【進撃の巨人】ネタバレ考察!「深読み読書会」を検証!4名のラスト予想は?

7月3日(水)の午後10時よりBSプレミアム「シリーズ深読み読書会」にて「進撃の巨人」が取り上げられました!

村上春樹先生の「ノルウェイの森」や夏目漱石先生の「こころ」などが取り上げられて来た番組であり、これまでは文学作品が取り上げられてきました。

ところが今回初めて漫画を取り上げられる事となり、それが「進撃の巨人」となったのです!

その為もあり、かなり話題を読んだ放送となりました!

小説家、文芸評論家、漫画家といった面々が「進撃の巨人」をどのように読むのか?

むっちゃ興味が湧きますよね!

番組内容を検証してみましょう!

Sponsored Link

◆シリーズ「深読み読書会」@【進撃の巨人】!番組内容を紹介!

2019-07-06_053616
「進撃の巨人」という作品の紹介から始まります。

最初に「今世紀最大の問題作」と称された時には驚きましたが、「累計8000万部突破」「180カ国以上で出版されている世界的ベストセラー」との説明があり、胸を撫で下ろしました(笑)
2019-07-06_060003
小説家であり文芸評論家の高橋源一郎氏
2019-07-06_035440
評論家の鹿島茂氏
2019-07-06_035506
漫画家の新井英樹氏
2019-07-06_035523
女優の鈴木杏さんの4名で語られる読書会が始まります。
2019-07-06_035542
まずは、それぞれの「進撃の巨人」に対する印象に残った発言を紹介していきます。

高橋源一郎氏が巨人の説明をされる際に「超大型巨人は絶対に敵わない存在」「災害、天災」と表現されていました。
2019-07-06_203337
これは無垢の巨人や他の巨人と比べ、圧倒的な存在であり抵抗ができないところからの言葉となっていました。

たしかに基本、無垢の巨人の怖さと超大型巨人の怖さの種類は違いますよね!

改めて言われて「なるほど!」と感じました。

そこから、鹿島茂氏は無垢の巨人を取り上げ「人間の根源的な恐怖のひとつに『食べられる』がある。」と説明をされます。
2019-07-06_040554
さらに「猿と人間の違いは草原に出たことであり、捕食されるリスクを冒しながらも何かを得ることを天秤にかけ、人類はそれを選択した」と続けます。

これはまさに調査兵団であり、リアルな人類の選択が調査兵団に繋がっている事が分かりますよね!

エレンの「壁内で安穏と暮らすのは家畜と同じ」というセリフは、色々な意味で的を得ていたのだなとここで感じました!
2019-07-06_203846
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より


そして、新井英樹氏のピクシス司令の演説についての解説が非常に面白かったです。
2019-07-06_060519
ピクシス司令の名場面として名高い第12話の演説場面ですね。

これは「選択をさせているようでさせていない」「うんこ味のカレーとカレー味のうんこ味のどっちを選ぶと同じ」だと説明し、2択をさせているようで選択肢は無く一択だ、と語られました。
2019-07-06_060608
これ、その通りですよね!

選択させているようで、一択させている。

本人は自分で選択し、自分からその場に行くのだけれど実際は一択させられている。

ここから高橋源一郎氏が「これは洗脳だ」と説明されますが、まさにそのように感じました!

知らず知らず洗脳されている展開だったのだと、ここで気付きましたよ!

そう考えると、クサヴァーさんとジークの関係も似ているな、と感じました。

ジークは自分で選んでグリシャを告発し、エルディア安楽死計画を決心しましたが、見方を変えればクサヴァーさんに洗脳されていたのかもしれないな、と。

非常に興味深い読み方ですよね!

そして鹿島茂氏がエルヴィンとアルミンのどちらに巨人化注射を使用するべきかを選んだ意味について語られました。

合理性で選択するならばエルヴィン団長だろうと、まず語られます。

しかし、合理的な選択でトップを選んだ場合、対抗馬を立てられ内乱が起こる事があると続けます。

一方で「女王の長男だから」のように合理的な選択ではなく、非合理性の元に選択されたトップには最悪な内乱は起こらない、と説明され、それを「非合理の合理性」と説明されました。
2019-07-06_042647
そこから考えるとアルミンを選んだリヴァイ兵長の選択は正解だったのだろうと、話は進められます。

これ、スゴく面白く見ましたよ!

