【進撃の巨人】最新刊30巻の発売日12月9日(予定)までに抑えるべき考察まとめ!

「4話目122話の伏線とおさえるべきポイントまとめ!」を追加更新しました!

「進撃の巨人」もとうとう30巻の大台を迎えることになりました。

これまでに大小多くの伏線が仕掛けられ順番に回収されてきている作品となっていますが、あまりの巧妙な仕掛けられ方に見逃し、最も大きな魅力である「伏線回収」に気付かない事があるかもしれません。

その伏線と回収を見逃さないように、30巻発売日までにおさえておく事をまとめました!

ぜひ、おさえておきましょう!

おさえておくべき事の説明のために30巻で起こる展開がざっくりと書かれている部分もありますので、少しのネタバレも読みたくない方はここで戻っていただ方が良いかと思われます。

それ以外の方はお進みください!

Sponsored Link

◆1話目119話の伏線とおさえるべきポイントまとめ!

2019-07-27_044929
30巻1話目となる、第119話の抑えておくべき伏線ポイントを見て行きましょう!

・第50話ライナーのセリフをおさらい!

2016-12-14_080931
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


発売されている29巻までで唯一の「座標発動」が12巻第50話にて登場します。

そこで座標発動を確認したライナーが「座標が最悪な奴に渡っちまった」「この世で一番それを持っちゃいけねぇのは エレン…お前だ」と確信する描写が登場しています。

当時考察好きな「進撃の巨人」ファンにはあまりにも有名な描写ですが、これを久々に想起させる場面が30巻1話目となる119話にて登場します!

30巻発売日までに12巻を読み返しておきましょう!

今すぐその場面を確認したい方は119話「兄と弟」あらすじ考察まとめ!にてできるので見てみてください!

・エレン&ジーク、マーレ、パラディ兵団の関係をおさらい

2018-11-08_223215
「進撃の巨人」第111話「森の子ら」より


30巻1話目となる119話では、エレンとジーク、イェレナ、義勇兵、マーレ軍、イェーガー派、ファルコとガビとコルト、壁内兵団が入り乱れての大混戦という展開となります。

それぞれの目的、立場を今一度整理してみましょう!

エレンは表向きエルディア安楽死計画実行に向けて動いていますが、真意は別にあるような描写も登場してきています。

ジークの目的はエルディア安楽死計画実行です。

イェレナはジークの目的実行の補佐です。

義勇兵、特にオニャンコポンですが、パラディ島のエルディア人とともにマーレを倒す事が目的となっています。

マーレ軍はエレンの始祖奪還が目的ですが、特にエレンとジークの接触からの座標発動を止めることが目的となっています。

イェーガー派はエレンの補佐が目的となっていますが、エルディア安楽死計画を知らないと思われます。

ファルコとガビとコルトは、ファルコがジークの脊髄液を摂取したことからファルコの巨人化を止める事が目的となっています。

壁内兵団は、パラディ島に進攻してきたマーレ軍を倒す事が目の前の目的となっています。

この辺りの立場、目的を30巻発売日までにおさえておきましょう!

今すぐ大混戦となっている119話の内容を確認したい方は119話「兄と弟」あらすじ考察まとめ!にてできるので見てみてください!

◆2話目120話の伏線とおさえるべきポイントまとめ!

2019-08-28_052119
30巻2話目、120話の伏線ポイントを見て行きましょう!

・エレンのボールとグローブ

2019-08-28_045139
「進撃の巨人」第98話「よかったな」より


24巻第98話では、エレンとファルコが病院で会話をする場面が登場しています。

そこではエレンの助言により今まで抜くことが出来なかったガビを抜くことができ、感謝するファルコが描写されておりエレンを心から信用する様が描かれています。

その中で、ベンチの上にボールとグローブが置いてある事に気付いたファルコが「家族からですか?」と質問し、エレンは「やはりこの体には難しかったが」と答えていました。

この場面がエレンとジークの邂逅伏線であることは既に回収され分かっていますが、さらに30巻2話目となる120話にて意味のある場面として登場します!

その意味が読んだ際にスッと分かるように、30巻発売日までに24巻を読み返しおさえておきましょう!

今すぐ120話場面を確認したい方は120話「刹那」あらすじ考察まとめ!にて確認できますので、見てみてください!

