進撃の巨人ネタバレ49話の考察!「突撃」の伏線ポイントまとめ!

50話で大盛り上がりのまま終わるエレン争奪戦編ですが、49話も大盛り上がりの展開となっています!

その中では、どのような伏線が仕掛けられているのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆第49話「突撃」の見どころ!

2015-09-24_193356
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


巨人を引き連れたまま鎧の巨人に向かい突っ込んだ調査兵団は、ぶつかる直前に散開し、鎧の巨人に巨人たちをぶつけます!

巨人たちは鎧の巨人とユミル巨人を襲い、巨人が巨人を襲う様子はまさに地獄絵図となりました!

しかし、巨人をぶつけたエルヴィン団長の真の意図は、巨人をぶつけられ余裕が無くなった鎧の巨人の隙を付いて、エレンを奪還するためでした!
2015-09-24_193302
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


つまり、群がっている巨人をかい潜りエレンを奪うという事であり、それは巨人の群れに突っ込む調査兵団員にとっても自殺行為となる作戦です!

しかし「エレンを奪い返し即帰還するぞ!!」「心臓を捧げよ!!」と言うエルヴィン団長の言葉を機に皆、鎧の巨人のエレンを目指し突っ込みます!!
2015-09-24_193110
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


人類の為に決死の思いで巨人の群れに突っ込む団員たちのシーンは、気持ちを熱くさせます!

鎧の巨人は群がる巨人を引き剥がす為、手で囲われていたエレンがむき出しになり、隙が出来ます。
2015-09-24_192947
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


それを見たエルヴィン団長が「進め!」と振り上げた大きな腕に巨人が食い付き、そのまま体ごと持ってかれます!

巨人に食いつかれたエルヴィン団長を見て団員たちに動揺が走りますがエルヴィン団長は腕を巨人に齧られたまま「進め!!」「エレンはすぐそこだ!!進め!!」と団員に指示を出します!
2015-09-24_192756
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


このシーンは「進撃の巨人」の全作中で最も熱いシーンのひとつとなっています!!

巨人の群れの中に突っ込んだ団員たちは犠牲を出しながらもエレン奪還に向かいます!

ミカサも負傷しますが、アルミンの機転によりベルトルトに隙を作り、そこに腕を食いちぎられたエルヴィン団長が攻め、エレンを奪還します!
2015-09-24_192638
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


一斉に団員たちは撤退しますが、そうはさせないと鎧の巨人が巨人を投げつけ撤退を阻止します!

そのためエレンを背負って撤退しようとしていたミカサが倒れ、負傷も手伝って身動きできなくなります!
2015-09-24_192112
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


倒れているミカサとエレンにエレンの母カルラを補食したカルラ・イーターが近づいて来て終わります。
2015-09-24_192042
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


◆第49話の伏線と「伏線らしき」ポイントまとめ!

49話の伏線ポイントはこのようになっています!

  • ミカサを助けるジャン
  • アルミンのゲスミン発言
  • ベルトルトの「悪魔の末裔が!!」発言

  • それではそれぞれ見て行きましょう!

    Sponsored Link


    ◆ポイントから見る伏線考察!

    2015-09-24_192712
    「進撃の巨人」第49話「突撃」より


    エルヴィン団長の「エレンはすぐそこだ!!進め!!」という言葉で団員たちは巨人の群れに突っ込みます。

    ミカサはいち早く突っ込みエレンを拘束し、おぶっているベルトルトを襲いますが躱され、逆に巨人に捕まってしまいます。

    そこをジャンが「放しやがれ!!」と巨人の目を攻撃し、ミカサを助けます!
    2015-09-24_192541
    「進撃の巨人」第49話「突撃」より


    この時のジャンにはただ仲間を助けるという気持ち以外にも大好きなミカサを助けたい!という気持ちを感じますね(笑)

    普通の女性ならば、このような絶体絶命のピンチを助けてもらえたならば少しはグラっと助けてくれた男性に傾くのではと思いますが、ミカサには何も無いです(―_―;)

    今回のように体を張って助けるわけですから、ジャンは本当に純粋にミカサのことが好きなのでしょうが、報われないですね…(泣)

    このミカサを助けるジャンにはミカサが好きという報われない気持ちの伏線が張られています(笑)

    その後、アルミンがベルトルトの元まで辿り着き、どのようにすればエレンを奪還できるかを考えます。
    2015-09-24_192505
    「進撃の巨人」第49話「突撃」より


    その答えが「アニが拷問をユトピア区で拷問を受けている」という嘘を付き、ベルトルトの冷静さを奪うという作戦でした。
    2015-09-24_192429
    「進撃の巨人」第49話「突撃」より


    アルミンのメジャーなニックネームにゲスミンというのがありますが、このシーンにて生まれました。

    元々描いたこの時のアルミンの顔があまりにもゲスくて作者がつけたニックネームとなっています(笑)

    アルミンの「何を捨て去れば変えられる!?」という問題の答えは「人間性」だったのでしょう!

