最新話考察

【進撃の巨人】131話登場ライナーからエレンの心情を考察!再会展開も予想!

130話で明らかとなったエレンの心情ですが、現在展開している地鳴らし決行に至るまでに、かなり揺れ動いていた事が分かりました。

特にラムジーを助けるまで一人街を彷徨いながら「オレが殺すんだ…」辺りは、たまんなかったですよね!

そして助けた後の「オレも同じだったよライナー…」「半端なクソ野郎だ」は、エレンの心情を見事に表していると感じます。

ただ、エレンとライナーのどこが具体的に同じだったのか?

エレンとライナーのどこが半端なクソ野郎と、エレンは感じたのか?

二人が同じであれば、これから先の二人の展開はどう予想できるのか?

検証してみましょう!

◆131話登場ライナーからエレンの気持ちを今一度考察!

「進撃の巨人」第131話「地鳴らし」より

131話でライナーを思い出すエレンの心情とは?

131話でエレンの揺れる心情が描かれている場面で、エレンは「オレも同じだったよライナー」と、ライナーを連想する描写が登場しました。

この時の描写は、10巻42話のライナーですよね!

「進撃の巨人」42話「戦士」より

131話で「半端なクソ野郎だ」と自分を卑下するエレンの表現も、10巻のライナーから引用していると思われるので、間違いないでしょう。

エレンはこれから自分が地鳴らしを起こし、大陸の人々全てを殺す未来を知っています。

それでも目の前のラムジーを助けてしまう自分と、殺すべき壁内人類なのに仲間として認識してしまうライナーを重ね「半端野郎」と評したのでしょう。

たしかに10巻までのライナーと131話エレンの心情は、全く同じでしょう!

「進撃の巨人」裏の主人公はライナーか考察!では、エレンとライナーは表裏一体だと考察していましたが、まさに今この考察は当たっていたなと感じています。

そしてエレンとライナーの「同じ」と言えば、25巻での二人の会話ですよね。

25巻99話と100話で、エレンは「お前と同じだよ」を何度も連呼していました。

今読み返すと、その意味がさらに分かるような気がします。

131話を踏まえ、25巻でのライナーとエレンの会話を見直してみましょう!

131話を踏まえ25巻エレライの会話を今一度検証!

「進撃の巨人」第99話「疾しき影」より

99話で、ヴィリーのパラディ島脅威論を聞いたエレン。

ライナーに、島に来て壁を壊した理由が「世界を救おうとしたんだろ」と尋ねます。

さらに100話で踏み込んで尋ね、ライナーから「世界を救うことが目的だった」と聞き出すと「仕方ないよな」と頷きます。

「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より

この辺りのエレンの言葉を読み返すと「そのままの意味だったんだな」と感じますよね。

本気でライナーの立場に立ち「仕方がなかったよな」と認め、許しているのだと感じます。

そして「ずっと苦しかっただろ?」とズバリ聞きます。

ここは131話を踏まえて読むと、完全に自分を重ねているのが分かりますよね。

仲間と自分の為に地鳴らしを起こす事に苦しでいる自分がこれだけ苦しんでいるのだから、世界を救うために壁を壊したライナーの苦しみは計り知れないだろうと。

しかしそれを聞いたライナーは「違う」と否定し、「自分が英雄になりたかったからだ」と言い「自分の為だった」と涙ながらに説明します。

それを踏まえエレンは、それまでにも何度もリフレインしていた「やっぱりオレは…お前と同じだ」と言いライナーと握手をします。

「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より

ここも131話を読み返すと、意味が変わって読めますよね。

ライナーが壁を壊したのは「世界を救うため」という大義がありながらも保身と「英雄になりたい、尊敬されたい」という自分の欲もあった、と独白しています。

エレンの中にも「島の仲間の為に地鳴らしを起こしているれど、実は自分が欲している自由のため」という気持ちがあるはずです。

ライナーは、世界の為という大義と自分の欲のために島を蹂躙した。

エレンは、島の為という大義と自分の欲のために世界を蹂躙した。

まさに表裏一体であり、「同じ」ですよね!

少なくとも、この時エレンはそのようにライナーを見ていたのでしょう。

131話を踏まえて読み返すと、100話時点での読み方とだいぶ変わりますよね!

