ネタバレ考察

進撃の巨人104期生をナンバリングから考察!

第88話「進撃の巨人」を踏まえ、追記しました!

「主人公はベルトルト」さんから面白い考察をもらいました!

104期生を1から12にてナンバリングし、相関関係を考察しています!

ここで紹介し、検証してみましょう!

最後に汐さんのコメントを追記しています!

面白いので見てみてください!

◆主人公はベルトルトさんの104期生ナンバリング考察!

^086EFE9CB90D5607D258339CECA371FF8BF10F6326487B8172^pimgpsh_fullsize_distr
主人公はベルトルトさんからこのようなメッセージをもらいました!

いつも記事を楽しく拝見させて頂いております。
「主人公はベルトルト」と申します。
まず、画像をご覧頂きたいのですが、
作者により、104期の12人のキャラにナンバリングがしてあると予想しているのですが、
円の様に並べた時、1~6と7~12が表と裏の様になっているのではないかと考えています。
例えば、2巻の建物の中で、巨人をしとめ損ねたのが、コニーとサシャ、それを助けたのがアニとミカサ。
ミカサ2はエレン1に執着しているが、反対側ではベルトル12がアニ11に執着している。
12巻ラストでユミルがベルさんを助ける。
その後、クリスタは鎖につながれたエレンを助ける。
ジャンを馬車の上で救ったのはアルミンでミカサも助けようとしていた。
逆にマルコを殺したのはライナー、アニも加担。(ベルトルは見てただけ)
壁に穴を開けたのはベルさんで、塞いだのはエレン。

表と裏では行為の矢印が逆だったり、その行為が逆だったり、
(救うと殺す)行為も矢印も一緒の場合もあります。

もちろんこの理論で説明つかないこともたくさんあるんですけれど。
物語の流れを決めるような104期の行為にはこの相関がたくさんみられます。
足して13になるペアは基本的にソリが合わないが、
数の差が少なくなる程、そうでなくなる。

またそのペアリングは性格も資質も逆になっている事が多い。
(アニミカサ、コニサシャはかぶってる。)

また、足して13になるペアほど印象的なシーンが多い様に感じています。
一巻の表紙は1+12です!
姿勢制御のコツを聞きにいったとき、エレンとアルミン、ライナーとベルさんでした。
この二つのペアリングの関係性は特に似てると思いませんか?

そして今後の予想なんですが、
1巻でエレンがアルミンを巨人の口から救っていたので、逆に、ベルトルがライナーを救う。という展開になって欲しいと思っています。
(もうなりかけてますが。)
また、エレンがミカサを誘拐から救ったように、ベルさんにアニを助けに行ってほしいと思っています。
(そして戦士長のなんらかの力を使って、遠いどこかで二人でひっそりと暮らして欲しい)
エレンとミカサの結びつきは強いですが、今のとこベルさんとアニの結びつきは弱いんですよね。
これも表裏の対比と言えばそうなっちゃいますが。
あと、ジャンがミカサを好きだから、マルコはアニが好きだったのかなぁとか想像すると、勝手に泣けてきます。

以上のような考察をもらいました!

かなりスゴイ考察で、ハッキリ言ってヤバイレベルにまで達していると思います!(笑)

作者によってナンバリングしたのではないかという予想はスゴイです!

それでは検証してみましょう!

◆管理人アースによる104期生ナンバリングを検証!

^257E0792771E56256AC3BF2CE29E1B96E4451B49916F120B64^pimgpsh_fullsize_distr
要はこういう相関関係にあるということですね!

さらに一例を取り上げてペアリング等を図に書くとこのような感じでしょうか?
^086EFE9CB90D5607D258339CECA371FF8BF10F6326487B8172^pimgpsh_fullsize_distr

主人公はベルトルトさんによって挙げられている検証は、その通り正しいと思います!

このナンバリング考察スゴイですね!

とくに「2巻の建物の中で、巨人をしとめ損ねたのが、コニーとサシャ、それを助けたのがアニとミカサ」「壁に穴を開けたのはベルさんで、塞いだのはエレン」という考察がスゴイと思いました!

