エレンの母親カルラ・イェガーを考察!父親グリシャとの過去は? 

主人公エレン・イエーガーの母親であるカルラ・イエーガーは第2話「その日」にて巨人に食べられ死んでしまいました。

息子エレンの目の前でカルラが巨人に食べられるシーンはグロテスクでショックを受けた読者も多いのではないでしょうか?

このようにエレンの母親カルラは第2話で死んでしまったためその後登場するのはエレンの回想シーンのみとなっています。

しかし第63話にてエレンの父親グリシャが巨人化できる事やエレンにした注射が巨人化のためであったことなどが明らかになったため、
エレンの母親でありグリシャの妻であるカルラにも注目が集まってきました。

ここでカルラ・イエーガーについて考察してみましょう。

Sponsored Link


◆カルラ・レイスの可能性はあるか?

1c4cc6d9
「進撃の巨人」第53話「狼煙」より


第50話冒頭にてエレンの回想で出て来たカルラと第53話にてエレンの記憶から出て来たフリーダの顔はそっくりでした。
エレンはフリーダの顔を思い出し「ヒストリア?」と思っていますがそれよりもカルラとの方がよく似ているのではないでしょうか?

カルラとフリーダの顔が酷似していることから一部では「カルラ・レイス」の可能性を疑っているサイトもあります。
ただこれは単に画力の問題なのではないか?という説が有力です。

◆カルラのセリフがサシャと同じ方言をしている。サシャと同郷の可能性はあるか?

8a6890227b62f02101beb7937d610923_400
「進撃の巨人」第36話「ただいま」より


第50話冒頭でカルラがエレンに「あんたまたケンカしてきてから…!!」と怒っている場面があります。

この方言はサシャ・ブラウスの方言と良く似ていると思われ、第36話での名言「走らんかい!!」と同じ地方の方言です。

これはサシャの故郷とカルラの故郷が近いことを示しているのでしょうか?

Sponsored Link


もしサシャとカルラの故郷が同じだとしたらそれはどのような伏線なのでしょうか?

この可能性は今後の展開を見て行く必要があります。

このようにいろいろとカルラに関する考察がありますが、まだまだこれからの展開次第というところでしょうか。

ただひとつ言えることは「カルラはどこまで知っていたのか?」という事です。
夫であるグリシャは物語の謎の中心にかなり迫っていたことは確かです。
そしてグリシャがエレンに話していた「地下室の秘密」もカルラは知らなかったのでしょうか?

これからもしかしたらカルラ・イエーガーに関する事実でサプライズな展開があるかもしれませんね。

【進撃の巨人ネタバレ71話確定と画バレから伏線を考察!】
【【進撃の巨人】地下室には何がある?グリシャの謎を検証!】


Sponsored Link

3 Responses to “エレンの母親カルラ・イェガーを考察!父親グリシャとの過去は? ”

  1. まるとら より:

    フリーダ、ヒストリア、エレン、カルラ目が似ていますよね!

    • 管理人アース より:

      まるとらさん!

      コメントありがとうございます!

      これは「カルラ・レイス説」のコメントですね。
      つまりエレンの母カルラがレイス家出身であり、フリーダ、ヒストリアとは従兄弟?のような関係になるという事ですね。

      しかし71話でカルラは居酒屋の店員でした。
      レイス家の血を引く者が居酒屋の店員をするでしょうか?
      そしてグリシャとレイス家の末裔が偶然結婚するというのも出来過ぎという気がします。

      ただ、この2点をクリアーすればカルラ・レイス説もありえますよね!
      となれば、レイス家の血筋のみが使えるエレンが持っている「座標」「世界の記憶」も発動できる事になります!


      今後の展開が楽しみになりますね!

      良ければまたサイトを覗いてください!


