進撃の巨人の東洋の一族の正体は?アッカーマン家と関係も?

4月9日発売の16巻収録、第65話「夢と呪い」にて「アッカーマン家の歴史」と「東洋の一族の事実」が明らかになりました。

ここで東洋の一族について考察しアッカーマン家との関係を考察します!

Sponsored Link


◆第65話「夢と呪い」にて明らかになった「東洋の一族とアッカーマン家の事実」

s994c2
「進撃の巨人」第65話「夢と呪い」より

第65話にてケニー・アッカーマンの祖父から明らかになったアッカーマン家と東洋の一族の事実をまとめてみました。

  • アッカーマン家はもともと王政の懐刀であり王政中枢のひとつだった。
  • 王の理想は人類全ての記憶を改ざんし過去の歴史を根絶して平和を実現すること。
  • アッカーマン家と東洋の一族のような少数派の血族は王に記憶改ざんされない。
  • アッカーマン家と東洋の一族は王政に逆らいアッカーマンは王政に恐れられている。

  • 以上の事実が明らかになりました。

    ここで重要なのは「アッカーマン家と東洋の一族は王の記憶改ざんの影響を受けない」という事実です。つまり両家には王により根絶された「失われた歴史」が存在する可能性があるのです。

    アッカーマン家は失われた歴史について子に受け継ぐことはしなかったようですが、東洋の一族はどうなのでしょう?

    Sponsored Link


    ◆東洋の一族とアッカーマン家の末裔であるミカサの役割

    a32330a2
    「進撃の巨人」第5話「絶望の中で鈍く光る」より

    さらにここで注目されるのが、母方が東洋の一族の末裔であり父方がアッカーマン家の分家であろうミカサの存在です。

    これまでは主人公エレンの幼なじみでエレンを戦闘力で守る役割をしてきましたが第64話で明らかになった事実により別の意味で重要な存在になってきました。

    ミカサの右手首には東洋の一族が代々受け継いできた「印」の刺青があります。第5話の最後にミカサの母親は「私達一族が受け継がなきゃいけないもの」と話しています。


    この「印」にこそ人類の「失われた歴史」が残されているのではないでしょうか?


    アッカーマン家と違い東洋の一族は歴史を受け継いで行ったようです。エレンの中に眠る「巨人の力」とミカサの右手首にある「印」には同じ「失われた歴史」が存在するのかもしれません。

    今後の展開でミカサの「東洋の一族の末裔」という事実はかなり重要になってくるでしょう。しかし東洋の一族に人類の失われた歴史が伝わっている可能性があることを知っているのはケニー・アッカーマンだけです。もしかしたらケニー・アッカーマンの役割にはミカサに東洋の一族の役割を教えることがあるのかもしれません。


    アッカーマン家と東洋の一族は王政から追われたもの同士ですが両家に関係があったかどうかは分かっていません。しかしこれからのリヴァイ兵士長、ケニー・アッカーマンと両家の末裔であるミカサの関係はより深くなって行きそうです。


    今後の東洋の一族とアッカーマン家の展開が楽しみです!

    【進撃の巨人16巻ネタバレ感想まとめ!アッカーマンの真相も判明!】
    【進撃の巨人のアッカーマン一族の考察まとめ!リヴァイとミカサの関係は? 】


    Sponsored Link

    11 Responses to “進撃の巨人の東洋の一族の正体は?アッカーマン家と関係も?”

    1. パンプキンパイ より:

      「東洋の一族」という名称に違和をを感じます
      壁内人類は「海」の存在を知らないのに、東「洋」という海の向こう起源の一族がいることは疑問を持っていない。
      壁内には多くの地域から人類が逃げ込んでいたとして、出身も様々であるにもかかわらず、そこに誰も触れない。また、アルミンが海の存在を匂わせたり、海そのものはあるのでしょう。
      王による記憶の改竄との関係が気になります。

      • 管理人アース より:

        パンプキンパイさん!

        コメントありがとうございます!

        >東「洋」という海の向こう起源の一族がいることは疑問を持っていない
        この時の「洋」には海の意味は無いのかもしれませんね。
        「東方」くらいの意味で使っていたのかもです。

        >出身も様々であるにもかかわらず、そこに誰も触れない
        これは初代王の記憶改ざんで、途切れているのかもしれませんね。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. 進撃の芋女 より:

      はじめまして進撃の芋女です。

      自宅で生死不明のアルミンを想いブルーレイで進撃の巨人のアニメを見返しています。

      そこでミカサとお母さんが東洋人の一族の印を刺繍している場面がありました。

      その後ろに祭壇と鏡を祭っている背景がありました。

      これってなんなんでしょうね…、たんなる東洋人の証明なのかそれとも卑弥呼のように力を持っている証拠なのか…。

      それからオープニングの場面を曲なしでスローモーションで見ていたら朝日か夕日かはわかりませんが、アニ・アルミン・ミカサ・エレン・ベルトルトが立っている場面がありました。

      背景がないのですが伏線だったらきっとアルミンは生きていてこのメンバーで海を見ているんだったらいいのになって思いました。

      リヴァイ兵長が確認できなかったのですが、もしも83話以降で亡くなるなんて展開がきたらそれだったら次の日寝込んで会社を休むかもしれません。

      • 管理人アース より:

        進撃の芋女さん!

        コメントありがとうございます!

