【進撃の巨人】ネタバレ100話考察!エレンとライナー・ヴィリーとマガトの握手を考察!

とうとう第100話が発表され、最後のエレン巨人化展開にはほとんどの読者の胸を熱くさせたのではないでしょうか?

それくらい、最後のエレンゲリオン登場展開は激しい展開となっていました。

特にその直前の、エレンとライナーの握手展開にはグッと来ましたよね!

管理人アースの目には、ちょっと涙が…(´;ω;`)

いっぽう、握手と言えば冒頭の展開でヴィリーとマガトが握手をする場面も登場していました。

この場面からこの二つの握手を比べてみると、そこには裏の意味が隠されているのではないかと考察できました!

そこから、マガトの裏の顔が!

考察してみましょう!

Sponsored Link

◆「エレンとライナー」と「ヴィリーとマガト」の握手を考察!

2017-12-11_065348
「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より


まず、「エレンとライナーの握手」の場面を見てみましょう。

エレンから「今の俺には分かると思う」とライナーへの理解を示しますが、ライナーは「お前の母親が巨人に食われたは俺のせいだ」と涙を流し床に伏します。

そのライナーに「分かったから立てよ」と手を差し出します。
2017-12-11_065148
「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より


ライナーはエレンの目を見つめ、その手を取り握手し、体を起こします。

立ち上がったライナーに「お前と同じだ」「オレは進み続ける」と言い、握手をしたままエレンは巨人化し始めます。
2017-12-11_065316
「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より


これにより、ファルコは命の危険にさらされることになり、エレンの巨人化を察したライナーは真っ先にファルコを守るために動いています。

さて、この場面はどのように解釈すれば良いでしょうか?

最初はライナーへの理解を示したエレンが自分を追い込み苦しんでいるライナーに手を差し伸ばし、そのエレンの手を取ったライナーとがお互いの信頼を成立させた握手の場面、だと思いました。

しかし、その直後エレンは「進み続ける」と言い、ライナー達が危険にさらされる事を顧みず巨人化します。

理解を示しながら、結果的にライナーを裏切る行為となっていますよね!

ちょっと逸れますが、エレンが「進み続ける」と言いながらライナーと握手をする場面を見て、管理人アースは97話のこの場面を思い出しました。
2017-12-11_045531
立場は逆ですが、間違いなく今回はこの時の対比場面となっていますよね。

となると、ライナーの気持ちを理解しているエレンは、この場面の時のライナーを踏まえ、「やっぱりオレは…お前と同じだ」と言い巨人化したのではないでしょうか?

つまり、エレンはライナーを本当に理解し、訓練兵団時代のエレンへ示したライナーの親しみがウソではないと分かっているのでしょう。

だからその気持から、エレンはライナーへ手を差し伸ばしたのです。

しかしそれでも「進み続けるしかない」から壁を壊したライナーのように自分も「進み続けるしかない」ので、「ライナーの気持ちを裏切り」巨人化をしなければならなかったのでしょう。
2017-12-11_065246
「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より


まさに、あの時のライナーとエレンは同じ立場で同じ意味の行為に及んでいるのだと分かりますよね!

この時の握手は、97話の握手と同じ意味を持った場面なのでしょう!

今回のエレンとライナーの握手からは、エレンの巨人化をした気持ちがハッキリと分かりました!

では、もうひとつの「ヴィリーとマガトの握手」の場面にはどのような意味が込められているのでしょうか?
2017-12-11_065122
「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より


この握手をする前に、ヴィリーの「劇」がパラディ側を誘い出し攻撃させるために行われる事が明かされていました。

その作戦の為に多くの人々が死亡することが分かっていながら進める自分達二人は「悪魔」だと言い、マガトから手を差し出し握手をしています。

これには一見、マガトのヴィリーへのリスペクトや信用が見られ、それに対してのマガトへの信用を示すヴィリーが見られます。

つまりお互いへの信用を確認し合う握手の場面に見えますよね。

ただ、先程の「エレンとライナーの握手考察」を踏まえると違った見方ができます。

97話でのエレンとライナーの握手では差し出したライナーは、本当にエレンに親しみを感じていたけれど壁ドンをして裏切りました。

そして今回100話では、手を差し出したエレンは本当にライナーに本当に親しみを感じていたけれど、エレンは裏切り巨人化しました。

これを踏まえると、ヴィリーとマガトの握手では、手を差し出したマガトは本当にヴィリーを信用しリスペクトしているけれど、裏切るという意味になります。

この可能性はあるのでしょうか?

