【進撃の巨人】ネタバレ123話考察!倒れているファルコから展開予想!地鳴らしを止める?

123話に登場したエレン放送の際に、夜空を見上げるピークの後ろに小さく倒れている人物を管理人アースはジークだと見ていました。

しかしコメントでは「ファルコでは?」と指摘される方を多く見かけ、見直してみると確かにそのようにも見えます。

これ、コメントの指摘の通りファルコなのかも。

そう感じると同時に、疑問も感じました。

ファルコ、この後どうなるんだろう?

おそらく顎の巨人を継承したばかりなので寝ているのでしょうが、起き上がった後ファルコにはどのような展開が待ち受けているのでしょうか?

マーレ側の主人公とも言われている、ファルコに残されている役割とは?

考察していくと、ファルコが地鳴らしを止めるのではとの予想に行き着きました!

見てみましょう!

Sponsored Link

◆ファルコに残された役割を検証!

2017-10-26_043059
123話で小さく寝転がっているのがファルコだとしたら、「巨人化したばかりのファルコはまだ寝ているよ」という諫山先生のメッセージのように感じられますよね。

では今後目を覚ますであろうファルコには、どのような役割が残っているのでしょうか?

23巻から始まったマーレ編ですが、その冒頭はファルコの登場から始まっていました。

この描写から「マーレ編主人公はファルコでは?」と考えている人は多いでしょう。

管理人アースもその一人です。

もっと言うと、マーレに舞台が移った後半からの物語のキーマンはファルコなのでは、と考えています。

理由は、そのキャラにあります。

この辺りはファルコ・グライスの経歴プロフィールまとめ!でもまとめ考察していますので、見てみてください!

そこではファルコのキャラを「戦いを好まない平和主義」「兄が獣の巨人継承予定のコルト」「ガビが好き」の3点でまとめ、これらが回収されると予想し、そこからその後の展開を予想していました。

この予想は、今でも変わっていないです。

「兄が獣の巨人継承予定者コルト」であることから、「エレンとジークの兄弟という関係との対比的関係に意味がある」と指摘し、そこから展開が起こるのではと予想していました。

これは、119話タイトル「兄と弟」でまさに回収されましたね!

ファルコとコルト、マルセルとポルコという兄弟関係は、やはりエレンとジークとの対比関係という意味を持っていたのだと、119話を読んで感じました。

「ガビが好き」も29巻118話で回収されましたよね!

この告白がガビにどのような影響を及ぼすか、告白したファルコにどのような意味を及ぼすのかはまだ描かれていません。

しかし、119話で巨人化するファルコが涙を浮かべながらガビに手を伸ばすシーンを熱くさせる効果は、十分に持っていました。

さらにファルコの想いを知り意識しだした直後に巨人化されたため、涙を浮かべながらライフルを握りエレンを狙うガビの心情を深める効果も持っているな、と感じさせられました。

恋愛描写が非常に少ない進撃としてはかなり珍しいシーンだなと感じましたし、今後の二人の展開にもまだまだ影響を及ぼしそうですよね!

ファルコの「ガビが好き」というキャラクターには、まだまだ役割が残っていそうな気がしますよ!

そして最後の「戦いを好まない平和主義」は、ファルコの最も大きな意味を持っている役割だと管理人アースは感じています。

これは103話で瀕死となったピークをかばい、雷槍を発射しようとしているジャンの前に立ちはだかる場面でも感じました。

非常に印象的な場面でしたし、このような感じのシーンが今後ファルコにもっと大きな舞台で展開するのではないかなと予想できます。

それはどのような展開なのでしょうか?

大きな3つの役割の内、最後に残されたファルコの役割から生まれる展開とは?

予想してみましょう!

◆目覚めたファルコの展開を予想!

