【進撃の巨人アニメ3期】Season3(シーズン3)

【進撃の巨人 アニメ】ネタバレ3期7話(44話)の動画あらすじ感想!

season3第7話が放送されました!

ここに来てかなり原作通りの展開となっていますが、第7話はどのような展開なのでしょうか?

リヴァイ班と中央憲兵との戦いは!?

リヴァイ兵長とケニーのアニメオリジナルの戦闘の妄想は実現したのか!?

すると、驚きのアニメオリジナルが!!!

見てみましょう!\(^o^)/

◆「進撃の巨人」3期7話(44話)「願い」あらすじ&内容!

2018-09-04_050701

拘束されているエレンを見上げるヒストリア

そこへロッド・レイスが近付いて来ます。

ヒストリアに死亡しているフリーダに会いたいかとロッドが聞き、父に頷くヒストリア

それを確認したロッド・レイスは、持っていたカバンから箱を出し開けます。

その中には注射器が!!
2018-09-04_050743

それを見てグリシャに射たれた巨人化注射を思い出し、「んんんん!」と叫ぶエレン!!!
2018-09-04_050815

原作63話通りの展開ですね。

場面は、ドアを蹴破り地下に入ろうとするリヴァイ班に移ります。

リヴァイ班の侵入に気付き、身構える中央憲兵たち。
2018-09-04_050839

すると、樽がいくつか転がり落ちてきます。

そこですかさず地下に入るリヴァイ班とハンジ
2018-09-04_050902

そしてサシャが樽に火矢を放ちます!

火薬と油が入っていた樽は爆発し、真っ黒な煙を放ち始めます!

その中から飛び出してくるリヴァイ兵長とミカサ!

中央憲兵は突破されまいと、銃で二人を狙います!

そこで今度は、色の付いた煙が二人の周りを覆います。

信煙弾を撃ち、二人を援護するリヴァイ班たち!

そのままリヴァイとミカサは中央憲兵への攻撃を開始します!
2018-09-04_051005

それを迎え撃つ中央憲兵!

そしてジャン、コニー、ハンジも立体機動装置に移り飛び出します!

中央憲兵とリヴァイ班の直接対決が始まります!

樽の煙と信煙弾を有効に使い、リヴァイ班が優勢な展開となります。

原作通りの展開ですね!

さらに原作以上の動きで中央憲兵を圧倒するミカサ
2018-09-04_051406

同じくとんでもない戦闘力でリヴァイ兵長が中央憲兵を追い込みます!
2018-09-04_051421

原作通りだと、ここでトウラテにハンジが倒され中央憲兵が回避する展開となりますが、アニメではここでケニーが登場します!
2018-09-04_051512

「ひゃっほーい!」と言いながら立体機動装置でリヴァイに襲いかかるケニー!

散弾は地下の柱に当たり、砕けた欠片がリヴァイの周りを飛び散ります。
2018-09-04_051444

ケニーは「よう、リヴァイ。本当はお前に構っている暇なんざ無いんだが、ここを突破されたら元も子もないんでな」「仕方ねぇ、遊んでやるよ」と言いながら、弾を装填し直します。

汗をかくリヴァイ!
2018-09-04_051525

あり得ないシーンの連続です!(・_・;)

そのまま立体機動装置で移動し、「ベロベロバァ~」っとリヴァイに襲いかかります!

しかしこちらもとんでもないスピードで移動し、リヴァイを見失うケニー!

いきなり現れたリヴァイは、ブレードでケニーに襲いかかります!

銃でブレードを受け止めるケニー!
2018-09-04_051557

「元気だなぁ、おい」と真剣な表情でリヴァイに言うケニー

リヴァイは、そのままケニーから距離を取ります。

移動しながら何かに気付くリヴァイ

しかしケニーは、すかさず中央憲兵が立っていた木の櫓を撃ち、リヴァイの視界を塞ぎます。

そこでいきなりブレードで襲いかかるケニー!

リヴァイは躱しますが、頬を切ります!

