【進撃の巨人】ネタバレアニメ考察!58話ヒストリアの「ビリ」を記憶から検証!

アニメseason3も終盤を迎え、残り1話となりました。

今回放送された58話もほとんど改変はなく、「進撃の巨人」という作品タイトルが回収され「おお!」となって終わるのかなと想像していたのですが、まさかの改変がぶっこまれて来ました!

ユミルの手紙に触れたヒストリアに「ビリ!」が!!!

このオリジナル改変には、本当に驚きました!

これまでエレンを介してのみの登場となっていたはずの「ビリ」が、なぜヒストリアに登場したのか?

そこから分かる伏線の意味は?

考察してみましょう!

Sponsored Link

◆「ビリ」とは何か?

2017-06-18_191646
アニメ58話に登場した「ビリ」は原作には登場していませんが、これまでに作中ではエレンを介して何度か登場しています。

まずは第50話でエレンが「座標発動」した場面ですよね。
2016-04-26_210223
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


この時にライナー、ベルトルト、ユミルが「ビリ」っと何かを感じている描写が登場しています。
67b69b425b710de466236dbf5734bfed
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


これが作品内で初めて登場した「ビリ」であり、当時は「座標発動」の描写であろうと思われていました。

しかし、後の62話にロッド・レイスとヒストリアがエレンの背中に触れた場面で「ビリ」っと同じ描写が登場しています。
2015-10-05_044437
「進撃の巨人」第62話「罪」より


この時点で「座標発動」以外でも「ビリ」が発生することが分かりました。

そしてこの時に連想できたのが54話でフリーダがヒストリアの記憶を消去する時に登場した「ピリ」ですね。
2015-10-05_044224
「進撃の巨人」第54話「反撃の場所」より


どうやら「座標発動」だけではなく「王家血統」と「始祖」に関係がある能力発動に登場する描写なのだろうと察せられました。

さらにそれは「記憶に関係がある能力」なのだろうとも察せられました。

そして90話でヒストリアの手に口づけをするエレンに「ビリ」の描写が登場しています。
2017-02-08_064438
「進撃の巨人」第90話「壁の向こう側へ」より


この時に「ビリ」の効果音はありませんが、意味合いとしては「ビリ」ですし、描写もそうなっていますよね。

この時には「王家血統の巨人継承者」と「始祖の巨人」の「接触で座標が発動する」ことは分かっていたので、巨人継承者ではないけれど、始祖の巨人持ちであるエレンとヒストリアが接触することによりエレンの中のグリシャの記憶が甦ったのだろう、と察せられました。

これはロッドとヒストリアがエレンの背中に接触した時と同じですよね!

この時もエレンの中のグリシャの記憶が甦っていました。
2015-10-24_120339
「進撃の巨人」第62話「罪」より


つまり、始祖持ちのエレンと王家血統者が接触することにより、エレンの先代継承者であるグリシャの記憶が甦ったのだろうと分かります。

これは「座標発動」とは違う「先代継承者の記憶が甦る現象」と見る事が正しいでしょう。

「座標発動」とは別で「始祖持ち」と接触することにより「先代継承者の記憶を甦らす」能力が王家血統者にはあるのかもしれません。

もっと言うと、この時にはエレンだけではなくヒストリアも失われた記憶を思い出しています。
2015-10-27_040005
「進撃の巨人」第63話「鎖」より


いっぽうでロッド・レイスは何も思い出していませんでした。

失った記憶を持っているエレンとヒストリアにのみ現象が起きたのです。

ここから始祖持ちと接触することにより、「失われた記憶を甦らす能力」が王家血統者にはあるのかもしれない、と考察できます。

つまり、ヒストリアが記憶を思い出しているところから、先代継承者の記憶を思い出すというよりも「失われた記憶を甦らせる」と言った方が正確ですよね!

ただ、これまで「失われた記憶を甦らす現象」には始祖の巨人が絡んでいました。

エレンか、始祖持ちのフリーダが関わっていましたよね!

ではこれまでの考察を踏まえ、アニメ57話の場面を見てみましょう!
Sponsored Link

◆アニメ57話!ユミルの手紙場面を検証!

2019-06-24_043656
アニメ57話にて、ヒストリアがユミルの手紙を読む場面が登場しました。

原作とは違い、アニメseason2にてその内容が登場しているため、詳細はカットされています。

しかし、ここでヒストリアがユミルの過去を知らないままでは原作と齟齬が生まれるため、どのように展開するのかが気になってはいました。

すると、手紙を触ったヒストリアに「ビリ」っと稲妻が走るような描写が登場し
2019-06-24_044444
ユミルの過去をフラッシュバックのように見る、という描写が登場しました。

さらには、その中でユミルが見た星空を「道」だとヒストリアが認識するような描写や
2019-06-24_044503
ユミルの顎の巨人がポルコに継承される場面も!
2019-06-24_044638
全てがアニメオリジナルで登場しました!

