【進撃の巨人】ネタバレ31巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!

4月9日(木)に発売されるであろう「進撃の巨人」31巻ですが、いったいどのような巻となるのでしょうか?

30巻ではとうとう座標が発動しさらに始祖ユミルの半生が明らかとなり、大きな展開と伏線回収が登場した巻となっていました。

そしてその展開から、「イェーガー編(当サイト呼称)終息の巻」と言っても良いのでは、と感じられました。

では、31巻は新章始まりの巻となるのでしょうか?

それはいったいどのような新章なのか?

1話目のあらすじを見ながら、予想してみます!

Sponsored Link

◆31巻1話目@123話あらすじ!

2019-11-08_022245
ミカサの回想シーン。

30巻からは数ヶ月前の時系列となるであろう、調査兵団がマーレに潜入調査する場面から始まります。

トロスト区鉄道開通祝賀会の時の、イェレナとの接触により単独行動が目立つようになった頃のエレン。

そのため、皆が「エレンは変わった」と言い、ミカサもそのように感じているとの描写。

しかしそのいっぽうで「エレンは最初から変わっておらず、これが本来の姿かも」と揺れるミカサの心情が描かれます。

船に乗りマーレに到着する調査兵団。

初めて見るマーレの文化に圧倒されます。

車を見てはしゃぎ、アイスクリームを食べて興奮するサシャやコニー。

それを見て自分も食べ、衝撃を受けてアイスをアルミンやミカサに勧めるジャン(笑)

ミカサもアイスを食べ、一人離れて立っているエレンに嬉しそうに勧めます。

しかし一人物憂げなエレン。

その時、サシャから財布をスろうとしたくせ毛の少年の腕をリヴァイ兵長が掴みます。

その様子を見てスリの少を年囲むマーレの人々は、吊し上げにするか、海に放り投げるか相談しだします。

それを聞いて少年を助けるため、抱えて移動するリヴァイ兵長。

助けられ、涙を流して感謝し離れていく少年。

その手には兵長の財布が(笑)

離れていく少年をジッと眺めて見つめるエレンの描写。

夜、マーレ潜入調査の拠点となるアズマビト家に集まった調査兵団ですが、エレンだけ抜け出します。

昼間スリをしていた少年がいる難民キャンプ場を見ているエレンを見つけるミカサ。

しばし二人でキャンプ場を見つめます。

そしてミカサに「どうしてオレのこと 気にかけてくれるんだ?」と尋ねるエレン。

「オレは…お前の何だ?」と、真っ直ぐミカサを見つめて聞きます。

真っ赤になるミカサ

「あなたは…家族」と答えます。

ミカサの回想が終わり、地鳴らしが始まったマーレに場面は戻ります。

超大型巨人よりも大きな、とんでもないサイズの巨人になっているエレン巨人を見つめるミカサ

アルミンはシガンシナ区だけの超大型巨人だけでなく、全ての巨人が移動しているのを確認します。

「標的がマーレに集まった世界連合軍だけではない」とミカサに告げるアルミン。

その時、ミカサとアルミンの頭の中にエレンの声が響きます。

「すべてのユミルの民に告ぐ」

その声は始祖の巨人の能力を使い、ジャン、ライナーを始め全てのユミルの民に届いているよう。

その中でエレンは「壁の巨人は島の外にある全ての地表を踏み鳴らし、そこにある命を駆逐する」と宣言します。

鬼のようになったエレンの顔が登場し、終わります。

詳細な内容と考察は123話「島の悪魔」あらすじ感想考察!に記載されています。
Sponsored Link

◆31巻がどのような巻になるのか予想!

2017-10-07_203008
30巻最終話で、始祖ユミルに語ったエレンの言葉が、彼女の心の扉を開いたのだろうと管理人アースには読めました。

それは31巻第1話目となる123話で、エレンが始祖の巨人の力を使っている事からも確認できます。

ここから管理人アースには30巻でエレンがジークを超え、109話から始まった「イェーガー編(当サイト呼称)が終わったかな」と感じられました。

となると、やはり31巻からは新章が始まるのではと予想できます。

それはどのような章なのか?