となると、この時リヴァイ兵長がエルヴィン団長を選んでいたら、エレンは対抗馬を立てて動いたのか…

それとも自分を対抗馬としていたのか?

いろいろ妄想が広がりましたよ!

さらに鹿島茂氏は「父親殺し」について語られます。
2019-07-06_043331
ジークが父グリシャを告発する事について「父親殺しは皆どこかでやらなければいけない」と語り「教育は家庭ではなく学校で行われるようになったのも、親から子を離さなければいけないから始まった」と説明されます。

そう考えると、自分の思想に染め上げてしまったグリシャをジークが切ったのは、たしかに「父親殺し」と言えますよね!

自分の思い通りに子を染め上げようとしたのはヒストリア父のロッドもそうですし、これもヒストリアに切り離されます。

「進撃の巨人」には「父親殺し」がいくつも登場していますよね!

そのように見ていくと、やはり「進撃の巨人」はキャラたちの「成長物語」なのだなと再認識しましたよ!

最後に新井英樹氏が「満員電車でスマホをいじる人達が無垢の巨人に見える」と言われたのが面白かったですね!
2019-07-06_044109
たしかにニヤニヤしている無垢の巨人と満員電車でスマホをいじる人は、重なりますよね!

まだまだ多くの事を話し合い面白い話をされていますが、管理人アース的にはこれらの話が印象に残りました!

さて、番組の最後にそれぞれのラスト予想が語られています。

さらに見て行きましょう!

◆それぞれのラスト予想を紹介!

2019-07-06_045706
まず、鹿島茂氏が「進撃の巨人には性愛が描かれていない」ので「最後に男女の性愛が描かれ終わるのでは?」と予想されています。

つまり最後にカップリングが成立して終わるのでは、との予想となっていました。

そこから鈴木杏さんは「アルミンとミカサがカップリングとなるのでは」と予想され、そこから「安楽死計画も愛とかからも希望を見たい」と言われていました。
2019-07-06_045844
そこを受け、新井英樹氏は「マーレのガビとパラディ島の誰かと分かり合い愛し合うのでは」と予想されました。
2019-07-06_045905
しかし自身のラスト予想では希望とし、「まとめて欲しくない」「全て無くなり虚無を見せて欲しい」と語られています。

高橋源一郎氏は「全滅してエレンとミカサが残る」「エレンの巨人性はなくなって終わり巨人がいない世界になる」と予想されていました。
2019-07-06_205020
それぞれのラスト予想を見て思ったのが、やはり北欧神話をなぞり「全滅し生き残った人から希望を見せて終わるのでは」と言う感じは共通されていますよね!

管理人アースもそんなイメージを持っています。

ただ、管理人アースは全滅しそうになってから「やり直しループが起こり終わるのでは」と予想していますが!

いや、本当に色々な読み方をされており、興味深かったですよ!

コメントやTwitterで、自分以外の読み方に触れた時と同じ感覚を覚えました!

最後に番組を見て感じたことを書いて終わりにしたいと思います。

◆管理人アースの感想!

2019-07-06_043605
「進撃の巨人」という作品を文芸評論家や同業の漫画家の方々が読むとこのように読まれるんだなと、本当に新鮮な刺激を受けました。

「進撃の巨人」についてはけっこう読み込んでいる方だろうと自負していますが、持っているバックグラウンドが全く違うので、「作品を読むプロ」とはこのようなものか、感心しています。

ここでは紹介していませんが、フロイト心理学からの「3重の壁」についてや、その他にも面白い解説をされています。

ただ、何か物足りないな、とも見終わってから感じていました。

面白い見方なのですが、管理人アースには何か物足りないな、と。

それはこの記事を書いている途中で理由に気付いたのですが、それは「伏線と回収について全く触れていなかった」事です。

「進撃の巨人」の大きな魅力は「伏線と回収」にあるのは間違いないですし、なので「展開予想もできる」とも考えられます。

少なくとも管理人アースが展開予想をしている軸は伏線にありますし、そこから予想できるのは間違いなくそれを回収してくれるという、諫山先生への信頼があるからです。

この部分を文芸評論家の方々が語るところを見たかったな、と感じましたよ!

例えば「この展開は連載開始から計算されていたのは間違いないですよね。第〇〇話のこの場面が伏線となっていますし」とか、そういう目線の語りも見たかったなと!

