ミカサはエレンのことを好きなのか検証!2人の結末は結婚する?

『「ミカサ@ループ説」とユミルの民「道」の関係は?』を追加更新しました!

ミカサのエレンへの執着が「恋心」なのか「家族としての思い」なのか?

この疑問は「進撃の巨人」読者なら誰もが気になることでしょう。

ここでこの疑問を検証してみましょう!!

Sponsored Link


◆ミカサはエレンが好きなのか?

miaksaeren

エレンから離れることを極端に嫌がるミカサ。

最近の連載では、そのような場面が見られなくなっていますが、今まで物語の端々で見られるシーンでした。

例えば第4話ではエレンとは別々の班でしたが「私のところに来て」とミカサは言っています。

エレンに諌められた結果「私が冷静じゃなかった…」と収まりましたが、冷静ではなくなるほどエレンと離れることを嫌がっています。

第29話で女型の巨人に喰われ連れ去られるエレンを見て、明らかに冷静さを失いながら女型の巨人を攻撃し「どこにいたってその女殺して…体中かっさばいてその汚い所から出してあげるから」「ごめんねエレンもう少しだけ待ってて」と、その言動からエレンを連れ去られることに我を忘れている様が確認できます。

この「エレンから離れたくない」ミカサの感情は「恋心」からなのでしょうか?

ミカサに、エレンとの関係を突っ込んで話をしたシーンから確認してみましょう。

◆ミカサはエレンとの関係をどのように認識しているのか?

872ef85d

第13話でエレンを見捨てずに守る決断をしたイアン班長から「恋人を守るためだからな」と言われミカサは顔を赤らめ下を向きながら「…家族です」と答えています。

これは照れて恋人と言えず「家族です」と答えているのでしょうか?

第30話で女型の巨人からエレンを救ったリヴァイ兵長からエレンのことを「お前の大切な友人だろ?」と言われミカサは小さな声でブツブツと「ちがう」「私は」と答えています。

この「ちがう」は、友人ではなく「家族」と言っているのか、それとも「恋人だ」と言っているのかは確認できません。

ただ、ミカサは幼い時に両親を目の前で殺され「家族」を失うことに極度のトラウマを持っているようです。

本人も第3話にて、エレンに「何よりもうこれ以上家族を失いたくない」と言っています。

ですので「恋心」からではなく「家族」としてエレンと離れることを「極端に嫌がっている」のかもしれません。

しかし、ミカサに「恋心」があるからではないか?と思わせる場面もいくつか確認できます。

Sponsored Link


第9話にて死んだと思っていたエレンが生きていることを確認し、抱きしめ大泣きするシーンがあります。

これは「家族」に対して言うよりも「恋人」に対する泣き方のように見えます。

そして、第32話「慈悲」にてエレンが巨人化できないのがアニに対する迷いから来る事を見逃さず「あなたの班員を殺したのはあの女でしょ?」と恐ろしく怖い顔で言い「…それとも何か…特別な感情が妨げになってるの?」と言っています。

これは明らかに、アニに対して嫉妬しているように見えます。

ちなみにこれはCMですから参考にはならないですが「進撃の巨人展」CM第四弾「ミカサ編」でミカサがエレンに進撃の巨人展に誰と行ったのか訊き「わたしの知っている人?サシャ?ユミル?クリスタ?」「アニ?」と、アニを最後に持ってくる所がこの嫉妬を裏付けているようで笑えました。
kyojinten
「進撃の巨人展」TVCM第四弾「ミカサ編」より


第45話ではライナー達にエレンを連れ去られたことを聞いて、涙を流しながら「…私はただそばにいるだけでいいのに」「…それだけなのに…」と呟いている様も「恋心」から来ているように思えます。

第50話ではエレンを再会できたのですが巨人に襲われ絶体絶命のピンチで「マフラーを巻いてくれてありがとう」と、まるで「最期の愛の告白」をするかのようにエレンに告げています。

これはやはり、自覚しているかしていないかは別として、エレンの事が好きなのだろうと決定しても良いシーンのように思えます。


◆ミカサ「ループ説」から見るエレンへの想い

miaksa7

このミカサの愛情、執着から「進撃の巨人」には「ループ説」が根強くあります。

それはミカサがエレンのために時間を巻き戻しやり直させているのではないか?という説で、それだけミカサのエレンへの想いが強く描かれているという証明でしょう。

ミカサのエレンへの想いは、やはり「家族」ではなく「恋心」ではないのでしょうか?