エレンは本気でライナーと自分を重ね、寄り添ったのだろうと感じます。

ライナー側としては、裁いて欲しかったのかもですが…(・_・;)

さらにエレンは泣きながら「俺を殺してくれ…消えたい」と言うライナーに、地鳴らし達成後の自分を見ていたのではないか、とイメージします。

この時のライナーとの会話はエレンにとって、現在でも残っている地鳴らし後の自分のイメージでしょう。

おそらく回収される伏線場面とも考えられます。

◆エレンとライナーの再会展開を予想!

「進撃の巨人」第104話「勝者」より

巴里の恋人さんからコメントをいただいております。

104話で「今はライナーを殺せやしないだろう」の場面も、ライナーとなにかが起きる事を未来の記憶で見ていている可能性があります。
とても重要な場面だと思うので、この伏線は近々回収されるかもしれませんね。

26巻104話での、エレンのセリフですね。

もちろんそのままの意味で「もう力が残っていないのでライナーを倒せない」という意味にも取れますが、エレンが未来を知っていると分かっている今読み返すと「またライナーと対峙する未来を知っている」事を踏まえてのセリフにも受け取れます。

「またライナーと会うからここでは倒せない」という意味にも感じますよね!

巴里の恋人さん!

素晴らしい考察をありがとうございます!

Twitterともども、今回の記事ではかなりお世話になっております(*^^*)

いつもお世話になっておりますがm(_ _)m

さて、この巴里さんのコメントから131話以降の展開でエレンとライナーが再び会うだろうと予想できました。

さらにエレンの中には、地鳴らしを起こした後の自分を25巻のライナーと重ねていると察せられます。

ここから、どのような再会展開が予想できるでしょうか?

管理人アースは、ライナーとエレンが再会する場面は「座標」だとイメージしています。

この辺りはアルミンが座標で少年エレンに会った意味とは?でも予想しているので、見てみてください!

おそらくエレン・ストッパーズが、座標でエレンと対峙する展開が来るでしょう。

これが、ほぼ最終展開だとイメージしています。

そこでエレンはライナーを見ながら言うのではないでしょうか?

エレン
「苦しい。苦しいさ。みんなの為にやった地鳴らしだけど自分のためでもあった。やるしかなかった」
「お前なら分かってくれるだろ?ライナー」
「この地鳴らしが終わったら…殺してくれ。殺して欲しい」

まさに、25巻のライナーのリフレイン展開がこれからの展開で来るような気がしますよ!

今回の考察で131話のライナー描写から、このように予想できました!

  • 25巻のエレンとライナーの会話は、自分とライナーをそのまま重ねていた
  • エレンとライナーの再会場面で25巻のリフレイン展開が登場する
  • エレンとライナーの再会展開が登場し、このような展開が登場するのか?

    要チェックですね!\(^o^)/

    進撃の巨人最新話ネタバレ考察!全伏線を完全網羅【全話】 伏線や謎が多く張り巡らされた作品である進撃の巨人。 進撃の巨人を楽しむためには、あらゆる角度から伏線を考察したりするのが欠...
    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    評判&口コミ公式ページ

    \無料キャンペーンあり/

    VODランキングはコチラ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. ユミル・イェーガー より:

      度々失礼いたします。

      >ライナーは、世界の為という大義と自分の欲のために島を蹂躙した。

      エレンは、島の為という大義と自分の欲のために世界を蹂躙した。

      まさに表裏一体であり、「同じ」

      この団長の考察・・
      今更ですが、ホント素晴らしいですよね。

      これって、「がっかり」の心情描写にも掛かっている考察じゃないですかね。

      これまでライナーとある意味『同じ』心情とする道を歩んできたエレン。
      ライナーは自己嫌悪の末、ライフルを口に咥えました。
      エレンも自己嫌悪の末、地ならしの道を選ぶという行動に出ました。
      そしてライナーは週末の夜に仲間に贖罪し、ジャンの怒りを受け止めました。
      エレンも、自身の心情を正直に仲間に見せるコト(あ・・コレ皆で「記憶ツアー」中が前提)によって、仲間たちからの断罪を受け入れようとしているのかと。

      座標でのエレライ再会・・楽しみデス。

      • >仲間たちからの断罪を受け入れようとしているのかと
        この展開が来ると、まさにエレンとライナーは表裏一体になりますね!
        再会展開で本当の意味でアルミンとは違った意味で「かけがえない仲間」になれると思うのですが…
        再会場面、早く見たいです!(*^^*)

        管理人アース

    2. ユミル・イェーガー より:

      こんにちは。

      ライナーとの再会・・

      その予想を含む今後の展開予想をして投稿してみたのですが・・・
      上手く送信できずにいます・・・

      ズバリ当たりすぎちゃって、講談社さんにブロックされちゃったのかも(笑)(笑)

      • >上手く送信できずにいます・・・
        そうなんですね(;´Д`)
        またぜひ!

