北欧神話のラグナロクって一体何?進撃の巨人の結末に影響も

北欧神話には「ラグナロク」という言葉があります。

「終末の日」「神々の運命」「神々の黄昏」などと訳されるこの言葉も北欧神話の影響を受けている「進撃の巨人」に組み込まれるのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link


◆北欧神話における「ラグナロク」

20130223192229
北欧神話に出てくる「ラグナロク」にはいろいろなパターンがありますが、神と巨人の戦いを描いている北欧神話において「ラグナロク」、つまり「終末の日」には戦いの結末が描かれています!神々と巨人たちの戦いは死闘となり相打ちにより数多くの神や巨人が死んでいきます。

そして巨人スルトが放った炎により世界は焼きつくされ、その後生き残った数名の神と人間が新しい世界を作り平和に暮らすという結末がほとんどです。


◆「進撃の巨人」は北欧神話「ラグナロク」の影響を受けるのか?

IMAGE044
「進撃の巨人」の結末は「ラグナロク」の影響を受けるのでしょうか?

世界が焼きつくされ生き残った者達が平和な世界を築くという結末が「進撃の巨人」にもありえるでしょうか?

世界が焼きつくされるという展開はありえなくはないような気がします。「進撃の巨人」の世界は壁に覆われており、全て「超大型巨人」で出来ています。もし、その超大型巨人たちが動き出したらどうなるでしょう?

Sponsored Link


超大型巨人はかなり高温の蒸気を出す能力を持っており第44話で見せたように自身も燃え盛るくらいの高温を宿しています。そのような超大型巨人が壁に全部埋まっているのです。かなりの数のこれらの超大型巨人が動き出したら壁内人類の世界全てを焼き払うことは可能でしょう。もし「進撃の巨人」が結末に「ラグナロク」を取り入れたら壁を作っている超大型巨人が動き出し世界を焼き払うという展開もありえるでしょう。

そうなったら三重の壁に囲まれている壁内人類は全滅してしまいます。

そして、一部の生き残った人類によって平和な未来を築くというエンディングもあるかもしれません。それが主人公エレンとヒロインミカサである可能性は高いでしょう。

「進撃の巨人」の結末に「ラグナロク」が影響する可能性はあるかもしれません!!

【北欧神話のトロール巨人は進撃の巨人に登場する?】
【北欧神話の巨人スルトは進撃の巨人に登場する?】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

12 Responses to “北欧神話のラグナロクって一体何?進撃の巨人の結末に影響も”

  1. miki より:

    いや、むしろ Ragnorak なる最終戦争後に建てられたのが今の三重壁だと思います。すなわち、THE FALL = ラグノラクとは思われませんか?

    • 管理人アース より:

      mikiさん

      コメントありがとうございます!!
      現在が最終戦争後という考察ですが、なるほど!と思わせられました!
      そこからミカサのループ説を絡ませると、面白い考察が出来そうです!

      スピンオフ「 進撃の巨人 before THE fall」のタイトルも意味深になりそうですね。
      どこからbefore なのか!?

      また考察コメントよろしくです!

      管理人アース

  2. かるめモツニ より:

    ラグナロク関連とは遠い気がしますが…神話の最終戦争ラグナロクのキッカケだったので、こちらに少し…
    81~82話のマリア奪還作戦中、ここで、ほぼ無敵の敵側巨人である超大型へ、実戦は苦手だけど、頭は良いアルミンと、何が何でも巨人は駆逐!と戦い担当のエレンゲリオンが組んで「確実に超大型を倒す」展開になってますね。
    これは「ロキ神とボズ神のバルドル神殺し」の話が元になってるんではないかと。
    配役としては…バルドル神は、超大型のベルトルト巨人、ロキ神とボズ神がアルミン、ロキ神の作ったヤドリギの投げ槍が、エレンゲリオンでしょうか。
    バルドル神は、アース神族のオーディンと正妻フリッグの間に生まれた一人息子の神で、光の神とも呼ばれます。
    神族同士の血を継ぐサラブレッドで、更に勇敢であり、心も優しく、容姿端麗…とにかく、完全無欠な神様です。
    母であるフリッグ神は息子の彼を溺愛しますが、運命の女神ノルンによると、バルドルは必ず死ぬ定めにある、と告げられます。
    フリッグ女神は青ざめて、世界中のありとあらゆる生物、物質、存在するもの全てに「バルドル神を決して傷つけない」と約束をとりつけるのですが、「ヤドリギの木」とだけは、まだ幼く小さな生き物だから大丈夫、とタカをくくって、約束するのを忘れてしまいます。
    さて、本当に何ものをもバルドル神を傷付ける事は出来ないのか、フリッグ女神はそれを証明するため、仲間の神々にいろんなものを持って来させては、バルドル神に向かって投げさせるという危険なお遊び…一応、確認行為という名目はありますが…を始めます。
    しかしここで、北欧神話のトラブルメーカー、ロキ神登場。彼はバルドル神ばかりがちやほやされて慕われるのに嫉妬して、フリッグ女神を上手く騙して、ヤドリギの木で作った武器なら、バルドル神を傷つけ殺す事が出来る、と聞き出し、さっそくヤドリギを使って投げ槍を作ります。
    更に、自分の手を汚すことの無いよう、実行役としてアース神族のボズ神に目を付けます。
    ボズ神は生まれながらに盲目で、戦いはもちろん、日常生活における役割も果たせず、いつも一人で過ごしていました。
    バルドル神の無敵さを確かめるお遊びにも参加させてもらえずに、一人で時間を潰していた所につけ入ったのがロキ神。
    自分が貴方の目の代わりをして、バルドル神のいる方向を教えるから、これを投げてみろ、とヤドリギの槍を渡します…そんな親切を受けたことの無かったボズ神は大喜び、教えられた通りの向きと位置へ、力いっぱい槍を投げました…結果、ロキのもくろみ通り、ヤドリギの槍は真っ直ぐバルドル神へ向かって飛んで行き…彼の命を奪いました。
    その後のいざこざで、神族と巨人族の間に亀裂が生まれ、それはどんどん、修復不可能なほどに深く広く広がって、やがて最終戦争が勃発するのです。
    …さて、ここで超大型と言う戦のシンボルと、主戦力を失う事になるであろう故郷側、甚大な被害と、多大な犠牲を払って、敗北とまではいかずとも、どうにか引き分けにまで持ち込むのが精一杯であろう兵団側…イェーガー家の地下室に眠るのは何なのか、ますます見逃せなくなってまいりました!

    • 管理人アース より:

      かるめモツニさん!

      コメントありがとうございます!

      ベルトルトがバルドル神というのは、ベルトルトはイケメンですし合っている配役ですね!
      アルミンがロキというのは、当たらずも遠からずの配役でしょうか?
      アルミンは切れ者ですが、「ずる賢い」というロキに当てはまりますよね!
      ロキの悪知恵から、バルドル神が倒されるように、ベルトルトがエレンに…
      ありそうな展開ですね!
      ロキはそれが元で故郷組に捕まることに…ここまで話は北欧神話には沿いませんよね(笑)

      面白い予想ありがとうございます!
      82話が楽しみですね!
      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. マルロとヒッチの息子 より:

    終末の日・・・
    なんかセカオワ感半端ない!!
    「RPG」「Dragon night」
    とか進撃ピッタリじゃないですか

    「Dragon night」
    終末の日、ラグナロク

    「RPG」
    海を目指して歩く怖いものなんてない僕らはもう1人じゃない
    あの日から僕らは1人で海を目指す
    街を抜け海に出たら次はどこを目指そうか
    (歌詞抜粋)

    • 管理人アース より:

      マルロとヒッチの息子さん!

      コメントありがとうございます!

