座標の意味のネタバレ!座標はミカサに関係するのか? 

90話までの展開を踏まえ、追加更新しました!

進撃の巨人第47話「子供達」にて、ライナー・ブラウンよりはじめて「座標」という言葉が登場しました。

ライナーとベルトルトの会話から二人の目的が、「座標」であるエレンを故郷に連れて帰ることであると推察できます。

もともと「座標」という言葉から何か位置を示す言葉だと思われていましたが、第50話「叫び」にて再び「座標」という言葉が出て来た際に前後のストーリーから「巨人を動かすエレンの力」が座標だと読者は推測しました。

しかしこの「座標」の意味は、現在でも明らかになっていません。

ここでは今一度「座標」について考察します。

Sponsored Link

◆フリーダ・レイスが持っていた「力」

14108sin63_07
「進撃の巨人」第63話「鎖」より


第63話「鎖」にて判明したエレンの父グリシャの記憶から、レイス家の長女フリーダ・レイスが「レイス家の力」を継承していました。

しかしエレンの父グリシャが巨人化し、まだ経験が浅く巨人の力を使いこなせなかったフリーダを食い、その力を奪ったとされています。

このグリシャが奪った力である「レイス家の力」が「座標」なのではないかと思われます。

「レイス家の力」は「記憶を改竄する力」であり「巨人を操る力」であると思われ、それにより人々の記憶を改竄し平和を守り、巨人を操り巨人を阻む3重の壁を超大型巨人によって造られたのだと、第64話にて判明しています。

そうすると第50話で巨人を操ったエレンの力が「レイス家の力」であり「座標」を指しているというのも納得できます。

ではエレンはなぜ、あの時座標の力を発揮でき、巨人を操れたのか?

答えは、ミカサの存在ではないかと思われます。

Sponsored Link


◆ミカサが「座標」の力の発動要因だった?

2015-06-14_185549
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


ミカサは第50話「叫び」にて、エレンが「座標」の力を使った時に怪しい動きをしています。

エレンが、ハンネスが母を食べた巨人に食べられ「うああああ」と泣き叫んでいる次のコマで、ミカサは何かを凝視しています。

凝視しているコマは2コマあり、明らかに何かを見つけているようですが、それが何なのかは明らかになっていません。

その後に「マフラーを巻いてくれてありがとう」の名シーンがあり、直後エレンの「座標」の力が発動しています。

この時にミカサが見た「何か」が、「座標」の力を使うために必要だったのではないでしょうか?

そして、ミカサだからそれは出来たのではないでしょうか?

あの時ミカサは何を見たのか?

ループ説の根本的存在であるミカサが絡んでいるだけに、何か意味があるのではないかと思ってしまいます。

◆「座標」発動条件に、ミカサが見た「何か」は関係する?

2016-04-26_210223
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


ここまでの記事内容は、2年前の2015年3月に書いてたものです。

ただ、90話まで進み「座標」について色々な情報が明らかになった今読み直しても、この時の考察と今の考察があまりブレていないので驚いています。

2年前とは違い、「座標」という名称が全てのユミルの民を繋ぐ存在であると分かっています。

ただ、それとは別に「座標」が「始祖の巨人」という能力と同じものであり、その力によって第50話でエレンが巨人を操れたのだろうと明らかになっています。

その発動では、フリッツ王家の血統者であるダイナ巨人との接触がキッカケだったのではと思われますが、それだけなのかどうかは確定はできなく、90話までにも「座標」の発動条件は明らかになっていません。

現在の「座標」の最新考察は、89話ネタバレ考察!座標の発動条件を検証!ですが、やはり今でも「座標」発動条件にミカサが絡んでいるのではという予想は変わっていません。

そして、ミカサには東洋の一族としての役割が残されているとこから、「エレンの気持ち」や「道」だけではなく、ミカサの右手首の刺青、ループ説も絡んでいるのではないか、と現在でも考えています。

最初からの予想である、この時にミカサが見た「何か」が座標発動の必要条件に絡んでいたら嬉しいなぁ、と思う管理人アースでした(^^)

【猿の巨人が座標を求める真の理由とは?獣の巨人の目的を検証!】
【進撃の巨人の座標の意味を検証!発動条件がある?】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

39 Responses to “座標の意味のネタバレ!座標はミカサに関係するのか? ”

  1. くろめ より:

    こんばんは!毎日進撃の巨人の事ばかり考えていてなかなか眠れません!

