【進撃の巨人】最新刊31巻の発売日4月9日(予想)までに抑えるべき考察まとめ!

「2話目!124話の伏線とおさえるべきポイントまとめ!」を追加更新しました!

伏線大回収の嵐だった30巻…

ハッキリと「進撃の巨人」がラストスパートに入ったと感じられる巻になっていましたよね!

そのため30巻の抑えるべき考察記事には、「王家血統」や「始祖ユミル」に関係する「物語の基礎となるおさえるべきこと」が多く載っていたように見えました。

では、その次の31巻ではどのような場面を抑えておくべきでしょうか?

キッチリと発売日までに復習しておくために、ポイントをおさえておきたいですよね!

ここで31巻での抑えておくべきポイントをまとめてみました。

見て行きましょう!

Sponsored Link

◆1話目!123話の伏線とおさえるべきポイントまとめ!

2019-12-04_065001
1話目の抑えるべきポイントから見て行きましょう!

・108話での1年前回想シーンをおさらい!

2019-12-04_065426
27巻108話にて、ミカサの回想シーンが登場します。

この回想シーンで「エレンは104期を大切に思っている」とミカサはエレンに疑念を抱くジャンとコニーを説得しようとしています。

しかしいっぽうで、この回想シーンには「エルディア人の人権擁護する団体」の存在と「マーレに拠点を設けて潜入捜査する」という調査兵団の作戦が登場しています。

この伏線が、31巻1話目となる123話で回収されます!

31巻を読んだ時にパッと気付けるように、発売日までに27巻を読み返しおさえておきましょう!

今すぐ回収の意味を知りたい方は、123話「島の悪魔」あらすじ感想考察!にて記載されていますので見てみてください!

・120話でのフラッシュバックの場面をおさらい!

2019-12-04_065150
30巻第120話ではエレンとジークの「接触」により座標が発動する展開が登場しました。

その瞬間、エレンの記憶だと思われる「フラッシュバック」の描写が登場しましたが、そこに謎のくせ毛の少年が登場していました。

この辺りは120話考察!フラッシュバックの謎を検証!でも考察していますので見てみてください!

フラッシュバックに登場したくせ毛の少年は間違いなく伏線なのですが、これが31巻1話目となる123話にてその意味が明らかとなります。

回収された時に気付けるように、31巻発売日までに30巻を読み返しておきましょう!

今すぐ回収の意味を知りたい方は、123話「島の悪魔」あらすじ感想考察!にて記載されていますので見てみてください!

・エレンの手紙を抑えておく!

2017-10-09_163013
24巻97話の終盤にて、エレンがファルコに手紙を託す描写が登場しています。

25巻100話でエレンから「仲間に届いた」と明かされており、この手紙が調査兵団に渡されていたと確定していましたが、その内容は明らかとなっていませんでした。

この手紙については97話考察!エレンの手紙からの展開を予想!にて考察しているので、見てみてください!

このエレンの手紙の内容について、31巻1話目となる123話にて進展があります!

31巻発売日までに24巻と25巻を読み返しておきましょう!

123話で、手紙についてすぐ意味が分かるようにしておきたいですね。

今すぐ手紙の意味を知りたい方は、123話「島の悪魔」あらすじ感想考察!にて記載されていますので見てみてください!

2話目!124話の伏線とおさえるべきポイントまとめ!

2019-11-26_071522
2話目の抑えるべきポイントから見て行きましょう!

・アニとアニ父についての伏線をおさらい!

2018-04-26_080127
アニ・レオンハートは、エレン達104期訓練兵団の同期であり女型の巨人の正体です。

8巻33話に硬質化で覆われてから、4年間地下室で眠り続けています。

そのアニの父親はマーレの収容区でアニの生存を信じて帰りを待ち続けている事が25巻99話にて登場し、明らかとなっています。

31巻2話目となる124話にて、この二人に動きがあります!

31巻発売日までに8巻と25巻を読み返しおさらいしておきましょう!

今すぐ124話の内容を知りたい方は124話「氷解」あらすじ感想考察!にてまとめてありますので、見てみてください!

・コニーの母巨人についてのおさらい!

2017-04-16_182617
コニーの故郷はラガコ村であり、ジークにより全ての村人が巨人化され、唯一コニーの母親が動けず寝たままになっていたことが8巻37話で分かっています。

コニー母巨人の「おあえり」発言は、衝撃的でしたよね!

