アニ・レオンハート

進撃の巨人のアニがエレンを連れ去った真の目的は?

「再登場したライナー、ベルトルトから彼らの目的を再考察!」を追加更新しました!

第29話「鉄槌」にて、女型の巨人であるアニはエレンを奪い去ろうとしました。

リヴァイ兵士長とミカサが奪い返さなければ、どこか(ライナーとベルトルトの故郷?)へ連れて行かれていたでしょう。

女型の巨人アニがエレンをさらおうとしたのは、第22話から始まり一度失敗しながらも第34話に拘束されるまで、実に13話に渡ってエレンを狙っていました。

なぜ、ここまでエレンを連れ去ろうとするのでしょうか?

その目的を考えることは、ライナー、ベルトルト達の目的を考察することに繋がります。

ここで、アニ達がエレンを連れ去ろうとする目的を考察してみましょう。

◆アニ、ライナー、ベルトルトの役割

26a3c503-s

「超大型巨人」であるベルトルトが壁にある扉を破壊し、アニが巨人を引き連れてくる役割を担っているようです。

もう一人のユミルに食べられたマルセルとライナーが、どんな役割なのかは分かりませんが、対巨人との戦闘も考えられていたのかもしれません。

ライナーの「鎧の巨人」は戦闘力が高く、ユミルの巨人は動きが素早いという特徴がありました。

アニも、対巨人との戦闘を前提にした動きが確認されています。

巨人化したエレンの頭を蹴りで潰し、うなじの部分を食べエレンを口に入れ奪い去るという動きは、もともと巨人化した人間との戦いと、うなじから奪い去る方法を考えていたようにも見えます。

このメンバーは壁内にいる、巨人化出来る人間を連れ去ることを前提に組まれたパーティーのように思えます。

◆アニ、ライナー、ベルトルト達の目的とは?

23989163

さきほどの話の通り、3人の目的は「壁内にいる巨人化出来る人間を連れ去る事」です。

それはアルミンが第27話にて「もし彼らが壁の破壊よりも重視する何かがあの時に起こったのだとしたら、それはエレンが巨人になって暴れまわったこと以外には考えにくい…」と話しています。

つまり目的である、「巨人化出来る人間」エレンを見つけたので、壁の破壊を中止したのです。

おそらくもともと、3人は王都にいる王家、もしくはレイス家を目指していたのではないかと思われます。

壁内にいる人間で巨人化出来るのはレイス家の人間だけであり、同時に巨人化出来る人間は「座標」を持っている可能性が高いと思っていたのではないでしょうか?

つまり、3人の目的は「座標」を持っている人間を連れ去るこという事です。

その証拠に、第57話にて、ハンジからライナーがエレンを他の巨人に食べさせようと投げつけてきたと、話ししています。

ハンジの言うとおり、ライナーは巨人化出来る能力と「座標」を、他の巨人に食べさせ移行させようとしていたのだと思われます。

そして、その後に人間になった状態で連れ去るつもりだったのでしょう。

しかし「座標」が発動したエレンに、逆に追い込まれてしまったので失敗してしまいました。

まだ謎が多い3人ですが、けっこう好きです。

これからまた話に戻ってきてくれるのを、楽しみに待っています。

◆再登場したライナー、ベルトルトから彼らの目的を再考察!

2016-05-13_115720

「LOSTGIRLS」最終話「Lost Girls」より

ここまでは2年前の3月に書いた記事となっていますが、今読み返しても間違っていない考察だったなと思えます。

現在は90話まで進んでおり、ライナーとベルトルトが再登場し、彼らの目的が「座標奪還」であることは確定しており、アニがエレンを連れ去った目的も間違いないでしょう。

ただ、ライナーとベルトルト、アニがエレン=「座標」を狙う理由をもう一度検証してみましょう。

これまでに進んだ「失われた歴史」の解明から、資源獲得のため、大陸の国マーレが「マーレの戦士」をパラディ島に送り込み、その戦士たちがジーク、ライナー、ベルトルトとなっています。