そういう見方すらした事がなかったです!

これはスゴイです!

「足して13になるペアは基本ソリが合わなく、印象的なシーンが多い」も面白いですね!

1巻の表紙にもなっている名場面はエレン1+ベルトルト12で確かに13です!
01

「進撃の巨人」第1巻表紙より

ちなみに物語のキリにもなっている12巻の表紙はエレン、ミカサ、アルミン、ユミルの表紙で、1+2+3+7で13になります!
012

「進撃の巨人」第12巻表紙より

これは偶然でしょうか!(笑)

アルミンではなくヒストリアではないかと、脳内絶賛進撃中!さんよりご指摘があり、これは不成立となりますm(_ _)m
脳内絶賛進撃中!さん!ご指摘ありがとうございます!

さらに姿勢制御のコツを聞きにいった時のペアが、エレンとアルミン、ライナーとベルさんでしたとありますが、主人公はベルトルトさんの言う通り、似たペアリングだと思います。

しかもこの4人は、1+3+10+12で26となり、これは13×2です!

これも偶然ですか!?(笑)

これ、すごすぎですよ!

次に予想されていた展開を検証したいのですが、エレンがアルミンを救ったようにベルトルトがライナーを救う展開になるとすれば、ライナーは助かり、ベルトルトは第4話のエレンのように身代わりになるのでしょうか?

う~ん、ライナーはここで死亡退場かなと管理人アースは予想しているので、どうかなと思いますが!(――;)

ベルトルトがライナーを捕食してベルトルトの中でライナーは生き続け、そういう意味で「助ける」という展開かもです!(笑)

【追記】
第84話にてライナーを助けたベルトルトが身代わりとなり死亡しました!

主人公はベルトルトさんの予想通りの展開のなっています!

恐るべし、ナンバリング考察!

エレンがミカサを助けたように、ベルトルトがアニ救出の展開はありそうですよね!

その際にミカサのようにアニがリミッター解除という展開もあるのでしょうか?

あれ以上アニが強くなっちゃったら…(笑)

最後のマルコはアニが好きだったのかなぁは切ないですね…

それとも逆に今後、ミカサにジャンが殺されるという展開があるのかも…(^_^;)

しかし、このナンバリングで気になったのは、サシャの場所ですね。

明らかに壁外側、故郷側のポジションにサシャがいます。

これはサシャが故郷側の人間と思われてもしょうがないような気がしますが…

このナンバリングを見てサシャスパイ説を思い出してしまうのは管理人アースだけでしょうか…(・_・;)

そのような展開があったらスゴイですが!\(^o^)/

しかし本当に、このナンバリング考察は面白いですね!

主人公はベルトルトさん、ありがとうございました!

このナンバリングから気付いた考察がありましたら、みなさんコメントお願いします!

【追記】

この考察を考えてくれた「主人公はベルトルト」さんから

「自分は、裏(7〜12)にいるから壁外側のヤツ、とは考えてはおらず、特に序盤あたりはなんか怪しいんですけど、でもコニーとサシャはナンバリングを入れ替えても違和感ないというか、どっちでもいける感じで悩みどころです。」
とコメントを頂きました!

つまりサシャの8というポジションはコニーの対という意味であり、故郷側という意味あいが強い訳ではないということのようですね。
しかし、このナンバリング考察にて潜在的な意味合いが発見されたような感じもします!(笑)

これからの展開をさらに楽しむ事が出来る考察となっていますね!

◆汐さんからのコメントを紹介!

多分この考察あってるんじゃないかなと思います
なぜか1巻の13ページ下にだけ13というページ数が刻まれていてそれがずっと謎だったのですがこれとなんらかの関係があるのではないかと思いました

このようなナンバリング考察を補強するコメントを汐さんから頂きました!

確かに13ページだけ表記があります!
2016-02-22_192250

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

なんなんですか!?これは?

もしかして、このナンバリング考察は思っていたよりも核心を付いている考察なのでしょうか?

13ページを確認した時は、鳥肌が立ちましたよ!