もちろん今回の「読書会」も「進撃の巨人」という作品の魅力を十分にあぶり出していますが…

ここにバックさんも交えて話ししてもらえたら面白かったかも、と感じました(笑)

さて、ここでこの番組を見逃した方に朗報です!

7月14日(日)午前1時15分~午前2時15分のNHKBSプレミアムで、再放送される予定です!

さらにBSが観られない方は有料ですがNHKオンデマンドにて観られますよ!

無料トライアルで登録すれば、無料で見られるかもなので!

ぜひチェックしてみてください!

管理人アースも、NHKオンデマンドで見ました!

今回の読書会を見た事により、これまでとは違った見方ができるようになったとも感じています!

それを踏まえ明日からも進撃を考察しよう、と改めて決心した管理人アースでした!\(^o^)/

アニメFinalSeason(シーズン4)は2020年10月放送予定!
118話考察!エレンの表情を検証!超大型は海を渡るのか?
118話考察!地鳴らし生き残りを予想!
118話考察!コルトの対巨人ライフルを検証!


Sponsored Link

14 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ考察!「深読み読書会」を検証!4名のラスト予想は?”

  1. しえ より:

    おつかれさまです!

    私としてはこの会にアース団長が加わってたら
    ものすごく面白いことになってたのに…!と思いました(笑)

    エレンの父親殺しはどんな形になるのでしょうか
    それが、エレンの真意を読む鍵になりそうですが

    119話のあらすじと考察まもなくですよね
    また、引き続きよろしくお願いします!

    • 管理人アース より:

      >エレンの父親殺しはどんな形になるのでしょうか
      それが、エレンの真意を読む鍵になりそうですが

      エレンの「父親殺し」はジークを超える、という形を取るのかもしれないと考えています。
      この会に参加していたら、管理人アースだけ別視点で意見を述べて浮いていたかも、と妄想します(;´Д`)



      管理人アース

  2. 三笠 より:

    とても興味深い情報をありがとうございます。
    心理学とかけっこう好きなので、それを大好きな進撃で語る番組なんて最高に面白いです。
    伏線と回収について語られなかったのは残念ですが、新たな考察の材料にはなりましたかね。

    • 管理人アース より:

      >心理学とかけっこう好きなので
      3重の壁をフロイト心理学の「イド」「エゴ」「 スーパーエゴ」の3つの領域を表しているのでは、と述べられている場面もありました。
      壁とは「自分を外から守る壁」を表していながら、自分の中でも争いが起こっておりそれを表しているのが「3重の壁」なのでは、という感じの話でした。
      面白く見させてもらいました!(*^^*)



      管理人アース

  3. 17期卒現役調査兵 より:

    面白いですね!
    エレンや壁内人類と人間と猿の対比なんて、全く考えませんでしたよ。

    そして、団長のおっしゃった、伏線の話とても共感しました!私たちがここまで熱心に進撃の巨人を考察できるのは諫山先生が細かいところまで回収してくれるおかげだなぁと思います!!

    そして、驚いたのが進撃の巨人がそこまで世界中に浸透していたのか!!ということです。改めて、すごい作品だなぁと感じました。
    そして、そんな進撃の巨人を最前線で考察する、このアース調査兵団の一員であることを誇りに思いますよ!

    • 管理人アース より:

      >驚いたのが進撃の巨人がそこまで世界中に浸透していたのか!!ということです。
      これは本当に同感ですね!
      180カ国以上という情報には驚嘆しました!

      >そんな進撃の巨人を最前線で考察する、このアース調査兵団の一員であることを誇りに
      いやいや、最前線でありたいとは管理人アースも願っていますので、このように言っていただけるとこちらも嬉しいですよ!
      119話も最前線で考察したいです!(*^^*)



      管理人アース

  4. HN忘れた より:

    団長 お疲れ様です。

    進撃の巨人は「マンガ」という媒体です。しかし、作品が読者に問いかけるものは、内容は多くの文学作品をも凌駕すると思います。
    番組で取り上げられても、何ら違和感がありませんね。

    源一郎さんが「結末予想のフライング」で言ってた通り「破滅に向かっている」のは間違いないんでしょうね。
    映画の「復活の日」のように、何かその後への一筋の光明が感じられる結末になると信じています。

    「最後の一コマ」へ、物語がどのようにつながっていくのか楽しみです。

    PS
    ここ数年、草刈正雄さんをよく見るので、復活の日を思い出しちゃいました。

    • 管理人アース より:

      >源一郎さんが「結末予想のフライング」で言ってた通り「破滅に向かっている」のは間違いないんでしょう
      これは本当にそう感じますよね。
      おそらく限りなく全滅に近い状態へと向かっていくのかなと。
      そこからどう落とし所を付けるのか、注目ですよね!