この辺りをまとめると、こんな感じになります。
・始祖の巨人接触無しでの「ビリ」登場
・ヒストリアが「道」と「座標」を認識
・ヒストリアがユミル捕食展開を認識

これらの展開が、今回のアニメオリジナル改変で行われたように見えました。

この中でも最も気になるのが、ここまでに考察してきた「始祖ナシでのビリ」ですよね。

ここからどのような意味が読み取れるでしょうか?

単純に考えて「ビリ」は始祖の巨人がナシでも起こる、という事になりそうです。

これまで「ビリ」が起こったのは、たしかに「始祖の巨人」と「王家血統」のセットでした。
2017-02-08_064438
「進撃の巨人」第90話「壁の向こう側へ」より


しかし、これが「たまたま」であり、「王家血統があれば始祖ナシでも起こり得る」と今回のアニメオリジナル伏線から予想できますよね!

つまり、王家血統者が巨人化能力者に接触すれば「ビリ」ができる、と思われます。

しかも、今回ユミル自身ではなく手紙との接触なので、間接的接触でも「ビリ」は起こせる、ということになりそうです。

この辺りはコメントで「呟き界隈ではインクにユミルの血が入っているのでは?という意見がありまして」と「へかとんつわり」さんから考察をいただいております。

さらにMoonChildさんからがTweetで「手紙にユミルの涙が染み込んでいたのでは」と、むっちゃロマンあふれる考察をされていました。


血や涙に間接的に触れる事で「接触」が果たされるかもしれませんよね!

今回の「ビリ」改変からは、始祖ナシでも巨人化能力者に接触することで王家血統者は「記憶を甦らせる事が可能」であったり「記憶を読み取る事ができる」と考察できそうです!

もしこれが原作に反映されたら、凄い展開ですよね!

例えばヒストリアがアルミンに接触してベルトルトの記憶を思い出したり!

さらにポルコと接触してユミルの気持ちがヒストリアに流れ込んだり!

こんな展開が予想、いや妄想できますよ!

一番熱いのは、アニに接触して・・・ですが!

ぜひ、見てみたいですよ!(*^^*)

今思えば88話での「巨人の力の真価を引き出す」とは「巨人化能力者の記憶を引き出す」にも通じているのかもしれませんね!
2016-12-08_041200

「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


では残りの改変である、ヒストリアが「道と座標を認識したこと」と「ユミル捕食展開を認識したこと」からどのような伏線が考えられるでしょうか?
2019-06-24_044503
「ユミル捕食展開を認識」は、ユミルが死亡したという事実を手紙でも分かっているでの、展開的には変わらないでしょう。

ただ、「道と座標を認識」は何か意味がありそうですよね。

でも良く見ると、アニメで「何、今のは?」と言って、ヒストリアは始祖の巨人の意味を分かっていないように描写されていましたよね!
2019-06-25_073406
なので、この辺りは原作に影響は無いようにも感じますよ!

今回の考察で王家血統者は始祖ナシでも巨人化能力者に接触することにより「失われた記憶を甦らせる」「間接的にでも記憶を読む事ができる」「記憶を消去できる」事が分かりました!

ヒストリアのアルミン接触展開やアニ接触展開が、むっちゃ期待です!\(^o^)/

アニメ3期21話(58話)「進撃の巨人」あらすじ感想!
アニメ考察!57話フクロウの資料の刺繍とは?
アニメ考察!56話クサヴァー登場を検証!season4確定か?
118話「騙し討ち」あらすじ考察まとめ!


Sponsored Link

18 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレアニメ考察!58話ヒストリアの「ビリ」を記憶から検証!”

  1. きじねこ より:

    久々にコメントしますキジトラです。
    アニオリであるヒストリアの「ビリ」は印象に残りました。アースさんは王家血統者が巨人化能力者に触れれば、「ビリ」が起こるとの考察されていますね。しかし、ヒストリアがライナーやユミルとの接触する機会が以前にあったにもかかわらず、その際は発動してない点に疑問が残ります。接触以外の条件もありそうですね。個人的には、手紙という形での過去の記憶の情報に触れたということが条件かなと思いました。エレンがグリシャの手記に触れたことで、グリシャの過去の記憶を見ることができたという経緯もありますし… ヒストリアの「ビリ」が原作の方にも絡んでくるのか展開が楽しみですね。

    • 管理人アース より:

      >接触以外の条件もありそうですね
      たぶん「知りたいという意志」かなと感じていますが、これもキチンと考察していない妄想みたいにボンヤリとイメージしています!