そして物語の完結ではミカサが巨人駆逐に失敗したエレンに「もう一度いってらっしゃい」と第1話のシーンに戻るのではないかないでしょうか?

時間と空間さえも超えるミカサの想い…という完結のような気がします。

それくらいの執着がミカサにはあるように感じます。

◆「ミカサ@ループ説」とユミルの民「道」の関係は?

2016-07-10_185026
ここまでは2年前の3月に書いた記事であり、読み直して感じたのですが、現在の管理人アースの考察の根本を支えている記事だと感じられます。

管理人アースはループ説支持者であり、「進撃の巨人」最終回はミカサがエレンをループさせ終わるか、これまでにエレンをループさせていた事が明らかなりながら、ループが終わり物語も終わるのではないかと考えています。

そのループの原因はミカサのエレンへの想いであり、エレンの最終目的である「巨人の駆逐」が果たせるまでループさせているのであろうと考察しています。

管理人アースはこの記事を書く前、「進撃の巨人」にハマり始めた頃からのループ説支持者ですが、連載当初に比べ、このループ支持者はかなり減ってきていたのではと感じていました。

しかしここ最近、とくにクルーガーが登場しユミルの民の「道」が登場してからこのループ説がネット上で再燃して来ていると感じます。

とくに、89話でのクルーガーの「ミカサやアルミン みんなを救いたいなら」という発言が登場してからは、このループ説が再考察されているサイトがチラホラ見受けられます。
2017-01-06_033856
「進撃の巨人」第89話「会議」より


ループ説支持者の管理人アースとしては嬉しい限りな現象ですが、いっぽうで「それとこれまでのミカサ・ループは同じなのか?」という疑念もあります。

ここで、クルーガーの「道」と、ミカサ・ループの関係を考察してみます!

ミカサ・ループと「道」の関係は?

2015-06-29_024144
「進撃の巨人」第2話「その日」より


まず、2年前のこの記事でも書いていますが、ミカサ・ループは「ミカサの想いによるエレンのループ」だと管理人アースは考えています。

それはたしかに時間を超えた現象ですが、果たしてユミルの民の「道」は関係あるのでしょうか?

まず、「道」とは「全てのユミルの民に繋がるネットワーク」のような存在であり、「巨人を形成する血肉」や「想いや記憶」もその道を通っていると88話でエレンは語っています。
2016-12-08_041628
「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


そして、89話でクルーガーの発言「ミカサやアルミン」は、クルーガーがミカサとアルミンを知っているはずがないので、「道」を通り時空を超えた記憶が道を通り、クルーガーに渡ったのかなと考えられます。

たしかに時空を超えた現象であり、ループとの関連も感じます。

ではミカサ・ループは、「道」と関係があるのでしょうか?

管理人アースは、ミカサ・ループはミカサの血統である「東洋の一族」の能力ではないかと考えています。

つまり、アッカーマン家の能力が「戦闘力の高さ」であるように、東洋の一族には「ループを引き起こす力」だと考えており、ミカサもこの力を発動し、エレンにやり直しをさせているのではと予想しているのです。

しかし、この「道」はユミルの民を繋げているものであり、つまりはエルディア人の能力のようなものでしょう。

それに、東洋の一族の能力が絡むのは、違和感を覚えますよね。

ここから、クルーガーが匂わしている時空を超える「道」とミカサ・ループは関係が無いのではと考えられます。

ただ、可能性は低いかなと思っているのですが、「道」とミカサ・ループを繋ぐ存在があります。

それは「大地の悪魔」です。

大地の悪魔は東洋の一族なのか?

2016-10-07_032549
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


ユミルの民を繋ぐ「道」がどのようにしてできたのかは、90話現在では、全くの謎となっています。

ただ、巨人の力は「大地の悪魔」との契約から生まれた事が、85話にて明らかになっています。

ということはもしかしたら、この契約によって「道」が生まれたという可能性もあるのではと感じられます。

さらにここからは完全に妄想の世界ですが、この大地の悪魔が「東洋の一族」だったらどうでしょうか?

