【進撃の巨人】ネタバレ30巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!

12月9日(月)に発売されるであろう進撃の巨人30巻ですが、いったいどのような展開となっているのでしょうか?

29巻はエレンとジークが接触を果たそうとし、それを阻止しようとするマーレ軍との激しい激突が展開していました。

まさに「イェーガー編(当サイト呼称)」真っ盛りでしたよね!

では、そこから30巻はどのような展開となるのでしょうか?

1話目となる119話の内容から、30巻の展開を予想してみましょう!

Sponsored Link

◆30巻1話目@119話あらすじ!

2019-07-09_054811
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


ジークと接触を果たそうと進むエレンゲリオンを止めようとするライナーの場面から始まります。

脚を負傷しており動けない鎧の巨人に代わり、エレンゲリオンの脚にかぶりつく顎の巨人!

しかし逆にエレンゲリオンにボコボコにされます。

うなじを狙われ頭が負傷するポルコの描写。

その間に追いついた鎧の巨人がエレンゲリオンのマウントを取ります。
2019-07-09_054921
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


ボコボコにされ動けなくなったポルコに「起きろ!力を振り絞れ!」と呼びかけるライナー!

鎧の巨人が手を差し伸べ、顎の巨人の頭に接触します。

瞬間、ポルコの頭に浮かぶマルセルから謝られるライナーの記憶が!
2019-07-09_054945
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


そこにジークに叫びを止めてもらうよう呼びかける為に移動していた、ファルコとコルトが獣の巨人の前に登場します。

弟の為に叫ぶコルト!
2019-07-09_055709
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


しかしジークはそれを聞いた上で「残念だ」と言いながら叫びます!

巨人化するピクシス達!

さらにファルコも!
2019-07-09_060503
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


巨人化したファルコはジークの命令通り、ライナーを襲います!

うなじを狙って来るファルコ巨人に、敢えて捕食されようとするライナー。

しかし致命傷を負っていたポルコがファルコ巨人の後方近くに現れます。
2019-07-09_055330
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


ポルコに飛びつくファルコ巨人!
2019-07-09_055426
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


ポルコはファルコ巨人に捕食されます!

さらに鎧の巨人を硬質化で拘束し、ジークに向かい走る人間エレン!

もう少しでジークと接触、というところで対巨人ライフルを構えたガビに撃たれます!
2019-07-09_055615
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


エレンの頭が吹っ飛び、終わります。
Sponsored Link

◆30巻がどのような巻になるのか予想!

2019-07-09_055641
1話目の119話「兄と弟」から「イェーガー編(当サイト呼称)」がかなり佳境に入っているな、と感じますよね。

ここからまさに30巻は、「イェーガー編最終巻」となるのではと感じています。

エレンとジークが接触を果たし座標発動からエレンが裏切る展開までが登場するのかな、と予想しますよ!

おそらく119話から二転三転し、30巻最終話の122話でエレンとジークが接触して終わるのでは、みたいなイメージを持っています。

「イェーガー編」は121話から125話辺りで終わると予想していたので、ペース的にもそれくらいかなと!

結果、30巻は現在の展開に一区切り着く巻になるのでは、と予想します!

30巻にて、「イェーガー編」にどのような結末が訪れるのか?

12月9日(月)の発売日が楽しみです!\(^o^)/

29巻あらすじ感想と考察まとめ!
FinalSeason(シーズン4)は2020年10月放送予定!


Sponsored Link

21 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ30巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!”

  1. イェガー兄弟愛に❤️ より:

    まだコミック29巻が発売前なので、あまりに予想外な展開に驚愕しております!

