座標の意味のネタバレ!座標はミカサに関係するのか? 

進撃の巨人第47話「子供達」にてライナー・ブラウンよりはじめて「座標」という言葉が出て来ました。
ライナーとベルトルトの会話から二人の目的は「座標」であるエレンを故郷に連れて帰ることであると推察できます。

もともと「座標」という言葉から何か位置を示す言葉だと思われていましたが、第50話「叫び」にて再び「座標」という言葉が出て来た際に前後のストーリーから「巨人を動かすエレンの力」が座標だと読者は推測しました。

しかしこの「座標」の意味は現在でも明らかになっていません。

ここでは今一度「座標」について考察します。

Sponsored Link

◆フリーダ・レイスが持っていた「力」

14108sin63_07
「進撃の巨人」第63話「鎖」より


第63話「鎖」にて判明したエレンの父グリシャの記憶からレイス家の長女フリーダ・レイスが「レイス家の力」を継承していました。
しかしエレンの父グリシャ巨人化し、まだ経験が浅く巨人の力を使いこなせなかったフリーダを食いその力を奪ったとされています。

このグリシャが奪った力である「レイス家の力」が「座標」なのではないかと思われます。
「レイス家の力」は「記憶を改竄する力」であり「巨人を操る力」であると思われ、それにより人々の記憶を改竄し平和を守り、巨人を操り巨人を阻む3重の壁を超大型巨人によって造られたのだと第64話にて判明しています。
そうすると50話で巨人を操ったエレンの力が「レイス家の力」であり「座標」を指しているというのも納得できます。

ではエレンはなぜあの時座標の力を発揮でき、巨人を操れたのか?
答えはミカサの存在ではないかと思われます。

Sponsored Link


◆ミカサが「座標」の力の発動要因だった?

2015-06-14_185549
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


ミカサは第50話「叫び」にてエレンが「座標」の力を使った時に怪しい動きをしています。
エレンがハンネスが母を食べた巨人に食べられ「うああああ」と泣き叫ぶ次のコマでミカサは何かを凝視しています。凝視しているコマは2個あり明らかに何かを見つけているようですがそれが何なのかは明らかになっていません。
その後に「マフラーを巻いてくれてありがとう」の名シーンがありエレンの「座標」の力が発動しています。

この時にミカサが見た「何か」が「座標」の力を使うために必要だったのではないでしょうか?
そしてミカサだからそれは出来たのではないでしょうか?

あの時ミカサは何を見たのか?

ループ説の根本的存在であるミカサが絡んでいるだけに何か意味があるのではないかと思ってしまいます。

【猿の巨人が座標を求める真の理由とは?獣の巨人の目的を検証!】
【進撃の巨人の座標の意味を検証!発動条件がある?】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

7 Responses to “座標の意味のネタバレ!座標はミカサに関係するのか? ”

  1. くろめ より:

    こんばんは!毎日進撃の巨人の事ばかり考えていてなかなか眠れません!

    今夜もこのサイトに来てしまいました。

    この記事を読んで思ったのですが、ミカサが見たものは、背後にいた大量の巨人、殺された仲間達、絶対絶命のアルミンとジャン、

    描写そのままで良いのではないでしょうか?

    それを見て、彼女は「死」を確信し、最後に自分の気持ちをエレンに伝えたのだと思います!

    • 管理人アース より:

      くろめさん!

      コメントありがとうございます!

      >描写そのままで良いのではないでしょうか?
      このような描写は「進撃の巨人」ではたまに見かけますよね。
      いわゆる「思わせぶりなコマ」です(笑)
      そのまま受け取っても意味は繋がりますし、
      「何か見た」とも受け取れます。
      これは「どちらでも意味が通じる」ように描かれているのです。
      なので「どちらも正解」だと思いますよ。
      現時点では、ですが(笑)

      座標の発動条件、叫びの力の発動条件が判明した時に
      このシーンの意味が分かるのではと考えています!
      【進撃の巨人ネタバレ50話の考察!「叫び」の伏線ポイントまとめ!】でも考察していますので、良かったら見てみてください!

      またコメントよろしくです!


      管理人アース

  2. ありす より:

    単行本読み返してて
    ふと気付いたんですが、
    座標発動直前のエレンの顔に巨人化直後にできる跡がありませんか?
    そして、50話にはそれがありませんでした。
    もうご存知でしたらスミマセン(-_-;)

    • 管理人アース より:

      ありすさん!

      コメントありがとうございます!

      これは以前にコメントいただきました。
      そこから、人間の姿で巨人の力を発動するのが、「座標の力」では?との考察が生まれましたが
      ジークが人間のままで「叫びの力」を使っていたので、終わりました(笑)
      ただ、何か意味がありそうですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. 樽之介 より:

    そんなに読み込んでいる訳ではないからよくわからないんですが、ミカサが座標では駄目なんですか?

    • 管理人アース より:

      樽之介さん!

      コメントありがとうございます!

      本編では明らかになっていませんが、「座標」とはもともと「レイス家の始祖の巨人の力」と公式ガイドブック「Answers」にて説明されています。
      Answersの説明が、どこまで信用して良いかは分かりませんが、「座標」がレイス家の巨人の力か、グリシャの巨人の力にもともと含まれていたことは間違いないと思われます。
      ライナーも第50話にて「エレンに座標が渡った」と言っていますしね。
      となると、「座標」はエレンの巨人の力にあると考えて間違いないと考えられます。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. m より:

    発動したのはミカサの可能性はどうでしょうか?
    エレンが発動したように見えたシーンでは確かミカサを抱えていたような感じゃなかったでしょうか?

    アッカーマンに伝わる印も座標っぽく見えます。

    最新話の道の交わる一点、送り出される記憶や肉体というところも、第一話のミカサのような女性が”いってらっしゃい”と送り出すシーンに重なります。

    他記事でもコメントしましたが、”いってらっしゃいエレン”を受け取る”2000年後の君”は寿命で死にかけのエレンではなく、エレンを目前する子孫=ミカサなのではと思えます。

    初話でのエレンがこれから起こる悲劇の夢が、グリシャ巨人とは別の生まれたときに継承した巨人の記憶だとすると、過去の出来事をなぞっていることになります。

    2000年前の始祖ユミルが記憶操作を駆使して、2000年前に起きた悲劇(推測)のやりなおしをしているのではと予想しています。

    88話のミカサの”間違ってる”も2000年前通りの”やりなおされていない”展開に対する始祖ユミルの記憶によるつぶやきとか。

    さらに根拠のない予想ですが、2000年前の悲劇はエレンの死か、エレンを選んだ結果の世界の滅亡かあたりと予想しています。どちらの場合も初話のいってらっしゃいは前任の死の間際の記憶で、巨人の力は同時代でなく約2000年後のエレンに直接継承されたと予想。後者の場合、2000年前のやりなおしのため、2000年前の少女とエレンの合意の上で自害して2000年後へ継承する寸前の記憶。

    なんつって

コメントを残す

このページの先頭へ