・王家血統者の記憶に関する能力のおさらい

2015-10-05_044249
「進撃の巨人」第54話「反撃の場所」より


これまでに、レイス家血統での巨人能力者はウーリとフリーダが登場しています。

この両名に共通して言えるのは、「記憶に関する能力」を持っていたことです。

ウーリは17巻69話でケニーの記憶を探る、もしくは改ざんしようとしていましたし、フリーダは13巻54話でクリスタの記憶を消去していました。
2015-11-01_050909
「進撃の巨人」第69話「友人」より


この能力がポイントとなる展開が、30巻2話目となる120話にて登場します!

30巻発売日までに、13巻と17巻を読み返しておきましょう!

今すぐ120話場面を確認したい方は120話「刹那」あらすじ考察まとめ!にて確認できますので、見てみてください!

・道と座標のおさらい

2016-12-08_041628
「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


12巻で登場して以来、進撃の巨人において最も重要なワードのひとつであった「座標」ですが、現在ではかなりその意味が明らかとなっています。

「座標」とは、全てのユミルの民に繋がっている「道」が交わるポイントを指しています。

そして巨人の血肉は「道」を通じて送られて来る、とされています。

さらに、これまでにも89話でユミルがいた場所が「道」であろうと思われていますし
2019-03-08_025914
「進撃の巨人」第89話「会議」より


ジークの体が治された場所やそこから見えた星空が「道」だろうと言われています。
2019-03-08_065646
「進撃の巨人」第115話「支え」より


この辺りが30巻120話では非常に重要なポイントとなってきます。

30巻発売日までにこれらの多くの説明が登場する22巻、29巻を読み返しておきましょう!

今すぐ120話場面を確認したい方は120話「刹那」あらすじ考察まとめ!にて確認できますので、見てみてください!

オレがこの世に生まれたからだ

2015-07-24_043140
「進撃の巨人」第14話「原初的欲求」より


エレンの性質を表す重要な名言のひとつ、と言えるセリフですよね。

4巻14話にて登場したこのセリフです。

ただ、カッコいいセリフでありながらもアルミンの質問である「エレンはどうして外の世界に行きたいと思ったの?」という答えにはなっていないようにも感じられるセリフですが(笑)、このセリフが30巻2話目となる120話において重要なワードとなっています。

その場面が登場した時にスッと14話のこの名言を思い出せられるように、30巻発売日までに4巻を読み返しておきましょう!

今すぐ120話場面を確認したい方は120話「刹那」あらすじ考察まとめ!にて確認できますので、見てみてください!

◆3話目121話の伏線とおさえるべきポイントまとめ!

s91
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


30巻2話目、120話の伏線ポイントを見て行きましょう!

・グリシャの「地下室を見せてやろう」

s91
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


1巻第1話に登場しているグリシャの地下室の伏線は、21巻85話「地下室」にて回収されました。

実に84話をまたいだロングパスであり、その間にネット上では多くの熱い考察が飛び交っていましたが、グリシャノートの登場でキチンと回収されました。

そんなグリシャの地下室の存在を暗示させていた第1話のひとコマでしたが、30巻121話にて別の意味を持つ伏線である事が明らかとなります!

そんな121話での展開にて伏線であるとサッと気付けるように、30巻発売日までに第1巻を読み返しておきましょう!

今すぐ121話の伏線を見たい人は121話「未来の記憶」あらすじ考察まとめ!にて確認できますので見てみてください!

・「お前が始めた物語だろ」

2016-12-08_042026
「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


22巻88話にて、戦う事を諦めかけていたグリシャが立ち上がる熱い場面が登場しました。

「お前は妹を連れて壁の外に出た日から」

「その行いが報われる日まで進み続けるんだ」

「死んでも」

「死んだ後も」

「これは」

「お前が始めた物語だろ」

この場面を読み、熱く滾った読者も多かったでしょう!

しかしこの場面を再び思い起こさせられる場面が、30巻121話にて登場します。

その展開を読み、88話のこの場面をサッと気付けるように発売日までに第22巻を読み返しておきましょう!

今すぐその展開を確認したい方は121話「未来の記憶」あらすじ考察まとめ!にて確認できますので見てみてください!

◆4話目122話の伏線とおさえるべきポイントまとめ!