    コレって、ジークがエレンを捕食するしか方法が無いんじゃないですかね?
    そしたら、座標は王家のジークが発動出来ますし、ダイナとグリシャの願いが叶います!
    更に言うと、グリシャ夫妻はジークが幼い頃に「貴方の名前のジークとは”勝利”と言う意味なのよ。」的な事を聞かせてあげてましたね。
    まさかとは思いますが、もしかしたら、最後はジークがエレンの全てを受け継ぐとか?Σ( ・Д・ )
    そうすれば全てが解決しますよね!
    ま、違うかもですが。
    それにしてもエレンゲリオンでかなり笑ってしまいました(笑´・艸・)

    • イェガー兄弟愛に❤️ より:

      追記!

      それか、ジークに捕食され座標が発動して、エレンが始祖の巨人となって復活するとか⁉️Σ( ・Д・ )

    • 管理人アース より:

      >そうすれば全てが解決しますよね!いや、ジークが始祖を継承しても不戦の契りが発動して能力は使えないですよ。




      管理人アース

  2. 調査兵団副団長 より:

    イェーガー編が終わるといよいよミカサの東洋の一族・ヒィズル編がスタートですかね😄エレンとミカサが仲違いしたままだとしばらくミカサはヒィズルにとどまる感じになるんですかね?アルミンが上手く取り持ってくれると良いですけど…

    • 管理人アース より:

      おそらくですが「イェーガー編」が終わった後2,3話つなぎの話が入り、そこから「東洋の一族編」が始まるのではと妄想しています。



      管理人アース

      • 調査兵団副団長 より:

        そのつなぎでエレンとミカサや特別作戦班が和解できたら良いですね…アースさんの予想ではコニー退場の可能性有りともされているので仲違いしたまま終わりとかもあるんですかね…

        • 管理人アース より:

          コニーとミカサが仲違いしたまま別離・・・という展開もあるかなと思っています!




          管理人アース

  3. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    ピクシスとナイルに加えてファルコの巨人化。
    さらにはコルトやポルコの死亡退場。

    そして最後はエレンのあの衝撃シーンですもんね、
    コミックス30巻は我々の想像の及ばない世界に物語が進んでいきそうな気がします(汗)

    あれだけ神がかり的な復活を遂げたのですから、ジークにももっと見せ場があると信じたいです。
    ・・・ただ、ジークの目的が安楽死思想のままで変わらないのなら、思っていた以上にジークの退場は早くなるかもしれませんね。

    • 管理人アース より:

      ジークの神がかり描写の意味が未だに分からないですね。
      単に道の少女を登場させたかっただけなのか…(・_・;)
      にしても、あの時のジークの描き方は違っていたような。



      管理人アース

      • ユミル・イェーガー より:

        ジークの神がかり的な復活シーンは、ラストカットへの布石だと思っています。
        私はラストカットの赤ちゃんを抱いている人物はジークだと予想してます。
        生まれてさえこなければ・・・という思想にかられていたジークが道の少女と一緒にこれから生まれようとしてる赤ちゃんの身体をコネコネして生命の未来に希望を託しその子に向けて(すべての命に向けて)「お前は自由だ」。
        アニメ版では、そのセリフの後にフェードアウトして少女の声だけで「いってらっしゃい」

        • 管理人アース より:

          >(すべての命に向けて)「お前は自由だ」。アニメ版では、そのセリフの後にフェードアウトして少女の声だけで「いってらっしゃい」
          面白いですね!
          ただアニメ版では「いってらっしゃい エレン」はカットされているのでアニメファンは「いってらっしゃい」の意味が分からないかもですね。
          この辺り、けっこう気になっていますよ。
          「いってらっしゃい」カットをどのように処理するのか…


          管理人アース

          • ユミル・イェーガー より:

            >「いってらっしゃい」カットをどのように処理するのか・・・
            まさに 管理人様のおっしゃる通りです。
            私の中でもあれこれと考察中です。
            情熱大陸でラストカット「お前は 自由だ」が公表されたとき、ええっっ??ラストは「いってらしゃい」ループじゃなかったの?原作の「いってらしゃい」はどうやって回収するの?って思いました。

            ラストカット「お前は自由だ」と 原作の「いってらしゃい」の回収をどちらも成立させるための方法は『原作とアニメ版を2つの異なった結末にする』しかないような気がします。

            アニメ版での「いってらっしゃい」を含む細かな改変(結末が異なる伏線) → 左右の構図がさかさま(結末が異なる伏線)→ 原作とアニメの終了時期を合わせるという演出 → 原作バッドエンドで問題提議「いってらしゃい」ループ、アニメ版ハッピーエンド「お前は自由だ」

            それとも「いってらっしゃい」はループの伏線ではなく、エレンの記憶というだけで終わらせるのでしょうか?