たしかにこの時の会話でもマガトはヴィリーに「このままでは あなたは死にます」と言い、実際にヴィリーは最後エレンに叩き潰されていました。
2017-12-11_052859
「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より


ここからもやはり「ヴィリーの事を本当に信用しているけれど、進み続けるしかないために見捨てた」マガトの意志が感じられますよね!

ということは、マガトは実際には違う目的を持ってヴィリーに仕えていたのではないでしょうか?

だいたい、巨人化能力者について専門的に詳しいマガトが、ヴィリーに「このままではあなたは死にます」と言っている時点でヴィリーが「戦槌の巨人」継承者ではないことを知っていることになりますよね?

では、マガトには真の目的が別にある?

考察してみましょう!
Sponsored Link

◆マガトの真の目的を予想!

2017-12-11_065412
「進撃の巨人」第98話「よかったな」より


マガト隊長は巨人を使い戦争を繰り返しているマーレ国を憂いている軍人です。

そしてそのマーレの巨人を使った軍国主義を止め、マーレという国を守りたいと考えていると察せられます。

そんなマガトはヴィリーの命をかけた舞台に共感し協力した訳ですが、実のところ別の目的があるようにも考えられました。

おそらく彼は「軍人」という身分に大きなプライドを持っているようなので、ヴィリーではない人物に仕えている可能性が高いと思われます。

それは誰なのか?

恐らくは真の「戦槌の巨人」継承者なのではないか、と管理人アースは考えます。

では、それは誰なのか?

これは、また違う記事で考察する予定です!

マガトが仕えている真の上官が明かされるまでに、予想しておきたいですね!\(^o^)/

「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」あらすじ感想考察!
101話あらすじ!


Sponsored Link

24 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ100話考察!エレンとライナー・ヴィリーとマガトの握手を考察!”

  1. ダースモース より:

    個人的に戦槌の巨人継承者はいつも護衛で近くにいる大男だと思っています。また演説中に訪れる死をを覚悟しながら、「これが俺のけじめだ」と部隊端にいるダイバー家に向かって言っていましたが、多分これは自分が戦槌の巨人を継承しなかった事に対する懺悔でしょうね。

    • 管理人アース より:

      全くの同感です!
      この辺りは別記事にて考察し明後日くらいに公開しますので、またよろしくです!


      管理人アース

    • マーレのノッポ より:

      同感です。
      おそらく“戦鎚”は大男の兵士でしょう!
      もう一つ…ピークとポルコを騙したのは…アルミンではないかと考えます。
      理由は、ここ数年で成長した。超大型を継承すること身長が伸びる!金髪の短髪…どうでしょう?

      • 管理人アース より:

        アゴ髭マーレ兵の正体ですね。
        間違いなくピークが見たことがある人物なので、ジャンが有力かなと。
        あとは車力がライナーを助けた際にコニーを見ているかも・・・なので、どちらかかなと。


        管理人アース

  2. アースさん、こんばんは。

    アニメでエレンがライナーを壁から引き上げる時、2人が手を握り会うアップの接写がアニオリでありましたね。

    これは今話の握手を見越し、あえて入れたシーンなのですかね?

    考えすぎですかね..(笑)

    • 管理人アース より:

      あの場面、アニメではかなり強調されていましたね!
      あれを見て、諫山先生が影響されたかもですね(笑)
      いろいろ考えちゃいます(*^^*)


      管理人アース

  3. アノニマス より:

    戦槌巨人の元ネタと噂されてる神話に登場するトール
    このトールには二人の弟子が居て、その内の1人は男性、もう1人は女性です
    もしヴィリーが弟子の男性に当たる場合、女性の方も存在すると思います
    その女性の方、自分が思うにパラディ島に居て、既に登場しています
    今の所、怪しいのがマルコの死体を見て唖然するジャンに話しかける白髪で白眼の女性です
    ヴィリーが自ら囮になったのは戦槌の巨人(本体)の為ではなく、パラディ島に居る女性にヘイトが向かないようにする為ではないでしょうか

  4. エレンの握手については、
    「ライナー、今まで辛かったろう。
     これで楽になれ…」
    という、残酷な裏腹に優しさがあるのでは。
    いわば、武士の情けみたいな…