さらに撃ち込んでくるケニーに向かい、先程見つけた油の入った袋を投げつけます!

ケニーの散弾が着弾し、一気に爆発します!

その黒煙を使い、一気に距離を縮め現れるリヴァイ!
2018-09-04_051759

リヴァイの攻撃を躱しきれなく、ケニーは脇腹を切られます!
2018-09-04_051821

「バッカヤロ…」「いてぇじゃねぇか…」と、脇腹を抑えながらケニーは逃げます。

そこで原作通り、トウラテがハンジを狙いアンカーで攻撃し、柱に打ち付けます!
2018-09-04_051926

動きが止まるリヴァイとリヴァイ班!

その隙に中央憲兵は奥へと退避します!

場面は奥へ位置するエレンとヒストリア、ロッド・レイスに移ります。
2018-09-04_052202

ヒストリアに射つための注射を出し、この地下と三重の壁がレイス家の巨人の力によってできた事を説明するロッド・レイス
2018-09-04_052303

失われた世界の歴史も、巨人を継承したフリーダだけが持っていた、とも説明します。
2018-09-04_052346

それをレイス家が代々継承してきたと言い、その力はレイス家血統でなければ真の巨人の力が発揮できないとも言います。

原作通りの展開ですね!

それを聞いたケニーが登場し、ロッド・レイスに向け銃を突きつけます!
2018-09-04_052611

それに抗うヒストリア
2018-09-04_052655

原作通りのやり取りとなります。

そして夢が破れたケニーが、エレンの口から拘束具を外し、額に傷を付けます。

エレンを巨人化させ、ヒストリア巨人と戦わせようとするケニー
2018-09-04_052941

それを見たロッド・レイスはヒストリアに巨人化注射を渡し必死に巨人化を勧めます。
2018-09-04_052954

しかしユミルの言葉が頭をよぎり、踏み切れないヒストリア

それに対し、強引にヒストリアに注射をさせようとするロッド・レイス

しかしユミルの言葉から言いなりになることを拒んだヒストリアは、巨人化注射を投げつけ破壊します!
2018-09-04_053538

一瞬意味が分からなく、その後絶望に襲われるロッド!
2018-09-04_055456

キレたロッド・レイスはヒストリアに襲いかかりますが、逆に背負投げで投げつけます!
2018-09-04_053614

ヒストリアは、そのままエレンの元に駆けつけ逃がそうとします!

いっぽうロッドは、投げつけられた巨人化注射からこぼれた巨人化液を舐めます!
2018-09-04_053732

ロッド・レイスが超大型巨人化し終わります。
2018-09-04_053753

◆現在公開可能な情報!

2018-09-04_052139

注射器

ロッド・レイスがヒストリア・レイスを
巨人に変えるために用いようとした器具。
人間の脊髄を主原料とする
巨人化薬を注射でき、任意の能力を持つ
巨人の力を与えられるらしい。

ちょっと意味が分からないように感じますね。

注射器の主原料「人間の脊髄」なのでしょうか?

それとも「巨人化液」が「人間の脊髄」を主原料としているのでしょうか?

巨人の脊髄液が主原料だと思っている管理人アースとしては、どちらでも驚きの情報となります。

さらに「任意の能力」というのは「無垢の巨人の能力」という事になりますよね!

これは「超超大型巨人」以外にも無垢の状態で特殊な能力を持つ巨人が他にもある、ということを説明していることになります。

どちらも驚きですよね!

「無垢の鎧の巨人」もあり得るかもしれません!

「巨人の力を与える」という最後の一文も気になりますよ!(・_・;)

今回の「公開可能な情報」は、もの凄い情報と考えるか、ちょっと「?」と考えるか微妙な感じですね(;´Д`)

◆「進撃の巨人」3期第7話(44話)「願い」の感想と考察!

2018-09-04_052941

今回とうとう「リヴァイ班VS中央憲兵」展開が登場しましたね!

巨人との戦いではなく人間同士の戦いがテーマとなっている「王政編」の中で数少ない戦闘シーンでしたが、本当に最高でした!