2019-11-20_033302
エレンによる地鳴らしでパラディ島から世界に進軍する超大型巨人

その地響きによりファルコは目覚めます。


ファルコ
「…ん?」

周りも見回すと、ガビとマガト、ライナーとピークがいます。

ファルコ
「あ、あれ?」

「俺…巨人化を止めてもらうためにジークさんを探していて…」

「それから…どうったんだ?」

記憶を失くしてるファルコ

ガビからジークが叫びファルコが巨人化したこと、コルトが死亡したこと、ポルコを捕食し顎の巨人を継承し人間に戻ったことを伝えます。

あまりの事に言葉を失くすファルコ

ガビは続けます。


ガビ
「私は許せなかった」

「コルトを死なせて、ファルコにガリアードさんを食わせた…ジークが」

「…そしてジークを裏切らせるキッカケを作ったエレン・イェーガーが」

「だから…撃った」

「キチンと命中させた。けれど…」

「そしたら、地鳴らしが起こって…」

そこからは続けられないガビ

ガビ
「カヤが教えてくれたのに!ライナーが教えてくれたのに!悪魔なんていないって!みんな同じだって!」

「でも許せなかった!だから地鳴らしが…」

エレンの地鳴らしは自分が原因で起こったと捉えているガビ

でも、あながちその考えは間違っていないでしょう。

自分を責めるガビを見つめるファルコ

そんなガビの肩を掴みファルコは言います。

2019-11-27_070407
ファルコ
「落ち着けガビ。今は感傷的になってる場合じゃない(ミカサ風)」

「さあ、立って」

ガビを立ち上がらせるファルコ

側に立っているマガトに向けて言います。


ファルコ
「マガトさん」

「世界に向けて進軍し始めている超大型巨人の歩みを止めれば世界が救われる」

「違わないですよね?」

マガト
「あ、ああ そうだ(マルコ風)」

「し、しかし今の世界連合軍でも」

「これだけの数の超大型巨人を」

ファルコ
「できます」

言い切るファルコ

何か考えがあるよう。


このような展開が起こるのでは、と予想します!

すみません。途中から大好きな7話のミカサの場面と重ねてしまいました(笑)

要は、ファルコの「ガビが好き」な気持ちと「平和主義」が重なり「地鳴らしを止めるのはファルコでは?」と考えているのです。

「マーレ編」に入ってから諫山先生は「負の連鎖」を描かれています。

歴史は繰り返し、争いから憎しみが生まれ、憎しみが争いを生む。

争いから差別が生まれ差別が憎しみを生み争いを生む。

まさに負の連鎖です。繰り返しです。

それを断ち切るのは「ファルコの平和主義」なのでは、と感じるのです。

まさに「マーレ側の主人公」にはふさわしい展開であり役割かなと!

この展開ならばガビを救うため、争いを止めるため、というファルコのキャラが最大の見せ場で生かされますよね!

今回の考察でファルコに残されている役割は「ガビへの想いと争いを好まない平和主義なキャラからの地鳴らしを止める展開」が予想できました!

この予想、当たるでしょうか?

かすってくれるのなら、ジークの次はファルコに要注目ですよね!\(^o^)/

123話考察!倒れているジークの残された役割を検証!
123話考察!エレンが泣いた理由を検証!
123話考察!地鳴らしはループ布石か最後の風景を踏まえ検証!
最新話から最終回までの結末から伏線・考察を全網羅!


Sponsored Link

27 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ123話考察!倒れているファルコから展開予想!地鳴らしを止める?”

  1. ファルコの顎がどんな活躍をみせるのか?
    一つ言える事は、ファルコが 鳥と関わりが
    あることです。
    マーレ編の冒頭で鳥を観ていたり、ファルコ
    巨人の姿、動きが鳥そのものだったり。
    となると、ファルコの顎巨人は 鳥の形状に
    なるのでは。

    それはまるで プテラノドンのように、膜状の
    翼をつけて空を飛び回る、名付けて
    「ファルコノドン」です!
    これなら 超巨大なエレノサウルスに高さで
    対抗でき、上空からの攻撃が可能です。
    『エレノサウルス VS ファルコノドン』
    この名勝負が 非常に楽しみです。(笑)