        管理人アース

        • ユミル・イェーガー より:

          やっぱり・・
          何度チャレンジしても、この予想コメントだけは・・ハジかれてしまいます(泣)

          • ええ、そうなんですね。
            もし良ければ今新しい考察記事を公開しました。
            ここではユミル・イェーガーさんのコメントを使わせてもらっています。
            良ければこちらに書いていただけばm(_ _)m
            よろしくです!m(_ _)m

            管理人アース

    3. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

      団長殿、いつも更新お疲れ様です。

      こちらこそいつも大変お世話になっております m(__)m
      自分の考察記事を取り上げて頂き有難うございました。

      今思うとエレンにとってライナーは訓練兵団時代から頼れる兄貴分と言った存在だったのだと思います。
      例の裏切り事件が勃発し連れ去られる際に見せたエレンの悔し涙は、今でもはっきりと脳裏に焼きついています。

      舞台がマーレ編に移ってからは、すっかりライナーも弱々しくなり強弱の関係が逆転してしまったように感じますが、それでもエレンはずっと戦士としてのライナーをリスペクトしていたんですね。
      131話を読んだ後に25巻を読み返すと、エレンのライナーに対する想いがひしひしと伝わってきます。

      ひとつだけ気になっている点は、ライナーが「そう言う事だったのか」と言ったエレンの「お前と同じだ」の意味を本当に咀嚼出来ているのかどうかですね。
      ここまでしっかりと伏線が回収されているところを見ると、ライナーが本当にエレンを止めに行く事が出来るのかと言う不安も出てきましたよ。

      ただ、ライナーは幾度も死線を乗り越えてきたのも、エレンとの再会を果たす為なのでしょう。
      座標で2人が固い握手を交わす場面が見たいところですが、間違ってもマガトとキースのような最期だけは見たくないですね(涙)

      • >ライナーが「そう言う事だったのか」と言ったエレンの「お前と同じだ」の意味を本当に咀嚼出来ているのかどうかですね
        おそらく現在のエレンが地鳴らしを実施するまでどれだけ葛藤していたか、とかまでは分かっていないのではと感じます。
        なので、ライナーがキッチリ理解する場面が来るかも、とも感じています。
        まだエレンと対峙するライナーの展開がぼんやりなのですが、けっこう大きなイベントとして割かれるかもと感じています。
        アルミンほどではないかもですが、エレンとライナーにはキッチリ語り合って欲しいですね(*^^*)

        管理人アース

    4. HN忘れた より:

      団長の予想の、
      「この地鳴らしが終わったら…殺してくれ。殺して欲しい」
      は、エレンが巨人を次に承継することも含めて「ある」ですね。

      このエレン、ライナーの会話を生で聞いていたのですから、やはりファルコの役割は大きいですね。
      地鳴し、ライナー・エレン退場後の世界で、この真実を伝える語り部のような役割もあるのかな、などと思います。

      • ファルコの進撃継承ありますかね?
        う~ん、たしかにその展開ありそうにも感じますが、諫山先生なのでここは…(・_・;)
        ただファルコの進撃継承は頭に入れて置かなければですね!(*^^*)

        管理人アース

    5. 和銀 より:

      こんばんわ🌓アース団長 暑いなか記事とお仕事をお疲れさまです これでお前はオレと同じは綺麗に回収されたのではないでしょうか?でもライナーはどこまで気がついてるのか?進撃の巨人が未来が見えるのを知っているのは読者と座標にいる三人だけです(多分ヒストリアもですが) アルミンがそれに気がついてトロスト区作戦の様にエレンを起こし立ち上がらせるにはもう1つ情報が足りず フロックも聞かされているのか? 聞かされていれば登場はあるかもですが
      もう1つリヴァイ兵長座標行った説も推したいのですが アルミンがどこまで座標に迫れ エレンを何かしらの呪縛から(私見です)解き放す策を考えるのか 期待したいです‼️もちろんライナーは必要なんだと思いますその時の為に はっ!

