進撃の巨人の初代王が人類の存続を望まない理由は?

第69話「友人」にてウーリ・レイスは「この世界はそう遠くない未来必ず滅ぶ」と語っており、これは「初代王」の思想でもあります。そしてリヴァイ兵士長も「初代王はなぜ人類の存続を望まない!?」とケニーに訊いています。

なぜ初代王は人類の存続を望まないのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link


◆初代王が人類の存続を望まない、いくつかの考えられる理由

f8ae915e76154419162880ce2ba4a950_400
「進撃の巨人」第49話「突撃」より

これは「進撃の巨人」の数ある謎の中でもかなり上位に入る謎でもあり、これまでにもいろいろなサイトで初代王が人類の存続を望まない理由が考察されてきました。

ここに代表的な考察をまとめてみました!

  • ベルトルトの「悪魔の末裔が!」というセリフからも分かるように、過去に壁内人類が重大な罪を犯しているので滅びるのはやむを得ないと思っているからである。

  • レイス家は「獣の巨人」から人類を管理するよう依頼されている管理人だからである。人類は巨人という「兵器」になるために「獣の巨人」に飼育されており、レイス家はその管理をしている。

  • 同じ人類同士で殺しあっている歴史があり、人類に絶望しており滅びても良いと思っているから。

  • 以上が代表的な考察になります。

    これらの考察を見ると初代王が「人類に絶望しているから」か「壁外側の人間だから」かに別れます。

    いったいどちらなのでしょうか?

    Sponsored Link


    ◆初代王が人類の存続を望まない理由は?

    2015-05-19_192808
    「進撃の巨人」第69話「友人」より

    「人類に絶望しているから」なのか「壁外側の人間だから」なのかはここでは分かりません。今後の作者の進め方しだいでどちらもありえるでしょう。

    ただ管理人アースとしては第50話「叫び」でのユミルとライナーの言葉からある程度推測は出来ると考えています。第50話でエレンが座標の力を発動させた時にライナーは「最悪の奴に渡っちまった」と言い、ユミルは「この壁の中にも未来がある」と言っています。

    つまり「座標」をレイス家の人間が持っていると壁内人類に未来は無くエレンが持っていると未来はあるということになります。ということは初代王は人類を存続させる力を持っていながら滅びさせようとしていることになります。

    そして「そのわずかな人類の黄昏に私は楽園を築きあげたいのだ」というウーリの言葉には初代王の「壁内人類に対する愛」が感じられます。

    これらから推測すると「壁内人類の事は好きだし座標を使えば未来はあるけれど滅ぼさざるを得ない」という感じです。

    そうなると「過去に壁内人類が重大な罪を犯しているので滅びるのはやむを得ないと思っているから。」というのが一番近い感じでしょうか?絶望しきれていないけれどもやむを得ず諦めている感じですね(^_^;)

    しかし「進撃の巨人」は考察のさらに上を行く展開をするので何とも言えません(^_^;)

    ドキドキしながら今後の展開を見逃さないようにしましょう!

    【進撃の巨人69話のネタバレと感想まとめ!ケニーが死亡の真相も】
    【ケニーの正体は何?死亡の意味について検証!】
    【進撃の巨人ウーリは誰という方のためのウーリの経歴を画像付で紹介!】


    Sponsored Link

    9 Responses to “進撃の巨人の初代王が人類の存続を望まない理由は?”

    1. Flügel der Freiheit より:

      これは、『進撃の巨人』における、非常に考察が難しい謎の1つですね。

      そもそも、壁内の世界を創造したのが、初代王なのか、獣の巨人なのか、あるいは他の存在なのか、というポイントが問題になると思います。

      考察と呼べるようなものではないかもしれませんが、このポイントについて、私の先入観も含めてコメントしたいと思います。

      獣の巨人が、作品における絶対的な強者で、初代王は獣の巨人に追従しているに過ぎない、という意見もあります。もっと言えば、ラスボスだということなのでしょうか?