資源獲得には「始祖の巨人」が邪魔であり、奪還する事が目的となっていると考えられます。

ただ、管理人アースは可能性は低いのですが、違う可能性も残されているなと思っています。

それは、獣の巨人@ジークの存在です。

彼はライナーから「戦士長」と呼ばれており、マーレの7つ巨人のトップのような存在となっていると思われます。

そこからも、ライナーとベルトルトの上官のような立場であり、もともといたマルセル、そしてアニにとってもリーダー的存在だろうと考えられます。

ただ、そのジークが実際マーレの従順な一戦士なのかどうかは確認できていません。

そもそもマーレの資源獲得が目的であるのならば、「始祖の巨人」を奪還しなくてもベルトルトではないですが「壁内人類の全滅」で目的は完了すると思われます。
2016-02-08_030803

「進撃の巨人」第78話「光臨」より

しかし、あくまで「エレン=座標」を手に入れいることが第一の目的のように感じられます。

そして、ジークの「呪われた歴史に終止符を打つ」という発言も気になります。
2016-01-08_031652

「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より

そして続く「…もう終わらせよう」という言葉に、マーレの資源獲得が目的ではなくジークが別の目的をもっており、その為に座標を狙っているように感じます。

そのジークの目的に同調し、四足歩行型巨人を始め、ライナー、ベルトルトもジークの個人的な目的のために従っているのではないでしょうか?

これは、もしかしたら「7つの巨人」が誕生した理由に関係しているのかもしれませんが、それは現在でも全く分かりませんね。

「マーレの洗脳」かなとは思っていますが…妄想の域を出ません(笑)

それでは次に、ジークの目的を考察してみましょう!

◆7つの巨人を終わらせることがジークの目的なのか?

2016-01-08_031636

「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より

ジークの目的が「呪われた歴史に終止符を打つ」であり、その為に「座標を奪還する」のだろうと考察しました。

では、「呪われた歴史」とは何なのでしょうか?

ここからはほとんど妄想となりますが、ジークは7つの巨人と2つの巨人に分かれ、分裂している9つの巨人をまとめようとしているのではないかと考えられます。

現在のエルディア人の悲劇、そして無垢の巨人の生産は、全て9つの巨人の分裂に起因していると考えているのではないでしょうか?

分裂、そして大戦の歴史を「呪われた歴史」と考えているのではないかと予想できます。

そのため、「王家血統である自分が「始祖の巨人」を手に入れ、9つの巨人をまとめ上げる」…そう考えているのかなと、管理人アースは思っています。

その考えにライナー、ベルトルト、四足歩行型巨人は同調し、協力しているのではないでしょうか?

ただ、アニがジークに同調しているのかどうかは、分かりませんね。

アニの目的は父親のためというのがあるようですし、その父親のポジション、目的は分かっていません。

ただ、「父親のためにマーレの戦士となりジークの指示に従っている」のは間違いないでしょう。

アニの真の目的である父親の目的、そしてジークの目的…

明らかになるのが待ち遠しいです!\(^o^)/

【進撃の巨人LOSTGIRLSネタバレ1話(アニ外伝)の考察まとめ!】
【進撃の巨人のアニが女型の巨人を示す伏線まとめ!】
【アニがアルミンをなぜ殺さなかったのか?理由を考察!】

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. はっとぷ より:

    トロスト区襲撃後の壁外調査時に女型を使ってエレンを捕まえようとしたのを「エレン連れ去り作戦(1)」、
    ウドガルド城戦後にライナーとベルトルトが正体を現しエレンとユミルを攫ったのを「エレン連れ去り作戦(2)」とします。

    作戦(2)については、ライナーが場当たり的に行動に移した不完全な作戦ではあったものの、このまま壁内潜入を継続しても始祖の巨人に辿り着くのは難しいことは明白になっていた状況の中で、現在の壁内王家が偽物であり他人種系エルディア人が中枢を仕切っているという情報とともに、失った顎(ユミル)と行方知れずになっていた進撃(エレン)を捕えてマーレに帰還すれば、それなりの評価を得ることができると予想されるので、作戦の目的は分からないでもありません。
    ジークが姿を見せたことで、作戦はそのまま継続されそうなことも分かっていたことだし。