    今夜もこのサイトに来てしまいました。

    この記事を読んで思ったのですが、ミカサが見たものは、背後にいた大量の巨人、殺された仲間達、絶対絶命のアルミンとジャン、

    描写そのままで良いのではないでしょうか?

    それを見て、彼女は「死」を確信し、最後に自分の気持ちをエレンに伝えたのだと思います!

    • 管理人アース より:

      くろめさん!

      コメントありがとうございます!

      >描写そのままで良いのではないでしょうか?
      このような描写は「進撃の巨人」ではたまに見かけますよね。
      いわゆる「思わせぶりなコマ」です(笑)
      そのまま受け取っても意味は繋がりますし、
      「何か見た」とも受け取れます。
      これは「どちらでも意味が通じる」ように描かれているのです。
      なので「どちらも正解」だと思いますよ。
      現時点では、ですが(笑)

      座標の発動条件、叫びの力の発動条件が判明した時に
      このシーンの意味が分かるのではと考えています!
      【進撃の巨人ネタバレ50話の考察!「叫び」の伏線ポイントまとめ!】でも考察していますので、良かったら見てみてください!

      またコメントよろしくです!


      管理人アース

      • ガッツ より:

        アースさん、はじめまして。

        実はレイス家すら隠れ蓑で、本当の王家はアッカーマン家のほうなのでは?
        以下にそう考える理由を書きます。

        本当の名を名乗っていない=王と最もかけ離れた農夫を名乗っている。

        記憶の改竄を受けない=王家だから。レイス家も実は改竄されて王家だと思い込まされている?

        力に目覚める瞬間があり、何をどうすれば良いかわかる=これについては今一わかりません。始祖ユミルが力を分けた年齢13歳?がミカサの覚醒の年齢と同じ?

        ミカサの刺青=王の証ではないかと思います。

  2. ありす より:

    単行本読み返してて
    ふと気付いたんですが、
    座標発動直前のエレンの顔に巨人化直後にできる跡がありませんか?
    そして、50話にはそれがありませんでした。
    もうご存知でしたらスミマセン(-_-;)

    • 管理人アース より:

      ありすさん!

      コメントありがとうございます!

      これは以前にコメントいただきました。
      そこから、人間の姿で巨人の力を発動するのが、「座標の力」では?との考察が生まれましたが
      ジークが人間のままで「叫びの力」を使っていたので、終わりました(笑)
      ただ、何か意味がありそうですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. 樽之介 より:

    そんなに読み込んでいる訳ではないからよくわからないんですが、ミカサが座標では駄目なんですか?

    • 管理人アース より:

      樽之介さん!

      コメントありがとうございます!

      本編では明らかになっていませんが、「座標」とはもともと「レイス家の始祖の巨人の力」と公式ガイドブック「Answers」にて説明されています。
      Answersの説明が、どこまで信用して良いかは分かりませんが、「座標」がレイス家の巨人の力か、グリシャの巨人の力にもともと含まれていたことは間違いないと思われます。
      ライナーも第50話にて「エレンに座標が渡った」と言っていますしね。
      となると、「座標」はエレンの巨人の力にあると考えて間違いないと考えられます。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. m より:

    発動したのはミカサの可能性はどうでしょうか?
    エレンが発動したように見えたシーンでは確かミカサを抱えていたような感じゃなかったでしょうか?