エレンが発動した地鳴らしを止めようとする、世界が描かれるのかなと予想できます。

マーレ側はもちろんですし、それにはヒィズル国も絡むだろうと察せられます。

管理人アースは、ここでヒィズル国とミカサが中心となり描かれ、「東洋の一族編が始まるのかな」と妄想しています。

それを表すために、31巻1話目となる123話がミカサの回想から始まったのかなとも考えていますし。

そこでは145代フリッツ王とヒィズル国将軍家であるアズマビト家との関係も明らかになるのかなと!

さらに、ミカサの想いがエレンの地鳴らしを止めることになるのか?

おそらく31巻は、最終章になるであろう「東洋の一族編が始まる巻」だと管理人アースは予想します!

さてさて、この予想が当たるのか?

ゆっくりと31巻発売日を待ちますよ!(^^)

30巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
31巻の発売日までに抑えるべき考察まとめ!
FinalSeason(シーズン4)は2020年10月放送予定!
結末から伏線・考察をアースが全網羅!


Sponsored Link

18 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ31巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!”

  1. ユミル・イェーガー より:

    団長 連日の記事更新お疲れ様です。

    31巻 どんな展開が描かれるか楽しみですね。
    地ならしの進行と現状描写、回想などによる伏線回収が 今後どんな順番で描かれるのか?正直 まったく予想がつきません。そういった意味でも今後の1話1話が最終話へのカウントダウンを計る内容になるのではないかと思われます。
    1話でも長く連載を祈りながら 1話1話惜しみなく考察しまくりましょう(笑)

    12月9日発売の30巻。セリフ改変や119話のエレンのズボンと靴の描写など どんな修正や発見があるか とても楽しみにしています。そこの考察記事もよろしくお願い致します 団長!!!

    • 管理人アース より:

      >セリフ改変や119話のエレンのズボンと靴の描写など
      ズボンの描写は気になりますよね。
      何かそのままいっちゃいそうな気もしますが(・_・;)



      管理人アース

  2. 井筒孝庵 より:

    おはようございます。

    第31巻は・・ズバリ「地鳴らし編」かなと(^-^ゞ

    ただ、その筆頭となる第123話の前半をミカサのモノローグ/回想に費やしてきているので、地鳴らしの背景・経緯・動機などの解明の上で、東洋の一族が関わっている可能性が大きく、「東洋の一族編」とも位置付けられそうです。

    また、《問》エレンがいったいどうなってしまったのか? については、二つの方向から現状認識が進むのではないかと思っていて、

    一つの方向が、ミカサ外伝→危険な巨大な力→将軍家の伝承→ミカサの覚醒、

    もう一つの方向が、そばかすユミルの記憶→ファルコの覚醒→ヒストリアとの邂逅→始祖ユミルの願い、

    という真相(エレンの動機と役割)への迫り方となり、「ヒストリア編」とも重なり合うのではないかと思っています。

    巨人大戦では、パラディに逗留していたヒィズル国将軍家一族が遭難しており、フリッツ/レイス王家に起きた事件、つまり、ヒストリアの系譜と、ミカサの系譜とが重なり合い、巨人大戦の謎解きと共に、エレンの究極の意思決定についての理解が深まるのではないかと。

    個人的には845の謎が解明されることにも期待していますが、冗長さが物語の進捗を妨げないようにするということであれば、巨人大戦と845とが因果的な繋がりを持っているという話の展開かなと。

    このまま地鳴らし一直線だと、

    確かに強硬策なくして差別や民族滅亡を拭い難い、免れ難いという描写が重ねられてきてはいましたが、マーレの版図は、アフリカと欧州を合わせたくらいのものなので、その他の世界の政情についての描写はヒィズル国以外は全く希薄なので、