このコニーの母親について、31巻2話目となる124話にて展開があります!

31巻発売日までに8巻を読み返して、コニーの母についておさらいしておきましょう!

今すぐ124話の内容を知りたい方は124話「氷解」あらすじ感想考察!にてまとめてありますので、見てみてください!

・ナイル・ドーク師団長とピクシス司令についてのおさらい!

2016-01-14_144036
ピクシス司令は駐屯兵団のトップという存在であり、初登場した3巻ではエレンとミカサ、アルミンを救った恩人でもあります。

変人として名の通った人物でしたが頭が切れ人望も厚く、「進撃の巨人」でも人気のキャラだと言えるでしょう。

ナイル・ドーク師団長は憲兵団のトップであり、エルヴィンの同期でもあります。
2016-01-31_190053
5巻では巨人化能力を持つエレンを解剖して始末するという提案をした人物でもあり、どちらかと言うと味方ではないポジションでした。

しかし直近の29巻118話では捕虜となったファルコを逃し兄コルトとガビの元へ逃がすという行動を取っており、かなり好感が持てる人物となっていました。

この初期から登場し続けているピクシス司令とナイル・ドーク師団長ですが、30巻119話でジークの叫びにより巨人化しました。

その二人に31巻2話目となる124話にて、さらに展開が起こります!

31巻発売日までに、それぞれ二人がどのような人物であるのかを把握するため3巻、5巻、そして29巻辺りから読み直しておきましょう!

今すぐ124話の内容を知りたい方は124話「氷解」あらすじ感想考察!にてまとめてありますので、見てみてください!

・スルマとキース教官についてのおさらい!

2018-10-08_023535
キース教官はエルヴィンの先代調査兵団団長であり、訓練兵団教官となっています。

エレン達の訓練兵団時代では、厳しい教官として登場していました。

しかし島中の巨人が駆逐した現在では、巨人対策となる訓練自体に批判的な意見が出ており、特にイェーガー派が台頭してからはキース教官も辛い立場となっていました。

その辺りは28巻113話で、顕著に描かれていましたね!

この時に発言していた新兵スルマとキース教官に、31巻2話目となる124話にて動きがあります!

31巻発売日までに28巻を読み返し、スルマとキース教官の関係を抑えておきましょう!

今すぐ124話の内容を知りたい方は124話「氷解」あらすじ感想考察!にてまとめてありますので、見てみてください!

最新話から最終回までの結末から伏線・考察を全網羅
31巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
30巻の発売日までに抑えるべき考察まとめ!


Sponsored Link

3 Responses to “【進撃の巨人】最新刊31巻の発売日4月9日(予想)までに抑えるべき考察まとめ!”

  1. 団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    物語が佳境に入っているので30巻と同様に31巻も伏線回収の嵐になるような気がします。
    126話までの3話でミカサが島を離れ、ヒィズル国に移動する展開はあると思います。

    その他にもイェレナやルイーゼの正体(目的)も回収されそうな気がします。
    個人的にはおそらく再登場して来るアニに関連して、アニパパや巨人化注射等の回収が来て欲しいところです。

    • 管理人アース より:

      フロックの今後やルイーゼも気になりますよね。
      ピクシス、ナイル巨人に捕食される展開はさすがに無いと思うけれど…
      まずは124話を見なきゃですね!


      管理人アース

  2. 123話で 地味な発見がありました。
    それは、オニャンコポンが言った
    「マーレ大陸」です。
    それまでは マーレやエルディアがあった
    場所は 大陸としか呼ばれておらず、本当は
    何という大陸なのか?気になっていました。

    ただ、この「マーレ大陸」という呼び名は、
    ユーラシア大陸の中のヨーロッパ大陸とか
    中国大陸のように、マーレが支配する地域
    が「マーレ大陸」と呼ばれている。
    つまり、マーレ大陸は ある巨大な大陸の
    一部だと思われます。
    エルディアが世界を支配していた時代には、
    「エルディア大陸」だったでしょうが、
    現在その巨大大陸が 何と呼ばれているのか
    気になります。

    その巨大大陸には、マーレと拮抗する強国
    もあると思われ、物語終盤に絡んでくるのか
    楽しみです。

コメントを残す

このページの先頭へ