汐さん!貴重な情報をありがとうございました!

さらにHiroさんから104期生の104は13×8=104であるとコメントをもらい、Flügel der Freiheitさんからは845年ついて「845=13×13×5…さすがにこれは偶然ですよね(笑)」とコメント頂きました!

これは偶然では無いでしょう!(笑)

◆88話「進撃の巨人」に登場した「13」という数字を考察!

2016-12-08_041500

「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より

これまでに大反響を読んでしたナンバリング考察ですが、肝となる「13」という数字は「主人公はベルトルト」さんの発想によるものでした。

しかし今回88話「進撃の巨人」では、作中にて初めて具体的に「13」という数字が登場しました!

それは「9つの巨人継承者は13年で死ぬ」というものでした。

これを見た時は、ゾワッと鳥肌が立ちました!

1巻の-13-というノンブルを見た時と同じ感覚です。

とうとう作中で「13」という数字が登場しましたね!

これにより、「進撃の巨人」という作品において「13」という数字が、やはり特別な数字なのだなと確信しました。

そして作中にて登場した13は、「巨人化能力者の寿命」として登場していますが、それだけの意味ではないでしょう!

ナンバリング考察を見ても分かる通り、作中を網羅している13という数字が作中にて登場した訳なので、それ以外にも影響するのではないかと感じられます!

以前にも紹介した1巻第1話13ページの場面から考察してみましょう!

エレンは赤子継承なのかを検証!

2016-12-08_041607

「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より

88話では、巨人化能力者が13年で死亡する「ユミルの呪い」以外に、「赤子継承」という設定が登場しました。

それは、巨人化能力者が次代に能力を継承する前に死亡した場合に、その後に生まれた赤子に能力が継承されるという設定となっています。

そこから、1巻13ページにふられた-13-というノンブルが、エレンが赤子継承しているという伏線だったのではという予想が多く見られるようになりました。
2016-02-22_192250

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

管理人アースは、88話ネタバレ考察!エレンが赤子継承だったのかを検証!にて、エレンが赤子継承であることは否定しています。

そこでも書いていますが、やはりエレンが赤子継承だったと考えるのは、ちょっと厳しいのではと今でも感じています。

ではこの1巻の-13-というノンブルと、今回登場した「ユミルの呪い」には、どのような意味があるのでしょうか?

管理人アースはまず、この-13-というノンブルには、「作品の最終話がこの場面で終わる」という意味で振られているのではないかと考えられます。

ナンバリング考察でも分かる通り、作品を通し重要とされている「13」が振られているページに最後は戻り、作品が終わるのではないかと予想しているのです。

ここから、やはり管理人アースは「作品はループして終わる」と考えています!

そして、その場面は「ユミルの呪い」にて継承後13年で旅立っていくエレン(死亡ではないかも)に「いってらっしゃい エレン」というミカサで終わるのではないかと考えており、今回の「ユミルの呪い」もそのための設定なのでしょう!

2016-12-18_191832

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

つまり、「ユミルの呪い」は最終話の時期を設定するという意味もあるのでしょう!

エレンの旅は1巻13ページから始まり、継承後13年で始まりの13ページに戻る…

このように管理人アースは予想します!

◆89話以降のナンバリング予想!

^257E0792771E56256AC3BF2CE29E1B96E4451B49916F120B64^pimgpsh_fullsize_distr

89話以降の展開予想を、ナンバリング考察から予想しみたいと思います。

まず、シガンシナ区決戦編にて104期生同士の絡みが多かったので、そこから予想してみましょう!

第74話にて、アルミンがライナーを発見し、ピンチにさせました。
2015-10-08_031856

「進撃の巨人」第74話「作戦成功条件」より

ここから、今後ライナーによってアルミンがピンチになる展開があるかもです!

第82話でミカサがライナーを鎧の巨人から弾き出しました!
2016-06-08_030440

「進撃の巨人」第82話「勇者」より

対の関係から、同じようにアルミンがアニを結晶から出す展開があるかもですね!