    アッカーマンに伝わる印も座標っぽく見えます。

    最新話の道の交わる一点、送り出される記憶や肉体というところも、第一話のミカサのような女性が”いってらっしゃい”と送り出すシーンに重なります。

    他記事でもコメントしましたが、”いってらっしゃいエレン”を受け取る”2000年後の君”は寿命で死にかけのエレンではなく、エレンを目前する子孫=ミカサなのではと思えます。

    初話でのエレンがこれから起こる悲劇の夢が、グリシャ巨人とは別の生まれたときに継承した巨人の記憶だとすると、過去の出来事をなぞっていることになります。

    2000年前の始祖ユミルが記憶操作を駆使して、2000年前に起きた悲劇(推測)のやりなおしをしているのではと予想しています。

    88話のミカサの”間違ってる”も2000年前通りの”やりなおされていない”展開に対する始祖ユミルの記憶によるつぶやきとか。

    さらに根拠のない予想ですが、2000年前の悲劇はエレンの死か、エレンを選んだ結果の世界の滅亡かあたりと予想しています。どちらの場合も初話のいってらっしゃいは前任の死の間際の記憶で、巨人の力は同時代でなく約2000年後のエレンに直接継承されたと予想。後者の場合、2000年前のやりなおしのため、2000年前の少女とエレンの合意の上で自害して2000年後へ継承する寸前の記憶。

    なんつって

  5. H.オキナ より:

    アースさん、こんにちは。二度目のコメントです。

    先ほど進撃の巨人12巻を読み返していたら、1巻の13ページ目以外にもページ数の印字を見付けたのですが、これはお気付きでしたでしょうか?

    ちょうど、この記事に掲載している「ミカサが何かを見ている」ページです。160、161ページと印字されています。

    既にお気付きのことでしたら申し訳ありません。

  6. H.オキナ より:

    失礼しました、176、177ページも印字がありますね。

    あまり関係ないかも知れません。

    お騒がせしました。

  7. おはようございます。
    トイレで目覚めた時もこのサイトをつい見てしまいます(笑)

    私は「行ってらっしゃい」と言っているのはミカサで間違いないと思います。

    コミックでの絵は見るからにですけど、アニメではそのシーンが省略されてます、声でバレてしまいますからね!

    • 管理人アース より:

      キース(傍観者)さん!

      コメントありがとうございます!

      >ミカサで間違いないと思います
      管理人アースもそう思っていますよ!
      ただ、相手のエレンがクルーガーの可能性もあるかなと今では思っています。

      またよろしくです!


      管理人アース

      • おおっ、そっちのエレンは気が付かなかった、流石ですね!

        50話で繋がった後、「これからも、何度でも」マフラーを巻くとの表現も微妙にループを疑っちゃいますね。

        誤字など気にせず進撃しましょう!
        ここは楽しむ場です(^^)v

        • 管理人アース より:

          キース(傍観者)さん!

          コメントありがとうございます!

          >「これからも、何度でも」マフラーを巻くとの表現も微妙にループを
          ああ、面白いですね!
          グルグル巻くマフラーも「サザエ」っぽいですし(笑)

          またよろしくです!


          管理人アース

  8. いち訓練兵 より:

    いつも楽しく読ませていただいております。
    座標発動にミカサ(東洋の一族)が何かしら絡んでいるのではと自分も思っています。
    『不戦の契り』は大陸の王家に対して言っております。つまり奪還しに来ることは百も承知の上での発言で、それでも始祖の巨人の力は使えない、無駄だといっているので、例えフリッツ家≠レイス家であろうがなかろうが大陸の王家に始祖の巨人が渡っても使えないようになっているのだと思います。只のハッタリや脅しではないと思います。
    そこを踏まえて考えますと、始祖の巨人の発動には、持っているだけではなく何か条件があると思われます。
    その可能性の1つが東洋の一族の存在ではないでしょうか?レイス家は東洋の一族を迫害しました。それは記憶の改竄が出来ないためとなっていますが、本当の理由は始祖の巨人の力を発動させないため、それが『不戦の契り』ではないのでしょうか?
    50話でエレンは始祖の巨人の力を使っています。そこには条件が揃っているからと考えると、やはりミカサの存在なのかと思ってしまいます。