            管理人様の考察おきかせください。。。


             

          • 管理人アース より:

            >原作バッドエンドで問題提議「いってらしゃい」ループ、アニメ版ハッピーエンド「お前は自由だ」

            このイメージですが、「お前は自由だ」は原作のラストイメージかなと。
            この辺りはまたどこかの記事で考察するかもですが、管理人アースは「いってらっしゃい」がループ伏線で「お前は自由だ」は「ループから自由になれた」みたいなイメージかなと…いや、これは可能性低いでしょうが(;´Д`)



            管理人アース

          • ユミル・イェーガー より:

            追記です。。。

            原作1話の「いってらっしゃい」はこの物語の重要な伏線である描写であると誰もが感じていたと思います。
            しかし アニメ版ではその部分がカットされています。必然的にアニメでは「いってらっしゃい」の回収は無い(回収する必然性が無い)ということになります。すると 原作に於いて「いってらっしゃい」の回収を物語に関わる重要な場面で行えば行うほど アニメとの整合性がとれなくなってしまいます。
            解決方法は2つ。
            ①原作とアニメの内容(結末・もしくは結末までの筋書き)を違うモノにする。
            ②原作に於いて物語に関わる重要な場面での回収はしない。ある意味 重要性をもたせない。

            ①は企画としては面白いのかもしれません。
            ②は少し残念な気持ちになります。

            そこで 原作もアニメも本編中は今後「いってらっしゃい」に触れない。アニメの物語が終了した後 音声だけで「いってらっしゃい」。
            隠された意味合いとしては アニメではラストカット「お前は自由だ」をうけて 生まれようとするすべての命に向けて「自由に生きなさい。さあ いってらっしゃい」 原作はミカサがエレンに向けて「自由に生きなさい。さあ いってらっしゃい」

            ってなことを発想したしだいです。。。
            まあ 原作とアニメを無理やりつなげただけですが。。。「いってらっしゃい」もったいないので。。。

          • 管理人アース より:

            >「いってらっしゃい」もったいないので。。。
            回収されずスルー展開はキツいですよね!(;´Д`)
            ぜひ回収してもらいたいですよ!



            管理人アース

  4. 掘天 より:

    考察更新お疲れ様です!
    コミックスは毎回これ以上ない位続きが気になる引きで終わりますが、今現在一番の重大事である地ならし発動、あるいはその瞬間かも知れません。
    座標が発動した段階でジークは役割をほぼ終える事になりますので、改心して味方になるとかでない限り退場の可能性が高そうですね…。
    その他パラディ側はイェレナ・フロック以外、マーレ側はライナー・ファルコ・ガビは生存すると思いますが、他は最悪全員退場もあり得ると心の準備をしています…;
    その時点でもエレンの真意が判明しているとは限らず、例えばアルミン達の予想に反して全ての壁の巨人が動き出す、という可能性もあります。(素朴な疑問ですが、ウォールシーナ以外の全住民が地ならしの犠牲にならないのでしょうか…;)
    しかし、地ならし自体はほぼ確実に起きると思いますが、諫山先生の事ですから予想を裏切る意外な展開が待ち受けているかも知れず、本当にハラハラドキドキが止まりません…;

    • 管理人アース より:

      >全ての壁の巨人が動き出す、という可能性もあります。(素朴な疑問ですが、ウォールシーナ以外の全住民が地ならしの犠牲にならないのでしょうか…;)
      これだと壁内人類が全て犠牲になってしまうかなと。
      以前管理人アースも全ての壁の巨人が、と予想していましたが全ての壁内人類が死亡してしまうかもと思い変更しました。




      管理人アース

      • 掘天 より:

        爆心地にあたる壁内が一番密度が高く大きな被害を受けかねないという点では、地ならしは元々壁外人類全てを巻き込む壮大な無理心中という位置付けなのかも知れませんね…(それでも一部の巨人を使うぞと脅せば他国にとっては十分な脅威でしょうし、それを突き付けて服従を迫ろうと考えるフロックも、交渉しようと考えるアルミンも客観的には立場に違いは無いという…苦笑

  5. 小鹿の部下 より:

    管理人様へ

    日々新しい考察の更新お疲れ様です。
    また多くの方にコメント返しをされている中で、私の質問に毎回答えて下さり感謝しております。

    管理人様は私と全く違う視点で物語を捉えており、考察内容も全然違うのでとても興味深く、また参考になります。
    こういった様々な意見を発信したり、また質問することができるのが、考察サイトの良い所だと私は思っています。

    私は何度もこちらのサイトにて意見を書き込ませて頂いています。そして30巻の内容は物語の最終編に向けての方向性が決まる所にあたるのでは?と考えております。
    中でも120話は特に大事な場面になると思っております。その為120話の考察は未だに悩む事も多く、日々色々と想像が膨らんでしまいます。

    需要は全く無いと思いますが、私の中で120話の考察がしっかりとまとまり次第、どこかに書き込ませて頂こうと思っております。(すでにある程度何度か書き込んでおりますが・・・)
    ちなみに考察勝負をするといった意思は全くありません。ただ自分の意見をしっかりと表明した上でこちらも発言をしないとフェアでは無いと感じたので・・・

    今後もよろしくお願いします。

  6. ユミル・イェーガー より:

    はじめまして。
    毎回楽しみに拝見させて頂いております。
    私の予想としては、120話から『世界の記憶』が明かされるストーリーの展開が始まると思います。
    エレンとジークの接触により始祖の能力発動。
    過去最大の『ビリッ』が起こり、エレンに『世界の記憶』が継承される。
    エレンの現時点の目的は『世界の記憶』=『真実』を確かめる事。
    本当の自由を得るために何を駆逐するべきかを知るためです。
    始祖ユミル、大地の悪魔、145代フリッツ王の真意、不戦の契り、道とは、座標とは、などなど 数々の謎とその真実が『世界の記憶』として明かされる描写が始まると思います。
    たぶん数話分相当必要かと思います。
    そして、ここで描かれる『世界の記憶』こそが、始祖の巨人に継承される ある意味 最も重要な力であると思います。
    『世界の記憶』が明かされたあと、119話の場面に戻って、『世界の記憶』により回収された伏線(真実)と『世界の記憶』の描写の中に張り巡らされた新たな伏線(問題解決へのヒント)をもとに、登場人物たちがそれぞれの想いと役割の中で世界をどう導くのか?
    真実(現実)を知ったおかげでハッピーエンドに向かうのか?
    真実(現実)を知ったからこそバッドエンドに向かうのか?
    諌山先生がラストカットへどうつなげて どう落とし込むのか?
    めちゃめちゃ楽しみです。
    (64話 歓迎会 ロッド・レイスの言葉「フリーダが持っていたのは巨人の力だけではない この世界の成り立ちとその経緯のすべてを知っていたのだ フリーダは巨人の力と世界の記憶を先代である叔父から継承した」「一人の人間に力と記憶を掌握させることによって この世界の生き字引とし その者に人類の行く末をゆだねるのだ」)

    • 管理人アース より:

      >120話から『世界の記憶』が明かされるストーリーの展開が始まると思います。
      面白いですよ!
      始祖の記憶を見る、という展開も来るかもしれないと感じました。




      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