そんな中でも、戦闘シーンではないですが、ジャンが中央憲兵を倒す場面が非常に丁寧に描かれていたなと感じました。
2018-09-04_051240

原作でもためらう描写はありましたが、「ああ!」と言いながら相手の首を切り裂くジャンには、ちょっとグッと来ました。

ジャンファンには、たまらない場面だったのではないでしょうか?

そして何と言っても今回最高だったのは、ケニーとリヴァイのオリジナル戦闘展開でしたね!
2018-09-04_051557

素晴らしすぎる!\(^o^)/

なんなんだよ!「ベロベロバァ~」って!(笑)

山路さんのオリジナルではないかと感じながら展開に魅入り、鳥肌が立つくらい震えました(;´Д`)

そして汗をかくリヴァイ!
2018-09-04_051525

これはタブーだったはずですが、ケニーと対峙したらさすがのリヴァイも汗をかいてしまうのだろうと納得しましたよ!(*^^*)

アニメオリジナルのアッカーマン対決を見ながら、管理人アースのリミッターが解除しそうでした!(笑)
2018-09-04_051759

そして原作以上だと感じたのは「いらなかったんだ」というエレンと幼少期のヒストリアの重なり方でした。
2018-09-04_053222

ここでのヒストリアの心情描写はたしかに原作通りだったのですが、これはエレン声優の梶さんのつぶやき方が素晴らしく、悲惨なヒストリア幼少期とのリンクが半端なかったからではないかと感じました!
2018-09-04_053159

そして個人的に最も印象に残ったのは、ロッド・レイスの「はああ」でした(笑)

この絶望感はスゴかったですね!

作画と屋良有作さんのロッドの重なり方が、尋常ではなかったですよ!

印象としては今回最も残った場面でした!(*^^*)

さてさて、とうとうロッド・レイスが超超大型巨人化し舞台は地上へと戻ります。

次回、エレンとリヴァイの「チビオヤジ!」場面が見られるのか?(笑)
2015-10-30_194033

「進撃の巨人」第67話「オルブド区外壁」より

来週も楽しみですね!\(^o^)/

そしてアニメ44話公開前に、アニメ化展開予想をしていました。

自己検証してみます!

◆「進撃の巨人」3期第7話(44話)展開予想を自己検証!

2015-10-21_015203

「進撃の巨人」第60話「信頼」より

第60話の最後となる、エルヴィンがフリッツ王の前で裁かれようとしているシーンから始まります。

まず、この場面に至る前の、エルヴィンが憲兵に連れて行かれ、この裁判に至るというシーンがアニメオリジナルで挿入されると思われます。

その後、原作通り裁判のシーンが進み、ニセの誤報が入り、王政幹部は騙されます。
2016-05-19_052839

「進撃の巨人」第61話「回答」より

エルヴィンのクーデターは成功し、ハンジがリヴァイ班にこの事を告げに行くために、待ち合わせ場所に行き、マルロとヒッチに会う第62話のシーンがここで挿入されます。

そして、原作通りリヴァイ班はクーデターが成功し、調査兵団の無罪が確定したことを報告され、大喜びします。

その後、原作通りリヴァイ班は、ハンジのエルヴィンから受け取ったレイス家報告書の説明を受けながらレイス家礼拝堂へ向かいます。

そして、エレンがロッド・レイスにグリシャの記憶を思い出させられ終わります。
2016-05-19_053207

「進撃の巨人」第62話「罪」より

予想ここまで!

→リヴァイ班VS中央憲兵がメインとなっていましたね。

かなり早い展開となっていました。

◆相応する原作回とタイトルの予想!

内容は、第61話「回答」と第62話「罪」と予想します。

タイトルはアニメ44話「罪」と予想します!

エレンがグリシャの記憶を思い出す回に相応しいタイトルとなっています!

予想ここまで!

→タイトルは「願い」でした。

「罪」は前回のタイトルとなっていましたね!

◆アニメ44話の見どころと要チェックポイント!