2017-04-04_060825-vert
30巻4話目となる、第122話で抑えておくべき伏線ポイントを見て行きましょう!

・クリスタとフリーダが読んでいた絵本をおさらい

2019-10-06_040934
「進撃の巨人」第54話「反撃の場所」より


13巻54話冒頭は、クリスタと姉フリーダが絵本を読んでいる場面から始まります。

この絵本には様々な謎と伏線が仕掛けられていますが、30巻4話目となる122話ではその内のひとつが解明する展開が登場します。

その回収に気付けるように、30巻発売日までに13巻を読み返しておきましょう!

特に54話冒頭のクリスタとフリーダの会話は、要チェックです!

122話の内容を今すぐ知りたい方は122話「二千年前の君から」あらすじ考察!にて確認できますので見てみてください!

・巨人のうなじにあるものを再チェック!

2019-11-03_182305
「進撃の巨人」第51話「反撃の場所」より


巨人はうなじを削ぐと倒せることは、周知の事実となっています。

しかし、そのうなじに何があるのか?

それに関係する事実が30巻4話目となる122話で明らかとなります!

ボンヤリとですが、巨人のうなじにいるものについては13巻54話でハンジが説明をしています。

30巻発売日までに13巻のハンジの説明を再読しておきましょう!

122話の内容を今すぐ知りたい方は122話「二千年前の君から」あらすじ考察!にて確認できますので見てみてください!

・始祖ユミルが「荒れ地を耕し橋をかけた」回収

2019-11-03_182832
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


21巻86話ではグリシャの半生が描かれており、そこでエルディア復権派のリーダーとして活躍していく青年グリシャが登場していました。

その展開の中で、「始祖ユミルは荒れ地を耕し橋をかけた」と読めない古語をいい加減に解読していました。
2016-10-07_032929
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


その真実が、30巻4話目となる122話で明らかとなります。

30巻発売日までに21巻を読み返しておきましょう!

今すぐ122話の内容を知りたい方は122話「二千年前の君から」あらすじ考察!にて確認できますので見てみてください!

・アニメseason2エンディングの回収

2017-04-04_060825-vert
2017年春に放送されたアニメ2期ですが、そのエンディングロールに受けた衝撃が今も残っている人は多いでしょう。

むっちゃスゴいエンディングでしたよね!

それは描写がスゴいということもありますが、やはり伏線としてもスゴいと感じられたところは大きいでしょう。

アニメ2期エンディングが「大きな伏線」であったことが、30巻4話目となる122話で明らかとなります!

30巻発売日までに2期エンディングを見直しておきましょう!

それが難しい人はアニメ26話「獣の巨人」考察!OPとED動画を検証!アニメ2期ED考察!3人の少女は3重の壁なのかを検証!で、おさえておきましょう!

今すぐ122話の内容を知りたい方は122話「二千年前の君から」あらすじ考察!にて確認できますので見てみてください!

31巻の発売日までに抑えるべき考察まとめ!
最新話から最終回までの結末から伏線・考察を全網羅
30巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
29巻の発売日8月9日までに抑えるべき考察まとめ!
FinalSeason(シーズン4)は2020年10月放送予定!


Sponsored Link

24 Responses to “【進撃の巨人】最新刊30巻の発売日12月9日(予定)までに抑えるべき考察まとめ!”

  1. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    よく考えてみたらまだフロック達は、安楽死計画を知らされてないんでしょうね。
    ジークの脊髄液入りのワインを兵団内に蔓延させたのも、おそらくレベリオ襲撃前からだと考えます。

    この事を誰経由で知る事になるのかは分かりませんが、安楽死計画を知ったらどう動くのかが気になります。
    今現在、読者のひんしゅくを一手に受けているフロック君ですが、最後はやっぱり憎めなかったなぁと言う逆転シナリオもあるかもですね。

    • 管理人アース より:

      >安楽死計画を知ったらどう動くのかが気になります。
      ライナー、ピークの反応は違うかもですね!