      管理人アース

  2. さすらいの河豚 より:

    サシャの方言は作者さんの出身、大分県日田市の方言だそうですね。
    私はカルラは方言話者ではないのでは、と考えています。
    でも50話からのカルラは、特徴ある喋り方をしているなと思います。
    RPGに出てくる旅籠の女将のような…肝っ玉母さんのような…的確な例えが見つかりませんが、ちょっと蓮っ葉な喋り方だと。
    まとめて書こうとすると長くなってしまいますが、お付き合い頂けると幸いです。

    ※引用
    50話 カルラの発言
    「あんたまたケンカしてきてから…!」「それで?またミカサに助けてもらったんだろ?」

    36話 サシャとサシャ父の発言
    「また勝手に食料を漁ってから!」「こら!食うな!食うのをやめんか!」
    「私たちはご先祖様に生き方を教えてもらって生きてきたんやから!!」「私達にゃ私達の生き方があるんやから」
    「そうか…それもいいやろ」

    71話 カルラの発言
    「ちょっとキースさん?」「また調査兵団の勧誘かい?」「お客さんも人の口車に乗せられてちゃダメだよ?」「あらそーですか」
    ※引用終わり

    50話「ケンカしてきてから」の「~してから」という表現は、西日本に見られる方言です。36話「食料を漁ってから!」と同じです。
    この場面のエレンやサシャのように、子どもが親の言うことをなかなか聞かない場合に、非難をこめてよく使われます。
    私も関西出身なので、耳に慣れた言い回しです。
    でも「ケンカしてきてから」はたまたま、作者さんも方言だと気付かず書いてしまわれたのでは?と思います。

    カルラが方言を喋ったのはこの一言だけです。
    カルラが方言話者だとしたら、逆にその一言以外で方言を使わないのが不自然だと思います。
    カルラが一番多く喋っているのが1話で、その際は標準語です。
    もともと方言話者だったとしたら、死の瀬戸際で感情が昂ぶっているとき、一切方言が出ないものでしょうか?

    サシャは普段標準語ですが、36話で逃げ遅れた少女に対し「走らんかい!」と方言で叱咤しました。
    「走らんかい!」の「かい」は「~せんかい(しなさい、しろ)」の意味で、「走りなさい、走れ」という意味です。
    サシャの切羽詰まった気持ちが率直かつ切実に現れ、少女に響いたでしょう。

    対して、71話の「勧誘かい?」の「かい」は、単純に疑問だと思います。
    もし、「勧誘かい?」の?マークがなく「勧誘かい」だとしたら、この「かい」は「~かいな(なのか)」の方言を省略した形だと思えたかもしれません。この場合イントネーションは疑問(↗)と反対になり↘が自然です。

    1話の時点では、カルラが方言話者という設定がなく、50話までにその設定が追加されたのだとしましょう。
    そうすると50話「もらったんだろ?」が違う言い方になるはずです。
    36話のサシャとサシャ父の発言を見ると、「だから、だろう」が方言で「やから、やろ」になっているのがわかります。
    「もらったんだろ?」は「もらったんやろ?」になるのでは。

    最後に、カルラの喋り方が旅籠の女将的(適当な言葉が見当たらないのでとりあえず)だと感じるのは、50話「助けてもらったんだろ?」と71話「勧誘かい?」「あらそーですか」が理由です。
    1話のカルラの喋り方だとしたら、「助けてもらったんでしょ」「勧誘してるの?」「あらそうですか」になりそうです。
    「~だろ」「かい?(疑問)」という表現は、主に男性が使う男言葉です。
    中にはユミルや「悔いなき選択」のイザベラのように男言葉を使う女性もいますが、二人なら「勧誘か?」「そうかよ」になりそうです。
    ハンジならカルラと同じ言い方をするかもしれませんが…上官だったキースに敬語以外で話すことはないでしょうね。
    「勧誘かい?」はキースに向けられた言葉です。
    カルラよりおそらく年上であり、勤め先の客であり、次期団長と認められているような社会的地位のある男性に対して、ずいぶん上から目線な言い方ではないですか?
    続く「あらそーですか」も表情とあいまって、いかにもうさんくさく思っている、小馬鹿にしたかのような言い方です。
    ぞんざいな物言いというか…感情が昂ぶると、男っぽい喋り方になる特徴というのでしょうか。

    1話のカルラの喋り方は、ダイナとほとんど同じだと思います。
    二人の違いをよりはっきりさせるために、作者さんは途中からカルラの喋り方を変えたのでしょうか。

    それでは長文失礼しました。

コメントを残す

このページの先頭へ