    このシーンにはゲスミンというニックネームが生まれたきっかけだけではなく、もちろん伏線があります。

    この「何を捨て去れば変えられる!?」と言い、人間性を捨てたアルミンの行動は第27話でアルミンが言った「何かを変えられることのできる人間がいるとすれば」「人間性を捨て去ることができる人のことだ」という言葉から来ており、ある意味27話のアルミンの言葉が伏線となっており、今回で回収されていますね。
    2015-06-02_083750
    「進撃の巨人」第27話「エルヴィン・スミス」より


    そしてこの「アニがユトピア地区でアニが拷問を受けている」というアルミンの嘘が、第70話で獣の巨人の正体が言った「アニちゃん助けるのは後な」という言葉から、未だ彼らが信じていることが窺えます。

    今後の故郷組の行動に今回のゲスミン発言が影響されるシーンがあるかもしれません!

    そうなった時が、このアルミンの嘘の伏線回収と言えるでしょう!

    このアルミンの嘘に激昂したベルトルトは「悪魔の末裔が!!」と叫びます。
    2015-09-24_192352
    「進撃の巨人」第49話「突撃」より


    この「悪魔の末裔」とは壁内人類を指していることは分かりますが、その詳細は現在でも不明となっております。

    【進撃の巨人ネタバレ70話考察!獣の巨人とライナー達の関係は?】【進撃の巨人の初代王が人類の存続を望まない理由は?】で考察していますので、見てみてください!

    今回もいろいろな伏線と伏線回収がありました!

    物語はエレン争奪戦編の終盤となっており、大盛り上がりに盛り上がっています!

    物語を楽しみながら、考察も楽しみましょう!

    【進撃の巨人用語集まとめ】
    【進撃の巨人ネタバレ50話の考察!「叫び」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人ネタバレ48話の考察!「誰か」の伏線ポイントまとめ!】
    【進撃の巨人の現時点までの未回収となってる伏線まとめ!】


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    6 Responses to “進撃の巨人ネタバレ49話の考察!「突撃」の伏線ポイントまとめ!”

    1. Flügel der Freiheit より:

      アースさんの自己紹介が進化しているのに驚いているFlügel der Freiheitでございます。

      もちろんリヴァイ兵士長にとってもそうなのですが、「自由の翼」は、調査兵団の兵士たちの心の拠り所です。4年で9割以上の兵士が死亡したとエルヴィン団長が言うほどの極限状態においても、調査兵団の兵士を勇気づける「自由の翼」に敬意を表し、このハンドルネームにしました。

      さて、第49話については、さすが調査兵団としか言いようがないですね。特にエルヴィンの活躍が素晴らしいです。右腕を失っているのにベルトルトを攻めていることから察するに、右腕を失っても普通の兵士よりも強いのではないかと思ってしまいます(笑)もちろん、エルヴィンは体力を酷使しているでしょうから、常にあの状態は保てないでしょうが…。右腕があれば、極めて戦闘能力の高い兵士であることは疑いようがありません。

      調査兵団と憲兵団のギャップにも笑ってしまいました。憲兵団にとっては、調査兵団の異常に高いテンションは信じられないでしょうね。

      さて、作者ブログで、もともとのゲスミンを確認しました。個人的には、もともとのゲスミンのほうが気に入ります(笑)

      ただ、あんまりゲスミンの表情をすると、ベルトルトが嘘を悟ってしまう可能性があります。賢いアルミンであれば、表情はゲスミン度を抑制するのではないかと思います。外見は今のゲスミン、内心はもともとのゲスミンということだと思われますね。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントどうもです!

        トップの自己紹介を変えたのは、Flügel der FreiheitさんにHNの意味をお答えしてから変えました!
        さらに明日10月3日に公開する記事はこのサイトの「第1回壁外調査」となっています!
        Flügel der Freiheitさんの考察も取り入れさせてもらっており、壁外調査メンバーとなっていますので
        よろしくお願いします!(笑)

        >個人的には、もともとのゲスミンのほうが気に入ります(笑)
        あの表情悪く無いですよね(笑)
        ある意味アルミンが行き着いた「人間性を捨てる」という答えの表情ということで
        素晴らしい「覚悟の表情」とも言えるでしょう!

        >外見は今のゲスミン、内心はもともとのゲスミンということだと思われますね。
        そう考えれば表情を抑えたアルミンは「究極のゲスミン」という事になりますね!
        アルミンは恐ろしい男に育ちましたね!(笑)

        現在最新話ではアルミンの死亡フラグが多々立っていますが
        今後のゲスミンには注目ですね!

        またコメントよろしくです!


        管理人アース

    2. Flügel der Freiheit より:

      返信ありがとうございます。

      念のため、「ベルトルトが嘘を悟ってしまう可能性」というのは、「ベルトルトが、ゲスミンの表情から判断して、アルミンの言っていることが嘘だと気づいてしまう可能性」のことです。

      さて、第1回壁外調査ですか…。泣きそうです…!エルヴィン団長は、最初の壁外遠征で死亡する確率は5割だって言っていましたよ!もう駐屯兵団に逃げることはできないようですし、どうしましょう…!