  9. ガッツ より:

    冒頭のいってらっしゃいエレンと言っている女性はミカサではなく、始祖ユミルではないでしょうか?
    そのエレンもエレンイェーガーではなく、クルーガー以前の初代エレンなのでは?
    始祖ユミルが力を分けた存在、自由への渇望を持った初代進撃の巨人エレンを送り出しているシーンなのではないかと思います。

    • 管理人アース より:

      ガッツさん!

      コメントありがとうございます!

      ユミルだったらスゴイですね!
      でも、ここはミカサであってほしいなと思います。
      相手がエレン・クルーガーの可能性もありますが(・_・;)

      またよろしくです!


      管理人アース

  10. 東の海 より:

    アースさん、こんにちは。更新お疲れさまです。

    私もミカサが座標に関係しているように思うんです。フリーダがヒストリアの記憶を消していたように、ミカサもエレンの記憶を消すような描写もありますし。

    私はミカサの頭痛も気になります。今まで何度かミカサが頭痛をおこす場面がありますが、これって『進撃の巨人』継承者の家族との別れの記憶が目の前の状況と似ているため、なぜかミカサにその記憶がフラッシュバックし、頭痛をおこしミカサのその後の行動にも影響しているように思います。

    巨大樹の森で女型の巨人にエレンを捕食される
    →エレンの、カルラがダイナ巨人に捕食された記憶のフラッシュバック→ミカサ頭痛→エレンの『駆逐してやる』→ミカサ、エレンより女型の巨人を殺す事を優先?

    トロスト区での母子を助ける→グリシャの、マーレでの父母とジークとの別れの記憶のフラッシュバック→ミカサ頭痛→ミカサ、自分の父母の記憶?

    シガンシナ決戦でのアルミン黒焦げ→クルーガーの、家族がマーレ兵士に燃やされる記憶のフラッシュバック→ミカサ頭痛→刃を抜く?

    もしミカサが『進撃の巨人』の記憶を見られるのなら、ミカサと『進撃の巨人』も『道』で繋がっている可能性があると思います。


    座標発動した50話のエレンの「うあああああ」の後のミカサの右目の描写と「エレン」「ッ!?」ガバッ、も何かの伏線だと思います。もしかして50話の「エレン」の声が1話の「いってらっしゃい
    」「エレン」と同じ声なのかな。1話のエレンが見ていた記憶、ミカサに似た女の子のいた場面で座標が発動した、同じ声を聴いた50話でその時の記憶を思い出したため座標発動できた、繋がったと。(そういえばBeeTVにBeeマンガがあるのですが1話の「いってらっしゃい エレン」がミカサ役の石川由依さんのとても落ち着いた声で朗読されていました)

    分かりにくい文章ですみません。
    長文失礼しました。
              

    • 管理人アース より:

      東の海さん!

      コメントありがとうございます!

      面白いループ考察ですね!
      特に、ミカサが進撃の巨人の記憶を見られるという考察は興味深いです。

      >て50話の「エレン」の声が1話の「いってらっしゃい」「エレン」と同じ声なのかな。
      これ、面白いですね!
      ただ、アニメでは「いってらっしゃい エレン」の場面が無かったはずなので、確認できませんが(・_・;)
      管理人アースは、この時の声がカルラだったりとか考えていました。
      今となってはありえないでしょうが…(・_・;)

      またよろしくです!


      管理人アース

  11. 進撃の個人 より:

    いつもありがとうございます(^^)

    座標発動条件は大きな謎のままですね。ジークやアニは単に叫んだだけで操ってましたよね。エレンはそれだけではできないようです。エレンの力は始祖の力なのでまた違った条件があるのでしょうか。ジーク達は条件を知っているのでしょうか?