      >なんかセカオワ感半端ない!!
      セカオワって、実写映画も担当していましたよね!
      「進撃の巨人」とセカオワって、結びつきが強いのですかね?

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. 通りすがりのゆで卵 より:

    アニメの最終話でエレンゲリオンが身体から炎を出しながら(皮膚の色も黒くなって)アニに飛びかかるシーンがありましたよね。
    さらにエレンが炎をまとってからアニは回復が遅くなっています(回復できない?)。エレンに顔を潰されて壁を登って逃げようとするとき顔が火傷をしたように見えました。
    もしかしてエレンは巨人スルトがモデルではないでしょうか。
    もしそうならエレンが世界を滅ぼすのでしょうか。
    アニメのただの演出だったのかもしれませんが、

    • 管理人アース より:

      通りすがりのゆで卵さん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンは巨人スルトがモデルでは
      管理人アースは、エレンゲリオンの風貌が狼っぽいので、フェンリルかと思っています。
      最高神オーディンを飲み込むフェンリルは、反抗心の塊であるエレンっぽいですよね!
      まだまだ、どのような展開になるのか分からないので、もしかしたらエレン=スルトかもですが!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  5. アルミンに食われたい より:

    初めまして、いつも楽しく読ませていただいています!

    86話を読んで、「今後我々に干渉するなら 壁に潜む幾千万の巨人が地上の全てを平らにならすだろう」=ラグナロクかな?って思いました。

    かなり壁壊されて干渉されてるのに、そうならないのはエレンが始祖の巨人の力を上手く使えないから。
    ライナーが言ってた、「座標が最悪の奴の手に渡っちまった」っていうのもエレンが意図せずラグナロクを招いてしまいそうだからじゃないでしょうか!

    北欧神話関係で、
    マーレとエルディアはアース神族とヴァン神族だとしたら、
    収容区のエルディア人と記憶の改竄を受けない少数民族(東洋人・アッカーマン一族)はお互いに差し出した人質になるかなーと妄想が捗ります。

    更新楽しみにしてます!

    • 管理人アース より:

      アルミンに食われたいさん!

      コメントありがとうございます!

      >地上の全てを平らにならすだろう=ラグナロクかな?って思いました。
      超大型巨人に平にされ、焼き尽くされますかね?(・_・;)
      たしかに、壁から超大型巨人が無数に出てきたら、この世の終わりのように見えますね…

      >お互いに差し出した人質になるかなーと妄想が捗ります。
      この展開はあるかもですね!
      ただ、どこまで北欧神話に沿うのかは分かりませんが、ありそうな気もします!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  6. アウルゲルミル23 より:

     どうも、23回目の投稿のアウルゲルミルでございます。4回目の改名でございます。ちなみに、このアウルというのはユミルの別名です。「大地の悪魔」の悪魔については、進展はありませんが、巨人族については調べてみました。それにしても多い多い、軽く50を超える巨人がいるんですよ、北欧神話には。          なので、今回は僕と同じユミルの別名を紹介します。今後登場するキャラクターでこれらの名が登場すれば、ユミルの民かもしれませんね。       まずは、ブラーイン「色黒」とブリミル「騒ぐ者」です。どちらも、「巫女の予言」第9聯に用いられる名です。それ以外にはユーミル、ユミール、イミルなどがあります。ユミルは巨人の王だったようです。しかし、「霧の巨人」と呼ばれるユミルの血族(超大型巨人のモデルでしょうか)の子、オーディン、ヴィリ、ヴェーの三神により、殺害されたそうです。と、するとフリッツ王も血族によって殺されている可能性があるのではないでしょうか。見にくい長文ですが、見ていただけるとありがたいです。それではまた。

    • 管理人アース より:

      アウルゲルミル23さん!

      コメントありがとうございます!

      >フリッツ王も血族によって殺されている可能性
      管理人アースは、レイス王によってフリッツ王は捕食されているのではと考えています!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