アニメ44話のチェックポイントは、このようになっています!

  • エルヴィンが裁判に至るまでのアニメオリジナルシーン
  • マルロとヒッチが会うシーンの順番改変
  • それではそれぞれ見て行きましょう!

    ◆アニメ44話全体の見どころ!

    2015-10-21_015203

    「進撃の巨人」第60話「信頼」より

    エルヴィンの裁判シーンから始まる45話ですが、原作を読んで、なぜエルヴィンがいきなり裁判にかけられているのか、ピンと来なかった人も多々いると思います。

    アニメではコミックのように簡単に読み返すことは出来ないので、エルヴィンが憲兵にリーブス会長の組織殺人容疑で逮捕され、憲兵に取り調べのために痛めつけられ、今回の裁判に至るというオリジナルエピソードが、内容の補完という意味で挿入されると予想します!
    2016-05-19_053259

    「進撃の巨人」第61話「回答」より

    このような流れで始まれば、今回のエルヴィンの裁判の意味が分かりやすいですよね!

    そして、エルヴィンのクーデターが成功し、それをリヴァイ班に知らせるハンジのシーンですが、これも分かり辛いですよね?
    2016-05-19_054412

    「進撃の巨人」第61話「回答」より

    時系列では、クーデターが成功し、それを知ったハンジがリヴァイたちとの待ち合わせ場所でマルロとヒッチに会うという流れになります。

    そしてハンジは、マルロとヒッチに案内され、リヴァイの元に着くという流れになるので、このような時系列通りの展開でアニメは構成される為、場面の順番が改変されると予想します!

    この場面は、原作では本当に分かり辛くなっているので、アニメでは改変されるのではと思います。

    そして今回の見どころとなるシーンは、処刑台に連れて行かれそうになるエルヴィンのシーンと
    2015-10-23_041021

    「進撃の巨人」第61話「回答」より

    エルヴィンとザックレーの会話のシーンですね!
    2015-10-24_084511

    「進撃の巨人」第62話「罪」より

    さらに最後のグリシャの記憶を思い出す、エレンのシーンも楽しみです!
    2015-10-05_044437

    「進撃の巨人」第62話「罪」より

    伏線回収としても楽しみな回ですが、名シーンも数多くあるアニメ44話となりそうです!

    このようにアニメでは時系列通りの改変されるのか、観るのが楽しみです!

    予想ここまで!

    →マルロとヒッチの登場場面は改変されていましたね!

    42話でしたが!(笑)

    かなりややこしかった原作の展開は、アニメでかなり改変されていました!

    ただ、44話の展開予想は全く外れていましたね(;´Д`)

    1クール目がどこまで進むのか、非常に気になっている管理人アースです!(・_・;)

    【進撃の巨人 アニメ】ネタバレ3期8話(45話)の動画あらすじ感想!
    【進撃の巨人 アニメ】ネタバレ3期6話(43話)の動画あらすじ感想!
    【進撃の巨人】2期アニメの放送日がいつ?
    【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】

    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    評判&口コミ公式ページ

    \無料キャンペーンあり/

    VODランキングはコチラ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. 巴里の恋人 より:

      団長殿、いつも更新お疲れ様です。

      団長殿、エスパー過ぎです。
      まさか本当にリヴァイとケニーのバトルが実現するとは驚きました。

      気になったのは現在公開可能な情報で出て来た巨人化薬の説明です。
      人間の脊髄を主原料にしていると言う事は、何か別の成分が混ざっていると言う事になりますね。
      もしかしたら巨大樹の樹液を混ぜているのでは?と妄想しました。

      「任意の能力を持つ巨人の力」を与えると言う記述も興味深いです。
      任意って事は無知性状態でも本人の意思が働いてるって事になります。

      ・・・となると、奇行種ってどんな要因で生まれてくるんでしょうね?
      この謎が今後解明される事はあるのでしょうか?