    エレンが条件を知らないのは王家ではないからだとすると、今のところジークとクリスタしか使えないことに。
    でもクリスタには不戦の契りが…。となるとジークしか使えない、もしくはエレンがジークを食べるかしかないですね。

    少し話は反れますがエレンの初の座標発動回は神回であることは間違いないです。
    絶望するエルヴィンが描かれているのもあの回だけですね。

    • 管理人アース より:

      進撃の個人さん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンの初の座標発動回は神回であることは間違いないです
      これ、アニメが楽しみですよね!
      ものすごく、待ち遠しそうですね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  12. 玉無しの巨人 より:

    否定派です。

    ループに絡んでるとは思いますが
    東洋人とアッカーマンのハーフであるミカサが
    「ユミルの民」が繋がる「座標」( 道 ) とは直接的な繋がりは無いと思います。

    時間をも越える繋がりを持つ「道」とループの能力?がミカサが在るのであれば、そう言った意味で繋がるのかも?と思いますね。

    • 玉無しの巨人 より:

      追記です。

      ミカサにループ能力が在るとしてでした。

      「座標」は、「ユミルの民」を結ぶモノなので
      作者は、とても血族、の違い等にとても拘ってる?民族の違い、ひいてはアイデンティティにも関わりを持たせてると思えるからです。

      明らかに「ユミルの民」ではない、ミカサと「座標」は別物なのかと…?

      そして、「始祖の巨人」の「座標」自体には、ループの力は無いのだと…?
      壁内に引き篭もる位なら、ループの力で何とかするのでは…?

      とは、言っても、引き篭もる理由?滅ぶべき?と考える訳はあるのかもしれませんが……

      • 管理人アース より:

        玉無しの巨人さん!

        コメントありがとうございます!

        >明らかに「ユミルの民」ではない、ミカサと「座標」は別物なのかと…?
        ユミルの民のみなれる巨人の力は、大地の悪魔と契約をして手に入れた能力でした。
        もし、この大地の悪魔が「東洋の一族」だとしたら、ユミルの民を結ぶ「道」も東洋の一族が絡んでもおかしくないかなと思っています。
        ただ、ここまで来るとほとんど妄想ですが…(・_・;)

        またよろしくです!


        管理人アース

        • 玉無しの巨人 より:

          おおっ!?

          「大地の悪魔」=「東洋の一族」ときましたかっ!?

          そういった繋がりですかぁ……有りそうな…

          「東洋の一族」未だ謎だらけですねぇ…?

          そろそろ明かして欲しいモノですねぇ(-᷅_-᷄๑;)

  13. ☆REI より:

    初カキコ失礼します。いつも更新を楽しみにしています。既出だったら申し訳ないですが

    本作は民族や家柄で特殊な能力を持っているという背景があるようで

    ・エルディア人:巨人になれる
    ・エルディア人のレイス家:記憶に関する能力
    ・アッカーマン家:覚醒すれば異常に強い
    ・東洋の一族:?
    ・マーレ人:?
    ・その他(記憶操作されなかった貴族ら):?

    混血の場合にどうなるかは不明です。どちらかの能力を継承するかもしれないし、突然変異的な能力を持つこともありえると考えます。

    例えば、巨人を操る能力を持っていたアニが純粋なエルディア人かどうかも疑問です。

    こういうことを考えるとやはりミカサは気になる存在であり、今後の展開(死にかけるとか)で時空(エルディア人の道)を移動できるようなミラクルな能力を有し、まさかユミル・フリッツその人なのではないかということもまで・・

    妄想すぎましたw 考えるのは面白いです。

    • 管理人アース より:

      ☆REIさん!

      コメントありがとうございます!

