【進撃の巨人】ネタバレ考察!エレンのモナリザ微笑みを検証!別マガ表紙に伏線か?

別冊マガジン1月号が発売となり、最新話124話の内容が明らかとなりました。

数多くのキャラクターが登場し非常に読み応えのある展開となりましたが、肝心のエレンの登場はありませんでした。

別マガの表紙以外は…

表紙を見た人は感じたと思いますが、前号123話の最後に登場した悪魔のようなエレンとは違い、非常に静かな佇まいとなっており、「綺麗」「イケメンすぎる」という感想を持つような描写となっていました。

そして良く見ると「微笑んでいる」ようにも見えます。

モナ・リザのように…

まさに現在悪魔のような所業をしており実際最後の登場では悪魔のような描写となっていたエレンが、なぜ今きれいな描写で表紙を飾り、しかもモナ・リザのように微笑んでいるのか?

もしかしたら何かしらの伏線なのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆別マガ1月号表紙のエレンを検証!


今回の考察のキッカケは、みねさんからのコメントでした。

表紙のエレンはなんか毒が抜けてる…というか、えらく静謐な感じに描かれてますね。微かに微笑んでるようにも見えませんか?

このコメント読み見直してみると、たしかに微笑んでいるように見えるんですよね。

アップにしてみました。
2019-12-09_045720
「別冊マガジン」1月号表紙より


モナ・リザのようにわずかに微笑んでいるように見えますよね。

しかも現在の展開からしたら、かなり静謐な感じで…

もちろんこれまでの展開でこんなエレンは登場していませんので、過去の場面を表している訳でもありません。

何か意味が込められていそうですよね!

みねさん!

面白い考察をありがとうございます!


今回の考察記事を書くに当たり、パッと思い出したのが116話考察!別マガ表紙の伏線を検証!です。

今年の5月号の表紙でも考察しており、これを連想しました。
2019-04-11_204228
「別冊マガジン」5月号表紙より


考察内で予想した「コニー死亡展開」はありませんでしたが、非常に暗示的であり「持ち札」や特にエレンのチョンボは今見返しても意味深ですよね!

実際今のエレンの展開は「チョンボ」のようなものですし!

そういう意味で今回の表紙も、伏線というより現在のエレンの状態を表しているように管理人アースは感じるのです。

つまりエレンの「静謐な描写」と「微笑み」には、「現在のエレン」が表れているのではないか、と。

それは何を意味するのか?

さらに考察してみましょう!

◆エレンの「静謐」と「微笑み」の意味とは?

2019-12-09_052716
「別冊マガジン」5月号より


現在エレンは地鳴らしを起こしており、間違いなく悪魔のような所業を展開しています。

この表紙のような静謐なイメージは、ないはずです。

では、何を表しているのか?

やはりエレンが見た「未来の風景」が影響しているのではないか、と思うのです。

121話でエレンが「未来の記憶」を見ている事が明らかとなり、その時点からエレンはその風景に向かって突き進んでいると考えられます。

つまり、エレンは真っ直ぐ進んでいます。

前話123話のミカサの言葉を借りれば、エレンは最初からずっと変わっていないとも考えられます。

そのようにエレンが真っ直ぐ突き進み、行き着いた場所が現在の展開と言えるでしょう。

始祖ユミルに力を借り、地鳴らしを起こす展開が。

そう考えれば、今のエレンが静謐な感じで微笑んでいてもおかしくはないですよね!

目的が達成されているのですから。

となると現在のエレンはこの表紙のように「実際に静謐で微笑んでいる状態」なのかもしれません。

地鳴らしを起こして「世界を平らにする」事がエレンが目指していたことでした。

もちろん地鳴らしが最終目的ではなく、その先にある「未来の景色」を目指しているのでしょうが、現在のエレンはそれにブレずに真っ直ぐ突き進んでおり達成しつつあるのでしょう!

今月のエレンの表紙は、そんな現在のエレンの心理状態を描写しているのかな、と管理人アースには思えました!