つまり、約2000年前に東洋の一族が、エルディア人の先祖ユミル・フリッツに巨人の力を渡したのです。

そう考えたら、東洋の一族の末裔であるミカサが起こすループのに、「道」が絡む事もありえるかもしれませんね!

もし、大地の悪魔が東洋の一族だったら…道を利用したミカサ・ループという展開があるかもと思えてきます!

この答え合わせができるのは物語の、本当に終盤でしょう。

まだまだ先でしょうが、この答えが分かる時を想像すると、今から楽しみすぎる管理人アースでした!\(^o^)/

【ミカサの結婚相手はエレンになるか検証!】
【ミカサの名言まとめ!】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

23 Responses to “ミカサはエレンのことを好きなのか検証!2人の結末は結婚する?”

  1. Flügel der Freiheit より:

    ギャグだけでなく、恋愛もあるのが『進撃の巨人』ですね!

    世界観や基本設定はあらかじめ決めることが可能ですが、その中に生きる登場人物の深層心理までも最初から決めることは難しいのではないでしょうか。世界観や基本設定に矛盾しない形で、ミカサとエレンの恋愛は、今後創造されていくものかもしれません。特に『進撃の巨人』は、作者もキャラも成長中の作品ですからね。

    さて、第50話『叫び』でミカサがエレンに言ったのは、
    「私と…一緒にいてくれてありがとう」
    「私に…生き方を教えてくれてありがとう」「……私にマフラーを巻いてくれてありがとう…」
    ですね。

    一緒にいる、というのは恋愛にも家族にも当てはまると思います。生き方を教える、というのは恋愛というよりも”家族”に当てはまると思います。

    マフラーについては、エレンとミカサを結びつける存在でもあると思いますが、「マフラーの温かさ」というのは家族愛を表しているのではないでしょうか。

    ミカサの告白のシーンは、彼女に「家族愛」と「恋愛」の両方があるということを示唆しているのだと、私は感じました。

    一方で、エレンの返事や行動を考えると、確かにミカサの「家族愛」は受け止めていても、「恋愛」までは受け止めていないようにも感じます。

    ところで、エレンが直後に座標を発動させたのは、恋愛感情ではなくミカサの刺青と関係があるのではないか、と私は思っています。ミカサの刺青は、座標を使うためのコードになっているというわけです。もちろん、まだ可能性に過ぎませんが。

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      >一方で、エレンの返事や行動を考えると、確かにミカサの「家族愛」は受け止めていても、「恋愛」までは受け止めていないようにも感じます。

      これ同感ですね!
      てか、エレンはミカサの気持ちに気付いていないっぽいですよね!
      ミカサも自分の恋愛感情に気付いていないのかもですし…

      ストーリー展開以外に、この二人の展開も注目ですね!

      またコメントよろしくお願いします!

      そういえば作者が一度ミカサとエレンを離すと言っていましたね!
      要注目です!!

      andmandy

  2. あやの より:

    進撃の巨人展のTVCMなんてあったんですね!
    「私の知ってる人?サシャ?ユミル?クリスタ?アニ?」
    ってこの中の誰か一人でも答えたら次の日ミカサに抹殺されてそうで怖いです

    • 管理人アース より:

      あやのさん!

      コメントありがとうございます!

      あったんですよ~。
      「基本情報編」「アニ編」「サシャ編」「ミカサ編」「アルミン編」と4パターンあったはずです!
      「それとも…アニ?」とアニでタメている所がとくに怖いです!(笑)

      また良かったらコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. ミスト より:

    どこかでみたんですが実はミカサがエレンのお母さん説はどうでしょうか?

    • 管理人アース より:

      ミストさん!

      コメントありがとうございます!
      それは厳しいのではないでしょうか?

      またよろしくです!


