進撃の巨人のアニメ1期と原作の比較まとめ!

「進撃の巨人」第1期アニメは2013年4月から放送され、原作8巻の女型の巨人確保まで話は進み終了しました。

アニメでは原作と比べ、改変されている場面が多くあります。

改変されたところから、物語の謎について考察してみましょう!

Sponsored Link


◆原作第1話冒頭の「いってらっしゃい、エレン」がアニメでは削除!

エレン

原作第1話「二千年後の君へ」の冒頭でエレンが眠りから覚めるシーンでの「いってらっしゃい、エレン」というミカサ(だと思われる)のセリフが無くなっており、エレンの「髪が伸びてないか」のセリフも無くなっています。

アニメではエレンが眠りから覚める前にフラッシュバックのように見ていた夢が出て来ますが、エレンがまだ体験していない「母親カルラが巨人に捕食される場面」が出て来ます。

これは、「ループ説」を裏付けるシーンとなっています。


◆グリシャがエレンに注射をするシーンがウォール・マリアの崩壊直後となっている!

gurisya

原作ではエレンの記憶からしか出て来なかった、グリシャがエレンに巨人化注射をするシーンがアニメではウォール・マリア崩壊直後となっており、グリシャが家族の無事を祈りながら、シガンシナ区へ急ぎ馬車で走るシーンが追加されています。

「エレン、ミカサ船で脱出」➔「グリシャ馬車で急ぎ戻る」➔「どこかの森の中で注射」➔「エレン、食料配給所で目覚める」という順番になっています。

これにより、原作ではハッキリとしなかったエレンの巨人化注射のタイミングが、ある程度明らかになりました。


ただ、エレンが目覚めた時に「父さんに会っていた気がする」と言い、ミカサが「まさか、夢だよ」と答えています。

エレンとずっと一緒にいたであろうミカサが、グリシャにエレンが注射をしたことに気付かず、巨人化したエレンがグリシャを食べたであろう事にも気付いていないのは不思議です。

具体的に、いつ、どこで注射をしグリシャが食べられたのかは、アニメでもはっきりとはしていません。

ちなみに、食料配給所のシーンではアニがチラッと登場します。

この時点で、アニ達が壁内へ侵入していることがうかがえます。

Sponsored Link


◆マルコの死亡のタイミングが明らかに!

2015-06-27_050950

原作第18話「今、何をすべきか」でジャンにより発見されたマルコの死亡ですが、いつ死亡したのかははっきりとしませんでした。

現在でもマルコの死亡については「アニ犯人説」などあり、いつ、どのように死亡したのかは、ハッキリとはしていません。

アニメではエレンゲリオンにより穴が塞がれたところまで生存していることが確認出来ています。

この後はトロスト区に残る巨人を調査兵団により駆逐されますが、訓練兵であるマルコが死亡する可能性は低いはずです。

やはり、何者かにより殺された可能性が高いと思われます。


このように、原作では分かりづらかった部分がアニメで補完されている形になっております。

アニメ第1期の神回まとめ!でも紹介していますが、アニメではオリジナルストーリーも数多く組み込まれており、第2期でのオリジナルストーリーも期待されています。

来年2期アニメ放送で明らかになるストーリーが、非常に楽しみです!!(^O^)!!

【追記】

原作第77話にてマルコ死亡の真相が明らかになりました。

【進撃の巨人 ネタバレ】77話最新あらすじ画バレ!にて明らかになっていますので、見てみてください!

関連記事:アニメ第2期1話を予想!
関連記事:アニメ2期の配分を予想!
関連記事:進撃の巨人のアニメ1期神回まとめ!


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

コメントを残す

このページの先頭へ