北欧神話のモックルカールヴィは進撃の巨人に登場する?

進撃の巨人の話の中で、避けては通れないのが「北欧神話」ということは当サイトでもお伝えしてきました。

北欧神話の中に登場する巨人は様々な形で、名前を変えて進撃の巨人の世界でも登場しており、管理人的には「モックルカールヴィ」もやっぱり登場するのかなと期待もしていたりします!

モックルカールヴィと聞いたら、ほとんどの方が「ん?」と思ってしまうかもしれませんが、この巨人も北欧神話の中では非常に重要な巨人なんですよ!ということは、進撃の巨人の世界でも登場する可能性もあるのかなと・・・。

早速、このモックルカールヴィがいつ登場するのか検証していきたいと思います。

Sponsored Link


◆モックルカールヴィとは?

img_5
モックルカールヴィは北欧神話に登場する粘土で作られた人間でとても大きな巨人です。身長は約58km~72.4kmもあり脇の下が19.3km~24kmあるとされています。

アース神の一員である雷神にして最強の神であるトールと最強の巨人フルングニルが決闘することになりました。心配したフルングニルの仲間たちがトールを脅かそうと粘土を使って巨大な人間を作ったのが、モックルカールヴィとなります。

しかし巨大な体格に合う心臓が無かったために、近くにいた雌馬の心臓を埋め込んだのでモックルカールヴィは臆病になってしまいました最強神トールが現れると恐怖に震え失禁してしまい使い物になりませんでした。

この戦いでフルングニルはトールに敗れモックルカールヴィもトールの従者であるシャールヴィに襲われ倒されてしまいます

Sponsored Link


◆モックルカールヴィは「進撃の巨人」に登場するのか!?

2015-05-20_035146
「進撃の巨人」第46話「開口」より

北欧神話からキャラクターの名前やストーリーを取り入れることの多い作品「進撃の巨人」にモックルカールヴィも登場することはあるのでしょうか?


モックルカールヴィの特徴は

  • 粘土で出来ている人間
  • 身長は約58km~72.4km
  • 雌馬の心臓
  • 臆病

  • となります。


    まず粘土で出来ている巨人ですが、「進撃の巨人」に登場する巨人は全て人間が巨人化しているので、今後も登場する可能性は低いのではないでしょう。

    身長が58km~72.4kmの巨人も登場する可能性は低いでしょう。今まで登場した最も大きな超超大型巨人でも100mくらいでだと思われます。


    72kmの巨人はさすがに厳しいのではないでしょうか?^^;


    「雌馬の心臓」を持ち「臆病」な巨人が登場する可能性はどうでしょうか?

    「雌馬の心臓の巨人」はないかもしれませんが「臆病」な巨人は今までにも登場していましたね。第46話でエレンとユミルをじっと見ていて、ユミルが「繊細なんだろうな」と称した巨人です。木の影からエレン達を見つめていたあの巨人は臆病そうでした。ただ、あの巨人がモックルカールヴィではないのは明らかです。

    おそらく、モックルカールヴィが「進撃の巨人」に登場することは無いと思われます。しかし、モックルカールヴィは粘土で出来た「巨大な人間」です。

    「進撃の巨人」に登場する巨人は全て人間が巨人化したものです。そう考えると、巨人は全て「巨大な人間」でありモックルカールヴィと同じ存在ですね。となると「進撃の巨人」に登場する巨人は全てモックルカールヴィと言えるかもしれません。

    そういう意味では「モックルカールヴィ」は登場していましたことになるでしょう!!

    【北欧神話のトロール巨人は進撃の巨人に登場する?】
    【北欧神話の巨人スルトは進撃の巨人に登場する?】


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    2 Responses to “北欧神話のモックルカールヴィは進撃の巨人に登場する?”

    1. 兵長の寝室掃除係 より:

      粘土=硬質化 と考えて
      壁の中の大型巨人達…ということでどうでしょうか?

      • 管理人アース より:

        兵長の寝室掃除係さん!

        コメントどうもです!

        >壁の中の大型巨人達…ということでどうでしょうか?

        モデルにはなったかもですね!(笑)


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