進撃!巨人中学校からアニのネタバレ考察!

10月からアニメ放送が決定しているスピンオフ「進撃!巨人中学校」にはアニが登場します!

「進撃!巨人中学校」のアニから本編「進撃の巨人」のアニを考察してみたいと思います。

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆本編「進撃の巨人」と「進撃!巨人中学校」のアニは違う!?

singekityuugakkou

「進撃!巨人中学校」のキャラ設定は本編「進撃の巨人」とほとんどが同じになっています。

その中で本編とちょっと違うなと思わせられたのがエルヴィンとアニです。
2015-08-21_193129

エルヴィンについては 【進撃!巨人中学校からエルヴィンのネタバレ考察!】で考察しているので良かったら見てください。

アニの本編との違いは「エレンが好き」という設定です。

まず、「進撃!巨人中学校」のアニについて紹介しましょう!


◆「進撃!巨人中学校」のアニとは?

2015-08-26_185625
「進撃!巨人中学校」10時間目「勝てば正義」より


「巨人中学校」に登場するアニは主人公エレンを恨んでします。

エレンは第1話の入学式の時に5年前、校長先生である超大型巨人に「大切なチーズハンバーグが入った弁当を食べられた!」と全校生徒がいる中で告白し、その後「チーハン(チーズハンバーグ)野郎」と恥ずかしいニックネームで呼ばれることになります。
2015-08-26_185650
「進撃!巨人中学校」1時間目「アレがアレしたアレ」より


エレンのこの「チーハン発言」によりアニは「自分が一番大好きな食べ物はチーズハンバーグ」と言えなくなります。

クラスでの自己紹介時の時には「もずくが一番好き」、生徒会初顔合わせでは「食塩が好き」と嘘をつかなくてはならなくなりアニは苦しみます(笑)

そのためアニはエレンを非常に恨むことになりますが、そのことをエレンに言うと素直に謝られ、その後逆にエレンに対し好意を抱くことになります。
2015-08-26_185545
「進撃!巨人中学校」10時間目「勝てば正義」より


恨んでいる間もエレンの事を意識していたわけで、「悪いやつじゃない」と分かると逆に好きになっちゃったというパターンですね(笑)

それからアニはエレンが好きになり、ミカサと度々ぶつかることになります。
2015-08-26_185351
「進撃!巨人中学校」10時間目「勝てば正義」より



◆本編「進撃の巨人」のアニはエレンが好きなのか!?

0502_03
「進撃の巨人」第17話「武力幻想」より


「進撃!巨人中学校」のキャラ設定は本編と同じになっています。

ということは「進撃の巨人」のアニもエレンが好きという設定なのでしょうか?

アニがエレンを好きと思わせられる場面を取り上げ検証してみましょう!

第17話「武力幻想」でエレンはジャンとぶつかり、アニから盗んだ格闘術でジャンをひっくり返します。

その悔しさからジャンは本気で格闘術を身に付けようと授業をマジメに受けるようになりました。

この事からアニはエレンを見直し自分から「そんなにこの技が気に入ったんなら教えてやってもいいけど?」とエレンに心を開きます。
2015-08-27_072534
「進撃の巨人」第17話「武力幻想」より


空気が読めないエレンは「やだよ」とアニの誘いを断りますが(笑)間違いなくアニはこの時エレンを認めています。

第59話「外道の魂」ではマルロのセリフから「そのバカって…アニが言ってた奴と同じか?」とアニが憲兵団の同僚にエレンのことを話していることが伺え、どのように話していたのかは第31話「微笑み」にて分かります。
2015-08-27_072004
「進撃の巨人」第59話「外道の魂」より


第31話でアニはマルロについて「あんたは正しい人だと思う、正しいことを言うから」「大きな流れに逆らうって…とても勇気がいることだから、尊敬するよ。ただ単にバカかもしれないけど…」と評しています。
2015-08-27_071858
「進撃の巨人」第31話「微笑み」より


これは途中までマルロのことを言っていますが、間違いなくエレンのことですね。

ここで分かるのは、アニはエレンのことを「尊敬」していたということです。

他では、エレンとアニの二人について貴重な会話が第44話「打・投・極」にて登場します。

場面は対人格闘術訓練で二人が組んで訓練をしています。

アニがエレンを投げ極めているシーンで、エレンが降参しますが、アニは離しません。

そこでアニは極めたまま「降参なんかしないで学習しなよ、力の使い方と女の子との話し方を」とエレンに言います。
2015-08-27_072944
「進撃の巨人」第44話「打・投・極」より


