【進撃の巨人】ネタバレ28巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!

「28巻表紙が公開!」「セブンネット限定クリアブックカバー!」を追加更新しました!

2019年4月9日に発売すると思われる28巻ですが、まさにseason3後半開幕!という時期の発売となっていますね!

アニメseason3後半は大盛り上がり必至の「シガンシナ区決戦編」となっていますが、28巻はどのような巻となるのでしょうか?

「パラディ島の3年間編」が終わったと感じられる27巻の続きは、どのような展開が待っているのでしょうか?

考察していくと「新章」が見えてきました!

予想してみましょう!

Sponsored Link

◆28巻1話目@111話あらすじ!

2018-11-08_223215
「進撃の巨人」第111話「森の子ら」より


ザックレー総統殺害とエレンを始めとする調査兵団の脱獄について、憲兵団と話し合う調査兵団の場面から始まります。

憲兵団と調査兵団は険悪な雰囲気となりますが、次期総統の雰囲気を出すピクシス司令のとりなしにより回避されます。

場面はニコロのレストランで歓待されるサシャファミリーに移り、そこにハンジ達も到着し、サシャ父達とは別の部屋で待たされます。

厨房にいるニコロにガビとファルコが近付き、戦士候補生であることを打ち明け、マーレ軍であったニコロにマーレ軍が直に助けに来てくれると話をします。

しかし、そこでガビが好意を持っていたサシャを殺した張本人であると分かり、ニコロはガビをワインボトルで殴りつけます!
2018-11-08_223705
「進撃の巨人」第111話「森の子ら」より


ガビを助け身代わりとなったファルコは、頭から血を流し気を失います。

さらにガビを殺そうとするニコロですが、サシャ父に止められ、駆けつけたジャン達に拘束されます。

最後にファルコを殴ったワインボトルにジークの脊髄液が入っている事をニコロが打ち明け、終わります。

111話「森の子ら」あらすじ考察感想!にてあらすじ及び考察が詳しく載っていますので見てみてください!

◆28巻2話目@112話あらすじ!

2018-12-06_062609
「進撃の巨人」第112話「無知」より


ニコロ・レストランのワインに、ジークの脊髄液が混入していると明らかになった場面から始まります。

ワインが入ったファルコの口をハンジ達がゆすぎ、さらに体を洗い流しているところにライフルを持ったフロック達イェーガー派が乗り込んできます。

これにより、ハンジ、ジャン、コニー達は拘束されます。

ガビと共に別室にいたミカサとアルミンの元に、エレンがやってきます。
2018-12-06_062727
「進撃の巨人」第112話「無知」より


ミカサとアルミンが望んでいた「三人での話し合い」が行われますが、ジークからもたらされた知識の影響により、「ベルトルトの影響を受けているアルミン」に対して、エレンが厳しい叱責をします。

さらにミカサに至っては、「ずっと嫌いだった」と言い放ち、エレンは完全にミカサとアルミンと仲違いします。

場面は変わり、ジークを監視するリヴァイ兵長がいる巨大樹の森では、ジークがいきなり叫び監視していた調査兵達が巨人化し、兵長大ピンチという場面で終わります。
2018-12-06_063447
「進撃の巨人」第112話「無知」より


112話「無知」あらすじ考察感想!に詳細なあらすじと考察が記載されていますので、見てみてください!

◆28巻3話目@113話あらすじ!

2019-01-08_053232
「進撃の巨人」第113話「暴悪」より


ジークの叫びの影響により、距離的に離れているピクシス司令や憲兵団の面々にも影響を及ぼしている事を表す場面から始まります。

同時にナイル・ドーク師団長やピクシス司令までジーク脊髄液を摂取していることが判明。

場面は、部下を巨人化されたリヴァイ兵長がいる巨大樹の森に移ります。
2019-01-08_053323
「進撃の巨人」第113話「暴悪」より


巨人たちにリヴァイを襲わせるジーク。

部下思いのリヴァイに巨人は殺せないだろうと踏み、3体の巨人に自らを運ばせ、逃走を図ります。

巨大樹の森の出口まで移動したジークですが、後ろを走っていた巨人が倒されます。

返り血だらけの状態でジークに追いつくリヴァイ兵長!
2019-01-08_053449
「進撃の巨人」第113話「暴悪」より


そのままもう一体の巨人も倒し、ジークを守る巨人は一体だけとなります!

ジークは獣の巨人となり、リヴァイと戦う事を決断します!