      そしてロッドの「人類が巨人に支配される方が真の平和」と言う言葉は謎に満ちていますね。
      エレンとジークはマーレで会った時に、世界の歴史を知ってしまったのかなぁ。

      • 管理人アース より:

        >「人類が巨人に支配される方が真の平和」
        これは「壁の巨人に支配される(守られる)」か「無垢の巨人に支配される(守られる)」という意味かなと捉えています。
        今回の公開可能な情報は謎ですよね。
        ただ巨大樹の樹液はパラディ島にしかないのでマーレが手に入れるのは難しいかもと思いました。

        次回の「オルブド区外壁」も楽しみです!\(^o^)/

        管理人アース

    2. オムオムジャンボ より:

      こんにちはアースさん!
      今回は本当に素晴らしい回でした!私のリミッターも外れそうでした笑

      さて「任意の能力」これ本当に気になりますね!
      個人的には9つの巨人の脊髄液によって変化すると考えています。
      超大型巨人の脊髄液を注射すれば超大型巨人の無垢巨人が生まれるのではないでしょうか?壁の中にいる巨人はこれだと思います。四つん這いの巨人は車力または顎の巨人の脊髄液が使われたのではないでしょうか?となるとエレンがとっさに口に含んだ「ヨロイブラウン」は鎧の脊髄液となります。そして硬質化できるようになった、辻褄が合います。

      では「最強の巨人」とはなんでしょうか?「神」の脊髄液でしょうか?そもそもなぜ壁内に「鎧」の脊髄液があるのでしょうか?

      謎が深まるばかりです(`・ω・´)

      • 管理人アース より:

        >個人的には9つの巨人の脊髄液によって変化すると
        分かります。
        ただこれだと「フツウノキョジン」は誰の脊髄液なのでしょうか?
        アルミンに打った巨人化液は、誰のなのかなと。
        エレンゲリオン?(・_・;)
        ちょっと引っかかりますよね?

        管理人アース

    3. 二度目の投稿 より:

      こんにちは。二度目の投稿です。
      台風スッゲーな状況です。
      今回、エレンが俺はいらなかったんだよと言うシーン。仲間を多く死なせた事を嘆くシーン。
      どうしても、原作の今のエレンと対比してしまいます。
      なんで、エレンは変わってしまったんだろうなぁ。。

      • 管理人アース より:

        エレン、変わりすぎですよね(;´Д`)
        109話が待ち遠しいです!
        台風酷かったですね(・_・;)
        管理人アースも昨日の仕事の予定が今日にズレ込み…(;´Д`)

        管理人アース

    4. ギラ より:

      アースさん お疲れ様です。

      今回のエレンが、俺は必要無かったんだ。のシーンはエレンに感情移入し過ぎて涙が出て出てしまいました。
      今回は特に感情を揺さぶられる回でしたね。

      1つ気になったというか違和感を感じたのが、リヴィイとケニーの戦闘シーンでのBGMです。

      あのラップ調のセリフBGMは、この進撃の世界観には合っていなかったと残念に思いました。
      電気も無い、エレキギターも無い、車も走ってない、パラディ島の時代背景の世界観に、ラップ調BGMを持って来るんじゃねーよ!と あのBGM導入を決めたスタッフに苛立ちを覚えました。

      • 管理人アース より:

        >特に感情を揺さぶられる回
        原作でも感じたのですが、アニメではより感情移入させられる場面でしたね!
        そして主人公ヒストリアという設定可能だと言われる所以の場面でもあり、それもアニメでは強く感じました(笑)

        BGMに関しては、管理人アースはあまり違和感なく通り過ぎました。
        ケニーのセリフと作画に完全に持っていかれていたのかもです(・_・;)

        管理人アース

    5. 馬来熊 より:

      公開可能な情報は
      あの後エレンやヒストリアに話をきいてみて
      「瓶に『ヨロイ』って書いてあったな。他にもあったんじゃないか?」
      「私も『この薬なら最強の巨人になれる』って言われたよ」
      「なるほど、じゃあどんな能力を与えるかはある程度選べるのね」
      といったように、調査兵団が得られた情報をまとめただけのようですね