      管理人アース

  2. 川崎アヤッカーマン より:

    こんにちは。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    川崎アヤッカーマンです。

    最近コミックスを読み直してて気付いたことがあったので考察落とさせていただきます。
    稚拙ではありますが以下私の考察になります。

    第107話にて、目覚めたライナーが「·····ガビとファルコの声が聞こえた」と言っています。このことから私はファルコが鎧の巨人を継承したと考えました。
    パラディ島にて捕えられていたガビとファルコが脱獄し、次ページではマーレ国でライナーが目覚めます。このことからライナーが聞いた声というのは脱獄時の会話だと考えられます。この会話をライナーが聞くには鎧の巨人の記憶を通して聞く以外に方法がありません。
    ガビとファルコのうち、ガビには巨人化能力がないので、最新119話で顎を継承したファルコがライナーを食べ鎧をも継承したと考えました。
    長くなるので深い考察は省略します。

    考察をどこにあげていいか分からず、私の考察と関係ない今回の記事にコメントしてしまい申し訳ございません。
    これからも更新楽しみにしています。
    応援しています。

    • 管理人アース より:

      >最新119話で顎を継承したファルコがライナーを食べ鎧をも継承したと考えました。
      120話以降でファルコがライナーをも捕食するという考察ですね。
      「ガビとファルコの声が聞こえた」が伏線と考えれば、あるかもですね!



      管理人アース

  3. 北欧の戦士 より:

    アース団長 考察 おつかれさまです。
    今回の考察とは関係ありませんが
    アニメ第1期からマーレ伏線があったのではないかという考えが浮かんできました。
    EDの「俺たちは壁の外で また会おうぜ 地図にない場所で」 とあって「壁の外」また、パラディ側から見た「地図にない場所」というのはマーレのことなのではないかと思いました。
    まあ これだけですが^_^
    他に裏付けるものがあれば探してみてください。

  4. すみ より:

    初めまして。

    今さら初歩的な質問になるかもしれませんが…
    ジークの叫びの力が及ばない範囲があるように、
    座標の力が届かない範囲は無いのでしょうか?

    カルラとの接触で発動した際、島内すべての無垢巨人が集まって来ていたのでしょうか。

    記憶の改ざんについて、壁外には力が届かなかっただけなのか、それとも
    壁内だけで充分だと言う事なのか分からないのですが、
    始祖の力そのものが届かない範囲、というのは存在しないのでしょうか???

    • 管理人アース より:

      50話の座標発動は不完全だったと思われます。
      これは以前ライナーが「完全な座標を身に着けたら」という表現からも察せられます。
      知性巨人を操る事ができなかった事もあるでしょうが、距離も関係しているかなと!
      完全な座標発動だったら、おそらく島内全ての巨人が操られていたかもですね!



      管理人アース

  5. ゲレゲレ より:

    ジークの力に魅せられただけでイェレナが安楽死計画に賛同するとは思えないので、もしかしたらイェレナは何かしら理由があって子供が産めないのではないか。

  6. 北欧の戦士 より:

    アース様!!更新お疲れ様です!!
    失礼。ちょっとテンションが上がっています。
    9月!!
    やっと次の話がよめる!
    って感じですねww
    次の話ではどんな謎が解明されるのか。
    個人的にはジーク展開か、記憶ツアーによる壁の巨人達の記憶ですね。
    ジーク展開は以前お伝えした通りですが、
    壁の巨人達の記憶は、クルーガー考察でお伝えした巨人達の楽園で
    起こったことについてです。
    王が大地の悪魔の体の一部を氷爆石や黒金竹に
    変えてしまったかも?というやつです。
    アース様、
    前回も記述したように少し気になることがあります。
    (これ以降、前日記述させていただいた内容を踏まえてお読みいただけると幸いです。)
    巨人の体をいじくり回した時にできた副産物がアッカーマン一族なのだとしたら、巨人はそのアッカーマン一族の特徴を持っていて当たり前だと思うのです。
    例えば、頭痛ですがこれは巨人または巨人化能力保持者の[パリ]に当たります。(巨人化能力者のパリは生身の人間にはキツイのでは。)
    そのように考えてみると、
    アッカーマン一族が持つ[宿主を決める]という特徴を無垢の巨人が持っていたとしたら、
    宿主は必然的に大地の悪魔になるのではないでしょうか。
    大地の悪魔は、人間が進出する前の、巨人がたくさんいる(原住民であり、人食いではない巨人たち)パラディ島の王のような存在であり、
    その自分達の王の(宿主の)体を利用した人間を
    殺そうと決めた。という風に考えました。
    ミカサもエレンが何かされたらキレますよね。
    ぜひ考察していただけると嬉しいです。
    121話に向けて心臓を捧げます。