    (あと、これはゴジラとラドンの関係の
     ように、仲良く共闘していくかもしれ
     ません。
     ゴジラとラドンのように、エレンと
     ファルコが手を結び、更なる強敵
     キングギドラ巨人??と対抗する!
     というのは妄想が過ぎるでしょうか。
     (大笑い))

    • キングギドラ巨人とは、壁の巨人3体が
      合体した 三つ首の巨人で、これは非常に
      恐い!
      これだけ大勢の 壁の巨人の中には、エレン
      の命令に逆らう奴もいるものです。
      それらが暴走して 恐ろしい事が起きるが、
      エレンとファルコの共闘で くい止める!
      という展開はどうでしょうか。(笑)

      • 管理人アース より:

        エレンに逆らう巨人が来たら、それが本当の正義の味方かもですね(^^)



        管理人アース

  2. ぽん より:

    エレンはレベリオでのライナーとの会話にファルコを、パラディに潜入してきたピークとの会話にガビを、意図的に同席させたように感じます。
    これはエレンが進撃の能力で未来を知っていて、ファルコとガビが最後まで生き残る人物だから、わざと話を聞かせたんじゃないかな?とも思えないですかね?

  3. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    ファルコはもう一人の主人公格だと思うので、進撃が完結したら、マーレ編のほうからもう一度描いて頂けると、あと十年楽しめそう(*^^*)

    第124話以降は、「ヒストリア編」と「東洋の一族編」とが並行して合流していって、2つの謎(845と巨人大戦)が解き明かされつつ、2つの難局(前門の世界連合、後門のエレノサウルス)を打開・収拾する作戦の立案に期待しています。

    別トピックのそばかすユミルとの繋がりで、ファルコに期待するのは、ヒストリア編での活躍かな。

    そばかすユミルは、始祖ユミルの「光」の部分を感知して、それをヒストリアに重ね合わせていたと思われるし、顎を継承したファルコは、ガリアードにはなし得なかった、始祖ユミル→そばかすユミル→(・)→ヒストリアというラインの空隙を埋められるのではないかと観るので。

    ファルコから連想される「翼」にはいろいろな意味(天使であったり自由であったり)が重ね合わせられますが、

    西欧神話での源流としては、メルクリウス(エルメス)、ウィクトリアなどに遡り、その象徴的な役割/意味は、「使者」であり「伝令」であるよう。

    ーーーーーーーーーーーー

  4. ファルチン より:

    ファルコの名前がタカだったり、飛べる巨人の伏線だったり色々あるけど、翼まで生えるか疑問
    所詮は顎の巨人だから変化があるとしたら顔くらいだと思うけどね
    ファルコの無垢状態を見る限り、予想するとすればハシビロコウ辺りが近そうかな
    あと、アニの復活は顎を継承したファルコに掛かってる気がする

    • 管理人アース より:

      >アニの復活は顎を継承したファルコに掛かってる気がする
      顎で噛み砕くか、エレン放送で目覚めているか?
      これは要チェックですね!



      管理人アース

  5. ユミル・イェーガー より:

    団長 記事更新お疲れ様です。

    ホントに進撃は考察ネタに事欠かないですね(笑)

    ファルコの役割 あると思います!!

    エレンの ファルコとガビへのこれまでの対応を見てみると これからの2人の行動・役割がエレンには見えていたように思われます。

    ミカサとアルミンは パラディ側のキーマンとして。
    ファルコとガビは マガト、ピーク、ライナー、そしてジークとアニを含む元マーレ側のキーマンとして。
    物語の行く末を盛り上げてくれると期待しています。

    ラストカットが ファルコとガビの赤子・・・ってなトコまで可能性が残ってますよね。

  6. 団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    今回の展開予想記事を読んで、胸のつかえが取れた気がします。
    自分はかねてから優し過ぎるファルコの性格では、エレンの後継者にはなれないと感じていたんです。