第83話にて、ジャンがライナーの命を助けました。
2016-07-08_035508

「進撃の巨人」第83話「大鉈」より

そこから次の決戦時にて、ジャンがライナーに殺される展開があるかもしれませんね!

そして、終盤ではコニーがサシャの面倒をずっと見ていました。

ここから、次回はコニーがサシャに助けられるという展開があるかもです!

いろいろ考えられそうですが、以上の予想から、ひとつでもかすってくれていたら嬉しいです!(^^)

このナンバリング考察は、「進撃の巨人」の中枢を捉えるような考察方法かもしれませんね!

これからもこのナンバリングを使って考察させてもらいます!

注目!
【進撃の巨人78話104期生をナンバリング考察!】
【進撃の巨人 ネタバレ】78話のあらすじまとめ!

裏の主人公はライナーかナンバリング考察!
【アニメ進撃中!最終話エンディングの時計の順回転考察!】
【進撃!巨人中学のアニメネタバレ考察!時計逆回転の真相は?】
【猿の巨人の中身の男の正体を画像から考察!グリシャの兄弟!?】

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. コミックス第1巻の 13ページ!
    このページだけ ページ表記があるのには、本当
    驚きました。
    ナンバリングの方は、何かの相性占いなどの
    手法が下地にあるのではと思っていたのですが、
    13ページには 意表を突かれました。

    ページ表記があるのは、全話通しても ここだけ
    ではありませんか。
    しかもここは、「いってらっしゃい エレン」
    このミカサの言葉と、エレンが長い夢から覚める、
    謎の核心ともいうべきシーンです。
    これはまさに、確信犯的な表記だと思います。
    作者は、13という数字をキーポイントに置いている
    と思われます。

    ちなみに、第13話は エレン巨人が本格始動するが
    暴走し、ミカサに襲いかかるシーン。
    コミックス第13巻からは 王政編がスタートし、趣きを
    変えています。
    もしや 連載13周年には、何かが起きる! かも
    (2022年頃、あと6年後か?)

    ところで、昨年夏に発売された 実写映画公開記念の
    “総集編”には、13ページの表記がないのです!
    これは何故か? 新たな謎なのです。
    (何らかの理由で、削除されたのか…)

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >“総集編”には、13ページの表記がないのです!
      やはり「進撃の巨人」は13に何かしらの意味があるのですね!
      104期生の104も13×8で倍数だとHiroさんからコメントありましたし…
      これは驚きですね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  2. Hiro より:

    13×8=104

    • 管理人アース より:

      Hiroさん!

      コメントありがとうございます!

      104期生の104も13の倍数ということですね!
      凄い!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  3. より:

    多分この考察あってるんじゃないかなと思います
    なぜか1巻の13ページ下にだけ13というページ数が刻まれていてそれがずっと謎だったのですがこれとなんらかの関係があるのではないかと思いました

    • 管理人アース より:

      汐さん!

      コメントありがとうございます!

      スゴイ情報をありがとうございます!
      このコメントを記事に反映させてもらいました!
      本当にビックリしました!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  4. 9黒 より:

    はじめまして。
    いつも楽しく拝見させて頂いています。

    このナンバリング考察、凄すぎですね!
    こう考えると、このナンバリング説は偶然ではないような気がします。
    それに、13巻と14巻の山小屋の場面での人数も全部で合計13人で、その13という数がユダの裏切りを暗示しているものではないかと言われていますね。
    (キリストがユダにパンを与え、そののちにユダが裏切った事をクリスタとサシャに置き換え見立てたという説もありますよね。)

    そしてここからは完全にギャグでこじつけなのですが、諫山先生の苗字を数字に置き換えると、イサヤマ(1380)となり、上に13という数字が入ってますね(笑)

    それにしても『進撃の巨人』は様々な謎が散りばめられていて考察するのが楽しい作品ですよね。
    今後もアースさんの考察記事を楽しみにしています!!

    それでは失礼しますm(_ _)m

    • 管理人アース より:

      9黒さん!

      コメントありがとうございます!