    マガトとヴィリーですが、
    「大勢死ぬ。でも、その大半はエルディア人だ。」
    つまり、巨人兵器を大量に使うということでは
    ないだろうか?
    恐らく、パラディ側の巨人攻撃に対し、ジークの
    叫びで 収容区のエルディア人を巨人化させ 応戦
    する。(注射などはすでに済ませてある)
    いずれにせよ、壊滅的な混乱は必至の作戦です。
    もし失敗し、要人たちに被害が出れば、マーレは
    世界を敵に回すことになります。
    そんな重大な作戦に 立ち向かう握手なのかも
    しれません。

    ところで、ヴィリーの顔が、諌山先生と似てきた
    のでは?
    もしかすると、諌山先生の想いが ヴィリーに強く
    投影されている かもしれないです。

  5. 進撃の世界が激変した、今年2017年。
    そのあらましを、拙ブログにて至極簡単に
    まとめてみました。
    ご意見など 何なりと。

  6. シーナ より:

    アース隊長!!更新お疲れ様です(^-^)

    違う考察でも書きましたが、こちらの考察にも少し付け加えて書かせてもらいました^^

    私はマガトが調査兵団に協力した中心人物だと思いました。
    ピークとポルコの落とし穴の場所はマガトなら知っていると思いました。
    エレンのクルーガーの記憶でマガトがエルディア人であり、クルーガーの仲間であることを知ったと思います。

    マガトが調査兵団に協力したとして、「最終的にマガト自身何をしたいのか?」が気になりました。

    マガトは「エルディア人は悪魔に違いありません。そして私たちは悪魔に違いない」と言い、マガトから手を出し握手しました。
    マガトとヴィリーは「劇で多くの人々が死亡することが分かっていながら進める自分たち二人は『悪魔』だ」の他に「マガトの心の奥に潜んでいる『悪魔的野望』」を込めて言っている様に感じました。

    マガトは壁の「ザックレー総統」に似たような人物かなと思いました。沈着、冷静で指揮官として申し分がない。しかし内なる欲望・欲求が
    ザックレー総統なら「支配欲・異常な人体芸術品の作成、鑑賞」
    マガトは「悪魔的な欲望を満たす何か」かなと思いました。
    今は味方でも最終的には黒幕かもしれないと思いました。

    今回の騒動はマガト自身も「戦槌の巨人」の継承者を誰なのか探したかったのではないでしょうか?ヴィリーから誰が継承者か聞いたとしても実際に巨人化したのを見ないと「本当か嘘か」分からないと思います。

    そしてこの騒ぎの後 マガトは「元帥」かヴィリーの代わりに「最高司令官」になりマーレの「支配者」になると予想しています。もしかしたらこれもエレン達調査兵団の目的の一つではないかと思いました。

    仮にマガトが調査兵団に協力した中心人物だとして、あの後のエレンゲリオンの行動を考えてみました……かなりエグイですが(*_*;

    ① ヴィリーを叩き潰したエレンゲリオンは、ヴィリーが「戦槌」である可能性がある為、まず口に入れ噛み砕く。
    ② 噛み砕きながら、「クーデター」を起こすためサイドのマーレ軍の中枢が座っている段々の席、特に「元帥、海、陸のトップ」(あらかじめマガトから席を聞いている可能性あり)に襲いかかる。
    ③ 「戦槌の巨人」の継承者を見つける為、タイバー家が座っている辺りを襲いかかる。
    ④ 「戦槌の巨人」が姿を現す。

    このような感じになるのかな?と思いました。

    自分の思考がだんだん残酷になっています……||||(◞‸◟)
    イヤんなっちゃいますよ(笑)諌山先生!!

    • 管理人アース より:

      いや~、残酷な展開予想が素晴らしいですね!
      「戦槌を探す」という予想はありそうですよ!
      101話でこの展開が来たら震えます❗



      管理人アース

  7. 恥垢種 より:

    アース団長、お疲れ様です。
    私もシーナさんと同じく、マガト協力者説に同意です。ただ、「特等席」を破壊するのは「戦鎚」か「獣」のような気がします。馬車のなかで特等席を決めてるので、情報を流すには間に合わないかなあと。マガトの目的はやはりマーレに「始祖」を渡さないことでは?ヴィリーは世界に協力を求めてますが、「始祖」奪還後の矛先はパラディを含めた世界でしょ。「始祖」を奪い「科学技術」の停滞を狙うのですからね。そんなことすれば、更にエルディア人は不興を買うのは目に見えていますよね。それを避ける為にも「始祖」をマーレに渡してはならないということでしょ。パラディが持っていても敵対しない限り「発動」しないでしょ。少なくとも「マーレ」を除く世界には。
    でも、次号は時間を巻戻してのパラディ編と見てます。