しかし巨大樹の森という立体機動装置にとって有利な条件だったこともあり、雷槍攻撃を浴びたジークはリヴァイ兵長に捕まります。
2019-01-08_053605
「進撃の巨人」第113話「暴悪」より


リヴァイ兵長に拘束されたジークが瀕死の状態で「眼鏡の男」を思い出し、終わります。
2019-01-08_053850
「進撃の巨人」第113話「暴悪」より


113話の展開と考察は113話「暴悪」あらすじ感想考察!にて記載されていますので、見てみてください!
Sponsored Link

◆28巻4話目@114話あらすじ!

2019-02-08_115514
「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より


ジークの半生が描かれる展開となりました。

ジークが両親であるグリシャとダイナから息子として育てられるのではなく、エルディアの救世主としてプレッシャーを与えられながら育てられる展開が登場します。

愛情を注がれるよりも期待を与え続けられるジークは、戦士候補生の中でも劣等生となっていきます。

巨人継承を目的としてジークを戦士候補生に送り込んでいたため、それを知り落ち込むグリシャ。

父親を失望させてしまいどん底に落ち込むジークは、獣の巨人を継承しているクサヴァーと出会います。

父親以上に声をかけてくれるクサヴァーに、ジークは心を通わせていきます。

グリシャとダイナが所属するエルディア復権派がマーレ当局に目を付けられている事を知った時にもクサヴァーに告白し、告発することを勧められ、ジークは実行します。
2019-02-14_053115
「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より


そのため、ジークと祖父母は助かります。

回想場面最後に、クサヴァーとの会話の中で「始祖の力でエルディア人が子どもを作れなくする」という「エルディアの安楽死」がジークの目的となった事が明らかとなり、ジークの目的が誕生した瞬間が登場します。

場面はリヴァイ兵長に雷槍を腹に突き刺され運ばれる場面で、自ら雷槍を爆発させ自身は真っ二つとなり、リヴァイ兵長もふっ飛ばされ終わります。
2019-02-08_115314
「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より


詳細と感想考察は114話「唯一の救い」あらすじ感想考察まとめ!にて載っていますので見てみてください!
Sponsored Link

◆28巻はどのような巻になるのか予想!

2018-11-08_223248
「進撃の巨人」第111話「森の子ら」より


1話目発表時点での予想ですが、111話には大きく三つの話が盛り込まれていると言えます。

  • ピクシスが時期総統ポジションであること
  • アズマビト家キヨミ様のミカサへの思い
  • ニコロワインの回収

  • こんな感じに表せられるでしょう。

    ピクシスの展開は、おそらく近場の展開への伏線と言えるでしょう。

    アズマビト家キヨミ様とミカサの話は、次の章くらいのちょっと先の展開への伏線でしょう。

    ニコロワインの話は今回のメインであり、「パラディ島の3年間編」で登場したいくつかの伏線の回収と言えます。

    この流れから考えると、112話以降も同じような形で展開していくのかなと感じられますよね。

    つまり、「近場の展開の伏線」を盛り込みながら、「パラディ島の3年間編」で仕掛けた伏線の回収です。

    そのような展開をしながら、新章のメインへと話が進んでいくのではないでしょうか?

    最終的には、「調査兵団」と「イェーガー派」と「マーレ軍」の三つ巴展開になるのか?

    まだ新章のメインが見えない為、この辺りが予想しづらいですよね!

    ただ、28巻は新章へと突入する巻になるのではと考えられます!

    何章なのでしょうか?

    新エルディア帝国編?

    イェーガー派編?

    それとも…?

    これは、112話以降と見ないとちょっと測れないですよね!

    管理人アースは…「ジークと地鳴らし編」って感じになるのかなと思ったりもしていますが!

    名称的には「イェーガー編」かなと!

    28巻の展開が楽しみです!\(^o^)/

    【追記】

    「新章へと突入する巻」という予想は当たっていましたね!

    「イェーガー編」というのも、けっこうマッチする名称な気もしますよ!\(^o^)/

    ◆28巻限定版は缶バッヂ!


    28巻限定版情報が明らかとなりました!

    なんと10周年記念缶バッヂとの事です!

    しかしただの缶バッジではなく、28巻限定版に2個の缶バッジが付いてきます。

    そして別冊マガジン5月号〜10月号までに各1個付き、合計8個の缶バッジでコンプリートするという事のようです。

    さらに別冊マガジン5月号には収納ケースも付いてくるという周到さ!(笑)

    これはスゴいですよね!\(^o^)/

    絵柄は諫山先生が決めており、決めるのにもバックさんがかなり頭を悩ませたようですね。


    こんな説明を知ったら、これまで缶バッヂにはそれほど惹かれなかったですが、今回は購入する感じの管理人アースですよ!(笑)

    Sponsored Link

    ◆28巻表紙が公開!