    ところが作戦(1)については、当時は「巨人化能力を有することが判明したエレンを捕えるため」と何となく納得していましたが、ライナー達の経緯と目的が明らかになった今となっては、あれはいったい何の目的で動いたのか、まったく理解できません。
    あの時点でエレンは進撃だけでなく始祖も宿しているので、作戦(1)でエレンを捕えるのに成功し、マーレに連れて帰れば、「始祖の奪還」というライナー達の目的は達成となりますが、あくまでそれは結果論です。
    当時のライナー達は、エレンが巨人化能力者であることを知ったばかりの段階。
    それまでの付き合いからエレンが王家の血筋でないことは分かっているので、あの巨人が始祖である可能性はほとんどゼロであり、他の7体の巨人の所在は分かっているのだから、エレン巨人は行方知らずになっていた進撃であることは確証されていたはずです。
    非常に低い確率で、失った顎であるかもしれないけど、15mの体高からしてそれも考えにくい。
    つまり、作戦(1)においてライナー達は、「進撃を宿しているエレン」を攫いにかかったわけです。
    始祖の奪還を目的に壁内に潜入し、5年も耐えた彼らにとって、進撃の奪還なんて枝葉に過ぎません。
    あのタイミングで派手に動いてエレンを捕えてマーレに帰ったところで、彼らにメリットはない。
    顎を失って-30点、進撃を回収して+20点、壁内のフリッツ王が替玉で真の王家は別にいるようだというところまで明らかにして+10点、5年もかけてこの程度の成果しか挙げられなかったので-20点、一連のミッションはトータルでマイナス点なので、あのままマーレに帰ったら3人とも巨人剥奪、要するに死刑になるのは明白です。
    作戦(1)は、アニが憲兵団に潜入できることとなり、始祖を引き出すのに使えそうな進撃の所在が明らかになったタイミングなのだから、調査兵団内でいつでも目の届く所にエレンを置いておけば、ゆくゆくは始祖奪還の成功に進撃の回収というおまけまでつけられるかもしれない、という状況です。あそこでリスクを冒して派手に動くなんて、あり得ません。

    私の疑問など、ディープなファンの間ではとっくに結論の出ている話なのだろうと思っていろいろ調べてみましたが、始祖もマーレも出てきていない段階での、今となっては間違った憶測しか見当たらず、私の疑問の答えには辿り着くことができませんでした。
    アースさんの考察も、途中で止まっているようです。
    ほとんどの情報が出そろった現段階で振り返ってみて、作戦(1)はどういうものだったとお考えですか?

    • >あそこでリスクを冒して派手に動くなんて、あり得ません。
      もっともな考えだと思います。
      おそらくは「進撃」だと判断しての行動だと思います。
      女型でエレンを回収し、そのままマーレに戻ろうとしていたのかなと。
      LOSTGIRLSではそのように描かれているので、そうなのかなと判断します。
      ライナーの精神的負担、アニとの確執からも「進撃を回収して帰ろう」という決断だったのかもしれませんね。
      この辺りもスピンオフなり「完全解説本」で触れてほしいところです。
      ただ、11巻か12巻冒頭でライナーとベルトルトが巨大樹の上で会話するシーンで「もしエレンが座標持ってなかったらもう一度来よう」みたいな事を言ってたような…ヒストリアを保険にする会話で。
      この辺りも見直したいですね。

      管理人アース

      • はっとぷ より:

        頂いた返信を読んで、記憶があいまいだったので2巻から12巻までライナー達に絡む箇所を流し読みして確認してみました。

        作戦(1)の頃については、特に彼らの目的が窺えるような箇所はありませんでした。

        作戦(2)の頃については、10巻の終盤から12巻にかけてヒントがありました。
        ウトガルド城後の壁上での会話でベルトルトが突然「そうだよライナー、故郷だ、帰ろう。もう帰れるじゃないか、今まで苦労してきたことに比べればあと少しのことだよ」と発言しています。
        これは、ユミルが顎を宿していることが分かった直後のことであり、その前にはクリスタがウォール教の重要人物であることが判明しています。
        さらに12巻序盤の巨大樹上での会話で、ライナーが「俺たちの探している座標がエレン自身でなければ、俺たちの任務はまだ終わらない。そんなときにウォール教の一族の重要人物であるクリスタがこっちにいれば、今よりずっと探しやすくなるはずだ」と言っています。
        これらのことから、ライナー達はエレン宿しているのが始祖である可能性が低からずあると見ていることが分かりました。
        また、外の世界と5年間遮断されてきた彼らの前にジークが応援に現れたこと、失った顎を特定できたこと、ウォール教の重要人物としてクリスタが利用できそうだと分かったことから、それらを土産にマーレに帰れば、もしエレンが始祖でなく進撃だったとしても、充分に合格点を貰える状況に漕ぎ着けたから、ベルトルトは「もう帰れる」と言ったのでしょう。

        一方、作戦(1)の頃を振り返ってみると、トロスト区で巨人からエレンが出てきたのを見たライナー達は、「壁の中にいる巨人化能力者」ということで、まず最初に「ついに始祖を発見した」と思ったことでしょう。
        その後、冷静になって考えてみると、エレンは王家の血を引く者ではないから、経緯は分からないが行方知れずになっていた進撃を巡り巡って継承している可能性が高いのではないか、と推察したと考えられます。数字にして、進撃85%、始祖15%くらい。
        では、身近にいるエレンは泳がせておいて始祖の調査を続行し、エレンが始祖だと判明すればそれで良し、始祖が他にいれば始祖と進撃をダブルで奪還という方針がベスト、ということになったでしょう。
        ところが、3人の中で最も生きて故郷に帰りたいアニが反発。僅かでも始祖の可能性があるエレンを攫って帰ろう、と主張したのではないでしょうか。
        当然、ライナーは反対したものの、アニはソニーとビーンを殺して騒ぎを大きくし、ライナーもアニの提案に乗らざるを得なくなってしまった、と。
        恐らく、エレンを攫って帰るのはアニだけ、ライナーとベルトルトは残ることにしたのでしょう。
        以前から、無垢の巨人をハンジが調べたところで、うなじの弱点以上の情報が得られるとも思えず、アニが危険を冒してまでソニーとビーンを殺す動機が分からなかったのですが、こう考えると辻褄が合うと思います。

        このあたりのスピンオフ、見たいですね。
        あと、エレン・クルーガーが進撃を継承する経緯とか。
        あと3話で終わってしまうと思うと、寂しいものです。

        • >このあたりのスピンオフ、見たいですね。
          LOSTGIRLSや本編でかなりライベルアニについては掘り下げられましたが、突き詰めるともっと知りたくなりますよね。
          クルーガーに関しては、もっと情報欲しいです(笑)
          スピンオフか完全解説本のような形で、補完して欲しいですね。

          管理人アース

  2. ウニ型の巨人 より:

    結果論ですが、今になって思えば女型ちゃんがエレンとの初戦、エレンを連れ去るんじゃなくて噛んで飲み込んじゃってれば、全ての(始祖、進撃含め)知性型巨人を得てマーレに凱旋できたんですね。もちろん主人公死んじゃうけど、なぜあそこで飲み込むんじゃなくて連れ去ろうとしたんですかね。座標じゃないにしても進撃だけでも奪えれば御の字だと思うんですが

  3. コニーのイエーがー より:

    初めてコメントします。

    いつも興味深く拝見してます。

    ジークの目的が呪われた歴史を終わらせること、
    9つの巨人をまとめあげることにあることだとすると気になることがあります。

    それは、目的がそれなら、壁内人類の滅亡は必要ないように思われるからです。

    ウォール・マリア奪還戦で、ベルトルトはアルミンにエレンの引渡しだけじゃなく、壁内人類の滅亡も要求してましたよね。

    今後の展開が気になるところですが、仮にジークが単にマーレの戦士でなく、ジーク固有の目的があるのだとすると、再び力ずくでエレンを奪還しようとするのか、あるいは、説得なりして引き入れようとするのか
    エレンはどうするのか、エレンとエレンとの周囲の関係はどうなるのか
    敵対関係に変化がいろいろあるかもしれませんね。

  4. まったりさん より:

    このコメントは物語りに全く関係ないのですが、アニが初めての巨人化のときは女形だったのかな。
    エレンの描写もそうですが、巨人の能力を継承しても見た目はさほど変わらないようなので、通常巨人化も女形だったのかな?   もしそうならかなりレアですよね(笑)

    • 管理人アース より:

      まったりさんさん!