今回の考察でモナリザ・エレンは「ずっと目指していた未来に近付いている心理状態を表しているのでは」と考察できました!

次に登場するエレンを見て、答え合わせをしたいですよ!\(^o^)/

124話「氷解」あらすじ感想考察!
125話あらすじ!
最新話から最終回までの結末から伏線・考察を全網羅!


Sponsored Link

14 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ考察!エレンのモナリザ微笑みを検証!別マガ表紙に伏線か?”

  1. 表紙にある「別マガ革命の年」というのが、
    物凄く意味深です。
    やはり、近々に 別マガはリニューアルして
    新創刊するのでは? エレンの微笑みは、
    そこに繋がっている様に感じます。
    となると、進撃の巨人は 新装した別マガに、
    装い新たに続いていくのではないか。

    モナリザの微笑みの下絵には、作者である
    ダ・ヴィンチの肖像が隠されていると言われ
    ます。
    エレンの微笑みにも 諌山先生の心象が映って
    いて、新装する別マガへの参入に 何かしらの
    希望を抱いた表情ではないかと想像します。

    • 管理人アース より:

      進撃が終わったら、創刊以来一度もない進撃が載っていない別マガになるんですよね。どのように講談社が動くのか、革命が楽しみですよ(*^^*)



      管理人アース

  2. 兄冷温鳩 より:

    団長さん、今回も記事更新ありがとうございます。いつも着眼点に敬服します。

    私はエレンの瞳の色が気になりました。アニメだと瞳の色が始祖の巨人の特徴の一つになっていますが、これはその色ともアニメ版エレンの瞳の緑色とも違いますね。

    他の原作のカラー絵を確認したわけではないし、さらに他の9つの巨人の瞳の色もはっきりしていないので考察ポイントとしては弱いと思いますが…。

    全てにおいて繊細で緻密な伏線を張り巡らせる諌山先生のことなので必ず意味はあるようにも感じます。

    • 管理人アース より:

      瞳の色、面白いですね。鬼滅では伏線っぼいですし。
      ありがとうございます❗



      管理人アース

  3. みねさん より:

    アース様。

    早速の考察ありがとうございます!
    そうなんですよね…私にもそう見えました。
    エレンはブレてない…全てを受け入れ、戦う覚悟が出来ているのだと。

    このエレンは、今月号の別マガの表紙であると同時に、30巻の表紙でもありますから、あの悪魔顔のエレンと対になってる。つまりあんな悪魔のような怒りの表情を見せつつ、内心はいたって冷静で達観しているということでしょうかね。

    おおぞらバード様。
    別マガの方向性を決めるのは読者の皆様の「こんな作品が見たい」という動向でしょうが、希望のある人は、まめにアンケートとか、意見を出してみることをお勧めします。
    「進撃の続編がもっと見たい!」とか、
    「諌山先生の新連載が早く見たい!」とか。
    意外と(笑)ちゃんと見ていますし、ちゃんと手を入れてキチンと書いたアンケートは、何故か高確率で景品が当たります。(公平な抽選というのは少し怪しいかもです。判りませんが。)

    あと、別考察ですが、蒼雪様の、「作画で韻を踏む」という表現はとてもピッタリでしっくりきました!

    • 管理人アース より:

      悪魔顔との対という見方は面白いですよ。
      まさに、な感じです!
      今回の記事はみねさんのコメントから生まれました。ありがとうございます❗
      これからもよろしくです!