      管理人アース

  5. このそうそうたる4人の論評に対して、
    物足りない。 このアース団長の姿勢に、
    最も感じ入りました。

    通常なら、素晴らしかった、良かった、
    感動したの ほめ言葉の連呼だと思って
    いました。
    しかし、物足りない。 そこに、アース
    団長殿の 考察力の向上を観た思いです。

    そもそも ほめ言葉の連呼だと、本当か??
    と疑いが出てくるものです。
    人間には “ひいき目”というのが 必ずある
    もので、そこに辛口のコメントも必要に
    なってくるのです。
    ので、私めも 辛口を織り交ぜていこうと
    思っております。

  6. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    この番組を見ていないのでエラそうな事は言えませんが、団長殿はこの4名の有識者の方々からこの作品に対する愛を感じましたか?

    番組の構成上、各ジャンルの大御所をお招きしたのだと思いますが、この方達が連載開始当時からこの作品に触れていたのか?と言う疑問はあります。
    番組への出演が決まってから初めて作品を斜め読みしたのではないと思いますが、アース団長が物足りないと感じられている事が全てだと思います。

    このメンバーの中に進撃の巨人考察の第一人者としてアース団長を加えて欲しかったですね。
    やっぱり進撃を語るのであれば、この作品に対する愛が無いとダメなような気がします。

    …とは言え、名だたる文豪達の作品を取り上げるアカデミックな番組に進撃が登場するのは素晴らしい事です。
    再放送は自分も録画して見たいと思います。

    • 管理人アース より:

      もし見逃し配信で視聴可能なのであれば、見ると面白いと思いますよ。

      >この作品に対する愛を感じましたか?
      愛は感じましたよ。
      「毎月本誌購読することに決めました」と新井先生がおっしゃられていたのが印象的でした。



      管理人アース

  7. コダヌキオタヌ より:

     失礼致します。コダヌキでございます。

     私はまだ番組を視聴していないので、アースさんの記事で
    知りました。御多忙な中作成して下さり、有難うございます。

     鹿島氏が仰った『無垢の巨人』についてです。私は “巨人
    に食べられる” 事より、“巨人が食べる” 事に注目していまし
    た。人間は確かに巨人の中に存在します。人間が生命を維持
    して存在するには、栄養分―――動植物等の生命を摂取又は
    食べなければなりません。何かを犠牲にしなければ生き続け
    られない人間の姿を、『無垢の巨人』という形で表現して
    いるのかと考えていました。
     生命の維持に絶対必要な食料の確保という行動(狩猟・農
    耕)が集団を生み、やがて集落から国家になった。乱暴な言
    い方ですが、食料確保が戦争の起源の一つではないかと。
     かいなでの知識からの考察ですので、↑の専門家の方々の
    足元にも遠く及びませんが、【進撃の巨人】にハマって読み
    進め他の書籍からの影響もあり、そんな考えを持つように
    なりました。

     失礼致します。

  8. 猫背の巨人 より:

    記事作成お疲れ様です。

    録画した読書会を見ましたが、ネタつぶしを避ける為、結論部分がカットされているように見えたり、遠回しな表現をしていたり諫山巨人に気を使っていましたね笑

    ストーリーや演出、伏線等ではなく裏テーマに注目していることが多いのがなんか深読みっぽいなあと感じました。

  9. もふもふ より:

    お疲れ様です。
    私も見ました。記事やコメントにないところで私が印象に残ったのは予言の書は予感の書という言葉です。そんなつもりで描いてなくても自然に現実にリンクする、だから世界的な人気にもなるんでしょうね。
    4人の方は短期間で読み込んで、収録自体は4時間以上だったらしいので、もしかしたら核心のネタバレがあったりしたのかもしれませんね笑笑
    続いている作品だからしょうがないですが^ ^

コメントを残す

このページの先頭へ