      獣の巨人の正体は第70話で明らかになっていますが、体格が非常に良いことを除けば、普通のおっさんに見えます(笑)あれがラスボスだと言うと、ちょっと意外な感じもします(笑)

      ついつい私は、この作品の「ラスボス」は、天才科学者だとか、いかにも権力者という雰囲気を持った人間・組織だとか、そういう感じの存在を想像してしまうのですが…。ステレオタイプかもしれませんね。

      それはさておき、獣の巨人は、確かに強者であることには違いないですが、ラスボスと呼べるほどの絶対的強者であるかと言われれば微妙だと思います。

      ユミルは、獣の巨人を「猿」と呼んでいます。ユミルの「せー」発言が正しいとすれば、猿は「さ」から始まるので当てはまりませんね…。

      また、第63話でロッドが、フリーダの巨人を「無敵の力を持つ巨人」と説明している点も気になります。ロッドは、獣の巨人を知っている上で、このように述べたのでしょうか?ロッドの説明を鵜呑みにはできませんが、信頼性が低いとは思いませんので…。

      ところで、作者のブログで、2012年07月11月に投稿された記事(http://blog.livedoor.jp/isayamahazime/archives/7256803.html)を見ると、獣の巨人について、

      「巨人の造形としてヤツはかなり好きです
      イメージは、リッチ・フランクリンの野性的な風貌で知的で小顔な所や、
      あの瞬間的には世界一空気が読めなかったフォレスト・グリフィンの
      野性的でロングリーチで無垢な感じとか」

      と述べられています。おそらく、知的ではあるが野性的で無垢だということだと思います。一方、ミケの敗北に関するコメントと思われるものについては、

      「言うても色々時の運だよねって感じにもしたかったです」

      と述べられています。
      つまり、運が良ければ調査兵団も勝てるということを示唆しているのかもしれませんね。

    2. Flügel der Freiheit より:

      読みにくいコメントを投稿してすみません…。

      特に文章が分かりにくい部分について。

      ・ユミルの「せー」発言が正しいとすれば、猿は「さ」から始まるので、究極的な「敵」には当てはまらないのではないでしょうか?

      ・おそらく、獣の巨人の正体の性格も、知的ではあるが野性的で無垢だということだと思います。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        この「初代王の思想」が世界の謎の中心であることは間違いないでしょう。
        これが解けた時のエレン達調査兵団は報われるのかどうか…今から楽しみですね(笑)

        >そもそも、壁内の世界を創造したのが、初代王なのか、獣の巨人なのか、あるいは他の存在なのか、というポイントが問題になると思います。
        これは第64話「歓迎会」でロッド・レイスから「三重の壁はある巨人の力によって造られ、その巨人によって人類の記憶改竄が行われた」と明かされています。
        おそらく初代王のことでしょう。
        この時の初代王であろう巨人の画が獣の巨人の造形と似ているような気がします。
        怪しいです(^_^;)

        獣の巨人ラスボス説は賛成です!
        おそらく最期の敵となるのではないでしょうか?
        獣の巨人との戦いが終わった後、すべての謎の解明と伏線回収がゆっくりと進んでいくのではないかと思っています。
        その中にはミカサの「東洋の一族」「ループ」も含まれています。
        ドキドキしますね!(笑)

        >ユミルの「せー」発言が正しいとすれば、猿は「さ」から始まるので、究極的な「敵」には当てはまらないのではないでしょうか?
        最近ユミルの「せー」は「先住民」か「西洋人」なのかと思えてきました。
        ユミルとエレンはおそらく「壁外人類」でしょう。
        耳の形からそういうことになります。
        なのでユミルから見れば「西洋人」が敵と言ってもおかしくはないでしょう。
        「先住民」は、獣の巨人が「先住民」で、壁内人類に虐げられた過去があり、今は逆に攻め込んでいる、という設定ならばありえます。
        「西洋人」「先住民」のどちらも、「耳の形」からの考察です。

        まだまだ今後の作者の持って行き方しだいで、どうとでも転がりますね(笑)

        またコメントよろしくお願いします!


        管理人アース

    3. アルミン蝉 より:

      まずして、なぜ初代王は
      記憶をそんなにも強く続けさせる能力を持っているのでしょうか。見事にフリーダまで時間がたっても本人は記憶として生きていましたよね。
      その記憶による支配により巨人を殺せないから、グリシャはレイス族を根絶やしにしようとしたのでは無いでしょうか。もう、初代王に洗脳される世界を終わらせようとしたんだと思います。
      巨人化する前はウーリだって巨人を滅亡させない父を説得させようとしていた人なんですから。だから、ヒストリアがあそこでエレンを食ってたらもう、この世界はパーです。最初からやり直し。壁は塞がれるかもしれないけど、鳥籠に囚われる世界に逆戻りです。
      ……でも、エレンやリヴァイやアルミンは壁内にずっといることにあまり、賛成的では無いのに、どうして彼らは壁を塞ぐことに喜びを感じているのでしょう?