      管理人アース

  2. とおりスガリ より:

    「ビリ」は道にアクセスした時に起こるのでは?

    始祖持ちはアクセスできるし、王家血統もアクセス出来る

    王家血統であるジークの叫びでも「ビリ」は起きている。道の力が発動したサインかと

    • 管理人アース より:

      >王家血統であるジークの叫びでも「ビリ」は起きている
      ジークの「ビリ」と今回取り上げた「ビリ」は描写がちょっと違うかなと。
      ジークの「ビリ」は大声に反応するような「ビリ」で稲妻の描写が無いので別物と管理人アースは判断しています。



      管理人アース

  3. 馬来熊 より:

    ユミル処刑時の上方が入っているのが引っかかるんですよね
    手紙を書く→継承→誰かが情報を入れた
    という順番なのか
    もしくはあの「ビリッ」で本土にいるユミルとつながって、手紙を書いた当時はなかった新しい記憶がリアルタイムで送られてきたのか
    何にせよこれはえらい改変ですね

    • 管理人アース より:

      >「ビリッ」で本土にいるユミルとつながって、手紙を書いた当時はなかった新しい記憶がリアルタイムで送られてきたのか
      これ、同じイメージを感じましたよ!
      原作に反映されたら、凄いです!



      管理人アース

  4. 収容区のジジイ より:

    アースさん

    多分ヒストリアは「道」とか、「座標」とかの認識はないです。
    あのエレンのナレーションのシーンは、視聴者向けの描写だと思います。
    エレンの声が聴こえてたのはミカサ、アルミン、
    ユミルが見た「道」を見てたのはヒストリア、
    その両方を合わせた描写を見ていたのは我々視聴者です。
    もしヒストリアもユミルの記憶にある「道」を見たという前提だったとしても、ただの綺麗な「星空」だ、という認識でしょう。
    我々も原作を読んだ時、そう思ったはずです。

    • 管理人アース より:

      エレンのナレーションをヒストリアが聞いていなかったのならそうですね。
      ただ、あの場面を見た時「ヒストリアが見て聞いた描写」のように見えました。

      >エレンの声が聴こえてたのはミカサ、アルミン、
      >ユミルが見た「道」を見てたのはヒストリア、

      これ、どのようなイメージからそのように読み取ったのでしょうか?



      管理人アース

  5. ツクシ より:

    前回の記事でも軽く思いついた事を書き殴らせて頂きましたが、こちらで改めて考えをまとめてみました

    1つ、「ビリ」で記憶を垣間見るのは始祖の力ではなく王家の能力である説
    2つ、やはり「ビリ」には始祖の力が絡んでいるがそれは未来の話説

    まず一つ目に、王家の血筋は遡れば始祖ユミルに辿り着く事から、道を通して“一方向的に”始祖ユミルと繋がっているのではないでしょうか?
    そして始祖ユミルから派生した9つの巨人とも間接的に繋がっており、9つの巨人継承者との直接または間接的な接触がトリガーとなって道へ繋がり、彼らの記憶が一方的に流れ込んでくるのではないかと予想します
    対する始祖の巨人は9つの巨人や王家だけでなく全てのユミルの民と“双方向”自由自在に接続可能であり、能動的に自分の記憶や意思を送り込む事が出来る。それが座標の力なのではないでしょうか?
    つまりヒストリアには座標の力は無くとも、顎継承者であるユミルの記憶を垣間見る力は持っているという仮説です

    もう一つの仮説はやはり「ビリ」の発動には始祖の巨人の能力が関わっているというものです
    しかしヒストリアは始祖の力を継承しておらず、近くに継承者もいません
    しかし巨人の能力や記憶は道を通って未来から過去へも送られてくる事がクルーガーの「ミカサやアルミン」発言から判明しています
    もし近い将来ヒストリアが巨人能力を継承した上で始祖の力を持つエレンと接触する事があれば、その時に道と繋がりユミルの記憶にアクセスし、その記憶が道を通って過去のヒストリアへと転送されてくるというルートによって「ビリ」が発生する可能性もあるかもしれません

    • 管理人アース より:

      面白いですね!
      今の所①を推しますが、クルーガーの「ミカサやアルミン」発言から②もありそうですよね。
      実際ヒストリアは何度かエレンと「ビリ」をしているので、その経験から起こった、とも考えられるかもですね。



      管理人アース

  6. 耳鳥斎 より:

    今回の改変は驚きましたね!