    そんな経緯もあり、将来的にファルコの身に「大事な何かを失う」イベントが起き、そこから大事なモノを捨て去る事が出来る人になると考えていました。
    実際、目の前でコルトを失ってはいますが、なるほどなるほど・・・これは素晴らしいです。

    そう考えると100話でエレンが「オレは悪者だ 世界を滅ぼしちまうかもしれない」と言っていたのは興味深いです。
    進撃の巨人の能力が明らかになった今だから言える事ですが、この時にエレンは自分の地鳴らしを止めてくれるのはファルコだと感じていたのかもしれませんね。

    91話冒頭でファルコの上空を飛んでいたハヤブサ(?)が、再び120話で登場しているし「おーい…ここはあぶねえぞ…」の呼びかけでファルコが目を覚ます展開は大いにあると思います。
    自分の背中を自分で押す事で、ファルコが新たな第一歩を踏み出す展開に期待したいです。

    • 管理人アース より:

      >100話でエレンが「オレは悪者だ 世界を滅ぼしちまうかもしれない」と言っていたのは興味深い
      ファルコが止めてくれる事を知っていて敢えて聞かせた、という展開かもですね。
      このように見返しても面白いですよね!



      管理人アース

  7. あああ より:

    どちらかというと、ユミルの記憶を継承したキャラとして終戦(?)後にヒストリアと対面する事の方が重要な役割だと思います。

  8. 紅蓮滾る狩人 より:

    ファルコの意識が戻ったらどんな行動を取るのか、確かに気になりますね。
    気を失ってたからエレンが「世界はユミルの民を憎み、何としてでも滅ぼそうとしている」って言ってたのを聴いてないわけですし。

    ただどうするんでしょう?ぶっちゃけ私は自分の予想が当たるなど微塵も思ってませんが、無垢にした後人間に戻したということはまだ役割は残っているはずです。ただその役割は翼の生えた巨人になってエレンと戦うとかそんな派手なモノじゃないでしょう。エレンの手紙をパラディ勢に届けたように地味だけどとても重要な、何かを誰かに伝えるんだと思います。

    • 管理人アース より:

      >何かを誰かに伝えるんだと思います。
      エレンに「壁の中と外は同じだ」と教えられたファルコがそれをエレンに教え返す、みたいなイメージを持っています。
      そんな展開が来たら熱いですね(^^)



      管理人アース

  9. HN忘れた より:

    初登場の戦場で、敵味方関係なく負傷兵を助けようとしたファルコ。
    地鳴しの中で、一人でも多くの命を救おうとするのがファルコの役目なのかも。

    目の前の敵を倒そうとするエレン。
    目の前の命を救おうとするファルコ。
    そんな対比が描かれるのではないかなと思います。

    • 管理人アース より:

      >目の前の敵を倒そうとするエレン。
      目の前の命を救おうとするファルコ。

      ああ、この展開も熱いですね。
      顎の巨人となり、その動きで人々を助けようとするかもですね。


      管理人アース

  10. 振り子の巨人 より:

    こんばんわ
    お久しぶりです。

    そもそもファルコは本当に顎を継承したのでしょうか?私は、継承していない可能性が残されていると考えています。
    理由は2つあり、1つは、知性巨人保有者が、無垢に補食されただけでは、継承にならないからです。トロスト区戦において、エレンがアルミンを髭の巨人から助けた時、代わりに巨人に飲み込まれたが、エレンの持つ巨人は継承されずにエレンは生き残ったからです。ファルコがポルコを飲み込んでいる描写はありますが、噛んでいる描写は無いように思います。
    もう1つは、知性巨人の巨人の継承があった際、無垢巨人だった側は、すぐに人間に戻っているからです。アルミン、ジーク、フリーダの時は周りに人がいましたが、エレンの時は、キースが発見した時には巨人の抜け殻は消えていました。継承が行われてから人間に戻るまでの時間はそんなに長くはなかったと思われます。エレノサウルスの放送の時には、戻っててもおかしくはないのかもと思います。

