家の存在が明らかとなり、パラディ島へ向けての始祖奪還計画が再始動されることが、ジークから説明されます。
2017-07-06_041019
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


ライナーは「またあの島に行くのか」と思いを馳せ、終わります。

◆相応する原作回とタイトルの予想!


原作94話から95話前半までと予想します。

タイトルは「壁の中の少年」でしょう!

エレンとライナーを対比させるこのタイトルは外せませんよ!(*^^*)

◆アニメ62話の見どころを紹介!

2017-06-08_041029
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


おそらくそれほどの改変は無いと思われますが、一点あるとしたら「順番の改変」かなと思っています。

アニメ62話で登場するライナーの過去が明かされる場面は、ライナーが部屋で寝て思い出す「戦士候補生に選ばれるまでの話」と次回アニメ63話に登場する「戦士候補生に選ばれた後の話」からに分かれています。

なのでストーリー展開を考えたら、今回登場した「戦士候補生に選ばれるまでの話」を次の「選ばれた後の話」と繋げた方が分かりやすように感じますよね!

としたら今回「選ばれるまでの話」は登場せず、ライナーが部屋で寝て思い出す場面はカットされ本部に出勤し「あの島にまた行くのか」で終わり、次回アニメ63話で「戦士候補生に選ばれる前~選ばれた後」を繋げて展開させることになるかもですね!

これはありそうな気もしますよ!

そして今回見どころなのは何と言っても「ライナーの104期時代を思い出し語る場面」ですよね!
2017-06-08_040733
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


これは原作で読んだ時もむっちゃ熱くなりましたが、ここをアニメで見たら号泣必至でしょう!

むっちゃ楽しみですよ!\(^o^)/

そして何気に楽しみにしているのがポルコの「ファミチキ」です。
2017-12-16_200220
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


これ、諫山先生の擬音遊びとして一躍有名になったひとコマですが、アニメではどうなるでしょうか?

ぶつかる音のような効果音だとアニメでの再現は難しいでしょうが、この「ファミチキ」はもしかしたら再現できるかもですよね!

担当声優さんによる「ファミチキあくび」を管理人アースは密かに期待していますよ!(笑)

そして同じ場面ですが、「四足歩行のピーク」もけっこう楽しみにしています。
2019-08-06_050525
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


原作では驚いているポルコの描写とともに笑えましたが、アニメではこの時の「ピークの動き」も見られますよね(笑)

この時のピークがどのように四足で這っていたのか?

確認できるのが、ものすごく楽しみですよ!(笑)

派手なアクションシーンがあるわけでもなく、どちらかと言えば地味な回のように思われるアニメ62話ですが、けっこう楽しみな場面もありますよね!

どのような演出となるのか?

今から放送が愉しみですよ!(^^)

FinalSeason4期4話(63話)あらすじ!
FinalSeason4期2話(61話)あらすじ!
94話「壁の中の少年」あらすじ考察と感想!
95話「嘘つき」あらすじ考察と感想!


Sponsored Link

2 Responses to “【進撃の巨人 アニメ】ネタバレFinalSeason4期3話(62話)あらすじ予想!”

  1. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    毎度の事ながら素晴らしい深読みです。
    自分もライナーの戦士候補生時代の回想は、前後で繋がった方がしっくりくると思います。

    終わり方としてはエレンの「はぁ、何か起きねぇかな…」で終わるのもアリかと。
    ポルコやピークちゃんのユニークな登場も楽しみだし、ライナーが家族に語った島での思い出話は想像するだけで堪りませんね。

    「そこにいた日々はまさに地獄だった」の部分を細谷さんが、どう演じるのかに注目したいです。
    そして63話はまさにライナー祭りになるんでしょうね(楽しみ)

  2. 掘天 より:

    考察更新お疲れ様です。
    94・95は確かに静と動で言えば静に当たる部分ですが、長い戦いの後の束の間の休息といった感じの、しっとりした空気感や雰囲気が大好きでした。だからこそ唯一島から生還したライナーの孤独や苦痛が余計に際立っていたのかも知れませんが…;
    何より『進撃の巨人』序盤の展開を真逆の立場から描くライナーの回想シーンに驚き再び一気に引き込まれた方は多いと思うので、アニメでも重要なシーンになると思います(若き日のマーレ戦士や同郷組再登場も楽しみです)。
    そしてそこから様々な人物が同時進行的に祭事に向けて動き出す、あの徐々に盛り上がっていく感じが溜まりません!
    あのシーンはアニメではどんな風に描かれるのだろうか、あの会話シーンはどんな風に演じられるのだろうか、と色々想像しだすと今からもう待ちきれないですね♪

コメントを残す

このページの先頭へ