      それは冗談ですが(笑)さて、ベルトルトの言う「悪魔の末裔」についてですが、私はアースさんの考察(ベルトルトたちは、過去に追放された壁内人類であるという考察)に非常に説得力を感じていて、おそらく正しいのではないかと思っています。

      ただ、そうなると、ベルトルトと超大型巨人の関係が気になりますね。本当にベルトルトは、壁の中の巨人の子孫なのでしょうか?ウォール教の信者が壁を真似ているシーンがありますが、もしもウォール教の信者が特に血縁関係にないなら、ベルトルトの超大型巨人と壁の中の巨人とは直接関係ないということになるのでしょうか?

      このことに関して、何かお考えがあれば、また教えてください!

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >もう駐屯兵団に逃げることはできないようですし、どうしましょう…!
        人類の前進に心臓を捧げた身としては致し方ないでしょう!
        心臓を捧げよ!(笑)

        >(ベルトルトたちは、過去に追放された壁内人類であるという考察)に非常に説得力を感じていて、おそらく正しいのではないかと思っています。
        ありがとうございます!
        もしこの考察が正しいと証明される時が来るとしたらその時はBefore the fallとリンクする時です!
        これを考えるとドキドキしますね!(笑)
        スピンオフ作品と部分的にしろリンクしたとしたら事件です!!(笑)

        >本当にベルトルトは、壁の中の巨人の子孫なのでしょうか?
        巨人化後の付加能力は後から身に付けられることがエレンの硬質化能力で証明されています。
        ただ、その容姿に関しては違います。
        第67話でエレンが硬質化した姿が出て来ていますが、確かに鎧の巨人のように全身が硬質化していますが、鎧の巨人とは似ても似つかない姿です。
        例えばエレンが「チョウオオガタ・フーバー」という瓶を割って飲んだとしたら60m級の巨人になり蒸気を発生させるでしょうが
        姿はベルトルトの超大型巨人とは似ても似つかないでしょう。
        いっぽうで壁の中の巨人の顔はベルトルトとそっくりでした!
        s-f6ff424237cd46753ab0b9757331ae3f
        ここからベルトルトと壁の中の巨人に血縁関係があることが考察できます!
        後はやはり「ヨロイ・ブラウン」ですね。
        もちろんブラウンはライナーの姓です。
        つまり硬質化能力はブラウン家の巨人化能力に付随していた能力なのではないでしょうか?
        となると超大型巨人の超大型や蒸気発生能力はフーバー家に伝わる…と考察できます。
        ここから壁の中の巨人と超大型巨人ベルトルトの血縁関係があるのではと考察出来ます。

        ただ一点【進撃の巨人リヴァイが巨人化注射使用までの考察すべき内容まとめ!】でも考察していますが、壁外血縁者の巨人化後の姿は壁内人類とは違うかもしれません。
        エレンが硬質化能力を得た後の姿が鎧の巨人と違うからといって、壁内人類の姿の考察には役に立たないかもしれないという事です。
        この辺りはリヴァイの巨人化注射で何か新しい考察が出来るようになるかもです!

        >ウォール教の信者が特に血縁関係にないなら、
        ウォール教の信者は、おそらく壁の中の巨人たちに対して祈りを捧げる宗教として誕生したのでしょう。
        小説版Before the fallでは壁と巨人を祈ることは根っこは同じと明らかにしています。
        なので、壁の中の巨人の経緯を知っているのでしょうが、血縁関係はないかと思っています。
        この辺りは獣の巨人が明らかにしてくれるのではないかなと勝手に思っています(笑)

        長々と返信してしまいました^^;
        長文すみませんですm(_ _)m

        そして壁外調査お疲れ様でした!(笑)
        【進撃の巨人のモデルの場所を考察!鰊と猿、太陽から検証も!】

        またコメントよろしくです!


        管理人アース

    3. えりなりな より:

      こんにちわ!何度も読ませてもらっています!
      進撃を読んでいて思ったことがあったのですが、それが第50話の叫びのシーンです。
      叫びの瞬間エレンの顔には巨人化したあとにできる、アザがありますが、ミカサと涙を流している時にはありません。叫びの力でアザができるのはなぜなんでしょうか?
      アースさんこれからも考察よろしくお願いします!!

      • 管理人アース より:

        えりなりなさん!

        コメントありがとうございます!

        >叫びの力でアザができるのはなぜなんでしょうか?
        あ~、本当ですね!
        これは気にしていませんでした!
        「叫びの力」も「巨人化する」という行為と同じ負担が身体にかかるということでしょうか?
        しかし、ハンネスがカルラ・イーターに捕食されている時に巨人化しようとしましたが、出来ませんでした。
        つまり、この時点でエレンの身体は巨人化出来るまで回復が出来ていません。
        ですが、「叫びの力」は発揮できています。
        ここから考えられるのは「叫びの力」は巨人化するように身体に負担がかかるが、「巨人化」するほどではない、ということでしょうか?
        う~ん、面白いですね!(笑)

        何度も見ていてもらっているようで、ありがとうございます!
        また何か気付いたことあったらコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