ミカサはエレンのことを好きなのか検証!2人の結末は結婚する?

ミカサのエレンへの執着が「恋心」なのか「家族としての思い」なのか?

この疑問は「進撃の巨人」読者なら誰もが気になることでしょう。

ここでこの疑問を検証してみましょう!!

Sponsored Link


◆ミカサはエレンが好きなのか?

miaksaeren

エレンから離れることを極端に嫌がるミカサ。
最近の連載ではそのような場面が見られなくなっていますが今まで物語の端々で見られるシーンでした。

例えば第4話ではエレンとは別々の班でしたが「私のところに来て」とミカサは言っています。エレンに諌められた結果「私が冷静じゃなかった…」と収まりましたが冷静ではなくなるほどエレンと離れることを嫌がっています。

第29話で女型の巨人に喰われ連れ去られるエレンを見て明らかに冷静さを失いながら女型の巨人を攻撃し「どこにいたってその女殺して…体中かっさばいてその汚い所から出してあげるから」「ごめんねエレンもう少しだけ待ってて」と、その言動からエレンを連れ去られることに我を忘れている様が確認できます。

この「エレンから離れたくない」ミカサの感情は「恋心」からなのでしょうか?
ミカサにエレンとの関係を突っ込んで話をしたシーンから確認してみましょう。

◆ミカサはエレンとの関係をどのように認識しているのか?

872ef85d

第13話でエレンを見捨てずに守る決断をしたイアン班長から「恋人を守るためだからな」と言われミカサは顔を赤らめ下を向きながら「…家族です」と答えています。
これは照れて恋人と言えず「家族です」と答えているのでしょうか?

第30話で女型の巨人からエレンを救ったリヴァイ兵長からエレンのことを「お前の大切な友人だろ?」と言われミカサは小さな声でブツブツと「ちがう」「私は」と答えています。
この「ちがう」は友人ではなく「家族」と言っているのか、それとも「恋人だ」と言っているのかは確認できません。

ただミカサは幼い時に両親を目の前で殺され「家族」を失うことに極度のトラウマを持っているようです。
本人も第3話にてエレンに「何よりもうこれ以上家族を失いたくない」と言っています。
ですので「恋心」からではなく「家族」としてエレンと離れることを「極端に嫌がっている」のかもしれません。

しかしミカサに「恋心」があるからではないか?と思わせる場面もいくつか確認できます。

Sponsored Link


第9話にて死んだと思っていたエレンが生きていることを確認し抱きしめ大泣きするシーンがあります。
これは「家族」に対して言うよりも「恋人」に対する泣き方のように見えます。

そして第32話「慈悲」にてエレンが巨人化できないのがアニに対する迷いから来る事を見逃さず「あなたの班員を殺したのはあの女でしょ?」と恐ろしく怖い顔で言い「…それとも何か…特別な感情が妨げになってるの?」と言っています。
これは明らかにアニに対して嫉妬しているように見えます。

ちなみにこれはCMですから参考にはならないですが「進撃の巨人展」CM第四弾「ミカサ編」でミカサがエレンに進撃の巨人展に誰と行ったのか訊き「わたしの知っている人?サシャ?ユミル?クリスタ?」「アニ?」とアニを最後に持ってくる所がこの嫉妬を裏付けているようで笑えました。
kyojinten
「進撃の巨人展」TVCM第四弾「ミカサ編」より



第45話ではライナー達にエレンを連れ去られたことを聞いて涙を流しながら「…私はただそばにいるだけでいいのに」「…それだけなのに…」と呟いている様も「恋心」から来ているように思えます。
第50話ではエレンを再会できたのですが巨人に襲われ絶体絶命のピンチで「マフラーを巻いてくれてありがとう」と、まるで「最期の愛の告白」をするかのようにエレンに告げています。
これはやはり自覚しているか、していないかは別としてエレンの事が好きなのだろうと決定しても良いシーンのように思えます。


◆ミカサ「ループ説」から見るエレンへの想い

miaksa7

このミカサの愛情、執着から「進撃の巨人」には「ループ説」が根強くあります。
それはミカサがエレンのために時間を巻き戻しやり直させているのではないか?という説で、それだけミカサのエレンへの想いが強く描かれているという証明でしょう。

ミカサのエレンへの想いはやはり「家族」ではなく「恋心」ではないのでしょうか?

そして物語の完結ではミカサが巨人駆逐に失敗したエレンに「もう一度いってらっしゃい」と第1話のシーンに戻るのではないかないでしょうか?

時間と空間さえも超えるミカサの想い…という完結のような気がします。
それくらいの執着がミカサにはあるように感じます。

【ミカサの結婚相手はエレンになるか検証!】
【ミカサの名言まとめ!】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

4 Responses to “ミカサはエレンのことを好きなのか検証!2人の結末は結婚する?”

  1. Flügel der Freiheit より:

    ギャグだけでなく、恋愛もあるのが『進撃の巨人』ですね!

    世界観や基本設定はあらかじめ決めることが可能ですが、その中に生きる登場人物の深層心理までも最初から決めることは難しいのではないでしょうか。世界観や基本設定に矛盾しない形で、ミカサとエレンの恋愛は、今後創造されていくものかもしれません。特に『進撃の巨人』は、作者もキャラも成長中の作品ですからね。

    さて、第50話『叫び』でミカサがエレンに言ったのは、
    「私と…一緒にいてくれてありがとう」
    「私に…生き方を教えてくれてありがとう」「……私にマフラーを巻いてくれてありがとう…」
    ですね。

    一緒にいる、というのは恋愛にも家族にも当てはまると思います。生き方を教える、というのは恋愛というよりも”家族”に当てはまると思います。

    マフラーについては、エレンとミカサを結びつける存在でもあると思いますが、「マフラーの温かさ」というのは家族愛を表しているのではないでしょうか。

    ミカサの告白のシーンは、彼女に「家族愛」と「恋愛」の両方があるということを示唆しているのだと、私は感じました。

    一方で、エレンの返事や行動を考えると、確かにミカサの「家族愛」は受け止めていても、「恋愛」までは受け止めていないようにも感じます。

    ところで、エレンが直後に座標を発動させたのは、恋愛感情ではなくミカサの刺青と関係があるのではないか、と私は思っています。ミカサの刺青は、座標を使うためのコードになっているというわけです。もちろん、まだ可能性に過ぎませんが。

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      >一方で、エレンの返事や行動を考えると、確かにミカサの「家族愛」は受け止めていても、「恋愛」までは受け止めていないようにも感じます。

      これ同感ですね!
      てか、エレンはミカサの気持ちに気付いていないっぽいですよね!
      ミカサも自分の恋愛感情に気付いていないのかもですし…

      ストーリー展開以外に、この二人の展開も注目ですね!

      またコメントよろしくお願いします!

      そういえば作者が一度ミカサとエレンを離すと言っていましたね!
      要注目です!!

      andmandy

  2. あやの より:

    進撃の巨人展のTVCMなんてあったんですね!
    「私の知ってる人?サシャ?ユミル?クリスタ?アニ?」
    ってこの中の誰か一人でも答えたら次の日ミカサに抹殺されてそうで怖いです

    • 管理人アース より:

      あやのさん!

      コメントありがとうございます!

      あったんですよ~。
      「基本情報編」「アニ編」「サシャ編」「ミカサ編」「アルミン編」と4パターンあったはずです!
      「それとも…アニ?」とアニでタメている所がとくに怖いです!(笑)

      また良かったらコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