      >こういうことを考えるとやはりミカサは気になる存在であり
      ホントにそうですね!
      特に、頭痛が単純に家族を失ったトラウマから来ているだけなのか、ループに絡んだ症状なのか…
      もし絡んでいるのであれば、東洋の一族の能力に繋がるのか、など色々考えられます。
      いつ東洋の一族、ミカサの伏線回収が起こるのかなと期待しています!

      またよろしくです!


      管理人アース

  14. ato より:

    ふと思いついただけですが、ミカサが見ていたものは、座標発動時にエレンの後ろに描かれていた巨人の化身のようなものが見えていた、とか。
    色々な考察ができそうなシーンですが、一つの可能性としてありそうな気がします。

    • ハーデス より:

      ato様 横から失礼致します。
      はい、私もその可能性があるように思っております。

      エレンが拳を振り上げ「あぁぁぁ」と叫んでいる描写時、ミカサは右斜め後ろにいて、さらにその直前、ミカサは右側を凝視してました。そしてあの巨人の化身のような物はエレンの真後ろから飛び込んできましたよね。つまりミカサはそれを見ていたと思われるんですよね。
      もう少し言うと、あの巨人の化身が何か異様な出現の仕方をする様をミカサが見てしまったのかな?とか妄想しております。

      • ato より:

        もし本当に化身のようなものが見えていたとすると、当時のエレンはあの巨人の化身のようなものの人格が乗り移っていた?とかもありますかね。というか、普通に考えて急に叫び出すのもなにかに違和感がありますよね、もう死が目前にあり追い詰められた状況とは言うものの、あのあたりのタイミングを境に現れたと言うとしっくりくる気もします。
        ですが、その化身のようなものは常に巨人能力保有者の後ろに見えていると考えても面白いですよね。番外編(?)でもミカサはアニを質問攻めにして追い込んでいるシーンもあったので、誰が能力を持っているかすべてわかっていたと考えても楽しいですね。
        なんにせよたくさんの可能性があってワクワクが止まらないシーンですので、もっと語り合いたいですね。

  15. まったりさん より:

    ミカサは見ていたのではなくて、思い出したとか?
    例えば、エレンクルーガーみたいに見たことや聞いたことのないのが頭に残ってたとか。あるいは単にエレンが死ぬことを予想し絶望したとか。

    • ato より:

      そうですね…思い出したというのはありそうですね。ですが、何かを凝視するような驚愕しているような絶望しているような…とても意味深なイメージの湧くような眼の描かれ方じゃないですか?あえて一コマ使って眼のみを描くのは怪しいと思います。その化身のようなものを見たあとに、何かを思い出したというのはどうですかね。前にも化身のようなものを見たことがあったとか。目の表現があったように、何かを思い出したというよりは何かを見た、という表現だったと思います。でもその後のミカサは気になりますね。今は考察が進まないのでまた何か考察が進めば書き込みたいです。

    • 管理人アース より:

      まったりさんさん!

      コメントありがとうございます!

      ああ、あり得ますね。
      ミカサの目が大きく描写されていたので「見ている」と決めつけていましたが、「思い出した」という描写にも見えます。
      ループに繋がるようにも考えられますね!
      面白い考察、ありがとうございます!

      またよろしくです!


      管理人アース

  16. ギラ より:

    アースさんお疲れ様です。

    始祖の巨人の力(座標)を発動するには、「鍵」が必要なのではないでしょうか?
    その鍵とは「愛」です。
    ミカサは深くエレンを愛しています。
    座標を持つものが座標を発動する際には、その隣に「愛」の鍵を持つ者が側に居る必要があるのかも。

    クルーガーの言葉に関連付けて考えてみましたが少々ロマンチックですかね(笑)

    • 管理人アース より:

      ギラさん!

      コメントありがとうございます!

      >クルーガーの言葉に関連付けて考えてみましたが少々ロマンチックですかね(笑)
      いえ、同感ですよ。
      89話ネタバレ考察!クルーガーの「人を愛せ」発言を検証!では「ループを終わらせるために『愛』が必要」と考察していますが、座標発動に愛が必要とも考えられます。
      たしかに「進撃の巨人」の展開としては少々ロマンチック過ぎるとも感じられますが(笑)あり得るかなと!