      >それに、13巻と14巻の山小屋の場面での人数も全部で合計13人で、その13という数がユダの裏切りを暗示しているものではないかと言われていますね。
      これも面白いですね!
      みんな色んな事を考えていて感心しますよ!
      最も考えているのは諫山先生ですが!(笑)

      >それにしても『進撃の巨人』は様々な謎が散りばめられていて考察するのが楽しい作品ですよね。
      本当に考えても考えてもキリがない作品で、スゴイと思います!
      こんな作品に出会えて本当に幸せだと感じますね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  5. sa より:

    いつも楽しく読ませて頂いてます。
    ありがとうございます。

    さきほど見たアニメで、面白いことを言っていたので、投稿します。

    宇宙は、12あって私達の地球は第7宇宙らしいです。そして、それぞれ対になる宇宙があって、第7の対は第6宇宙らしいです。
    12の宇宙は、足して13になるよう対になっている…と言ってました(*_*)

    進撃の考察で、鏡の世界では?…と言う話が出てましたし、こちらの考察で13という数字が出ていたので、つい食いついてしまいました(^^;

    アースさんは、どう思われますでしょうか(^-^)/

    • 管理人アース より:

      saさん!

      コメントありがとうございます!

      12という数字が素晴らしく、13という数字は心を食いつかせる素数なんだなとは今回感じました。
      「進撃の巨人」が鏡の世界という可能性はありますが、コニーが敬礼を間違えてキースに突っ込まれる祭
      「心臓は左側」と言っているので違うのかなとか…
      鏡の世界なら心臓は右になるはずなので!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  6. 主人公はベルトルト より:

    今回はわたくしの考察を記事にして頂いて
    ありがとうございました。

    また、補足と別の事を思いついたのですが、
    表側でエレンがアルミンの身代わりになったので、裏側ではライナーがベルトルトの身代わりになるという逆の矢印になるかもしれません。どっちでもいけちゃうんですよね。

    また今、巷でアニが壁内と壁外のハーフ説が騒がれてますが、裏表の関係にあるミカサもハーフなので、もしそうならこのペアの共通点となります。アニがそうであっても全くおかしくないなと考えています。

    あとグリシャと戦士長はなんとなく裏表になってそうですけど。これは根拠はないです。

    自分もサシャの位置は気になってるんですよね。特に序盤あたりはなんか怪しいんですけど、でもコニーとサシャはナンバリングを入れ替えても違和感ないというか、どっちでもいける感じで悩みどころです。

    12という数字は色んな数で割り切れる、美しい数なんですよね。
    それらが組み合わさって独特な素数である13を作るとき、我々は潜在的に面白さを感じているのかもしれません。

    みんなでこの作品を考察しまくって、
    楽しみまくりましょう!

    • 主人公はベルトルト より:

      すいません。
      さらに補足なんですけど、

      自分は、
      裏(7〜12)にいるから壁外側のやつ。
      とは考えてはおらず、裏(7〜12)に壁外側が多いので、なんかサシャが怪しいかも?と思っていて、アースさんも多分そういう意味で言ってるのだと思います。

      なんか色々混乱させてたらごめんなさい。

      • 管理人アース より:

        主人公はベルトルトさん!

        コメントありがとうございます!

        >自分は、
        裏(7〜12)にいるから壁外側のやつ。
        とは考えてはおらず
        これ、記事内にも入れておきますね!

        ありがとうございます!

        管理人アース

    • 管理人アース より:

      主人公はベルトルトさん!

      コメントありがとうございます!
      今回の記事のキッカケを作って頂きありがとうございました!
      反響もスゴイですよ!(笑)

      >裏表の関係にあるミカサもハーフなので、もしそうならこのペアの共通点となります。
      おー、なるほど!
      アニが壁内にいたのではないかという考察は当サイトでもしました!
      壁内外のハーフという設定は確かにミカサとも対になりますね!
      実写映画のミカサ役の水原希子さんもアメリカと韓国のハーフでしたし
      この辺りは意識しているかもです!

      >コニーとサシャはナンバリングを入れ替えても違和感ないというか、どっちでもいける感じで悩みどころです。
      なるほど!
      つまりサシャが裏側というよりもコニーとの対になっているという意味での8ということですね!
      これは記事内でも更新しておきます!

