【進撃の巨人】最新刊23巻の発売日8月9日までに抑えるべき考察まとめ!

「進撃の巨人」23巻は、新章へと突入した巻となっています。

驚くべき展開が満載となっている、第23巻発売日となっている8月9日(予想)までに抑えておくべき事柄をまとめてみました!

23巻を安心して読むためにも、ぜひ抑えておかなければです!

それでは、見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「海の向こう側」にあるマーレが登場!

2017-02-08_065330
「進撃の巨人」第90話「壁の向こう側へ」より


23巻第1話目となっている91話「海の向こう側」では、90話最後にエレンが指を指した「海の向こう側」を回収する展開が起こります。

86話から数話に渡ってグリシャの時代のマーレが描かれていましたが、91話では、それ以上の展開が起こります!

90話最後にエレンが指を指していた、「海の向こう側」が伏線となっていることを抑えておきましょう!

今すぐこの展開を知りたい人は、91話「海の向こう側」展開あらすじ感想と考察!にて見られますので、見てみてください!


◆パラディ島の無垢の巨人が駆逐された理由が登場!

2017-02-08_064604
「進撃の巨人」第90話「壁の向こう側へ」より


90話「壁の向こう側」にて、パラディ島内の巨人がほぼ全て駆逐されたという展開が起きました。

これは、数ヶ月かけて巨人処刑台が巨人を倒していった結果となっていますが、つまりはマーレから新たな「楽園送り」がされていないのではという伏線にもなっていました。

その理由が23巻1話目となる、91話にて判明します!

23巻発売日までに、22巻を読み返して備えておきましょう!(^^)

その理由がすぐに知りたい!という方は、91話「海の向こう側」展開あらすじ感想と考察!にて書かれていますので、見てみてください!


◆ジーク、ライナーがパラディ島襲撃を行わなった理由が判明!

2016-07-08_040203
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


90話にてシガンシナ区決戦時から数ヶ月が経過しており、その間ジークやライナー達が壁内を襲撃しに来ていないという展開となっており、それが謎となっていました。

その理由が、23巻1話目となる91話にて判明します!

23巻発売日までに、この展開は抑えておきましょう!

新たな無垢の巨人が送り込まれてこなかった理由と同じですが、その理由がすぐに知りたい!という方は、91話「海の向こう側」展開あらすじ感想と考察!にて分かりますので、見てみてください!


◆ベルトルト、ライナーの「悪魔の末裔」「穢れた民族」発言と同じ発言が登場!

2015-09-24_192352
「進撃の巨人」第49話「突撃」より


これまでに登場した大きな謎のひとつに、第49話でのベルトルトの「悪魔の末裔が!」や、第77話でのライナーの「穢れた民族」発言があります。
2016-01-08_031305
「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より


巨人化能力者である以上、ライナーとベルトルトも壁内人類と同じエルディア人のはずであり、なぜ彼らが壁内人類を「悪魔」「穢れた民族」と呼ぶのかが、長い間 謎となっていました。

これらの発言と同じような発言が23巻1話目となる91話にて登場し、そのセリフから朧気ながら、その意味が分かるという展開が登場します!

23巻発売日までに、12巻と19巻を読み返し、抑えておきましょう!

第49話と第77話のベルトルトとライナーの発言の場面は、【進撃の巨人ネタバレ49話の考察!「突撃」の伏線ポイントまとめ!】【進撃の巨人 ネタバレ】77話最新のあらすじまとめ!にて見られますので、復習しておきましょう!

その発言を今すぐ知りたいという方は、91話「海の向こう側」展開あらすじ感想と考察!にて分かりますので、見てみてください!


◆新たな9つの巨人が登場!

2016-10-07_032606
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


第86話にて初めて「9つの巨人」という言葉が登場し、知性巨人が9体存在する事が明らかとなりました。

そして、その内の一体となる巨人が、23巻1話目となる91話にて登場します!

これまで当サイトでも9つの巨人については考察しており、91話公開以前では87話ネタバレ考察!クルーガー巨人から9つの巨人の正体を検証!にて考察しています。

23巻発売日までに「9つの巨人」について、おさらいしておきましょう!

今すぐ新登場の巨人を見たいという方は、91話「海の向こう側」展開あらすじ感想と考察!にて見られますので、見てみてください!

23巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
最新刊22巻の発売日4月7日までに抑えるべき考察まとめ!


Sponsored Link

2 Responses to “【進撃の巨人】最新刊23巻の発売日8月9日までに抑えるべき考察まとめ!”

  1. おにし より:

    アース団長 まとめ 考察 お疲れ様です❗
    再びコメントさせていただきます!
    また91話の中で気になったことがありました。
    中東連合についてです。
    フクロウ(クルーガー)についてマーレが復権派に拷問したとき東のマーレ敵対国に行くつもりだったとあったと思います。ですが91話では中東連合となっていました。
    この「連合」という言葉に引っ掛かりました。「連合」というと2つ以上の国が同盟関係もしくは協力関係になっている場合に使うと思うんです。そう考えると中東連合というのはマーレに敵対する少なくとも2つ以上の国が協力してマーレと戦っているということになるのではないでしょうか?
    そうした場合、4年間のどこかの時期で東のマーレ敵対国とエレンたち壁内のエルディアが協力するに至ったと考えました。
    アース団長も以前の予想で壁内側と東のマーレ敵対国の同盟について書かれていたと思います。
    そうすると、対巨人砲等も壁内側に渡っているのではないかなと思っています。また、マーレがパラディ島計画を中止しているのも、女型と超大型を壁内側に奪われているだけでなく、東のマーレ敵対国とパラディ島の間に同盟関係があり、中東連合によってパラディ島への海上移動が阻まれているからではないでしょうか?
    東のマーレ敵対国はパラディ島を守っているような状況でなければわざわざ制海権を東の国がとる必要はないと思ったので、やはり東のマーレ敵対国とパラディ島の間には何かしらの協力関係があり、それがマーレの言う「中東連合」なのではないでしょうか?

    かなり長くなりましたが
    僕が言いたいのは
    東のマーレ敵対国とパラディ島の間に同盟関係があるということです。

    長文失礼しました。

    • 管理人アース より:

      >東のマーレ敵対国とパラディ島の間に同盟関係があるということです。
      ですね!
      同感です!
      ただ、同盟国が「東の国」とパラディ島だけではなく、他にもあるかなと思っています。

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