      またよろしくです!


      管理人アース

  17. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    結局のところ、ループも愛も、最終的には、大地の悪魔との契約内容が何だったのか?
    に繋がると思います。

    エルディア人(ユミルの民)は 何を得て、何を失う契約だったのか?
    大地の悪魔は、巨人の力を授ける代わりに 何を得たのか?

    大地の悪魔との契約によって今の無限ループが発生してしまっている。

    ジークも、ライベルも、その無限ループを終わらせたい。ジーク側はエレンの座標を奪い、壁内人類を滅ぼす事によって無限ループを終わらせようとしている。

    クルーガーも、悪夢のループを繰り返させたくない。その為には「愛」が必要だと語っている。


    つまり

    大地の悪魔との契約によって発生しているループは愛によって 止める事(解除)する事が可能かも?

    という事は
    大地の悪魔との契約内容は

    お前たちから●●を貰う代わりに
    お前たちに、巨人の力を授ける。
    それに伴い
    ●●が●●しなかった場合、ループを繰り返す。
    という契約内容になっていると思われる。

    大地の悪魔との契約の解除に「愛」が必要なのかも。

    ただ人類が争いを止めて愛する事が出来るようにならなければ契約が解除されないとしたら永遠に無理ですね。

    となると大地の悪魔から渡されたリンゴは、やはり手を出してはならない禁断の果実だったのかもしれません。

    • 管理人アース より:

      ギラさん!

      面白い考察、ありがとうございます!

      >ジークも、ライベルも、その無限ループを終わらせたい。
      >クルーガーも、悪夢のループを繰り返させたくない。その為には「愛」が必要だと語っている。

      面白いですね!
      ジークもクルーガーも、座標を奪いループを終わらせようとしている。
      ジークは王家血統なので、手に入れれば座標は発動させられる、しかしクルーガー側は発動するには「愛が必要」という事でしょうか?
      これなら辻褄が合うように感じますね。

      >だ人類が争いを止めて愛する事が出来るようにならなければ契約が解除されないとしたら
      もしかしたら、ここで言うループが「争い」なのではないでしょうか?
      大地の悪魔との契約が「人類の争い合うループ」だとしたら?
      う~ん、ちょっとややこしくなりますかね?

      またよろしくです!


      管理人アース

  18. 通りすがり より:

    いつも楽しく読ませてもらっています。

    ふと思ったんですが、フリッツ家の能力が”巨人を操る能力”、レイス家の能力が”記憶を操る能力”なのではないでしょうか。でも、座標を持っていないと接触しているものにしか使えないとかの制限付きで。
    それで、座標は”道”を使ってその能力を全てのマーレ人に伝達できるとか、考えればしっくりいくの気がしています….

    そうすれば、ジークが座標なしで巨人を操れたけど座標を欲している理由とか、エレンがカルラと接触後にしばらく巨人を操れたとかもカルラの能力をエレンの”座標”を通して全巨人に伝播させたとかで説明できて、自然になるのかなーと思いました。

    あと、それぞれの家系でも記憶操作などできる人は限られていたからロッドは”座標”巨人に選ばれなかったのかなーとか、不戦の契りはレイス家がフリッツ家から”座標”を奪って全巨人は操れなくさせることと関係してるのかなーとかも思いました。

    こんな与太話を読んでくださって、誠にありがとうございます。御礼を申し上げます。

    • 管理人アース より:

      通りすがりさん!

      コメントありがとうございます!

      >レイス家の能力が”記憶を操る能力”
      これは同感ですね。
      そして、フリッツ家の「始祖の巨人」により、道を掌握することができるのかなと。

      やはり、ここからもレイス家≠フリッツ家だと思えますよね!
      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