    それ(十把一絡げの粛清)は性急で短絡的とも言えるでしょう。なので、そこには《理由》が要ると観ます。例えば、始祖ユミルの解放を試みると予め自動的に時限爆弾の作動(地鳴らし)が仕組まれている、という具合に。また、それが845年前、或いは2000年前から用意されていた、という具合に。

    ーーーーーーーーーーーー

    • 管理人アース より:

      >ズバリ「地鳴らし編」かなと
      仰る通り、そのような展開になりそうですね。
      「東洋の一族編」という名称は、当サイト立ち上げ時からずっと使用していた名称なので使っていますが、おそらく「地鳴らし編」の方がシックリ来る展開になりそうですよね。



      管理人アース

      • 井筒孝庵 より:

        こんにちは。

        返信頂きありがとうございます。

        「東洋の一族編」で全くよろしいかと(*^^*)

        ヒストリアに繋がるラインでの伏線の部分的な回収は、始祖ユミルの前半生でかなり進んできているので、

        やはりまるまる残ってしまっているのは、タトゥーや刺繍や鏡など、ミカサ周辺であり、東洋の一族にまつわる謎であり、ズバリ、終局に向けてのエレン・ミカサ・アルミンの関係の行方でもあるので。

        終局に向けて畳み掛けるような進み方なので、他のエピソード、ヒストリアのラインや世界連合艦隊との決戦など、複数のストーリーラインが多視点的に重なり合うでしょうが、基本、東洋の一族編というか、残りの半分は、ズバリのズバリ、「ミカサ編」と言ってよいのではないかと。

        残りの半分は、地鳴らし編後半ですが、人物視点では、作戦立案や戦後処理等を一手に担って、実質「アルミン編」かなと(*^^*)

        ミカサの三つ組み筋違いには、複数の意味が重ねられるでしょうが、エレン・ミカサ・アルミンの三者が重ねられることは間違いないだろうと思っています。

        ーーーーーーーーーーーー

  3. ヒストリアに後ろからハグされたい より:

    予想(若干ナルト寄り)

    地ならしが終わるまでエレンは始祖で無限月読的な物を発動して、エルディア人を拘束(保護)
    その間、各々が過去の記憶や夢を見る回想編
    もちろん、ここでミカサは色々な伏線を回収して行き、最終的にはキヨミが黒幕である事を知る

    そして無限月読中に動けるのは123話で描かれてない巨人継承者
    それは結晶体のアニとジークorファルコの内2人
    彼らが無限月読を解除して皆が解放、ここからエレンを止める為に共闘

    その頃、ミカサと同じアッカーマンの記憶を見たリヴァイが合流
    キヨミの計画を阻止する為にミカサ達はアルミン達とは別行動
    キヨミは予定通りに視察機に乗り上空へ逃げる
    ハンジは二人をキヨミの元へ連れて行く為に敵の乗り物を奪って飛び立つ

    地上ではエレンvs世界
    上空ではアッカーマンvsキヨミ

    こんな感じで最終回まで行きそう

    • 管理人アース より:

      キヨミ様が黒幕、という展開が来るか要チェックですね!



      管理人アース

  4. 団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    31巻の1話目となる123話が、ミカサの回想シーンからですもんね。
    自分も団長殿が予想されている東洋の一族編が、ここから描かれていくような気がしています。

    そう考えるとミカサ達はキヨミ様の飛空艇で、一時島から離れる事になりそうですね。
    そこからヒィズル国の謎が明らかになり、145代王と将軍家の関係・・・そして最後はミカサの秘めた力に迫るみたいな。

    取り残されたジークやライナー達にベンミアコンビ。
    さらにはイェレナやアニと興味は尽きませんが、これらはヒィズル国と二元中継みたいな形になるのかもです。

    気になる兵長とハンジさんの消息ですが、これらがどうなっていくのかも気になるところです。
    さらには身重の女王陛下や巨人化させられたピクシス達の事まで案じだしたらキリがありません。