    • 管理人アース より:

      アッカーマン一族の宿主性質がどこまで本当なのかが判明していません。
      もちろんエレンに殴りかかるアルミンをミカサが取り押さえた事から、そのような性質があるように見受けられますが、あの説明のどこまでが本当なのかは未知数です。
      あと、宿主という性質は巨人の性質から生まれたのではなく、王を守る意図で設計された、とエレンは語っています。
      なので、人為的に作られた可能性もあります。
      これも「どこまでが本当の説明なのか」が確定できないため、「可能性がある」としか言えないのですが…
      どちらかというと、宿主は巨人の性質ではなくそのように設定されたのかなぁ、という印象です。



      管理人アース

  7. ユミル・イェーガー より:

    管理人さま

    お疲れ様です。

    突然ですが・・・
    「いってらっしゃい」の回収方法を思いついたので投稿してみます。。。

    アニメ版を「ループ前の話」
    原作を「ループ後の話」
    とする。

    アニメ版のラストの展開を「地ならし」にしてエレンの予想を超えた悲惨で切ないモノにする。ここでミカサのループ能力が発動。ラストカットは「いってらっしゃい」→原作の1話「いってらっしゃい」に続く。

    原作はアニメ版からのつながりで「いってらっしゃい」から始まる。「地ならしナシ」での解決を目指す。ラストカットは「お前は自由だ」

    もしも原作とアニメ版の内容を違えるという演出をするなら「地ならし」の有り 無し が一番わかりやすい。「地ならし」をするならアニメ版の方が効果音やBGMを目一杯に使用して、より迫力のあるものにできる。アニメ版ではミカサはマフラーを外さずに行動して依存心が取れない。原作ではミカサがマフラーを外して自立した精神で「愛」を持てる。この違いがエレンの最終決断を左右する。
    ループをぬけて「愛のある自由」に辿り着く。

    以上 突発的な妄想でした。。。

    • 管理人アース より:

      こんな展開が来たら面白いですね!
      でもアニメと原作が違う最終話を迎える、というのはありそうな気がしますよ!



      管理人アース

  8. 進撃のおかん より:

    更新おつかれさまです!!
    進撃の、未来の継承者の記憶がみれる、という能力が奥深すぎて感服です。

    「始祖の巨人」をはじめ、巨人の名前の由来問題も、なんでハンジさんは始祖ってワードを当てることができたんだろうと謎でしたが、
    民族全体が道で繋がっていたからじゃなくて、
    ハンジさんが仮に始祖と名付ける→エレンがそれ使う→クルーガーがそれ使う…で、どんどん遡ってるんでしょうね。

    ↑の記事で引用されてる画像で、クルーガーの顔がエレン激似になってるコマがありますが、未来からやってきたエレンが喋ってる(orクルーガーがそのまま言ってる)のかなと思いました。
    続きが楽しみすぎます…!!

    • 管理人アース より:

      巨人の命名はそういうことだろうと思われますね。
      「進撃の巨人」とこの時言ったエレンの記憶を継承者が見て…かもしれませんね。



      管理人アース

  9. ユミル・イェーガー より:

    こんばんわ。
    団長 更新お疲れ様です。

    もうすぐ122話が読めますね。
    最大の関心ごとは エレンと少女の接触から少女の正体が判明するのかどうか?
    大地の悪魔と始祖ユミルの物語の記憶が見れることを切に期待します。

    はたしてジークの発した命令は実行されるのか否か?
    実行されても後から変更可能ですが、このタイミングで1度実行されたら ヒストリアのお腹の子の命が心配ですね。
    ヒストリアの赤子の死が、エレンやヒストリアの判断力に よからぬ影を落としこんでしまう という展開がきちゃいそうだなぁ。

    そして ①物語はエレンの寿命の4年後まで もう1幕、2幕と展開があるのか?
    それとも ②9つの巨人がパラディ島に集結している今、一気に終幕への展開へと動き出すのか?
    ラストカットの赤子が現在ヒストリアが妊娠中の赤子なら②の展開になりそうですが、まだまだ回収事案が多いので①かな。。。

    30巻以降も道での展開が続くのか?
    31巻から現実世界に戻るのか?

