【進撃の巨人】ネタバレ28巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!

2019年4月9日に発売すると思われる28巻ですが、まさにseason3後半開幕!という時期の発売となっていますね!

アニメseason3後半は大盛り上がり必至の「シガンシナ区決戦編」となっていますが、28巻はどのような巻となるのでしょうか?

「パラディ島の3年間編」が終わったと感じられる27巻の続きは、どのような展開が待っているのでしょうか?

考察していくと「新章」が見えてきました!

予想してみましょう!

Sponsored Link

◆28巻1話目@111話あらすじ!

2018-11-08_223215
「進撃の巨人」第111話「森の子ら」より


ザックレー総統殺害とエレンを始めとする調査兵団の脱獄について、憲兵団と話し合う調査兵団の場面から始まります。

憲兵団と調査兵団は険悪な雰囲気となりますが、次期総統の雰囲気を出すピクシス司令のとりなしにより回避されます。

場面はニコロのレストランで歓待されるサシャファミリーに移り、そこにハンジ達も到着し、サシャ父達とは別の部屋で待たされます。

厨房にいるニコロにガビとファルコが近付き、戦士候補生であることを打ち明け、マーレ軍であったニコロにマーレ軍が直に助けに来てくれると話をします。

しかし、そこでガビが好意を持っていたサシャを殺した張本人であると分かり、ニコロはガビをワインボトルで殴りつけます!
2018-11-08_223705
「進撃の巨人」第111話「森の子ら」より


ガビを助け身代わりとなったファルコは、頭から血を流し気を失います。

さらにガビを殺そうとするニコロですが、サシャに止められ、駆けつけたジャン達に拘束されます。

最後にファルコを殴ったワインボトルにジークの脊髄液が入っている事をニコロが打ち明け、終わります。

111話「森の子ら」あらすじ考察感想!にてあらすじ及び考察が詳しく載っていますので見てみてください!
Sponsored Link

◆28巻はどのような巻になるのか予想!

2018-11-08_223248
「進撃の巨人」第111話「森の子ら」より


1話目の111話には大きく三つの話が盛り込まれていると言えます。

  • ピクシスが時期総統ポジションであること
  • アズマビト家キヨミ様のミカサへの思い
  • ニコロワインの回収

  • こんな感じに表せられるでしょう。

    ピクシスの展開は、おそらく近場の展開への伏線と言えるでしょう。

    アズマビト家キヨミ様とミカサの話は、次の章くらいのちょっと先の展開への伏線でしょう。

    ニコロワインの話は今回のメインであり、「パラディ島の3年間編」で登場したいくつかの伏線の回収と言えます。

    この流れから考えると、112話以降も同じような形で展開していくのかなと感じられますよね。

    つまり、「近場の展開の伏線」を盛り込みながら、「パラディ島の3年間編」で仕掛けた伏線の回収です。

    そのような展開をしながら、新章のメインへと話が進んでいくのではないでしょうか?

    最終的には、「調査兵団」と「イェーガー派」と「マーレ軍」の三つ巴展開になるのか?

    まだ新章のメインが見えない為、この辺りが予想しづらいですよね!

    ただ、28巻は新章へと突入する巻になるのではと考えられます!

    何章なのでしょうか?

    新エルディア帝国編?

    イェーガー派編?

    それとも…?

    これは、112話以降と見ないとちょっと測れないですよね!

    管理人アースは…「ジークと地鳴らし編」って感じになるのかなと思ったりもしていますが!

    28巻の展開が楽しみです!\(^o^)/

    27巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
    27巻の発売日までに抑えるべき考察まとめ!
    【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


    Sponsored Link

    コメントを残す

    このページの先頭へ