エレンの母親カルラ・イェガーを考察!父親グリシャとの過去は? 

主人公エレン・イエーガーの母親であるカルラ・イエーガーは第2話「その日」にて巨人に食べられ死んでしまいました。

息子エレンの目の前でカルラが巨人に食べられるシーンはグロテスクでショックを受けた読者も多いのではないでしょうか?

このようにエレンの母親カルラは第2話で死んでしまったためその後登場するのはエレンの回想シーンのみとなっています。

しかし第63話にてエレンの父親グリシャが巨人化できる事やエレンにした注射が巨人化のためであったことなどが明らかになったため、
エレンの母親でありグリシャの妻であるカルラにも注目が集まってきました。

ここでカルラ・イエーガーについて考察してみましょう。

Sponsored Link


◆カルラ・レイスの可能性はあるか?

1c4cc6d9
「進撃の巨人」第53話「狼煙」より


第50話冒頭にてエレンの回想で出て来たカルラと第53話にてエレンの記憶から出て来たフリーダの顔はそっくりでした。
エレンはフリーダの顔を思い出し「ヒストリア?」と思っていますがそれよりもカルラとの方がよく似ているのではないでしょうか?

カルラとフリーダの顔が酷似していることから一部では「カルラ・レイス」の可能性を疑っているサイトもあります。
ただこれは単に画力の問題なのではないか?という説が有力です。

◆カルラのセリフがサシャと同じ方言をしている。サシャと同郷の可能性はあるか?

8a6890227b62f02101beb7937d610923_400
「進撃の巨人」第36話「ただいま」より


第50話冒頭でカルラがエレンに「あんたまたケンカしてきてから…!!」と怒っている場面があります。

この方言はサシャ・ブラウスの方言と良く似ていると思われ、第36話での名言「走らんかい!!」と同じ地方の方言です。

これはサシャの故郷とカルラの故郷が近いことを示しているのでしょうか?

Sponsored Link


もしサシャとカルラの故郷が同じだとしたらそれはどのような伏線なのでしょうか?

この可能性は今後の展開を見て行く必要があります。

このようにいろいろとカルラに関する考察がありますが、まだまだこれからの展開次第というところでしょうか。

ただひとつ言えることは「カルラはどこまで知っていたのか?」という事です。
夫であるグリシャは物語の謎の中心にかなり迫っていたことは確かです。
そしてグリシャがエレンに話していた「地下室の秘密」もカルラは知らなかったのでしょうか?

これからもしかしたらカルラ・イエーガーに関する事実でサプライズな展開があるかもしれませんね。

【進撃の巨人ネタバレ71話確定と画バレから伏線を考察!】
【【進撃の巨人】地下室には何がある?グリシャの謎を検証!】


Sponsored Link


■進撃の巨人のネタバレ全記事! →進撃の巨人ネタバレ全記事!

■88話の記事はこちら!
→進撃の巨人88話記事を見る!

■87話の記事はこちら!→進撃の巨人87話記事を見る!

■進撃の巨人のアニメ見放題!
→進撃の巨人のアニメ見放題の方法をチェックする!


2 Responses to “エレンの母親カルラ・イェガーを考察!父親グリシャとの過去は? ”

  1. まるとら より:

    フリーダ、ヒストリア、エレン、カルラ目が似ていますよね!

    • 管理人アース より:

      まるとらさん!

      コメントありがとうございます!

      これは「カルラ・レイス説」のコメントですね。
      つまりエレンの母カルラがレイス家出身であり、フリーダ、ヒストリアとは従兄弟?のような関係になるという事ですね。

      しかし71話でカルラは居酒屋の店員でした。
      レイス家の血を引く者が居酒屋の店員をするでしょうか?
      そしてグリシャとレイス家の末裔が偶然結婚するというのも出来過ぎという気がします。

      ただ、この2点をクリアーすればカルラ・レイス説もありえますよね!
      となれば、レイス家の血筋のみが使えるエレンが持っている「座標」「世界の記憶」も発動できる事になります!


      今後の展開が楽しみになりますね!

      良ければまたサイトを覗いてください!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