      じゃあ材料はなんでわかったんだって話ですが……

    6. 馬来熊 より:

      ヒストリアがロッド・レイスを投げ飛ばす直前、眼の残像が出るエフェクトがカッコよかったですね

      放送前から楽しみにしてた立体機動装置同士の戦い
      ケニーが現れたのは嬉しい改変でしたね
      これで終わりなんてもったいない……
      いつも思うのですか、立体機動装置って、それをメインに据えたアニメを作れそうですよね
      空白の三年間、調査兵団の再編と対人立体機動戦の訓練に明け暮れるスピンオフとか
      ガンダムみたいにアナザーシリーズ作っていけばいろいろ応用できそう……

      • 管理人アース より:

        ケニー関係のスピンだけでもかなり出来そうですよね!
        間違いなく売れそう(笑)

        管理人アース

    7. 何といっても、ユミルの回想シーンです。
      ヒストリアがエレンを喰い、世界の歴史を
      継承し、巨人を駆逐する。
      それが自分の使命と思っていたヒストリア。

      そこに ユミルが現れます。
      「お前、良い事しようとしてるだろ。」
      このセリフは、アニメオリジナルでの挿入と
      思います。
      ここから、あの歴史的名セリフ、
      「お前、胸張って生きろよ。」
      そして注射を拒否し、ロッドを金メダル級の
      背負い投げ!!
      この一連の流れが 素晴しかったです!
      このシーンは、数々ある名シーンの中でも、
      勇気をもらえる トップクラスの名シーンと
      感じます。

      • 管理人アース より:

        ヒストリアお注射でのユミル登場場面は、オリジナルというかアニメ化にてけっこうカットされ洗練された場面と言えるかなと。
        原作と見比べると、描写がけっこうカットされているんですよね。
        その結果、ユミルの場面だけが描写されることになります。
        管理人アースは、この場面は原作も見応えがあるかなと感じています。

        管理人アース

        • おおぞらバード より:

          お詫びー ユミルの回想シーンのセリフ
          「お前、良い事しようとしてるだろ。」は、
          アニメのオリジナル挿入ではなく、ちゃんと
          原作にありました。

          ただ、言い訳をタラタラ言えば、その次の
          フリーダのセリフと表情
          「柵の外に出るなって 言ったでしょ!!」
          これが強烈過ぎて、ユミルが霞んでしまった
          のです。それ位に、このフリーダのセリフは
          意味深いのです。

          アニメでは、このくだりから「私達は罪人」
          というフリーダの回想シーンが、ゴッソリと
          カットでした。
          アース団長殿も、そこが引っ掛かるところと
          思います。

          でも、そんなフリーダやレイス家の呪縛から
          ヒストリアを目覚めさせたのは、ユミルとの
          友情だった。
          ここが非常に大事であり、そこにフリーダを
          妙に絡ませてしまうと、ユミルの思いがぼや
          けてしまうのではないか。
          そこで、フリーダのシーンをカットしたの
          なら、大英断だったと思うのです。

          ただ、今回カットされた フリーダの回想
          シーンは重要であり、グリシャノート編で
          登場すると思います。 その時を 楽しみに
          したいです。

          • 管理人アース より:

            >リシャノート編で登場すると

            同感ですよ!
            この辺りは楽しみですね!\(^o^)/

            管理人アース

    8. 暴食のサシャ より:

      今回の現在公開可能な情報は驚きますね。
      句読点から見ると巨人化薬は人間の脊髄からできているということでしょうか。
      人間とはエルディア人だと思いますが違うならとんでもない情報です。
      ロッドレイス所有の巨人化薬が能力を与えられるモノなら、少なくともアルミンは何か能力を得たように思えますが、今のところそういう描写はないですね。
      最後の「らしい」という表記からこの情報は、巨人化薬を調べた後のハンジか誰かの推測とも考えられますね。

      • 管理人アース より:

        そういえば誰が公開しているのか考えたことがなかった情報ですよね(笑)
        いや、今回の情報はけっこう悩まされますよ!(・_・;)