      >12という数字は色んな数で割り切れる、美しい数なんですよね。
      それらが組み合わさって独特な素数である13を作るとき、我々は潜在的に面白さを感じているのかもしれません。
      うわー、カッコイイセリフです!(笑)
      森博嗣作「すべてがFになる」の真賀田四季のようです!\(^o^)/

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  7. 進撃の青メガネ より:

    この考察はすごすぎです!諌山先生に見せてあげたいです!
    エレンがアルミンを救うの裏ですが、どちらかというとベルトルトがライナーを食い殺すという感じじゃないでしょうか? 巨人に喰われるのを阻止するのと、超大型巨人になって食うという方が対になっています。
    また、故郷側の7-12にマルコもいますが単に3人に殺されたからですかね?
    何にせよとても素晴らしいアイデアでした!
    アースさんの言う通り、やばかったです!

    • 管理人アース より:

      進撃の青メガネさん!

      コメントありがとうございます!

      >故郷側の7-12にマルコもいますが単に3人に殺されたからですかね?
      7-9のユミル、サシャ、マルコの位置関係は注目だと思います!
      ユミルはクリスタの隣という意味での位置関係なのでしょうが
      ユミルの隣からサシャ、マルコというのが気になりますよね。
      マルコは確かに故郷組のせいで途中退場しているので、故郷組の近くということなのかもしれませんが、
      サシャのポジションは意味深に感じます!
      これはさらに応用が効きそうな考察ですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  8. 3m級巨人TAKAOKA より:

    ….凄い考察ですね…….
    よくこのナンバリング関係を見つけ出しましたね!これからも、13という数字には要注意ですねー。僕も、サシャが裏のナンバリングにいたのを見て、サシャスパイ説、思い出しましたよ!そうなればさらに凄いですが、サシャ好きな方なので、できればあって欲しくないです….

    • 管理人アース より:

      3m級巨人TAKAOKAさん!

      コメントありがとうございます!

      >….凄い考察ですね…….
      本当にそう思います!

      >サシャ好きな方なので、できればあって欲しくないです….
      本当にそうですよ!
      もしサシャがスパイなのなら、ライナーを殺して泣いている意味がコニーとはかなり違ってきます!(笑)
      サシャスパイ説は無いとは思うのですが…(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  9. Flügel der Freiheit より:

    845=13×13×5
    …さすがにこれは偶然ですよね(笑)

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      確かに845年にした理由は明かされていないですよね…
      …マジですか?

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  10. こんなに完璧で分かりやすい考察には、返ってコメント
    し辛いもののようです。(笑)

    104期生、調査兵団、軍幹部、敵キャラ、その他の
    登場人物など、進撃の世界のキャラの立ち方は
    素晴らしく絶妙であり、それが人気の根幹になって
    いると感じます。
    そこには 当初から、相当に綿密なキャラ設定や、
    相関関係が描かれていたと思われます。

    このナンバリングの手法など、相関関係を考えるのに
    近いものが 実際使われていたのではと思われます。
    (あるいは、なんとか占いとかの図をヒントにしたの
     かもしれませんが…)

    ただし、相関図でストーリー展開が分かれば こんな
    楽な話はないので、実際は様々な要素が絡まって
    くるものだと思います。
    また、エルヴィン、リヴァイ、ハンジ、キース、ピクシス、
    ザックレー、グリシャ、ジーク なども包括した、
    “裏ナンバリング”が あることも期待しております。

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      進撃のJKさんのマルロとヒッチのプロフィール記事のコメントでマルロとヒッチが「裏エレン」「裏ジャン」という考察がありました。
      これは「なるほど」という考察で、今回のナンバリングのエレンとジャンに対し裏側に位置する二人として位置づけ出来そうです。

      エルヴィン、リヴァイに「裏〇〇」という位置づけは難しいかもしれませんが、
      104期生のナンバリングを中心に、何かしらの位置付けをして考察できるかもしれませんね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です