    • 管理人アース より:

      マガト協力説、なかなか有力ですね!
      管理人アースは、あまり推せず、やはりマーレ側ではと思っています。
      パラディ側とも見たいので、101話がどう展開するのか楽しみですよ❗


      管理人アース

  8. 考察初心者🔰 より:

    管理人様✨更新ありがとうございます😊

    マガトの存在感が増して来ましたね❗️

    自分は当初、ただのモブキャラだと予想していたので😆😆😆ビックリです❗️

    これまでのマガトの台詞からの推察ですが…
    ジークとは繋がって無さそうですね❗️

    となると…フクロウの同志=エルディア復権派❗️の可能性もアリかな❓

    と…感じます❗️
    ただキヨミ様がパラディ側についていると考えると、無いかな❓

    なんだかグチャグチャで解らなくなって来ました😅

    でもエルディア復権派の再登場は近いうちにあるかな❓
    と予想します♪

    その辺りを整理する意味でも101話からはパラディ側の4年間も書かれるかも❓
    ですね😆

    希望的❗️観測です✨

    • 管理人アース より:

      101話からはパラディ側の4年間が描かれるのではという予想&希望は、本当に多く見られますね(*^^*)
      気持ちはむっちゃ分かりますが‼(笑)
      全く同じ気持ちです❗



      管理人アース

  9. 団長、こんにちは♡
    Twitterでもお世話になっております(/ω\)

    マガトが発した『悪魔に違いない』ですが、ヴィリーとの描写では『国民を犠牲にする私達は悪魔に違いない』に感じますが、マガトの目論みとしては『ヴィリーに対しても自分は悪魔に違いない』とも取れるかと思ってみました!

    マガトはこれまでのマーレのやり方に反して、巨人の力で世界を統治する事に嫌悪感を抱いている人間です。
    マガトが壁内と通じているとは私は思わず、あくまでマーレ側の立場かと考えます。

    マーレを変えて行くつもりでしょうから、『使えない幹部は特等席』なわけで、マガトが調査兵団と手を組んだならば、マガトが思うマーレは建国されないでしょう。

    マガトも、ヴィリーの世界から受け入れられている立場を利用した。
    そういう意味合いの『悪魔に違いない』という考えです。

    エレンとライナーの握手については、エレンが巨人化してもライナーがファルコを守ると思ったのかな…
    もしくは、自分が巨人化すればライナーも巨人化すると踏んだのか。
    その意図は読めませんが…

    ライナーがファルコに駆け寄ってはおらず、守ろうとしたとは思いますがむしろ、ファルコから駆け寄っていると解釈しました。

    皆さんの考察と同様、ライナーからファルコは鎧を継承すると思います。そして、ライナーのこれまでの記憶を見ることで壁内人類が、エレンが脅威ではないと分かり、調査兵団と共に世界と闘うのかなぁ、なんて思ってみました(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

    • 管理人アース より:

      >『ヴィリーに対しても自分は悪魔に違いない』
      まさにこれですね!
      マガトのこれからは要注意だと思っています。
      現代の「へーロス」になるのかなと妄想しております。

      >むしろ、ファルコから駆け寄っていると解釈しました。
      これ、おおぞらバードさんの予想と重なりますね!
      まさか捕食しに…(笑)
      101話が待ち遠しいです!


      管理人アース

  10. mint より:

    アースさん、更新お疲れ様です。

    アースさんや皆さんの鋭い考察を読んでいると、目から鱗が落ちるような感じです!
    握手のシーンを単純に、大義のためにお互いに同胞や無辜の民を犠牲にする覚悟を確認したものととっていましたが、エレン・ライナーとの対比で考えると、マガトとヴィリーの目的が最終的にすれ違うということはありえますね

    私もアースさんやリヴァイの嫁さんと同じく、マガトはマーレ側だと思います。
    巨人の力はマーレに対する攻撃を抑止していましたが、技術進歩とともに抑止力が低下し、その力に対する依存がマーレの進歩を阻害しているということと、
    たとえ首尾よく世界を巻き込んでパラディを倒しても、その後巨人をどうするかで絶対揉めるだろうということを考えると
    マガト(とその上官?)がヴィリーに話している以上の絵を頭の中で描いていてもおかしくないのかもしれません