        管理人アース

    9. Flügel der Freiheit より:

      フリッツ王政についてですが、どんなに政治が腐敗していても、レイス家の所持する「巨人の力」が圧倒的であったため、支配力を維持できていたのだと思います。

      しかし、その肝心の「巨人の力」を奪われたわけですから、フリッツ王政の立場からすると、もう少し対策を強化すべきだったのではないかと感じます。

      もちろんレイス家としては、「巨人の力」の喪失が広く知られてしまってはまずいわけですので、秘密裏に行動すべきところではありますが…。

      精鋭の中央憲兵は、レイス家側近の護衛兵としては百点満点だと思いますが、規模が小さいように感じます。

      例えば、中央政府が貴族と結託して、調査兵団・駐屯兵団に対抗する組織を作ったり、ザックレーの周辺にスパイを送ったりするなど、いろいろ方法があると思います。

      中央政府は腐敗しているので、そういう真面目なことを考える幹部は少ないのかもしれませんが、誰か1人くらい策士がいると面白いのではないかとも感じます。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        >誰か1人くらい策士がいると面白いのではないかとも感じます。
        これが不在でしたね!(・_・;)
        ポジションとしてはケニーでしょうが、彼は「野心家」であり「策士」ではありませんでした。
        王政がロッド・レイスだけでは、弱すぎですよね…(笑)

        ただ、まだレイス家の存在は作中にて大きく作用すると思います。
        どういう形かは分かりませんが、エレンの中の初代王と唯一の末裔ヒストリアから、何かしらの動きがあるのではないかと…

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    10. この王政編のクーデーターですが、ハッキリ言って、
      グリシャのレイス家急襲と ザックレーによる軍部の
      寝返り。 これが決定打でした。
      調査兵団は王政府の中央憲兵団と戦ったり、エレン
      やヒストリアの引渡し交渉、それに新聞社を動かす
      世論誘導などします。
      が、「運良く この大バクチに勝てた」 そんな印象が
      否めないのです。

      そもそも この壁内の規模-人口、産業、工業力など、
      少なくとも 日本の地方一県分はあると思われます。
      面積に至っては、日本の2倍以上なのです。
      つまり、壁内を治めるだけでも 簡単なことではなく、
      相当な政治、軍事、支配力がいるのです。
      そこを統治する 国王や腹心たちには、相当の権威が
      あって当然なのです。

      ところが、フリッツ王はお飾りとしても、その王政幹部
      たちの威厳、存在感が低過ぎるのです!
      あっけなく、軍部の寝返りや 世論に屈してしまう、
      これでは 壁内の統治者としての実感なしです。
      どうかアニメ版の王政幹部は、どす黒く怪物みたいな    
      巨人に匹敵するような 強力なキャラを出してほしいと、
      強く願います。

      また、フリッツ王家はお飾りという事は、その裏で隠然と
      壁内を動かすレイス家は、物凄い存在でなければなら
      ないはずです。 (人々は知らなくとも、何となく そんな
      “大きく不気味な存在”がいるような。)
      ところが、誰それの回想でちょこちょこ出てくるだけ。
      当主の ロッド・レイスも、迫力に欠けるチビ親父です。
      これでは レイス家の威厳も へったくれもありません。

      壁外の巨人から 壁内の敵に話を向けた、その方向性は
      素晴らしいと思います。
      しかし、革命、クーデターというのは、そんな簡単に成る
      ものではありません。
      本作品が 文化的作品となるには、どうしても王政編の
      設定の甘さが目に付いてしまうのです。
      (特に、レイス家や王政幹部たちの 影の薄さです。)
      どうか、濃密な検討を行ってほしいと思います。

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        王政編の大幅改変の希望ですね!
        たしかにフリッツ王政はヘボ過ぎでしたね(苦笑)
        ピクシス司令から、二千年以上続いているとか聞いていたので、余計に拍子抜けでしたよね!(笑)
        どこまで改変されるか、楽しみですね!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です