    2019-03-07_054717
    「進撃の巨人」28巻表紙より


    28巻表紙が公開されました!

    おそらくですが、巨大樹の森でジークを拘束しようとしている場面だと思われます。

    隣で蒸気をあげている骨も、リヴァイ兵長に倒された元部下の無垢の巨人でしょう。

    しかし、原作ではジークはもっとボロボロでしたし、リヴァイが後方からジークを拘束しようとする場面は無かったように見えます。
    2019-01-08_053605
    「進撃の巨人」第113話「暴悪」より


    原作ではありそうで無い場面ですよね!

    ただ、ジークのズボンのチャックが下がっているのは微妙に原作通りですよね(笑)
    2019-01-08_053802
    「進撃の巨人」第113話「暴悪」より


    一部ネット上では「リヴァイ兵長がジークのチャックを下げのだろう」との予想が盛り上がっていましたが、ここは原作通りであり、本当に起こっていそうで起こっていない表紙だなと感じますよ!

    表紙を考察!で、またさらに考察したいと思っています。

    ◆セブンネット限定クリアブックカバー!


    セブンネットで28巻を購入すると、限定クリアブックカバーが特典として付いてきます!

    これは28巻通常版でも付いてくるので、かなりお得感がありますよね!

    もちろん限定版でも付いてきます!

    28巻はセブンネットで購入というのも、かなりアリですね!\(^o^)/

    管理人アースはセブンネットで予約しましたよ!

    店舗受け取りが可能な人は、要チェックです!

    27巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
    27巻の発売日までに抑えるべき考察まとめ!
    【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


    Sponsored Link

    22 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ28巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!”

    1. おおぞらバード より:

      新たな伏線が張られたり、過去の伏線
      回収があったり。 キャラの言動を相当
      注意深く読まないといけない巻となる
      でしょう。 そうしないと、
      『ぼーっと読んでんじゃねーよ!!!』
      と、誰かさんに叱られちゃいますよ。(爆)

    2. コダヌキオタヌ より:

       失礼致します。コダヌキでございます。

       今年もお忙しい中、素晴らしい考察記事を頻繁に更新して
      下さって有難うございます。
       今年もアースさんと皆様のお陰で考察と妄想を重ねる幸せ
      な一年が過ごせました。本当に有難うございます。来年も宜
      しくお願いします。

       シガンシナ区でマーレ軍の奇襲を迎撃する為、エレンと
      ジークで『地鳴らし』を発動する展開かと、私も予想してい
      ます。『地鳴らし』の威力を見せつけて世界連合軍が組織され
      るのを防ぎつつ、敵が多いマーレ国を孤立させてから楽園と
      戦争をさせる事がジークとエレンの狙いかなと。対世界連合
      軍よりも対マーレ国との方が楽園に勝機がありそうですし。
       ヴィリーが奇襲を知りながら祭事会場をエレン達に襲わせ
      た事実が各国に報道されるといった展開もあるかなと、予想
      しています。

       餅つき、お疲れ様でした。失礼致します。

      • 管理人アース より:

        >『地鳴らし』の威力を見せつけて世界連合軍が組織され
        るのを防ぎつつ
        世界連合軍と巨人科学学会が物語にどのように絡んでくるのかも気になっています。
        登場するのかな?とか。
        2019年、この辺りも要注目ですね!



        管理人アース

    3. 蒼雪 より:

      >さらにガビを殺そうとするニコロですが、サシャに止められ……

      ここ、サシャのお父さんですよね。細かいことですが。

      それはさておき、この回では「世界は大きな森だった」って、サシャのお父さんが語っていますが、読み直すと味わい深いものがあります。そういえばサシャはミカサに「森を舐めてると死にますよ!」って一喝したことがありましたね。たしかにこの森(世界)には恐ろしいヤツらがいたわけで…。それは獣や巨人とは限らず、ガビのような子どもだったりするわけで…。しかも、ガビがこんなことをしたのはある種の偏向教育のせいとも言えるわけで…。一番怖いのは人間かもしれませんね。
      最近、進撃を読み直すと、ジークがサイコパスっぽく見えて怖いですよ。大義名分のためにそこまでするか? ということばかりです。
      それと、来年は、もしかしたら進撃の連載が終わってしまうのかもしれませんね。ここからなんらか、前向きな展開になると良いですが、どうなるでしょうね? アニメもまたやりますし、それは楽しみです。

      • 管理人アース より:

        >ここ、サシャのお父さんですよね。
        ありがとうございます!修正しました!