    そういえば、ビリッの演出はらありませんでしたが、ロッドレイス巨人討伐の際もヒストリアは他人の過去の情報が見えてましたね。王家関連の能力なのでしょうか。

    • 管理人アース より:

      >ロッドレイス巨人討伐の際もヒストリアは他人の過去の情報が見えてましたね。

      この場面ですよね!
      2015-10-31_045037

      「進撃の巨人」第68話「壁の王」より


      たしかにおっしゃる通り、やはり王家血統関連の能力なのかもですね!
      始祖は関係無いのかも!


      管理人アース

  7. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。
    今回のアニメでヒストリアがユミルの手紙を読むシーンですが、映像に映っていたユミルの手紙の文字をスクリーンショットを取り全て解読してみました。
    すると、音声で読み上げていた部分の他に、読み上げてない事も書かれていました。
    今回のユミルの手紙の文字は解読できないタイプの文字ではなく、上下反転のカタカナ逆読み版で解読できるタイプの文字でした。
    解読した内容は、音声で読まれている部分と読まれてない部分の2つに別れます。

    ●【アニメで音声で読まれた部分】
    親愛なるヒストリアへ
    今私の隣にはライナーが居る
    私が恋文をしたためる様子を覗き見ている
    悪趣味な野郎だ 絶対モテない
    だがお前にこの手紙を届けると約束してくれた
    あの時私がコイツ等を救った借りを返したいのだと
    あの時はすまない まさか私がお前よりコイツ等を選んでしまうなんて
    私はこれから死ぬ でも後悔はしていない
    そう言いたい所だが正直心残りがある
    まだお前と結婚出来ていないことだ
    ユミルより
    ———————
    ●【アニメで音声で読まれなかった部分】
    私には名前が無かった
    どこの誰が私を産んだのかもわからない
    物覚えのつく頃から大勢の物乞いの一人だった
    だがある日、私に名前をつけてくれる男が現れた
    私はその日からユミルと呼ばれた
    お前は別に珍しい名前でもないと思うだろうが
    そこではその名前を名乗るだけで立派な寝床と食事が与えられたんだ
    それだけじゃない
    そう 何の意味もない
    だから世界は素晴らしいと思う
    再び目を覚ますとそこには自由が広がっていた
    私はそこから歩きだし好きに生きた 悔いは無い
    ———————

    つまり、今回ヒストリアが「ビリッ」で見たユミルの記憶もありますが、あの手紙では、音声では読まれなかったものの、上記の内容などは手紙で文章でユミルからヒストリアに伝えられているのです。

    あの手紙は、便箋3枚以上はあります。
    それに対してアニメで音声で読まれた部分はほんの一部という事です。

    上記の解読は、便箋3枚の内の文字が見えた2枚分です。文字が見えなかった便箋があと1枚あります。

    つまり、ヒストリアが「ビリッ」で記憶を映像で見た部分は、手紙の文章でも書かれていると思われます。

    • 管理人アース より:

      >ヒストリアが「ビリッ」で記憶を映像で見た部分は、手紙の文章でも書かれていると
      なるほどですね!
      としたらヒストリアが文章を読み上げるというやり方でも良かったのに、わざわざ「ビリ」という演出にしたということになりそうですよね。
      う~ん、やはり伏線として必要な描写だったのかな…(・_・;)




      管理人アース

  8. 猫背の巨人 より:

    エレンはジークを騙せるのか、心配になりますね

    • 管理人アース より:

      「裏切る展開になる」と思いますが、気になりますよ!



      管理人アース

  9. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    あぁ、さすがに出遅れちゃうと他の方々の意見と内容がカブっちゃいますね。
    仕方が無いのでまだ出ていないマイノリティな考察をします。

    この記事を見てから思う事があり、原作を読み返しました。
    正確に言うと50話と68話の部分です。

    「ビリ」と「ピリ」の描写ですが、それぞれ原作の言うところの「記憶の蓋が開いた」と「誰かの記憶や意思が流れ込む」みたいな感じなのかなぁと考えます。
    今回のヒストリアの「ピリ」が今後の原作に反映されるかどうかが気になるところですが、王家の人間が巨人化能力者の失われた記憶を蘇らす触媒になっているのは間違いないような気がします。

    おそらくと言うか妄想の範疇ですが、ユミルはこの時悟った事(50話のそう言う事か)をヒストリアに伝えたかったんじゃないでしょうか。
    ヒストリアは「何!?今のは…?」と言ってから、ハンジさんやジャンの質問をはぐらかしているように見えます。

    次週、この事をエレンに「ユミルはもういないよ」みたいなイメージで打ち明ける展開があるのではと妄想しています。

    • 管理人アース より:

      >エレンに「ユミルはもういないよ」みたいなイメージで打ち明ける展開があるのでは
      この展開、あるかもですね!
      原作でまたユミルが描写される展開が来たら熱いですよ!(*^^*)



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