「女の子との話し方を学習しろ」とは「私との話し方を考えろ」という意味でしょう。

ここで、アニがエレンの自分との話し方に不満を持っていることが分かります。

深読みすると「自分の気持ちをもっと察しろ」とも取れますね(笑)

最後に第31話「微笑み」にてアニがエレンのことをどう思っていたのかが伺える場面がまだあります。

アニが地下に来なくエレンが「暗くて狭い所が怖いとか言うなよ?」と言った後にアニは「…そうさ、怖いんだ…あんたみたいな勇敢な死に急ぎ野郎には…きっとか弱い乙女の気持ちなんて分からないだろうさ」と答えます。
2015-08-27_071828
「進撃の巨人」第31話「微笑み」より


これはアニの本音でしょう。

エレンのことを「勇敢」と称しています。

そしてマルロに言っているように「尊敬」もしているのでしょう。

これらの検証からアニはエレンを勇敢だと思っており、尊敬していることが分かりました。

それ以外でもアニはエレンに度々「か弱い乙女」とアピールします。

今の31話の発言でもそうですし、第44話でも「あんたも男ならさ…私の…このか弱い体をもっと労るべきじゃないの?」と言っています。
2015-08-27_071804
「進撃の巨人」第44話「打・投・極」より


ここだけ切り取るとむっちゃ意味深な発言に見えますね(笑)

ただ、アニはエレンに「自分はか弱い女なんだ」と認識して欲しかったのでしょう。

それはエレンが鈍感でアニが強すぎることから、難しいことだったのでしょうが…


◆結局アニはエレンが好きだったのか!?

2015-08-26_185416
「進撃!巨人中学校」13時間目「カップリング」より


では結局アニはエレンをどう思っていたのでしょうか?

「勇敢」で「尊敬」していたのは間違いないですし、もっと自分を「か弱い女」と認識して欲しがっていたのも間違いないと思われます。

ただ、これが「好き」という感情なのかは微妙でしょう(・_・;)

アニの目的は「父親の所に帰る」だと思われます。
2015-08-27_071731
「進撃の巨人」第33話「壁」より


しかし大きな流れに逆らえず、エレンを攫うか人類を滅ぼすかをしないと帰れない状況なのでしょう。

この辺りはライナー、ベルトルトと同じだと思われます。

しかし、エレンは自分が逆らえなかった大きな流れに逆らい、正しいことを言い、行動しているのを目の当たりにし「尊敬」して「勇敢」だと思っているのです。

では、これが恋愛感情かという微妙ですね(ー_ー;)

単純に感心し、尊敬しているだけであって、本当に恋愛感情があったら極めながら「話し方を学習しろ」とは言えないでしょう「第44話」(笑)

尚且つエレンは捕獲対象であり、そのような感情を持てなかったとも思えますし、持ってはいけないとアニ自身が思っていた可能性もありますね。

ただ、今後アニが再登場したら、エレンへの気持ちに進展があるかもしれません!

そうなるとミカサ、ベルトルトの気持ちも荒れるでしょうね(笑)

「進撃!巨人中学校」ではそのような話も登場しますが、本編で起きたら…(・_・;)

その中でアニのエレンに対する気持ちがどう進展していくのかも注目したいですね!

【進撃!巨人中学校アニメの放送日程や時間はいつ?ネタバレ内容も】
【進撃!巨人中学校からエルヴィンのネタバレ考察!】
【進撃!巨人中学校にリヴァイの役割は?】
【進撃!巨人中学校ハンジの役割は?】


Sponsored Link

2 Responses to “進撃!巨人中学校からアニのネタバレ考察!”

  1. 秀丸 より:

    毎日読んでいます。
    数ある考察サイトで、ここが一番です。
    で、ここしか読んでません。

    ちゃんと隅々まで読んで考察してるんだなって分かるから、読んでいて納得できるんですよね。

    これからも、色々教えてもらいます。
    ありがとう。

    ※ このサイトを作って、運営していくのは大変だと思うので個人なの?学生or社会人?とか、違う謎も気になる私です。笑

    • 管理人アース より:

      秀丸さん!

      コメントありがとうございます!

      毎日読んでいただいているみたいで、ものすごく嬉しいです!
      非常に励みになります!ありがとうございます!

      >これからも、色々教えてもらいます。
      いえいえ、私も一読者なので…ただ「進撃の巨人」が大好きなだけです!

      >違う謎も気になる私です。笑
      このあたりも未回収の伏線のような扱いで…(笑)

      良かったらまたコメントください!
      これからもよろしくお願いします!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