        >大義名分のためにそこまでするか?
        これは同感ですし、マーレ強襲のエレンにも感じました。
        やりすぎですよね(;´Д`)

        >来年は、もしかしたら進撃の連載が終わってしまうのかもしれませんね
        これ、本日公開した2019年予想で考察していますが、管理人アースは2019年には最終話は迎えないのではと予想しました!
        2019年の展開も追いかけなきゃですね!\(^o^)/


        管理人アース

    4. おおぞらバード より:

      ぼーっ としていたら、諌山先生の
      重大ニュースが入って来ました。
      本当に 進撃の世界は、ぼーっ と
      していられません。(笑)

      • 管理人アース より:

        本日公開した2019年予想記事でも軽く触れていますが、諫山先生ご結婚はめでたいですよね!


        2019年の諫山先生も要注目ですよ!\(^o^)/



        管理人アース

    5. HN忘れた より:

      アースさん
      明けましておめでとうございます。
      本年も、ますますの考察を楽しみにしております。

      113話のネタバレ画像、きましたね。(英語・ハングルで読めないのが悲しいですが。。。)



      今年も、楽しみがいっぱいの進撃の巨人。
      お体に気を付けて、素晴らしい考察を披露してください。

      • 管理人アース より:

        管理人アースもバレの確認はしており、あまりの展開に驚いております。
        ただ、当サイトで内容を明らかにするまでは展開の表記は控えさせてもらいますねm(_ _)m

        今年も考察しまくるので、よろしくです!




        管理人アース

    6. 缶バッチ10個を集め、ケースに入れて
      眺めると、別の絵が見えてくるという
      カラクリがあると なお楽しみです。
      (本当にある かも…??)

    7. 井筒孝庵 より:

      おはようございます。

      こうなったら缶バッジを、揃えるしかなさそう(*^^*)

      ーーーーーーーー

    8. 第28巻の表紙が 素晴らしい出来では
      ありませんか。
      ジークとリヴァイ、そして謎の骨??
      表紙の考察を 楽しみにしております。

      • 管理人アース より:

        こちらも2、3日前から見ていますが、公式で発表されるのを待っているところです。間違いなく本物とは感じていますが。諌山先生の画だと感じてるので。
        アマゾンでも確認できないので、早く公式で発表して欲しいですよ(泣)



        管理人アース

    9. 井筒孝庵 より:

      こんばんは。

      28巻の表紙が怖い(´゚ω゚`)

      西洋美術の図象では、(概ね知られているように)《骸骨》は死の形象ですが、

      また、本編とキリスト教とは直接には関係ないでしょうが、

      《最後の審判》では、死者が骸骨として土中から湧いてきて蘇生して審判を待つとのこと。

      蘇生した時の死者の各人の年齢は、イエスの復活の年齢に揃っていて30歳・・骸骨とともに描かれているのがジークとリヴァイですが、彼らの年齢も(たまたま)それくらい。

      ・・・

      28巻で併せて気になるのは「裏表紙」のほうもで、

      26巻→27巻では、パラディ側とマーレ側が左右に対置される中、サシャが消え、ジークがマーレ側からパラディ側に移動していましたが、

      28巻はその内容として、パラディ島での「内紛」、「内部分裂」と言ってもいいので、パラディ側として描かれていた面々をパラディ側としては括れなくなってしまっていて、

      裏表紙は大きく変わりそう。

      それと・・115話がどうなるか、気になって気になって(>_<)

      ーーーーーーーーーーーー

      • 管理人アース より:

        ジークが動くかもしれない裏表紙も気になりますね!
        表紙は確認しだい更新します!(*^^*)


        管理人アース

        • 井筒孝庵 より:

          こんばんは。

          表紙が確定したようですね、細やかな更新、ありがとうございます(*^^*)

          となると、骸骨が気になりますが、シンプルに死線をさ迷う二人というところですが、

          最後の審判がラグナロクを隠喩しているとして、

          リヴァイ兵長には最後の最後まで、まだまだ出番がある、

          見た目の不吉感とは真逆(斜め上)に、今後に期待を感じさせる(例により挑発的な)表紙かなと思いました(*^^*)

          ーーーーーーーーーーーー

          • 管理人アース より:

            リヴァイ兵長が最後の最後まで登場する、は期待したいですね!



            管理人アース

    10. イザベル より:

      そろそろ終わりですが前の情熱大陸に出てきた最後のひとこま何なんでしょう?

    コメントを残す

    このページの先頭へ