      コメントありがとうございます!

      たしかにレアですね!
      女型にも、何か意味があるかもですね!

      よろしくです!

      管理人アース

  5. えす より:

    アースさんお疲れさまです。

    アニは明らかにライナー達とは違う背景が有りますよね。 父親が壁内待機組だったとしても、潜入の背景やその後の連絡手段は一体?と言うのが有りますし…。 もしや、序盤に『鳥』の存在が自由の象徴的に描かれているのって、何かしらの伏線、例えば壁内と壁外を繋ぐ伝書鳩の様な手段だつたりとかなのかも知れないなと。 クルーガーもフクロウとしての活動にその手段を用いていたとも考えられますし…それでもアニ父もしくはその前の代がどうやって、と言う謎は残るんですけど(笑) ライナーの言葉からも、何かの理由でその立場を疑われ、試されている様な存在っぽいですよね。
    果たしてアニが目覚めて現状を知り、どういった行動に出るのかも気になります。情報を吐くのか、使命に殉ずるのか。いずれにしても彼女の未来は厳しいものになるのでは、と思ってます。

    個人的にはとても好きなキャラクターなので、結末が悲劇でも彼女の心の中で何かが報われる、位の救いを与えてあげてほしかったりしますね。

    • 管理人アース より:

      えすさん!

      コメントありがとうございます!

      >『鳥』の存在が自由の象徴的に描かれているのって、何かしらの伏線
      伝書鳩は面白いですね!
      たしかにそれなら壁外、マーレとも連絡が取れていたかもしれませんね。

      >結末が悲劇でも彼女の心の中で何かが報われる、位の救いを与えてあげて
      ですね。
      間違いなく再登場すると思われるので、ただただ、少しくらいの救いを、と思いますね。

      またよろしくです!

      管理人アース

  6. 進撃のデブ より:

    アースさん!返信ありがとうございます!
    やっぱりアニメの女の子はアニでしたか。この前久々にアニメ1話と2話を友達と見てて、僕が何でアニいるんだろう?って言ったら、友達が違うだろ!って言って、分からないままでした💦
    他にも色々とアニメは原作と違って来ますね!それも面白いですよね!

    • 管理人アース より:

      進撃のデブさん!

      コメントありがとうございます!

      アニメではいろいろ改変があり、それも面白いですね!
      4月から始まる2期アニメが、今は非常に楽しみですよ!

      またよろしくです!

      管理人アース

  7. 進撃のデブ より:

    アースさん!こんにちは!
    とりあえず、アニはリヴァイと、ミカサから逃れたら、ライベルとエレンユミルの時みたいに、巨大樹の森でお話をしようとしていたとだと思います。
    また、アニは元々は7つの巨人じゃなかったが、ジーク側に協力していて、マルセルが喰われたので、かわりに壁内に派遣されたのかなって思いました。かなり無理やりな予想ですが…(笑)

    • 管理人アース より:

      進撃のデブさん!

      コメントありがとうございます!

      >マルセルが喰われたので、かわりに壁内に派遣されたのかなって
      あ~、面白いですね!
      845年の壁ドン時に女型の巨人が登場しなかった理由が、これで解決できますね!

      ただ、アニメですとアニは登場しています。
      2015-11-21_185457

      この辺りが原作に反映されるのかは分かりませんが、アニメですと壁ドン時に既にアニが壁内に侵入している事になっていることは覚えておいた方が良いかもです。

      またよろしくです!

      管理人アース

管理人アース へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です