      管理人アース

  4. 進撃してやる より:

    アースさん考察お疲れ様です。

    ミカサのループとクルーガーのループは違うということですね。
    私もミカサがループしているなら「道」とは別のものだと思います。なぜならミカサは巨人能力者が13年で死ぬことを知らなかったからです。そういえば別の記事でミカサのループを邪魔している存在がいるのかもというコメントをしたことがあるのですが、その可能性も出てきたんじゃないでしょうか。

    エレンが死んでしまったらミカサはループするのでしょうが、この場合少し困ったことになりますよね。なぜならエレンは知性巨人にならなければここまで生きていられなかった可能性が高いからです。軽く無限ループしそうですね。それとも「東洋人のループ」と「エルディア人の道」どちらかが負ける?のでしょうか。

    進撃の巨人は終盤に差し掛かってそうなのにまだわからないことが多いですよねw

    以上です。長文失礼しました。

    • 管理人アース より:

      進撃してやるさん!

      コメントありがとうございます!

      >ミカサのループとクルーガーのループは違うということ
      そうですね。
      クルーガーのループは、何か世界全体が関わっていそうな気がします。
      そして、エレンのループはミカサ個人で起きている事象のように感じます。

      13年の「ユミルの呪い」をクリアすることができるのか、それともエレンは死亡するのか、その直前でループするのか…
      まだまだ展開は読めないですよね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  5. 進撃のデブ より:

    アースさん!おはようございます!
    高校入試無事、合格しました!
    僕は二人がそういうような関係の近くまでにはなるが、エレンは、俺は先が短いし、お前にも迷惑をかけると言い、ミカサは、でも私にはエレンしかいないと言ってそのようなラブストーリーが描かれて欲しいと思っています!

    • 管理人アース より:

      進撃のデブさん!

      コメントありがとうございます!

      おお、高校合格、おめでとうございます!\(^o^)/
      これからは、受験を気にせず、「進撃の巨人」を堪能できますね!(^^)

      >そのようなラブストーリーが描かれて欲しいと
      いや~、諫山先生はそこまで直球な展開は描かなそうですよ!
      ただ、ミカサのエレンへの執着は、「エレンしかいない」と言っているようなものですが!(笑)

      またよろしくです!



      管理人アース

  6. ざっくりザックレー より:

    こんにちは

    アース様

    ミカサの腕の刺青は「座標」かもしれませんね。亜空間で自分を探すための印だったりしたら面白いです!

    では

    • 管理人アース より:

      ざっくりザックレーさん!

      コメントありがとうございます!
      ミカサの刺青には、いろいろな考察がありますが、やはり座標、ループに関係していそうですよね!

      またよろしくです!


      管理人アース

  7. えす より:

    アースさんお疲れさまです。

    『嫉妬』と言えば自分はヒストリアとエレンが談笑しながら歩いているところに立ち塞がったミカサの表情を思い出します(笑)
    『家族愛』なのか『恋愛感情』なのか、難しいですけど、おそらく色んな場所で言われるカップリング論争を、諌山氏がこういう感じで小出しにして、楽しんでるのかも知れませんね。

    • 管理人アース より:

      えすさん!

      コメントありがとうございます!

      ありましたね!(笑)
      2015-06-09_032153

      「進撃の巨人」第70話「いつか見た夢」より


      これも、間違いなく嫉妬かと!(笑)
      諫山先生が楽しんでいるのも感じられますよ!(^^)

      またよろしくです!


      管理人アース

  8. コンロガス より:

    現時点では、本人が気がついているかはともかく恋愛感情+母性愛みたいなものだと思いますが、諫山先生が以前、少女マンガとの違いを絡めて、ミカサがずっとエレンに寄り添うという訳でもないというようなことを言っていたと記憶しているので、ミカサとエレンの関係は、近いうちにソウルメイトのようなものに向かっていく気がしています。


    ちなみに、個人的には、最終的にヒストリアに全知性巨人をおさめる、又は、ヒストリアと誰か(エレン?)の子供に全知性巨人をおさめることにより、不戦の契りと知性巨人の統一の合わせ技によって平和を実現するという物語の結末になるのではないかなーと今現在は思っています(あくまでも今現在ですが笑。この予想にもとづくと第1話冒頭の場面は、ヒストリア又はヒストリアの子に捕食される直前にミカサに別れを告げるエレン自身の未来の記憶になります)。

    • 管理人アース より:

      コンロガスさん!

      コメントありがとうございます!

