アニが泣いていた理由を検証!正体が女型の巨人なのはなぜ?

第30話にて、女型の巨人によって奪われたエレンは、リヴァイ兵士長とミカサの手によって連れ戻されました。

これはリヴァイ兵士長の戦闘力の高さを物語る名シーンとなっていますが、エレンを奪い返した際に女型の巨人が泣いている場面が確認できます。

なぜ女型の巨人、つまりアニは泣いていたのでしょうか?

アニが泣いていた理由を考察してみましょう。

Sponsored Link

◆第30話「敗者達」でアニが泣いていた理由

26a3c503-s

ネットで「アニが泣いていた理由」を検索して、出て来た意見を挙げてみましょう。

「あれだけ仲間殺しまくってまで決行した作戦だったのに、 エレンは奪われてしまい、奪還に行けるだけの体力も残っておらず 結局失敗に終わってしまった無念さによるものだろ。」
「何人も殺したのに徒労に終わってしまったから」
「そりゃ命かけて仲間を守ろうとする人間の絆に心動いちゃったんだな」
「正体がバレる危険を犯してもエレンを連れ去れなかったから」

他にもいろいろな意見が出されていますが、代表的な意見はこんなところでしょうか?

いろいろな意見が出ているという事は、決定的な理由が分かっていないからです。

どれも当たっているかもしれないですし、違うかもしれません。

正解は分かりませんが、女型の巨人アニの性格を見て正解に近付いてみましょう。

Sponsored Link


◆「ごめんなさい…」謝っているアニ

42126354
「進撃の巨人」第18話「今、何をすべきか」より


第18話「今、何をすべきか」にて、トロスト区の壁の破壊によって死んだ兵士たちの死体を見て「ごめんなさい…」と謝っているアニの姿が見られます。

壁の破壊に伴い、巨人を連れてきたのが女型の巨人アニだと言われているので、兵士が死んだことに罪悪感を抱くのは分からないでもないでしょう。

しかし、アニは壁を破壊し、人類を滅ぼす「戦士」のはずです。

謝っている時点で、「戦士」としては失格でしょう。

アニも同じ戦士でありながら、「戦士」と「兵士」の間で揺れ動いているライナーと同じように、揺れているのだということが窺えます。

前にも書きましたが、アニは戦士としては「優しすぎる」のでしょう。

ここから「女型の巨人アニが泣いていた理由」を考察してみましょう。

アニは泣く前に、エレンを奪うために多くの調査兵を殺しています。

直接自分の手で殺し、トロスト区の破壊の時と同じように引き連れてきた多くの巨人によっても、たくさんの兵が殺されています。

そこまでして奪ったエレンが、奪い返されてしまった。

おそらくこの涙は「罪悪感」と「無念」から出たものでしょう。

そして前に書いたとおり、アニの「戦士」をしている動機は「父親のため」ですから、それが達成できなかった「悲しみ」の為の涙なのではないでしょうか?

このあたりが「アニが泣いていた理由」だと思われます。

この涙は、アニの優しさの証明のようにも見えますね。

関連記事:【進撃の巨人LOSTGIRLSネタバレ1話(アニ外伝)の考察まとめ!】
関連記事:【進撃の巨人のアニが女型の巨人を示す伏線まとめ!】
関連記事:【アニが死亡の真相!】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