        >その後ろに祭壇と鏡を祭っている背景がありました
        これ、第6話のこのシーンですよね!
        2016-02-27_075413
        これ、気になりますよね!
        どこかの記事で書いたのですが、日本の三種の神器の一つである銅鏡という可能性もありますよね。
        となると、ミカサは日本人の血を引いているという設定なのかもしれませんね。

        >リヴァイ兵長が確認できなかったのですが、
        いやいや…リヴァイ兵長は生き残って欲しいですよ!
        死亡展開が来たら、作品の人気が…(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. 東の海 より:

      アースさん、こんにちは。お久しぶりです。

      どちらの記事に書けば良いか悩みましたがミカサに関連する事と思いこちらに書きます。

      原作ではミカサママからミカサの右手首に代々受け継ぐ印を刺青?で伝えています。アニメでは刺繍になっていて模様がアニメ後期EDの壁に書かれた模様に似ているように思います。

      この模様、最初見た時は銃の照準に似ていると思ったのですが、これ、時輪曼荼羅に似ていると思います。
      時輪曼荼羅(カーラチャクラ)とはカーラ(時間)、チャクラ(輪)という意味で時間の輪を意味し私たちの時空を象徴しているマンダラです。時輪曼荼羅の基となる『時輪タントラ』は11世紀に成立した経典でチベット密教の最奥義です。
      伝説ではチベットの奥深くに存在するとされる理想郷シャンバラ王が受けた教えとされ、シャンバラはすべての苦から解放された聖地とされています。

      時間の輪・・・これが座標や太陽が西からのぼる事と関係があるように思うのですが・・・どうでしょうか。アニメのミカサの家にあった銅鏡の後ろの模様の描かれた赤と緑の丸いものも種子曼荼羅に似ているように見えるのですが・・・。

      • 管理人アース より:

        東の海さん

        コメントありがとうございます!

        ミカサの右手首の刺青は、東洋の一族の伏線ですよね!
        普通に考えれば、東洋の一族が残した「失われた世界の歴史」に関する事だと思います。
        しかし、当人がミカサですから!
        ループとも関係あるのかなと思ってしまいますよね!

        >時間の輪を意味し私たちの時空を象徴しているマンダラです。
        何だかループとも関係しそうな曼荼羅ですね(・_・;)
        ミカサの刺青、東洋の一族の伏線回収は、今回のウォール・マリア奪還作戦編が終わったら来るかなと思ってます!
        楽しみですよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. ねこねこ より:

      毎日の更新、お返事御苦労様です。

      ここに書いていいのかわかりませんが、、

      アッカーマン家はマーレ人でスパイというか、壁内のお目付け役に送りこまれた、のではないでしょうか?ならば、最初は重鎮、のちに迫害を受けるのは納得できます。

      そして、記憶改竄はマーレ人、東洋の一族は勿論、ユミルの民以外には効かないのではと考えましたので、書かせていただきました(>_<)

      • 管理人アース より:

        ねこねこさん!

        コメントありがとうございます!

        >最初は重鎮、のちに迫害を受ける逃れる納得できます。
        う~ん、だとしたらマーレに帰れば良いのではと思ってしまいますね。
        それでも壁内に留まっている理由は、やはり壁外には出られないからではないかなと。

        >ユミルの民以外には効かないのではと考えましたので
        そうですね。
        ユミルの民=エルディア人以外には効かないのかなと思います。
        つまり、アッカーマン家、東洋の一族はもちろん、マーレ人にも効かないのではと思います。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    5. いかあくま より:

      考えてみたら、「東洋」という単語がそもそも「東側の海洋」、すなわち海の存在を示しているはずなんですが、これは記憶を操作されてしまっているが故の理解なのでしょうかね?

    6. いち訓練兵 より:

      いつも楽しく読ませていただいております。
      87話で、東の国が出てきたことを受けて、東洋の一族について妄想したいと思います。
      まず、エルディア復権派が東の国に支援と亡命を求めようとしていたと言うことは、前のエルディア帝国のときは、東の国とは、友好関係があったのではないでしょうか。でなければ、なかなか支援を要求しようという考えにはならないと思います。
      パラディ島にいた、東洋の一族を考えますと、ミカサの一族に代々伝わる刺青から、それなりの地位があった一族ではないかと思われます。レイス王から迫害を受けたことも、記憶の改竄が出来ないからだけではないと思います。なぜ東洋の一族が、パラディ島にいたかをエルディア帝国と東の国とが友好な関係だったことを前提に考えますと、決して亡命や国を追われてではなく、実は交易ではないでしょうか?交易の拠点がパラディ島にあったのかなと思います。その一番の理由は、シガンシナ決戦でジーク、ライベルがコーヒーらしきものを飲み、アルミンが、いい香り、紅茶ではない、との行でパラディでは紅茶が飲まれていると分かったからです。お茶はアジアが原産なので交易がなければ入手できないはずです。コーヒーはアフリカが原産なのであってもおかしくはありません。
      以上、壮大な妄想でした。
      長文、失礼いたしました

      • 管理人アース より:

        いち訓練兵さん!

        コメントありがとうございます!

        紅茶からの、東の国とパラディ島の関係の考察ありがとうございます!
        あり得そうですね!
        これから、東の国が登場するのなら、この辺りの考察が楽しみですよね!

        またよろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