    相手側の攻撃を誘発し、自分たちの被害を喧伝することで挙国一致を図ったり、他国の協力を得ることは古今東西よくある手ですが、実際全面衝突になれば、始祖巨人の力や近代兵器の力で双方に天文学的な被害が出ることも考えられ、あまりに短慮じゃないかと思います。
    マガトたちは他国の要人を守りながら適度な被害に抑え、世界の協力を集めてなおかつ総力戦には至らずにパラディを倒せるような作戦があるんでしょうか?
    パラディ側にしても、今月号のラストからすると戦争不可避って感じですが、いくらエレンが苛烈な性格でもパラディは長期戦では不利でしょうし、何か考えがあると思いたいのですが(-“-)
    戦争はするけれど、ほどほどで第三国に介入してもらって和平するとか?難しそうですが

    希望があるとすれば、ファルコがエレンとライナーの再会で二人の話を聞き、パラディ側の事情の一端に触れたことが、将来鎧を継承しライナーの記憶を受け継いだ時、双方のエルディア人の行く末の鍵になりそうなことでしょうか。

    • 管理人アース より:

      >ほどほどで第三国に介入してもらって和平するとか?
      これ、面白いですね!
      マガトやパラディとの勢力図的な考察記事を近々アップする予定ですので、また見てください!


      管理人アース

  11. 進撃の巨人に進撃されっぱなし より:

    考察いつもありがとうございます。

    /第三国の介入で和平
    なるほど。それが東洋の国、キヨミ様率いるアズマビト家になるのかな?
    なんだか話が世界を巻き込みどんどん壮大になってきました。最終回に向けてどう収集するんでしょう。先が読めません。見えるのは暗い闇です。やはりバッドエンドで終わるのでしょうか?「この世は残酷だから」がリフレインしています。やっぱり、救いのある終わりは望めないのでしょうか。まだまだ当分毎月この、ムズムズ感は続きそうですね。

  12. 進撃の巨人に進撃されっぱなし より:

    東洋の国=ヒィズル国ですね。ミカサもここでかかわっていくかもしれませんね。
    全く持って収集つかなくなると、ここでループ発動なって振り出し戻るになるかもしれませんね。妄想が止まりません。

  13. 巴里の恋人 より:

    団長殿、更新お疲れ様です。
    進撃の巨人の世界にどっぷりと漬かってしまい、調査兵団に入団すべく馳せ参じました。
    ここに来た目的は未回収の伏線ネタをひとつ残らず駆逐する事ですっ。

    では早速、両者の握手シーンに関する自分なりの解釈を述べたいと思います。

    まずエレンとライナーの握手ですが、99話冒頭の回想シーンにある開拓地で首を吊ったおじさんの件と被ります。
    ライナーは自分が壁内で起こした罪を全て告白した上で、エレンに裁いて欲しかったのではないでしょうか?
    エレンから手を差し伸べたのは、それを赦したと言う意思表示だと思います。
    これでほぼほぼライナーの役割は終わった気もしますが、任期もあと2年あるようだし、もうひと踏ん張りして欲しいです。

    マガトとヴィリーの握手(私達は悪魔に違いない)は団長の考察通りだと思います。
    ・・・ただ、マガトはそれ以上の悪魔だと思いますね(笑)

    それとひとつだけ気になった点があります。
    家の増築のシーンで元帥に任命されたマガトに100話で隊長と呼んでいるのは、単に時系列が違うだけでしょうか?
    それとも今回の劇で無能な上層部の粛清が完了したあかつきにはと言う事?

    戦槌の巨人の正体や他の巨人の立ち位置も含めて101話が楽しみです。

    • 管理人アース より:

      >今回の劇で無能な上層部の粛清が完了したあかつきにはと言う事?
      そういうことになりそうですね。
      今回も「新たな軍の再建もあなたの人選通りに党は判を押す手筈だ」と言っていますし、この時にマガトは正式に元帥となるのかなと。
      ただ、実質ヴィリーが全て通しているので、現在でも元帥のような感じでしょうが(笑)


      管理人アース

  14. 双子座流星群 より:

    ほぼ毎日の更新、ありがとうございます。
    本日(21日)の「マガトとキヨミ様の目的は」には全面的に同感です。

    ところで、握手と言えばキヨミ様とヴィリーも握手していましたね。

コメントを残す

このページの先頭へ