    122話を含めて残り17話か18話と踏んでいます。
    毎回、回収の嵐となりますね。

    122話 タイトル予想
    『遥かなる記憶』

    • 管理人アース より:

      >①物語はエレンの寿命の4年後まで もう1幕、2幕と展開があるのか?
      >31巻から現実世界に戻るのか?
      これ、同じく気になっているところです。
      イェーガー編じたい、どれくらい続くのだろう?

      >122話 タイトル予想
      『遥かなる記憶』
      良いですね!
      どこかで「イェーガー」というタイトルが来たら熱いな、なんて妄想しています。


      管理人アース

      • ユミル・イェーガー より:

        団長、お疲れ様です。
        以下、大雑把に展開予想です。

        31巻
        道での展開 「記憶」による回収
        ①大地の悪魔と始祖ユミル
        ②巨人の歴史
        ③巨人大戦
        ④145代フィリッツ王

        32巻 33巻
        119話場面~最終章に向けて
        ⑤マーレ軍の一時撤退
        ⑥ライナー・ガビ・ファルコ・ピークによる巨人化学研究学会の真相解明
        ⑦ジーク・ライナー・ピークの継承?(あるのか?ないのか?)
        ⑧ヒストリアの赤子
        ⑨ハンジとリヴァイ
        ⑩イェレナの正体
        ⑪ヒィズル国・キヨミ様・ミカサの真相
        ⑫アニの復活
        ⑬黒幕の登場はあるか?

        34巻 35巻?
        最終章


        *問題点…プチ地ならしはあるのか?どんな戦略ででも世界大戦を一時収めることが出来るかどうかで4年後まで話が繋がるか否かが決まる。いずれにせよ回収項目はまだまだ多い。①②③④は122話から一気に回収して119話の場面への戻り方(エレンとジークがどんな心境に至って現実世界に戻るのか)と、119話に戻った回の話の進み方が鍵。
        エレンとジーク、始祖の巨人はどちらが保有してるのかもまだ謎のまま。

        どうなっちゃうんですかねぇ。
        122話読んだら また新たな妄想を開始します。

        • 管理人アース より:

          面白いですね~。
          プチ地鳴らしが31巻くらいに起こるのではと管理人アースは感じています。
          ⑪がどれくらいの話数を割くのか?
          もともとのイメージはこれだけで1章、4巻分くらいになるのではと考えていましたが…最近のラストスパート感で難しいようにも感じています。
          ⑫がどこで来るのかは、全く分からないですし気になっていますよ。




          管理人アース

  10. ぽん より:

    アニメと原作が別展開の完結をする可能性がアリだとしたら・・・?
    原作の完結はさらに伸びて、これから3年後になるのでは?と、思ってしまいました。

    そう、連載開始から13年間です!

  11. 北欧の戦士 より:

    そういえば書けてなかったことを、
    無垢の巨人の性質ですが、
    ·喋れない
    ·人喰い
    ·性の区別がない   等ありますが、
    喋れないのは、
    ユミル部族が舌を切られていたからであり、
    人喰いは三人の少女がユミルを食ったことからであり、
    性の区別がないのは、強制的な子作りに対する恐怖からではないでしょうか。
    ユミルとその娘達の記憶が特徴に表されている?

    すると104期ユミルの終わらない夢とはその4人の記憶でしょうか?

    • 管理人アース より:

      ものスゴく面白い考察ですね!
      またどこかで考察したいですが「なぜ無垢なのか?」という根本も気になりますよね。


      管理人アース

      • 北欧の戦士 より:

        追記です。
        無垢の巨人が海に近づかないのは
        ユミルが水に落ちたときの恐怖で
        王家に従うのは
        ユミルが従っていたのと同義。
        なぜ無垢なのか?
        それはユミル部族が奴隷となり、何の言葉を発することも、意思を持つことも出来ない無垢な赤子のようだったからでは?

  12. 北欧の戦士 より:

    あと今話最後のユミルの顔とエレンがヒストリアの手にキスをしたシーンの顔を見比べてみてください。


      まぁただ似てるだけなんですけど…

北欧の戦士 にコメントする

このページの先頭へ