      管理人アース

  4. みねさん より:

    すみません。補足です…。

    アンケートの件については、他誌の話として受け取って欲しいです。
    実際に別マガではどうなっているのかはわかりません。
    ややこしいことをいってすみませんです。

    • みねさん 殿
      貴重なご意見 ありがとうございます。

      前コメントでは、新装した別マガで 進撃が
      再スタートと書きました。
      が、進撃は終わり 諌山先生の「新連載」が
      始まる事も考えられます。

      そこで そんな時のうたい文句が決まって、
      「諌山先生の作品は ここでしか読めない。」
      なのです。これはやめて欲しいです。
      出版社の閉塞的な体質が もろ出ている様で、
      まだこんな事を言っているのかと感じます。
      これだけの名作を産み出した作者なのです。
      大人の事情を飛び越えて、他誌への連載が
      あって然るべきと思います。

      エレンの微笑みには、出版社の垣根を超えて
      「他誌へ進撃するぞ!」 という決意の現れ
      とも期待したいです。

  5. ツクシ より:

    確かモナリザって左側だけ微笑んでいて右側は憂いを帯びた表情をしていたような気がうろ覚えながらあります
    そう思ってエレリザの顔を見てみるとモナリザとは逆に左側は憂いというか怒りの表情で右側の特に口元が微笑んでいるように見えます

    漫画とアニメで進撃世界が左右反転しているという考察に絡められるかは不明ですが、我々の生きる現実世界のモナリザと漫画世界のエレリザも鏡写しの関係にあったりするのかもしれませんね

    • 管理人アース より:

      >我々の生きる現実世界のモナリザと漫画世界のエレリザも鏡写しの関係にあったりするのかも
      なるほど!上手いですね!
      ここまで考察していませんでしたよ。
      ありがとうございます!



      管理人アース

  6. 団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    確かに男前だし微かに笑みを浮かべていますね。
    ただ、これまでエレンが笑顔を見せている時は、なにか真逆の展開が起きていますからね。
    是非ともこの考察通りになってくれる事を信じたいです。

    先程まで入手した30巻の改変チェックをしながら121話を読み返していたのですが、グリシャが「エレンの先の記憶」を見たと言う事はエレンの後継者がいると言う意味なんでしょうかね?
    エレンがグリシャの記憶を通して未来の自分の記憶を見たと言っていますが、この辺の言い回しががなんともややこしいところです。

    グリシャの口ぶりからすると未来の継承者は見せる範囲を制限出来るようなので、もし仮にエレンの後継者がいたとしてもエレンにその未来を見せていない可能性もありますね。
    絶望的な未来を変えてくれる為にエレンはこの世に生まれたみたいな展開が回収されたらめちゃくちゃ嬉しいです。

    • 管理人アース より:

      >エレンの後継者がいると言う意味なんでしょうかね?
      エレンの先の記憶、というのが「これから先のエレン」なのか「エレンの次の継承者」なのか、非常に難しいですし諫山先生がワザとぼやかしているのは間違いないでしょう。つまり判断できないですよね(・_・;)
      このグリシャの言葉がキチンと判断できるような回収があるのかも分かりませんが、地鳴らしの事なのかなぁと今のところは感じています。


      管理人アース

  7. 普通の東洋人。 より:

    これはこれは美しいエレンですね…😳
    アニメSeason1期にファンになって以来、数多くの登場人物に加え、生みの親である諫山先生に至るまで、揃いも揃った進撃のイケメンたちを堪能してきましたが、今回初めて主人公に見とれました。(エレンファンの方スミマセン💦)
    何でしょうねー…前回の【悪魔エレン】の姿形からは「世界を滅ぼす脅威と成り果てた」「もう人ではなくなった」「引き返せぬほど遠くへ行ってしまった」と思わせるけれど。
    【モナリザエレン(?)】からは「悪魔になる事を選んだエレンの揺らがぬ静かな決意」を感じさせる。 ニコロの「誰の中にも悪魔はいる」の言葉通り、地鳴らしを起こした悪魔エレンは確かにいて、でもみんなが知っている仲間思いのエレンも、変わらずにいるんだよ、まだここにいるんだよ!という事でしょうか…? だとしたらそれも辛いですね。
    更に今回アニちゃんが目覚めました、眠りから覚めた眠り姫を想像してましたが、エレンがこんなに綺麗に描かれてるのに、アニちゃん瞳孔が開いちゃってるし…リアルさを追求したんでしょうけど、やっぱり先生のセンスは、我々には理解が及ばないようで😅

コメントを残す

このページの先頭へ