      • いつどのように進撃の能力を知るのか、これも要チェックですよね!
        やはりハンジとアルミンが知る必要があると思いますし、それはキヨミ様からなのかな?
        それとも?
        ここは要注意ですね!(*^^*)

        管理人アース

    6. セリヌンティウス より:

       今回エレンの「同じだ」発言の意味をきっちり回収してきましたね。 確かに同じと思うのに十分な背景を見ることが出来ました。 少年との触れ合いを通して。 
       一方でライナーは壁の中の住人が悪魔じゃなくてガッカリした? のでしょうか。 ライナーは壁の中に外と同じ人の営みを見出し、ひょっとすると外で築いたよりも強い人との絆を作ってしまいました。 罪悪感に苛まれこそすれガッカリという表現は微妙に外れる気がします。 この辺がエレンが本物の化け物たる所以とも感じます。

       エレンはライナーと同じであり、本物の化け物であり、、、そして、きっと巨人を一匹残らず駆逐して、ミカサに何度でもマフラーを撒いて、世界を救うのはアルミンになる。 すでに結末は示されている??読み返すたびにこの思いが強くなります。

      • >すでに結末は示されている??読み返すたびにこの思いが強くなります。
        今回のエレンの心情を読み「全部明かされたのかな?」とも感じ、結末も示されたようにも感じます。
        いっぽうでジークや始祖ユミルがどう絡むのか?キヨミ様は?とかも感じます。
        示された結末がどのようなシチュエーションで提示されるのか、そこがまだ分からないですよね!
        これからもじっくりと追いかけたいですよ(*^^*)

        管理人アース

    7. コダヌキオタヌ より:

       失礼致します。コダヌキでございます。記事作成お疲れ様です。

       エレンとライナーが表裏一体の関係との考察に同感です。エレンとライナー、エル
      ディア帝国とマーレ国、マーレ国と楽園。表裏一体の関係性に於いて、それぞれがリ
      ンクしているように見えます。エレンとライナーは疑似兄弟のようでもあります。

       99・100話を読んだ当初、エレンは楽園を救う“建前”の裏に、何にも邪魔さ
      れずアルミンと外の世界を自由に旅する為にマーレを攻撃するという“本音”を持っ
      ているのかと考えていました。エレンはこの世に生まれた以上、自由に生きたいのだ。
      英雄になりたい、自由に生きたいという“本音”の為に他者を殺戮する二人が「同じ
      だ」という意味なのだろう。そう考えていました。
       「同じ」血を持ちながら互いに生存権確保の為に戦っていたエレンとライナーがい
      る地下室、「同じ」人間同士が虐殺と略奪を繰り返した歴史を説明する地上のヴィリ
      ー、その地上を治めるマーレはかつてのエルディア帝国と「同じ」愚行を繰り返して
      いる。三者の「同じ」がエレンの「やっぱり、オレはお前と同じだ」に帰結している
      ように読めました。ヴィリーの「生まれてきたくなかった」から観衆の歓声や拍手に
      至り『進撃』が出現する迄の場面に、悲しくなったという意味で感動したのだと思い
      ます。
       ですが131話、鳥目線で「自由だ」と言うエレンは悪い意味での自由な状態です。
      まさか「壁の外で人類が生きてると知って がっかりした」とエレンが言うとは予想
      外で・・・。自由に生きるのがエレンの“本音”ではなく、他者との関係から解放さ
      れる自由を得る為に地鳴らしするのが“本音”だとしたら・・・。同じ場面を数年後
      に読むと違う話に見えるのが【進撃】の醍醐味ではありますが、99・100話での
      エレンの印象が変わりそうです。

       全て消し去ってしまいたかったと言ったエレンと違い、ライナーは壁内人類が悪魔
      でないと知っても彼らを全員殺そうとはせず、エレンを確保して島から出ようとして
      いました。二人の違いです。再会したエレンに「殺してくれ」と懇願されたライナー
      が、「お前にはミカサやアルミンがいるだろ!即刻地鳴らしを止めて自分で責任を取
      れ!」と兄貴分らしく諭してくれると良いのですが。

       失礼致しました。

      • >全て消し去ってしまいたかったと言ったエレンと違い、ライナーは壁内人類が悪魔でないと知っても彼らを全員殺そうとはせず
        そう、たしかにここは違いますね。ライナーとエレンの違いかなと。
        エレンはそれでも壁を壊したライナー、という感じですね。

        >「お前にはミカサやアルミンがいるだろ!即刻地鳴らしを止めて自分で責任を取れ!」
        カッコいいライナー見たい!
        こんなエレンとライナーの会話も見たいですね(*^^*)

        管理人アース

    8. ユミル・イェーガー より:

      団長、記事更新お疲れ様です。

      25巻エレライ会話考察・・・
      お見事!!
      一言一句同意致します!!

      再会展開については、
      また後ほどコメント入れます。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です