    • 管理人アース より:

      ヒゲ巨人に飲み込まれたエレンが助かったのは脊髄液を噛み砕かれなかったからだと思われます。
      今回のポルコは体が噛み砕かれている描写があったので、おそらく巨人化しているかなと妄想します。

      >エレノサウルスの放送の時には、戻っててもおかしくはないのかも
      もしかして寝転がっているファルコの描写だとしたら、そういう意味なのかもですね。
      人間に戻って寝ているよ、というメッセージなのかも。



      管理人アース

  11. リヴァイ大好き より:

    こんばんわ。

    ファルコは、これからもっと殺伐としてくる可能性のある進撃の巨人の中にあっても、決してぶれずに優しい気持ちを保てる子だと思います。

    エレンは生まれつき自由を渇望して、自由のためなら人殺しも厭わない子で、それは伏線としての性格だったとは思いますが、ファルコは、飛ぶ鳥を見つめる瞳から自由への渇望を見て取れますが、エレンとは反対に、自由を渇望していても人を優先させる優しい子です。

    そんな子が知性巨人になったら、壁の巨人を一人たりとも倒せないと思うな。

    ぜひともファルコに頑張ってほしいけど、ファルコには、何も捨てて欲しくないしな。

    ガビも、優しい気持ちも、自由への渇望も。

    何かを成し遂げるためには、何かを捨てなきゃいけない。ってことは、無いと思う。全部持ったまま、成し遂げて欲しい。

    先達の犠牲を知って、生かすことが、ファルコの役割かな。

    • 管理人アース より:

      >ファルコには、何も捨てて欲しくないしな。
      そうですね。
      ファルコは何かを捨てる、というよりも何かを伝えるキャラですよね。
      そんな場面見たいです(^^)



      管理人アース

  12. ユミル・イェーガー より:

    こんにちは。

    リヴァイ大好きさんの考察は、とても的確にファルコの役割や位置付けを捉えていると思います!!

    「自由への渇望」に対するエレンとの対比。
    「悔いなき選択」に対する考え方や方法の対比。
    ファルコの役割が見えてきたような気がします。

    >先達の犠牲を知って 生かすこと

    ファルコの様な優しい子たちが「何も捨てることなく」自由や幸せを感じれるようにするために「何かを捨ててきた」先達の想いが報われてほしいです。

    • リヴァイ大好き より:

      きゃ。

      おほめ頂きとても嬉しいです。

      わたしの考察は、作品全体から受ける印象からの勘頼りで、ユミル・イェーガーさんのように緻密で繊細な考察はできないので、密かに感服しておりました。

      ファルコには、最後まで生き残って、幸せになって欲しいですね。

  13. ののの より:

    あのヒトコマで、これ程たくさんの考察を展開される皆さんに驚きです。面白いです!ありがとうございます。

    ファルコとガビは、一話からのエレン達との対比もありますよね。
    ある日突然に奪われ、取り戻したいだけだったはずが、島に居たのは、ただの人だった。「駆逐してやる!」では、同じことを繰り返すだけ。。。。

    ここまでの思考に、たどりついた二人は、生きて語り部的な役割になるのかしら?個人的には、ライナーを許す役割であって欲しいです。

    • 管理人アース より:

      >あのヒトコマで、これ程たくさんの考察を展開
      諫山先生の伏線はこういうひとコマであり回収され展開が生まれる事があるので。
      これからファルコの展開が来る、という伏線だったら嬉しいなと感じますよ(^^)



      管理人アース

  14. 百鬼夜行 より:

    冒頭が車力の巨人を継承したばかりになってますよ

  15. にかる より:

    調査兵団が初めて海岸に到達する前にすれ違った
    地面ズリズリ巨人が
    なんで今頃出てくるのかなとモヤモヤしてました笑

    ファルコなら納得です!!

    (あの子助かるかな。。)

    • 管理人アース より:

      ファルコかジークだと思いますが、どちらにしても今後登場するかなと!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