【進撃の巨人】最新刊30巻の発売日12月9日(予想)までに抑えるべき考察まとめ!

「進撃の巨人」もとうとう30巻の大台を迎えることになりました。

これまでに大小多くの伏線が仕掛けられ順番に回収されてきている作品となっていますが、あまりの巧妙な仕掛けられ方に見逃し、最も大きな魅力である「伏線回収」に気付かない事があるかもしれません。

その伏線と回収を見逃さないように、30巻発売日までにおさえておく事をまとめました!

ぜひ、おさえておきましょう!

おさえておくべき事の説明のために30巻で起こる展開がざっくりと書かれている部分もありますので、少しのネタバレも読みたくない方はここで戻っていただ方が良いかと察します。

それ以外の方はお進みください!

Sponsored Link

◆1話目119話の伏線とおさえるべきポイントまとめ!

2019-07-27_044929
30巻1話目となる、第119話の抑えておくべき伏線ポイントを見て行きましょう!

・第50話ライナーのセリフをおさらい!

2016-12-14_080931
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


発売されている29巻までで唯一の「座標発動」が12巻第50話にて登場します。

そこで座標発動を確認したライナーが「座標が最悪な奴に渡っちまった」「この世で一番それを持っちゃいけねぇのは エレン…お前だ」と確信する描写が登場しています。

当時考察好きな「進撃の巨人」ファンにはあまりにも有名な描写ですが、これを久々に想起させる場面が30巻1話目となる119話にて登場します!

30巻発売日までに12巻を読み返しておきましょう!

今すぐその場面を確認したい方は119話「兄と弟」あらすじ考察まとめ!にてできるので見てみてください!

・エレン&ジーク、マーレ、パラディ兵団の関係をおさらい

2018-11-08_223215
「進撃の巨人」第111話「森の子ら」より


30巻1話目となる119話では、エレンとジーク、イェレナ、義勇兵、マーレ軍、イェーガー派、ファルコとガビとコルト、壁内兵団が入り乱れての大混戦という展開となります。

それぞれの目的、立場を今一度整理してみましょう!

エレンは表向きエルディア安楽死計画実行に向けて動いていますが、真意は別にあるような描写も登場してきています。

ジークの目的はエルディア安楽死計画実行です。

イェレナはジークの目的実行の補佐です。

義勇兵、特にオニャンコポンですが、パラディ島のエルディア人とともにマーレを倒す事が目的となっています。

マーレ軍はエレンの始祖奪還が目的ですが、特にエレンとジークの接触からの座標発動を止めることが目的となっています。

イェーガー派はエレンの補佐が目的となっていますが、エルディア安楽死計画を知らないと思われます。

ファルコとガビとコルトは、ファルコがジークの脊髄液を摂取したことからファルコの巨人化を止める事が目的となっています。

壁内兵団は、パラディ島に進攻してきたマーレ軍を倒す事が目の前の目的となっています。

この辺りの立場、目的を30巻発売日までにおさえておきましょう!

今すぐ大混戦となっている119話の内容を確認したい方は119話「兄と弟」あらすじ考察まとめ!にてできるので見てみてください!

30巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
29巻の発売日8月9日までに抑えるべき考察まとめ!
FinalSeason(シーズン4)は2020年10月放送予定!


Sponsored Link

9 Responses to “【進撃の巨人】最新刊30巻の発売日12月9日(予想)までに抑えるべき考察まとめ!”

  1. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    よく考えてみたらまだフロック達は、安楽死計画を知らされてないんでしょうね。
    ジークの脊髄液入りのワインを兵団内に蔓延させたのも、おそらくレベリオ襲撃前からだと考えます。

    この事を誰経由で知る事になるのかは分かりませんが、安楽死計画を知ったらどう動くのかが気になります。
    今現在、読者のひんしゅくを一手に受けているフロック君ですが、最後はやっぱり憎めなかったなぁと言う逆転シナリオもあるかもですね。

    • 管理人アース より:

      >安楽死計画を知ったらどう動くのかが気になります。
      ライナー、ピークの反応は違うかもですね!



      管理人アース

  2. 川崎アヤッカーマン より:

    こんにちは。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    川崎アヤッカーマンです。

    最近コミックスを読み直してて気付いたことがあったので考察落とさせていただきます。
    稚拙ではありますが以下私の考察になります。

    第107話にて、目覚めたライナーが「·····ガビとファルコの声が聞こえた」と言っています。このことから私はファルコが鎧の巨人を継承したと考えました。
    パラディ島にて捕えられていたガビとファルコが脱獄し、次ページではマーレ国でライナーが目覚めます。このことからライナーが聞いた声というのは脱獄時の会話だと考えられます。この会話をライナーが聞くには鎧の巨人の記憶を通して聞く以外に方法がありません。
    ガビとファルコのうち、ガビには巨人化能力がないので、最新119話で顎を継承したファルコがライナーを食べ鎧をも継承したと考えました。
    長くなるので深い考察は省略します。

    考察をどこにあげていいか分からず、私の考察と関係ない今回の記事にコメントしてしまい申し訳ございません。
    これからも更新楽しみにしています。
    応援しています。

    • 管理人アース より:

      >最新119話で顎を継承したファルコがライナーを食べ鎧をも継承したと考えました。
      120話以降でファルコがライナーをも捕食するという考察ですね。
      「ガビとファルコの声が聞こえた」が伏線と考えれば、あるかもですね!



      管理人アース

  3. 北欧の戦士 より:

    アース団長 考察 おつかれさまです。
    今回の考察とは関係ありませんが
    アニメ第1期からマーレ伏線があったのではないかという考えが浮かんできました。
    EDの「俺たちは壁の外で また会おうぜ 地図にない場所で」 とあって「壁の外」また、パラディ側から見た「地図にない場所」というのはマーレのことなのではないかと思いました。
    まあ これだけですが^_^
    他に裏付けるものがあれば探してみてください。

  4. すみ より:

    初めまして。

    今さら初歩的な質問になるかもしれませんが…
    ジークの叫びの力が及ばない範囲があるように、
    座標の力が届かない範囲は無いのでしょうか?

    カルラとの接触で発動した際、島内すべての無垢巨人が集まって来ていたのでしょうか。

    記憶の改ざんについて、壁外には力が届かなかっただけなのか、それとも
    壁内だけで充分だと言う事なのか分からないのですが、
    始祖の力そのものが届かない範囲、というのは存在しないのでしょうか???

    • 管理人アース より:

      50話の座標発動は不完全だったと思われます。
      これは以前ライナーが「完全な座標を身に着けたら」という表現からも察せられます。
      知性巨人を操る事ができなかった事もあるでしょうが、距離も関係しているかなと!
      完全な座標発動だったら、おそらく島内全ての巨人が操られていたかもですね!



      管理人アース

  5. ゲレゲレ より:

    ジークの力に魅せられただけでイェレナが安楽死計画に賛同するとは思えないので、もしかしたらイェレナは何かしら理由があって子供が産めないのではないか。

コメントを残す

このページの先頭へ