      • 管理人アース より:

        アルミン蝉さん!

        コメントありがとうございます!

        >初代王に洗脳される世界を終わらせようとしたんだと思います。
        これは、第67話でのヒストリアの考えと同じですね。
        つまりは、レイス王の思想からの脱却ということでしょう。
        たしかに、巨人達や故郷組の脅威よりも自由を求めるのであれば、グリシャのとった行動は理解できます。

        >どうして彼らは壁を塞ぐことに喜びを感じているのでしょう?
        それが楽園を築くことに不可欠だったからでしょう。
        初代王の考え方は、「いずれ滅びる壁内人類に、それまでの間だけでも楽園を築きたい」という方針でした。
        そのために壁の構築だと思われます。
        たしかに異常でかもですが、まだ明かされていない謎に、その思想に至った答えがあるのではと思われます。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. トトロ より:

      僕は初代王に洗脳されているわけではなく、記憶を継承する事で壁内人類が過去に犯した罪に初めてそこで気付き、その罪の重さから壁内人類を滅ぼさなくてはいけないと考えるのではないかと思います。なので、洗脳ではなく結果として 初代王と同じ考えにウーリとフリーダも至ってしまったのではないかと。

      罪滅ぼしの為に人類を滅亡させるなんてのは少し強引過ぎる考えかもしれませんが、記憶を継承する事で人類の犯した罪を壁内で唯一知る人物になるというのは的を射てると思うんですけど、どうでしょうか?

      • 管理人アース より:

        トトロさん!

        コメントありがとうございます!

        >洗脳ではなく結果として 初代王と同じ考えにウーリとフリーダも至ってしまったのではないかと。
        これは管理人アースも考えたことがあるのですが、ただ、17巻69話でウーリが「私はその子らの記憶の中で生き続けるだろう」と言っています。
        これは、まさにフリーダの記憶の中で初代王が生き続けるという意味なのかなと。
        そうなると、洗脳というか、初代王の意識がウーリやフリーダを乗っ取っているという感じに受け取れますよね。
        ただ、この辺りも確定は出来ませんが…

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    5. A-11 より:

      86話の「壁の外」の状況を考察しているうちに、ウーリ・レイスの「この世界はそう遠くない未来必ず滅ぶ」が気になりました。

      レイス家の直轄地である壁内人類は言わずもがな、「化石燃料による軍事力」が確立しつつある壁外人類にとっても、レイス家の持つ「始祖の巨人」の力は絶対的です。
      50話のエレンの座標(=始祖の巨人)発動を見たユミルの
      「だとすりゃ この壁の中にも」
      「未来がある」
      は、(壁の外にある)マーレ国の壁内侵攻による壁内世界だけの滅亡に対するものでしょう。
      まだ座標の力を持っていたウーリには、壁内世界単独の滅亡は考えられません。
      巨大隕石が落下したり日本沈没したりして壁内世界のあるパラディ島がなくなるなどの、壁内世界特有の要因なら、145代”ひきこもり王”がしたように、マーレ国首都とか邪魔なら平らにならして、遷都などして回避できます。
      逆に言えば、壁内世界の滅亡が実現するためには、壁外の世界も含んだ滅亡が必要なのです。

      もちろん、ウーリ(や、洗脳元である初代ひきこもり王)にその気があれば、壁内世界単独で滅ぼす事は簡単です。
      しかしその気があるなら、冒頭のウーリの台詞は
      「この世界はそう遠くない未来必ず(私orレイス家が)”滅ぼす”」
      となるはずです。

      まとめると、ウーリのいう「世界」滅亡は
      ・壁内世界にとどまらず、文字通り壁外(マーレとか)にまで及ぶもの。
      ・「始祖の巨人」の力では、回避不可能。
      だと私は考えます。
      パラレルワールドとか夢落ちとかを私は嫌悪しますが、この地球規模の災厄を説明するものとして、ループ説を私は無視できません。

      • 管理人アース より:

        A-11さん!

        コメントありがとうございます!

        >・壁内世界にとどまらず、文字通り壁外(マーレとか)にまで及ぶもの。
        おー、なるほど!
        滅ぶ世界とは壁内だけではなく、全世界規模なのかもしれませんね。
        しかし、壁内に引きこもっているレイス王が、なぜそのような事が分かるのでしょうか?
        もしかしたらそれは、引きこもる前から分かっていたことなのかもしれませんね。
        面白い考察ですね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