      >捕食される直前にミカサに別れを告げるエレン自身の未来の記憶
      たまらなく、切ないシーンですよね(;´Д`)
      しかし、そういう意味の「いってらっしゃい」かなと管理人アースも思っています。

      またよろしくです!


      管理人アース

  9. ヒロポン より:

    はじめまして、いつも楽しみに拝見しています。

    一つ気になったので書き込みさせていただきます、クルーガーのアルミン、ミカサ発言ですが、この場面は過去実際あった出来事の描写ではなく、道によって得られた想いや記憶を合成した上で、エレン「が」見ている場面、という事ではないでしょうか?

    そうすると、グリシャがクルーガーに向かってアルミン、ミカサ?誰だ?から、さあな、分からない、のやり取りとつじつまが合わなくなりますが、アルミンやミカサの名前が出てきた説明にはなります。

    すいません、管理人アースさんの内容紹介でしか最新話を追えていないので、全ての場面を実際に読んではいない状態でのコメントですが、なんとなく気になったので投稿させていただきます。

    これからも楽しみにしています^_^

    • 管理人アース より:

      ヒロポンさん!

      コメントありがとうございます!

      >道によって得られた想いや記憶を合成した上で、エレン「が」見ている場面、という事では
      これもあるかもですね。
      しかし、その想いや記憶も「実際に起こった事象から生まれたエレンの想いや記憶」ですよね?
      なので、それほど差は生まれないと思うのですが。

      またよろしくです!


      管理人アース

  10. いち訓練兵 より:

    いつも楽しく読ませていただいております。
    ミカサとエレン、二人で力を合わせ未来に進撃して行くというハッピーエンディングを期待して妄想したいと思います。

    先ずは“13年縛り”からの脱出をしなければなりません。
    ストーリー上度々出てくる『同じ過ちを繰り返す』『同じ歴史を繰り返す』は9つの巨人に起因しています。まるでループしているようです。その巨人の力を保持している限り、また同じ歴史が繰り返されるでしょう。なのでそこから脱け出すことがエレンに与えられた使命でミカサとのハッピーエンドの道ではないでしょうか?
    始祖の巨人は全てのユミルの民と道を通して繋がっているといいます。そこからクルーガーの「ミカサやアルミン」は、始祖の巨人を保持しているエレンが道を通して記憶が繋がったことにより、エレンの記憶が残ったものと考えています。
    これと同じように第1話の「いってらっしゃい、エレン」は始祖の巨人を保持しているエレンが845年のエレンに道を通して繋がったことによって、エレン(始祖の巨人を保持)の記憶が残ったものではないでしょうか?
    シンクロしたのが同一人物なので「わからん、誰の記憶だろう!」にならなかったのではないでしょうか。そして845年エレンにシンクロする意味は“13年縛り”から脱け出す重要な手がかりがあると考えています。その手がかりを基に未来のエレンは“13年縛り”から脱け出し、ミカサとのハッピーエンディングを迎えます。
    という妄想です。

    悲しい終わり方はして欲しくないです…少年誌なので

    長文、失礼致しました。

    • 管理人アース より:

      いち訓練兵さん!

      コメントありがとうございます!

      >悲しい終わり方はして欲しくないです…
      そうですね!
      管理人アースも希望のあるエンディングを希望しますよ!
      ただ、間違いなく一筋縄ではいかないような終わり方をするだろうなとは思いますが(・_・;)

      またよろしくです!


      管理人アース

  11. コニー・ゾエ より:

    こんにちはアースさん。今回ミカサとエレンの関係の記事ですが、どうしても矛盾があるような気がします。ミカサがループを使えるとしたら、どうして最後の告白が必要なのか、どうして家族のエレンの母が食われた時ループしなかったのかなどなどたくさんのおかしな点が見つかります。それらのことも含めてミカサ=ループ使い 説に反対します。

  12. あん より:

    ミカサのアニ戦での「違う、私は…」は
    エレンを救うことよりも、女型の巨人を倒すことを優先したことをリヴァイに咎められたことへの
    エレンのことを軽視した行動に対して、そんなつもりでやったわけじゃないということを
    過去にも言った似たようなセリフを使って表現してるだけじゃない?

    • 管理人アース より:

      そうかもですね!
      意味深なセリフが多い作品です。

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