    最終話はキリのよい130話になるのかもと考えているのですが、たったの7話で残された伏線の数々を全て回収するには無理がありますね。
    個人的にはルイーゼの役割が気になっているところですが、そのあたりがどう描かれていくのかも楽しみにしたいと思います。

    • 管理人アース より:

      >たったの7話で残された伏線の数々を全て回収するには無理がありますね。
      不安なのは「数々の伏線をスルーして強引にエンド」ですよね。
      巴里さんも同じではないでしょうか?
      もちろん諫山先生を信じていますが、不安がゼロではないと思います。
      残り7話で本誌6月発売でエンドなら、10月から始まるアニメにもタイミング的にちょうどかなとも感じます。
      しかしそれだと…(;´Д`)
      やはりアニメ2クールで原作は3月エンドくらいかな、と管理人アースは妄想します。



      管理人アース

  5. セリヌンティウス より:

    突然ですが、昨日夢で大陸までの道をエレンが高質化しているのを見ました。 日記です。

    • 管理人アース より:

      面白いですね!
      戦鎚と始祖の巨人の能力が絡めばできるかもですね!



      管理人アース

  6. 井筒孝庵 より:

    大陸までの道、妄想していましたo(^o^)o


    パラディ →マーレにエレンが伸びる(↓)。

    ┏┳┳┳┳・・┳┳┳┳◯


    マダガスカルからモザンビークまで約1000km。


    その上を巨人が渡る(↓)。

    ┏┳╋╋╋・・╋╋╋┳◯


    巨人の数が約50万体なので、2m間隔だと、エレンの背中に全部並びます。

    ーーーーーーーーーーーー

    • 井筒孝庵 より:

      続きです。

      巨人がどうやって海を渡るかが解決しましたが、

      どうやって地鳴らしを防ぐかも、たぶん解決です。

      エレンの背中を巨人が並んで渡って、マーレ側に着きそうになったら、

      最後尾の巨人の背中を押します(↓)。


      →////・・////
      ┏┳┳┳┳・・┳┳┳┳◯

      (擬音 「(ドドドド・・)」

      アルミンが作戦を立てて、ミカサが実行。いってらっしゃ~いって言いながら押します、たぶん。

      めでたしめでたし(^^;;

      ーーーーーーーーーーーー

  7. リヴァイ大好き より:

    こんばんわ。

    123話のアース団長さんの考察を読んだ最初の感想は、〔「ゴジラVS地球防衛軍」が始まったな〕でした。イメージは、モノクロの第一作目のゴジラ(モノクロ映画好き)。

    水爆の被害を受けて地上に現れて暴れまわるゴジラを、一人の博士が、開発したオキシジェン・デストロイヤー(だったかな)を仕掛けて、博士の犠牲とともにゴジラを討つ。って話で、怪獣映画とは思えない悲哀に満ちた作品でしたが、これからエレンも色んな国に現れては、消え、そのたびに、今まで、回収されていない伏線とか謎が解き明かされていく。なんてことを想像してしまいました。

    だだだんだだだん

    でもまずは、兵長の復活からお願いしたい。

    • 管理人アース より:

      兵長とヒストリアは、管理人アースも最も気になっています(;´Д`)



      管理人アース

  8. 摩訶般若波羅蜜 より:

    アースさんこんばんは!
    圧倒的な本編の展開とアースさんの展開予想をリアルタイムで体感できている今に感謝しております!
    圧倒されまくってるだけでもう俺からは考察も感想も出ません!
    ヤ○トやガン○ムリアルタイム世代を羨ましく思っていた俺も「進撃の巨人リアルタイム世代」と後々語れそうですね

    • 管理人アース より:

      >「進撃の巨人リアルタイム世代」と後々語れそうで
      ですね!
      後々そのように語られるような作品だと感じますよ!(*^^*)



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